NEXTGEAR-NOTE i5330GA1_syoumen

当記事では、モバイル向けGeForce GTX 1050のスペックとベンチマークを紹介している。前世代のGeForce GTX 950Mとの性能差も気になるところだ。エントリークラスのグラフィックボードということもあり注目を集めるグラフィックボードだ。税込10万円以下でもモデルが販売されている。

ただし、メイン機として使用するには少し物足りない性能であることを理解しておこう。友人や知人がGTX 1050 Mobile搭載モデルを購入しようとしたら止めるかもしれない。クリエイターの方やライトゲーマーの方であればおすすめできるかもしれない。後継モデルは、Turing世代の「GeForce GTX 1650 Mobile」だ。低価格帯のモデルを探している方はぜひチェックしておこう。

GeForce GTX 1050 Mobileの概要

GeForce GTX 950Mとスペック比較

型番GTX 1050GTX 950M
アーキテクチャPascalMaxwell
GPUGP107GM107
プロセス14nm28nm
トランジスタ数33億18.7億
ダイサイズ132m㎡148m㎡
CUDAコア640640
ベースクロック1354MHz993 MHz
ブーストクロック1493MHz1124 MHz
メモリ形式GDDR5GDDR3
GPUメモリ2GB4GB
メモリクロック周波数1752 MHz900 MHz
メモリバス128 bit128 bit
バンド幅112.1 GB/s28.80 GB/s
消費電力75W75W
価格$109-
ここがポイント!!

前世代のGTX 950Mと比較していこう。GTX 950Mの末尾にあるMはモバイルであることを意味する。GTX 1050では公式にMマークが取れたのでデスクトップ向けモデルと同等のスペック・性能であるということになる。Maxwell世代からPascal世代へのアーキテクチャの変更はその後のグラフィックボードに革命を起こしたと言える。それほど性能に与えるインパクトが大きかったのだ。

プロセスが28nm→14nmへと微細化に成功している。これによってダイサイズを小さくしてもより多くのトランジスタを搭載することができパフォーマンスにアップに繋がるのだ。GTX 1050のダイサイズ132m㎡とGTX 950Mよりも12%程度小さいが、トランジスタ数は80%近く増えて33億となっている。スペックを細かく見ていこう。

CUDAコアは同じ640となっている。ベースクロックが35%も高く、ブーストクロックも33%高くなっている。メモリ周りも大きく強化されている。メモリ容量こそ半減しているが、GDDR3からGDDR5へと新しい規格になりバンド幅が4倍と飛躍的に向上した。メモリクロック周波数も95%アップだ。これだけスペックが上がっているにもかかわらず消費電力は同じ75Wに抑えられている。明らかに別物のグラフィックボードに仕上がっている。

デスクトップ向けモデルとスペック比較

プラットフォームモバイルPC
型番GTX 1050GTX 1050
GPUGP107GP107
プロセス14nm14nm
トランジスタ数33億33億
ダイサイズ132m㎡132m㎡
CUDAコア640640
ベースクロック1354MHz1354MHz
ブーストクロック1493MHz1455MHz
メモリ形式GDDR5GDDR5
GPUメモリ2GB2GB
メモリクロック周波数1752 MHz1752 MHz
メモリバス128 bit128 bit
バンド幅112.1 GB/s112.1 GB/s
消費電力75W75W
価格$109$109
ここがポイント!!

スペックを比較するとブーストクロックがモバイル向けの方が高くなっている。それ以外は全く同じスペックだ。GTX 10シリーズでモバイルを意味するMが消滅したことも納得だ。なお、他の型番と同じく基本的にはデスクトップ向けモデルの方が性能が高い。消費電力をうまくコントロールできれば同等のパフォーマンスを期待できる。

GTX 1050搭載ゲーミングノートPCの特徴

総合性能-快適なゲームプレイははやや厳しい

gtx1050mobiescore
GTX 1050 Mobileのゲーミング性能をまとめた。前モデルであるGTX 950Mと比べると70%パフォーマンスが向上している。アーキテクチャが変わったことの成果は素晴らしい。それでもゲームプレイをするには心許ない性能だと言える。ゲームプレイを考えるのであれば最低でもGTX 1050 Tiを考えるべきだろう。現行モデルならGTX 1650 MobileあるいはGTX 1650 Ti Mobile を選択肢に入れたい。

GTX 1050のターゲットとなるのはゲーマーではなく、クリエイターなどの一般ユーザーだ。例えば、WEBデザインをしたり、3D CADソフトを使ったりといったことが考えられる。ゲーム以外の使用でGPUサポートを受けたい方や稀に軽いゲームをするだけの方を想定している。解像度や設定にこだわらないユーザーであればある程度納得できる部分もあるかもしれない。

低価格帯のゲーミングノートの中心モデル

10万円以下のゲーミングノートPC(そう呼んでいいのかはわからないが…)を探していると中心となるのはこのGTX 1050 Mobileであることがわかるだろう。10万円以上となるとGTX 1050 Ti搭載モデルとなる。少しでも安くグラフィックボード搭載モデルを考えているなら選択肢に入れても良い。

ただし、上記で書いた通りその性能についてしっかりと理解しておこう。フルHD×低設定あるいはHD×高設定が基準だ。なお、下位にGeForce MX150があるが、これはゲーム向きではないので実質GTX 1050が一番下のグラフィックボードということになる。

BTOメーカーのラインナップが極端に少ない

GTX 1050搭載のゲーミングノートPCを探すとラインナップの少なさに驚いてしまうかもしれない。やはりどこのBTOメーカーもGTX 1050がゲーミング向けとは言えないと判断しているということだ。選択肢が狭まってしまうというのはデメリットだと言える。

パソコン工房もドスパラもGTX 1050 Tiが最低クラスのモデルとなっている。G-Tune、フロンティア、Dellなどでしか販売されていない。なお、Dellについてはゲーミングブランドではない。どちらかと言うとクリエイター向け(Photoshop、RAW現像など)と考えた方が良いだろう。

GTX 1050のベンチマーク(デスクトップPC)

デスクトップ向けのGTX 1050で実際にゲームプレイ中のフレームレートを計測した。厳密に言うとラップトップ向けのグラフィックボードとは多少異なる点はあるものの参考にはなるだろう。基本的にはデスクトップ向けの方がわずかに性能が高くなる。

Hitman

hitmanhitmangtx1060

Hitmanについては最高設定だとかなり厳しいことがわかる。中設定あるいはそれ以下でのゲームプレイを考える必要がある。GTX 1050 Tiとの差は35%-40%と大きい。60fpsを基準にするとGTX 1060がボーダーとなる。

比較的新しいタイトルになると対応しづらくなるのがエントリークラスのグラフィックボードのデメリットだと言える。それでも全くゲームができないというわけではなく設定調整は必須だということだ。この特性を理解して選択しないと後悔することになる。

Battlefield 1

battlefieldbattlefiledgtx1060

Battlefieldなら最高設定でも平均54.7fpsと十分だろう。これなら全く対応できないわけではない。フレームレートを上げたいのであれば中設定にすれば万全だ。GTX 1050 Tiになればより余裕が生まれる。およそ25%フレームレートが高くなっている。

Grand Theft Auto5

gta5gta5gtx1060

GTA 5でも最高設定ではやはり苦しい。ただそれは上位モデルであるGTX 1050 Tiでも同じだ。GTX 1050 Tiとの性能差は10%弱となっている。やはりフルHD環境で快適なゲームプレイしたいならGTX 1060がベストだろう。価格面で妥協してしまうとゲームプレイ時に後悔してしまうことになる。特に負荷の高いタイトルを楽しみたいと考えている方は注意してほしい。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUIntel Core i7-8700K
メモリ16GB DDR4-2666
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
電源ユニットEVGA SuperNova P2 1000W
参照元:GEFORCE GTX 1060 REVIEW (PCGAMER)