ryzen55600xtop
当ページでは、Ryzen 5 5600Xの性能レビューを行った。6コア12スレッドの高パフォーマンスCPUで、第4世代Ryzenシリーズの中で最も安価なモデルだ。前世代の8コア16スレッドと同等のCPU性能を持つ。前世代のRyzen 5 3600Xよりも定価が上がっているが、それ以上に性能が上がっているのでコストパフォーマンスは上々だ。

Ryzen 5 5600Xの基本情報

コードネームZen 3
プロセス7nm
コア/スレッド数6コア/12スレッド
定格/最大クロック3.7 GHz/ 4.6 Ghz
L3キャッシュ32MB
TDP65W
発売日2020年11月06日
価格$299
特徴 (+)ゲーミング性能が飛躍的に向上
(+)CPUクーラーが同梱されている
(-)前世代よりも$50価格が上がった
(-)CPU内蔵グラフィックスは非搭載
評価 ・総合評価
★★★★★★★★☆☆7.0

・ゲーム評価
★★★★★★★★★☆8.0

>>>Ryzen 5 5600Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 5 5600Xの基本情報

スペック

 5 5600X5 3600XT5 3600X
メーカーAMDAMDAMD
プロセス7nm7nm7nm
コードネームZen 3Zen 2Zen 2
CPUコア数6コア6コア6コア
スレッド数12スレッド12スレッド12スレッド
定格クロック3.7 GHz3.8 GHz3.8 GHz
最大クロック4.6 Ghz4.5 GHz4.4 Ghz
L3キャッシュ32MB32MB32MB
TDP65W95W95W
CPUクーラーWraith StealthWraith SpireWraith Spire
価格$299$249$249
発売日2020年11月06日2020年07月23日2019年7月7日
Ryzen 5 5600Xは、最新のZen 3アーキテクチャを採用したCPUだ。Ryzen 5 3600XTやRyzen 5 3600XのZen 2アーキテクチャから進化している。プロセスは同じ7nmだが内部的には大きな違いがある。CCX(Core Complex)と呼ばれるCPUモジュールに変更が加えられている。

これまで1つのCPUモジュールには4つのCPUコアしか搭載されていなかったが、Zen 3では8つのCPUコアが搭載されている。つまり、同じ6コア12スレッドでも、2基のCCX(3コア×3コア)から1基のCCX(6コア)へと変わった。結果的にCCX同士のやり取りがなくなり、CCX間のレイテンシが軽減されるのだ。これはゲーミングパフォーマンスにも大きな影響を与える。

Ryzen 5 3600XTやRyzen 5 3600Xと比べてスペック的に大きな違いはない。Ryzen 5 3600XTと比べると定格クロックが0.1GHz引き下げられ、最大クロックが0.1GHz引き上げられている。L3キャッシュは同じ32MBとなっている。TDPが95W→65Wとなっているのは嬉しい変更だ。CPUクーラーはWraith Stealthが同梱されている。価格は$50高く$299となっている。

Cinebench R20スコア

cinebenchryzen55600x-cinebench

Cinebench R20は、CPUのレンダリング性能をスコア化できるベンチマークソフトだ。CPUの総合性能を知るのに有益なソフトだと言える。Ryzen 5 5600Xは、前世代のRyzen 5 3600Xよりも18%程度パフォーマンスが向上している。

Intelの専売特許だったシングルスレッド性能も18%伸びている。レイテンシ軽減の恩恵もあって性能差を体感しやすいはずだ。このシングルスレッドの伸びは凄まじくRyzen 7 3800XTやCore i7-10700Kを上回る。競合であるCore i5-10600Kを圧倒する結果だ。

>>>Ryzen 5 5600Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 5 5600Xのゲームベンチマーク一覧

gamehaisin

ゲームプレイ中のフレームレートを計測している。Cinebench R20などのベンチマークと比べてよりリアルなパフォーマンスを計測することができる。Ryzen 5 5600Xは、6コア12スレッドの高パフォーマンスモデルだ。

最近では当たり前になっている8コア16スレッドのRyzen 7 5800XやCore i7-10700Kとの性能差にも注目したい。6コア12スレッドでも十分なのかどうかは気になるところだろう。合わせて前世代のRyzen 5 3600XやRyzen 7 3800XTとの性能差も見ていこう。

Borderlands 3

boarderland3ryzen55600x-borderlands3

Ryzen 5 5600Xのスコアの高さに驚く結果となった。Ryzen 7 3800XTよりも6%程度スコアが伸びている。Ryzen 5 3600Xよりも15%高く圧倒的だ。Zen 3アーキテクチャの凄さがわかる。Borderlands 3ではIntel製CPUが優勢だ。Core i7-10700KやCore i5-10600Kが上位を占めている。それでもCore i5-10600Kとの差は2%とそれほど大きいわけではない。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow Of The Tomb Raiderryzen55600x-tombraider

Ryzen 5 5600Xは、Ryzen 7 5800Xに次いで高いスコアを計測している。Ryzen 7 5800Xとの差は4%だ。Core i5-10600Kよりも20%も高い。Ryzen 7 3800XTよりも23%高くZen 2アーキテクチャの第3世代Ryzenシリーズを圧倒している。

Hitman 2

hitman2ryzen55600x-hitman2

Hitman 2でも第4世代Ryzenシリーズ全般が強い。Ryzen 5 5600Xは、Intel Core i7-10700Kよりも3%高く、Core i5-10600Kよりも10%も高い。これほどIntel製を圧倒することになるとは思わなかった。前世代のRyzen 5 3600Xよりも27%もパフォーマンスが伸びている。これだけパフォーマンスが高いならRyzen 5 3600Xからの買い替えもよいだろう。

その他アプリケーションのベンチマーク

computer

ゲーム以外の一般的なアプリケーションでのベンチマークを見ていこう。Cinebench R20と合わせて参考にするとよい。Ryzenシリーズはマルチスレッド性能が高く得意としている分野だと言える。

7-Zip

zipryzen55600x-zip

Zipファイルの解凍及び圧縮速度を計測している。Ryzen 5 5600Xは、Ryzen 5 3600Xよりも11%-20%高速化されている。Core i7-10700Kに迫るほどの性能だ。ゲームほど飛躍的なパフォーマンス向上は見込めないがしっかりと性能の底上げが行われている。

Puget Systems Adobe

ryzen55600x-puget

After EffectsやPhotoshopではRyzen 7 5800Xに匹敵するパフォーマンスを発揮している。Ryzen 7 3800XTやRyzen 7 3700Xを上回っているのは圧巻だ。Ryzen 5 3600Xよりも10%程度伸びている。クリエイター用のCPUとしても最適だと言える。

>>>Ryzen 5 5600Xを確認(Amazon)<<<

Ryzen 5 5600X搭載おすすめゲーミングPC

Ryzen 5 5600X搭載モデルの価格帯は税抜13万円~17万円台となっている。ミドルクラスのRyzen 5 5600X搭載モデルとしてはやや価格は高い。もう少し価格が落ち着くのを待つのが吉だ。

ZEFT R25C(セブン)

ZEFT R25C価格:138,800円
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:非搭載
電源:600W BRONZE
公式

GTX 1660 SUPER×Ryzen 5 5600X搭載のゲーミングPCだ。PCケースに静音性の高い「COOLERMASTER SILENCIO S600」を搭載している。遮音材を組み合わせて静かなPC稼働が可能となっている。ゲーミング性能は標準的でFULL HD環境が基準だ。設定調整が必要になるタイトルもある。メモリ16GB、SDS 500GBと構成も十分だろう。CPU性能が高いのでクリエイター作業にも最適だ。

GALLERIA XA5R-R70S(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:139,980円
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE
公式GALLERIA XT詳細

ドスパラからもRyzen 5 5600X搭載モデルが販売されている。グラフィックボードにはRTX 2070 SUPERを搭載し価格は税抜13万円台だ。登場したばかりということもあって価格は高めだが、今後価格が下がればコストパフォーマンスが大幅にアップするはずだ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。電源ユニットには650W BRONZEを採用。

G-GEAR GA5A-H204/XT(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:172,546円
CPU:Ryzen 5 5600X
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:700W BRONZE
公式

RTX 3070と組み合わせたゲーミングPCだ。ゲーミング性能が高く4K解像度でのゲームプレイを想定している。Ryzen 5 5600Xとのバランスはやや悪いかもしれない。それでもZen 3アーキテクチャーになりゲーミング性能が向上しているためそれほど心配する必要はない。メモリ16GB、SSD 500GBという構成だ。

Ryzen 5 5600Xの特徴まとめ

8コア16スレッドモデルを超える性能を持つ

ryzen55600x-seinou
Ryzen 5 5600Xは、6コア12スレッドの高パフォーマンスモデルだ。Ryzen 5 3600Xから20%程度パフォーマンスが向上した。実は前世代の8コア16スレッドのRyzen 7 3800XTを超えるゲーミング性能を持っている。これはZen 3アーキテクチャによる恩恵だ。CPUモジュールに搭載されているCPUコアが増えたことやIPCの改善が行われたことが大きい。スペック以上の差があるというわけだ。もちろん総合性能では8コア16スレッドのモデルに劣ってしまうこともあるが、下位モデルなら十分健闘していると言えるはずだ。

前モデルよりも省電力性に優れている

ryzen55600xwatt

Ryzen 5 5600Xを始めとしてZen 3アーキテクチャのCPUは省電力性が高いのが特徴だ。Ryzen 5 3600Xと比べて性能が上がっているにも関わらず消費電力は低い。これまでAMD製CPUはIntel製CPUよりも消費電力が高いというデメリットがあった。ところが第4世代になって変わった。Intel製CPUと比べて最大25%消費電力が抑えられている。電源ユニットに掛けるコスト削減にも繋がるし、環境にも優しい。

CPUクーラー同梱でコスパも上々

Ryzen 5 5600Xは、第4世代Ryzenシリーズの第一弾として登場したモデルの中で唯一CPUクーラーが同梱されているCPUだ。当該モデルに同梱されている「Wraith Stealth」は2,000円~3,000円程度の価値がある。別途CPUクーラーを用意する必要がないため、購入する上でお得感がある。オーバークロックなどを考えていないのであればWraith Stealthでも十分対応することができる。

>>>Ryzen 5 5600Xを確認(Amazon)<<<