ROG Zephyrus G14 GA401IV画像引用元:https://jp.store.asus.com/

当ページでは、Ryzen 9 4900HSの性能レビュー及び搭載ゲーミングノートPCの紹介をしている。Zen 2アーキテクチャを搭載したRyzen 4000シリーズの中でも注目のCPUだ。省電力モデルでありながら8コア16スレッドで高いパフォーマンスを発揮する。まさにゲーミングノートPC向きのCPUだと言える。その性能について詳しく見ていこう。

よくわかる!!Ryzen 9 4900HSの特徴まとめ

コードネームZen 2
プロセス7nm
コア/スレッド数8コア/16スレッド
定格/最大クロック3.0 GHz/ 4.3 Ghz
L3キャッシュ8MB
TDP35W
発売日2020年06月01日
価格
コメント 8コア16スレッドの高パフォーマンスCPU
省電力性が高くゲーミングノートPCに最適
評価 ・総合評価
8.5

・ゲーム評価
8.5

Ryzen 9 4900HSの基本情報

基本スペック

 Ryzen 9 4900HSRyzen 9 4900HRyzen 7 4800H
メーカーAMDAMDAMD
プロセス7nm7nm7nm
コードネームZen 2Zen 2Zen 2
CPUコア数8コア8コア8コア
スレッド数16スレッド16スレッド16スレッド
定格クロック3.00 GHz3.30 GHz2.90 GHz
最大クロック4.30 GHz4.40 GHz4.20 GHz
L3キャッシュ8MB8MB8MB
CPU内蔵グラフィックスRadeon Graphics 8CUsRadeon Graphics 8CUsRadeon Graphics 7CUs
クロック周波数1750 MHz1750 MHz1600 MHz
TDP35W45W45W
発売日2020年06月01日2020年06月01日2020年06月01日
Ryzen 9 4900HSの基本スペックについて見ていこう。Ryzen 9 4900Hの省電力モデルという位置付けだ。TDPが45W→35Wへと引き下げられているのが特徴となっている。プロセスやコードネーム(アーキテクチャ)は共通している。

コア/スレッド数も同じ8コア16スレッドを搭載していてマルチコア性能が高い。一方でクロック周波数が抑えられていて定格クロックは10%、最大クロックは2%低い。消費電力を下げるために仕方がない部分だと言える。L3キャッシュ、CPU内蔵グラフィックスなどは変わらない。

Ryzen 9 4900HSのスペックは、どちらかというと下位モデルのRyzen 7 4800Hに近いと言える。Ryzen 7 4800Hの定格クロックを4%、最大クロックを3%引き上げられている。L3キャッシュは同じ8MBだ。CPU内蔵グラフィックスはコアは7CUsでクロック周波数は1600 MHzと僅かに低く上位モデルとの差別化が図られている。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 9 4900HSCore i9-10980HKCore i7-10875H
メーカーAMDIntelIntel
プロセス7nm14nm14nm
コードネームZen 2Comet LakeComet Lake
CPUコア数8コア8コア8コア
スレッド数16スレッド16スレッド16スレッド
定格クロック3.00 GHz2.40 GHz2.30 GHz
最大クロック4.30 GHz5.30 GHz5.10 GHz
L3キャッシュ8MB16MB16MB
TDP35W45W45W
価格-$583$450
発売日Q2'20Q2'20Q2'20
競合であるIntel製CPUとスペックを比較していく。直接の競合はCore i9-10980HKだ。第10世代のComet Lake世代でもプロセスはこれまでと同じ14nmとなっている。AMD Zen 2アーキテクチャの7nmプロセスと比べると見劣りしてしまう。モバイル向けCPUはIntelが市場を独占していたが、Ryzen 4000シリーズの登場によって大きく揺らぐことになりそうだ。

コア/スレッドは8コア16スレッドで共通している。Ryzen 9 4900HSの方が定格クロックが25%高く、最大クロックは25%低い。L3キャッシュについてもCore i9が倍増となっている。TDPはRyzen 7 4800HSの方が低く優れている。Core i7-108750Hは、Core i9-10980HKのクロック周波数を引き下げたモデルだと考えて間違いない。

Ryzen 9 4900HSの特徴

Zen +よりもゲーム適正が大きく向上している

Zen 2アーキテクチャを採用しているZen 2は、モバイル向け第2世代Ryzenシリーズ(Zen +)よりも大幅にゲーミング性能が高くなっている。Zen +アーキテクチャと比べてIPCの向上、レイテンシ(遅延)の軽減による影響が大きい。前世代のRyzen 7 3750Hよりも大幅にパフォーマンスが向上している。正直Ryzen 7 3750Hはゲーム適性が低く各BTOメーカーでもほとんど採用されていなかった。

このRyzen 9 4900HSは、AMDの集大成とも言えるCPUで各BTOメーカーからのラインナップに拡充に期待が持てる。Ryzen 9 4900HSは、ゲーム以外にも負荷の高い作業を得意としている。例えば、ビデオのエンコード、3Dレンダリング、ファイル圧縮などが該当する。一方で、エクセルでのマクロ、Photoshopでの高解像データなどはIntelが得意とする分野だ。どのような用途での使用を考えているのかでCPU選ぶをすると良いだろう。

省電力性が高くノート本体を小さくできる

Ryzen 9 4900HSの魅力の一つが省電力性の高さだ。Ryzen 9 4900HやRyzen 7 4800Hなどのハイパフォーマンスの45Wに対して、”HS”シリーズは35Wに抑えられている。ノートパソコンでこの10Wは大きい。消費電力が抑えられることでノートパソコンのデザインの自由度が上がるからだ。また、バッテリー駆動時間も長くなり実用性も大幅に向上する。

通常ゲーミングノートPCでは消費電力が上がることによって発生する熱がネックとなる。パフォーマンスを上げるためにはより高性能なパーツを搭載する必要があり熱が発生しやすくなる。特にRyzen 9シリーズやCore i9シリーズなどのハイエンドモデルになるとその傾向が強い。

その熱対策を行うために本体を大きくしてより優れた冷却システムを搭載する必要がある。つまり、消費電力が高い高性能なパーツを搭載しているとデザインの自由度が奪われてしまうのだ。どうしても本体が重くなってしまい日常的に使うのが難しくなってしまう。

CPU内蔵グラフィックスの性能が高い

Ryzen 9 4900HSではCPU内蔵グラフィックスにRadeon Vega 8が搭載されている。もちろん外付けのグラフィックボードと比べるとパフォーマンスは落ちるが、従来のRadeon Vega 8(Ryzen 5 3500Uなどに採用)よりも性能は高くなっている。

クロック周波数が1750 MHzに引き上げられ対応メモリもDDR4-3200へとアップグレードされた結果だ。万が一グラフィックボードレスモデルが販売されても問題ない。簡単な3Dグラフィックス処理なら十分にこなせると考えて良いだろう。

Ryzen 9 4900HSのベンチマーク一覧

Cinebench R20

cinebenchryzen74800h-cinebench

Ryzen 9 4900HSはマルチスレッド性能及びシングルスレッド性能共に高いスコアを出している。TDPの高いRyzen 7 4800Hには劣ってしまっているもののこれは妥協できる範囲だろう。その差はマルチスレッド性能で2%程度に留まりシングルスレッド性能では2%上回っている。

Ryzen 9 4900HSの価値は省電力性の高さにある。つまり消費電力が抑えられているにもかかわらずRyzen 7 4800Hと同等のスコアとなっているのは何よりの魅力だ。競合であるCore i7-10875Hを軽く超える性能を持っている。前世代のRyzen 7 3750Hと比べると2.5倍程度伸びていることになる。

Handbreak

handbrakehandbrake-ryzen94900hs

動画のエンコードに掛かる時間を計測している。Cinebench R20と同様にRyzen 7 4800Hの方がパフォーマンスが高い。Ryzen 9 4900HSは0.6低くなっている。Core i7-108750Hよりも20%程度高性能で、Ryzen 7 3750Hと比べると2.9倍程度パフォーマンスが向上している。Zen 2コアになってレイテンシが減少してよりスペックに忠実な性能を発揮できるようになったと考えて良いだろう。

7-Zip

zipryzen74800h-7zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測している。Ryzen 9 4900HSは、Ryzen 7 4800Hとほぼ同等の速度を出している。Core i7-108750Hよりも35%程度パフォーマンスが高い。Ryzen 7 3750Hとは比べるまでもない。Zenアーキテクチャから明らかに進化している。

Ryzen 9 4900HS搭載のゲーミングノートPC一覧

ROG Zephyrus G14 GA401IV(ASUS)

ROG Zephyrus G14 GA401IV1価格:195,273円
液晶:14.0インチ 60Hz
重量:約1.65kg
駆動時間:約9.4時間
CPU:Ryzen 9 4900HS
GPU:GeForce RTX 2060 MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

現時点ではASUSからのみ搭載モデルが販売されている。天板にLEDドットでイラストを表示させられる珍しいモデルだ。グラフィックスにはGeForce RTX 2060 MAX-Qを搭載していてゲーミング性能は高い。FULL HD環境でのゲームプレイに対応することが可能だ。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。CPUもグラフィックスも省電力性の高さが特徴でバッテリー駆動時間も約9.4時間と長くなっている。もちろんクリエイターの方にもおすすめできるモデルだ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る