ryzen55600xtop
当ページでは、Ryzen 5 5600Xの性能レビューを行った。6コア12スレッドの高パフォーマンスCPUで、第4世代Ryzenシリーズ(Zen 3アーキテクチャ採用)の中で最も安価なモデルだ。その後下位モデルの「Ryzen 5 5600G」がリリースされたが、ゲーミングCPUとしての地位は確立できておらずRyzen 5 5600Xの方が人気が高い。Ryzen 5 5600Xは、前世代の8コア16スレッドのCPUであるRyzen 7 3700Xと同等の性能を持つ。

Zen 2アーキテクチャを採用したRyzen 5 3600Xよりも$50も定価が上がっているのがデメリットだ。単体のCPUとして見ればそれ以上に性能が上がっているのでコストパフォーマンスは上々だ。ただし、Ryzen 5 5600Xを搭載したゲーミングPCでは価格が上がってしまうのが難点だ。Intel第12世代Core i5-12400の登場は脅威となる。より安価でより高い処理性能を持っているからだ。

Ryzen 5 5600Xの基本情報

コードネームZen 3
プロセス7nm
コア/スレッド数6コア/12スレッド
定格/最大クロック3.7 GHz/ 4.6 Ghz
L3キャッシュ32MB
TDP65W
発売日2020年11月06日
価格$299
特徴 (+)ゲーミング性能が飛躍的に向上
(+)CPUクーラーが同梱されている
(-)前世代よりも$50価格が上がった
(-)CPU内蔵グラフィックスは非搭載
評価・総合評価
★★★★★★★☆☆☆ 6.5

・ゲーム評価
★★★★★★★☆☆☆ 6.5/td>

>>>Ryzen 5 5600Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 5 5600Xの基本情報

スペック

 5 5600X5 3600XT5 3600X
メーカーAMDAMDAMD
コードネームZen 3Zen 2Zen 2
プロセス7nm7nm7nm
トランジスタ数41.5億38.0億38.0億
ダイサイズ81 mm²74 mm²74 mm²
CPUコア数6コア6コア6コア
スレッド数12スレッド12スレッド12スレッド
定格クロック3.7 GHz3.8 GHz3.8 GHz
最大クロック4.6 Ghz4.5 GHz4.4 Ghz
L3キャッシュ32MB32MB32MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
PCI-ExpressGen 4Gen 4Gen 4
CPUクーラーWraith StealthWraith SpireWraith Spire
TDP65W95W95W
価格$299$249$249
発売日2020年11月06日2020年07月23日2019年7月7日
Ryzen 5 5600Xは、最新のZen 3アーキテクチャを採用したCPUだ。Ryzen 5 3600XTやRyzen 5 3600XのZen 2アーキテクチャから進化している。プロセスは同じ7nmだが内部的には大きな違いがある。CCX(Core Complex)と呼ばれるCPUモジュールに変更が加えられている。

これまで1つのCPUモジュールには4つのCPUコアしか搭載されていなかったが、Zen 3ではCPUモジュール当たり8つのCPUコアが搭載されている。つまり、同じ6コア12スレッドでも、2基のCCX(3コア×3コア)から1基のCCX(6コア)へと変わった。結果的にCCX同士のやり取りがなくなり、CCX間のレイテンシが軽減されるのだ。これはゲーミングパフォーマンスにも大きな影響を与える。

Ryzen 5 3600Xと比べてトランジスタ数が9%増えて、ダイサイズも10%大きくなった。アーキテクチャの進化もあってより高い性能を期待できる。定格クロックはRyzen 5 3600Xの方が3%高く、最大クロックはRyzen 5 5600Xの方が5%高い。L3キャッシュ容量は同等だ。対応メモリ・PCI-Expressも変わっていない。CPUクラーはWraith SpireからWraith Stealthに変わっている。TDPは95Wから65Wへと省電力性が高くなった。

Ryzen 5 3600XTやRyzen 5 3600Xと比べてスペック的に大きな違いはない。Ryzen 5 3600XTと比べると定格クロックが0.1GHz引き下げられ、最大クロックが0.1GHz引き上げられている。L3キャッシュは同じ32MBとなっている。TDPが95W→65Wとなっているのは嬉しい変更だ。CPUクーラーはWraith Stealthが同梱されている。価格は$50高く$299となっている。

総合性能

ryzen55600xseinou202204

Ryzen 5 5600Xは、従来モデルのRyzen 5 3600Xと比べて28%程度パフォーマンスが高い。やはり1基のCCXにまとめられたのが大きい。競合モデルであるCore i5-11600K/Core i5-10600Kと比べても性能差は大きい。全く別物のモデルだと言える。次世代モデルのCore i5-12400になると一気に形勢逆転となってしまった。より安くより高い性能を得られるからだ。動画編集・画像編集などのクリエイター作業だけではなくゲーミング用途でも完敗だ。Core i5-12400搭載モデル以上に価格が下がらないと選びづらい。

>>>Ryzen 5 5600Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 5 5600Xの特徴まとめ

8コア16スレッドモデルを超える性能を持つ

ryzen55600x-seinou
Ryzen 5 5600Xは、6コア12スレッドの高パフォーマンスモデルだ。上記はCinebench R23のマルチスレッド性能を元に作成したグラフでCPUの総合性能を表している。Ryzen 5 3600Xから20%程度パフォーマンスが向上した。実はゲーミング性能に関しては、前世代の8コア16スレッドのRyzen 7 3800XTを超えるパフォーマンスを持っている。これはZen 3アーキテクチャを採用したことによる恩恵だ。

CPUモジュールに搭載されているCPUコアが増えたことやIPCの改善が行われたことが大きい。スペック以上の差があるというわけだ。もちろん総合性能では8コア16スレッドのモデルに劣ってしまうこともあるが、下位モデルなら十分健闘していると言えるはずだ。

前モデルよりも省電力性に優れている

ryzen55600xwatt

Ryzen 5 5600Xを始めとしてZen 3アーキテクチャのCPUは省電力性が高いのが特徴だ。Ryzen 5 3600Xと比べて性能が上がっているにも関わらず消費電力は低い。これまでAMD製CPUはIntel製CPUよりも消費電力が高いというデメリットがあった。ところが第4世代になって変わった。

プロセスが7nmに微細化されて2世代目でより洗練されたCPUへと生まれ変わっている。Intel製CPUと比べて最大25%消費電力が抑えられている。電源ユニットに掛けるコスト削減にも繋がるし、環境にも優しいとメリットだらけだ。

CPUクーラー同梱でコスパも上々

Ryzen 5 5600Xは、第4世代Ryzenシリーズの第一弾として登場したモデルの中で唯一CPUクーラーが同梱されているCPUだ。当該モデルに同梱されている「Wraith Stealth」は2,000円~3,000円程度の価値がある。別途CPUクーラーを用意する必要がないため、購入する上でお得感がある。オーバークロックなどを考えていないのであればWraith Stealthでも十分対応することができる。オーバークロックを考えているならメーカー品を別途購入するとよいだろう。

>>>Ryzen 5 5600Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 5 5600Xのゲームベンチマーク一覧

gamehaisin

ゲームプレイ中のフレームレートを計測している。Cinebench R20などのベンチマークと比べてよりリアルなパフォーマンスを計測することができる。Ryzen 5 5600Xは、6コア12スレッドの高パフォーマンスモデルだ。

最近では当たり前になっている8コア16スレッドのRyzen 7 5800XやCore i7-10700Kとの性能差にも注目したい。6コア12スレッドでも十分なのかどうかは気になるところだろう。合わせて前世代のRyzen 5 3600XやRyzen 7 3800XTとの性能差も見ていこう。

Borderlands 3

boarderland3ryzen55600x-borderlands3

Ryzen 5 5600Xのスコアの高さに驚く結果となった。Ryzen 7 3800XTよりも6%程度スコアが伸びている。Ryzen 5 3600Xよりも15%高く圧倒的だ。Zen 3アーキテクチャの凄さがわかる。Borderlands 3ではIntel製CPUが優勢だ。Core i7-10700KやCore i5-10600Kが上位を占めている。それでもCore i5-10600Kとの差は2%とそれほど大きいわけではない。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow Of The Tomb Raiderryzen55600x-tombraider

Ryzen 5 5600Xは、Ryzen 7 5800Xに次いで高いスコアを計測している。Ryzen 7 5800Xとの差は4%だ。Core i5-10600Kよりも20%も高い。Ryzen 7 3800XTよりも23%高くZen 2アーキテクチャの第3世代Ryzenシリーズを圧倒している。

Hitman 2

hitman2ryzen55600x-hitman2

Hitman 2でも第4世代Ryzenシリーズ全般が強い。Ryzen 5 5600Xは、Intel Core i7-10700Kよりも3%高く、Core i5-10600Kよりも10%も高い。これほどIntel製を圧倒することになるとは思わなかった。前世代のRyzen 5 3600Xよりも27%もパフォーマンスが伸びている。これだけパフォーマンスが高いならRyzen 5 3600Xからの買い替えもよいだろう。

その他アプリケーションのベンチマーク

computer

ゲーム以外の一般的なアプリケーションでのベンチマークを見ていこう。Cinebench R20と合わせて参考にするとよい。Ryzenシリーズはマルチスレッド性能が高く得意としている分野だと言える。

Cinebench R20スコア

cinebenchryzen55600x-cinebench

Cinebench R20は、CPUのレンダリング性能をスコア化できるベンチマークソフトだ。CPUの総合性能を知るのに有益なソフトだと言える。Ryzen 5 5600Xは、前世代のRyzen 5 3600Xよりも18%程度パフォーマンスが向上している。

Intelの専売特許だったシングルスレッド性能も18%伸びている。レイテンシ軽減の恩恵もあって性能差を体感しやすいはずだ。このシングルスレッドの伸びは凄まじくRyzen 7 3800XTやCore i7-10700Kを上回る。競合であるCore i5-10600Kを圧倒する結果だ。

7-Zip

zipryzen55600x-zip

Zipファイルの解凍及び圧縮速度を計測している。Ryzen 5 5600Xは、Ryzen 5 3600Xよりも11%-20%高速化されている。Core i7-10700Kに迫るほどの性能だ。ゲームほど飛躍的なパフォーマンス向上は見込めないがしっかりと性能の底上げが行われている。

Puget Systems Adobe

ryzen55600x-puget

After EffectsやPhotoshopではRyzen 7 5800Xに匹敵するパフォーマンスを発揮している。Ryzen 7 3800XTやRyzen 7 3700Xを上回っているのは圧巻だ。Ryzen 5 3600Xよりも10%程度伸びている。クリエイター用のCPUとしても最適だと言える。

>>>Ryzen 5 5600Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 5 5600X搭載おすすめゲーミングPC

Ryzen 5 5600X搭載モデルの価格帯は税込18万円~20万円台となっている。ミドルクラスのRyzen 5 5600X搭載モデルとしてはやや価格は高いが、性能の高さや昨今の価格高騰の影響を考えると許容範囲だと言える。また、AMDがプレミアム価格路線に入り定価が上がっていることも要因として挙げられる。

LEVEL-M0P5-R56X-SAX-GameWith(パソコン工房)

LEVEL-M049-iX7-RWS価格:200,880円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:700W BRONZE

公式サイト

RTX 3060 Ti×Ryzen 5 5600X搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。ミニタワーケースを採用している。Game WithとのコラボゲーミングPCで非常に魅力的だと言える。RTX 3060 Ti搭載モデルとして税込20万円台は最安値クラスだ。他社メーカーならRTX 3060搭載モデルと同等だ。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実している。電源ユニットは700W BRONZEを搭載していて万全だ。

ZEFT R25E(セブン)

ZEFT R36Z価格:230,780円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB
HDD:非搭載
電源:750W GOLD

公式サイト

Ryzen 5 5600X×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCだ。PCケースにはホワイトカラーが印象的な「ASUS TUF Gaming GT501 White Edition」を搭載している。取外し可能なダストフィルーターを搭載していてメンテンナンス性の高さが特徴だ。シンプルなデザインで使用するユーザーを選ばない。ゲーミング性能は標準的でフルHD環境が基準だ。設定調整が必要になるタイトルもある。メモリ16GB、SDS 500GBと構成は十分だろう。CPU性能が高いのでクリエイター作業にも最適だ。

G-GEAR GC5A-C212T/R/CP1(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:184,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:750W GOLD

公式サイトFRXN710/WS3詳細

CrucialとのコラボモデルでCrucial製メモリ及びSSDを搭載している。さらに、CWT製電源ユニット及びMSI製マザーボードを搭載していて徹底したこだわりが見られる。Ryzen 5 5600XにRTX 3060と組み合わせたゲーミングPCだ。ゲーミング性能が標準的でフルHD環境でのゲームプレイを想定している。Ryzen 5 5600Xとのバランスは良好だ。Zen 3アーキテクチャーになりゲーミング性能が向上しているため安心してゲームを楽しめる。メモリ16GB、SSD 1TBという構成だ。

GALLERIA XA5R-R36T(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:244,979円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE

公式サイト

RTX 3060 Ti×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCだ。ガレリアブランドのミニタワーケースは拡張性も高く評価されている。RTX 3070搭載モデルと比べると価格が安くコストパフォーマンスに優れている。WQHD環境でのゲームプレイに最適で将来性も高い。Ryzen 5 5600Xとの組み合わせならパフォーマンスを引き出しやすい。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。

GALLERIA XA5R-R37(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:254,980円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

ドスパラからもRyzen 5 5600X搭載モデルが販売されている。グラフィックボードにはRTX 3070を搭載し4K解像度にも対応することができる。税込み25万円台という価格は高めだ。これならCore i7-12700搭載モデルを選ぶ方がよいだろう。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。電源ユニットには650W BRONZEを採用している。場合によってはGOLD規格にアップグレードを検討してもよいだろう。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya