NEXTGEAR-NOTE i5330GA1_syoumen

当記事では、モバイル向けGeForce GTX1050のスペックとおすすめのゲーミングノートPCを紹介している。エントリークラスのグラフィックボードということもあり注目を集めるグラフィックボードだ。ただし、メイン機として使用するには少し物足りない性能であることを理解しておこう。

GTX1050搭載ゲーミングノートPCの特徴

総合性能-快適なゲームプレイははやや厳しい

gtx1050mobilenote

GTX1050 Mobileのゲーミング性能をまとめた。前モデルであるGTX950との差もほとんどなくゲームプレイをするには心許ない性能だということになる。ゲームプレイを考えるのであれば最低でもGTX1050Tiを考えるべきだろう。

GTX1050のターゲットとなるのはゲーマーではなく、一般ユーザーだ。ゲーム以外の使用でGPUサポートを受けたい方や稀にゲームをする方を想定している。解像度や設定にこだわらないユーザーであればある程度納得できる部分もあるかもしれない。

低価格帯のゲーミングノートの中心モデル

10万円以下のゲーミングノートPC(そう呼んでいいのかはわからないが…)を探していると中心となるのはGTX1050であることがわかるだろう。10万円以上となるとGTX1050Ti搭載モデルとなる。少しでも安くグラフィックボード搭載モデルを考えているなら選択肢に入れても良い。

ただし、上記で書いた通りその性能についてしっかりと理解しておこう。FULL HD×低設定あるいはHD×高設定が基準だ。なお、下位にGeForce MX150があるが、これはゲーム向きではないので実質GTX1050が一番下のグラフィックボードということになる。

BTOメーカーのラインナップが極端に少ない

GTX1050搭載のゲーミングノートPCを探すとラインナップの少なさに驚いてしまうかもしれない。やはりどこのBTOメーカーもGTX1050がゲーミング向けとは言えないと判断しているということだ。選択肢が狭まってしまうというのはデメリットだと言える。

パソコン工房もドスパラもGTX1050Tiが最低クラスのモデルとなっている。G-Tune、フロンティア、Dellなどでしか販売されていない。なお、Dellについてはゲーミングブランドではない。どちらかと言うとクリエイター向け(Photoshop、RAW現像など)と考えた方が良いだろう。

GTX1050のベンチマーク(デスクトップPC)

デスクトップ向けのGTX1050で実際にゲームプレイ中のフレームレートを計測した。厳密に言うとラップトップ向けのグラフィックボードとは多少異なる点はあるものの参考にはなるだろう。基本的にはデスクトップ向けの方がわずかに性能が高くなる。

Hitman

hitmanhitmangtx1060

Hitmanについては最高設定だとかなり厳しいことがわかる。中設定あるいはそれ以下でのゲームプレイを考える必要がある。比較的新しいタイトルになると対応しづらくなるのがエントリークラスのグラフィックボードのデメリットだと言える。それでも全くゲームができないというわけではなく設定調整は必須だということだ。

Battlefield 1

battlefieldbattlefiledgtx1060

Battlefieldなら最高設定でも平均54.7fpsと十分だろう。これなら十分対応できる。フレームレートを上げたいのであれば中設定にすれば万全だ。どうやら全く太刀打ちできないというわけではなさそうだ。

Grand Theft Auto5

gta5gta5gtx1060

最高設定ではやはり苦しい。ただそれはGTX1050Tiでも同じだ。やはりFULL HD環境で快適なゲームプレイしたいならGTX1060がベストだろう。

GeForce GTX1050搭載のゲーミングノートPC紹介

Dell G3 15 プレミアム・SSD・GTX 1050 搭載(DELL)

mewdellg315価格:87,984円
モニター:15.6インチ
CPU:Core i7-8750H
GPU:GeForce GTX1050
メモリ:8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

Dellのノートパソコンはとにかく安い。なんと、87,984円は送料及び税金込の価格だ。Dellにはゲーミングブランドとしてエイリアンウェアがあるがこのモデルは一般向けだ。CPUにはCore i7-8750Hを搭載しているため動画編集やRAW現像などにも対応できる。メモリ8GB、NVMe対応M.2 256GBと構成も十分だ。GTX1050搭載モデルならカスタマイズはせずにこのままでいくと価格の優位性を活かせる。

NZシリーズ おすすめ構成 A(FRONTIER)

frontiernz価格:99,800円
モニター:15.6インチ
CPU:Core i7-8750H
GPU:GeForce GTX1050
メモリ:8GB
SSD:320GB
HDD:非搭載
公式

フロンティアのゲーミングノートPCだ。Dellのモデルと比べると目劣りするが十分な価格設定だと言える。セール対象となることもあるのでセール情報はチェックしておきたい。こちらもカスタマイズはせず低価格というメリットを最大限に活かすようにしたい。

NEXTGEAR-NOTE i5330GA1(G-Tune)

NEXTGEAR-NOTE i5330GA1価格:114,800円
モニター:15.6インチ
CPU:Core i7-8750H
GPU:GeForce GTX1050
メモリ:8GB
SSD:256GB
HDD:1TB
公式詳細

GTX1050搭載モデルで10万円を超えるのはやや割高だ。このモデルの特徴はMS-HYBRIDという機能を搭載していてバッテリー駆動時間を長くすることに成功している。グラフィックボードを非稼働状態にすることで省電力を実現することができる。普段はOFFにしておいて、ゲームや3Dアプリケーションを使用するときのみONにするという使い方ができる。

モバイル&デスクトップ向けスペック比較

プラットフォームモバイルPC
型番GTX1050GTX1050
CUDAコア640640
ベースクロック1354MHz1354MHz
ブーストクロック1493MHz1455MHz
メモリ形式GDDR5GDDR5
GPUメモリ2GB2GB
消費電力75W75W
ここがポイント!!

スペックを比較するとブーストクロックがモバイル向けの方が高くなっている。しかし、他の型番と同じく基本的にはデスクトップ向けモデルの方が性能が高い。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUIntel Core i7-8700K
メモリ16GB DDR4-2666
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
電源ユニットEVGA SuperNova P2 1000W
参照元:GEFORCE GTX 1060 REVIEW (PCGAMER)