GALLERIA RL5C-R35T当記事では、モバイル向けGeForce RTX 3050 Ti MobileのスペックとおすすめのゲーミングノートPCを紹介している。Turing世代で人気の高かったGTX 1650 Ti Mobileの後継モデルということになる。ドスパラを始めとしてこのグラフィックボードを搭載したモデルが増えてきているのは朗報だ。ドスパラなど国内BTOメーカーがGTX 1650 Ti搭載ゲーミングノートの販売に力を入れていて売れ筋モデルになっていたことからこの最新モデルにも期待が掛かる。

価格を抑えたいカジュアルゲーマーの方は必見だ。GTX 1650 Tiよりも40%程度パフォーマンスが向上していてフルHD環境での適性が向上している。レイトレーシングにも対応しているが、このクラスだと快適にプレイするのは厳しい。搭載モデルについては、「RTX 3050 Ti Mobile搭載おすすめゲーミングノートPC」で解説している。

RTX 3050 Ti Mobileスペック比較

型番RTX 3050 TiRTX 3050RTX 3060GTX 1650 Ti
プラットフォームモバイルモバイルモバイルモバイル
プロセス8nm8nm8nm12nm
GPUGA107GA107GA106TU117
トランジスタ数--132.5億47億
ダイサイズ--276 mm²200 mm²
SMs20163016
CUDAコア2560基2048基3840基1024基
RTコア20基16基30基-
Tensorコア80基64基120基-
定格クロック735-1462 MHz712-1530 MHz900-1387 MHz1350 MHz
最大クロック1035-1695 MHz1057-1740 MHz1425-1702 MHz1485 MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
GPUメモリ4GB4GB6GB4GB
メモリバス128 bit128 bit192 bit128 bit
クロックスピード12 Gbps12 Gbps14 Gbps12 Gbps
メモリバンド幅192.0 GB/s192.0 GB/s336.0 GB/s192.0 GB/s
消費電力35W-80W35W-80W80W-115W50W

スペック比較表では前世代のGTX 1650 Ti Mobileと現行のAmpere世代における上位モデルであるRTX 3060 Mobile及び下位モデルのRTX 3050をピックアップしている。ポイントについては次の項目から詳しく解説していく。

GTX 1650 Ti Mobileの後継モデル

GPUから見てもGTX 1650 Ti Mobileの後継モデルということがわかる。プロセスが12nmから8nmへと微細化されてパワー効率の向上につながっている。CUDAコアが2.5倍以上の2560基へと大幅に増えた。さらに、RTコア・Tensorコアを搭載しているためレイトレーシングやDLSSといった機能を使用することが可能だ。ここがGTX 1650 Ti Mobileとの大きな違いだと言える。

定格クロック及び最大クロックについてはベンダー側が設定するTDP次第だ。TDPが80Wの場合定格クロック1462 MHz、最大クロック1695MHzに到達する。TDP 50WのGTX 1650 Tiと比べるとそれぞれ8%・15%アップしている。メモリ周りについては変更はない。GPUメモリが4GBというのがゲームプレイにおいてどのような影響を与えるのかは気になるポイントだ。

CUDAコアはRTX 3060 Mobileの66%に留まる

上位モデルであるRTX 3060 Mobileとのスペック差は大きくなっている。CUDAコアは1.5倍だ。RTコア・Tensorコアもそれぞれ1.5倍だ。TDPも80W-115Wと大きくパフォーマンスが高い。最大クロック周波数も上回る。さらに、GPUメモリ容量も1.5倍の6GBになる。最近のタイトルはGPUメモリ容量の消費量が大きく容量が多いほうが心強い。メモリバスも192 bitでメモリバンド幅は75%アップの336.0 GB/sとなる。

下位モデルのRTX 3050 MobileもRTX 3050 Ti Mobileと同じGA107を搭載したグラフィックボードだ。SMsは20%少なくCUDAコアは2048基となる。RTコアは16基、Tensorコアは64基だ。クロック周波数はRTX 3050 Mobileの方が高めだ。メモリ周り及びTDPは共通となっている。

RTX 3050 Ti Mobile搭載ゲーミングノートPCの特徴

GTX 1660 Tiに匹敵するゲーミング性能を持つ

rtx3050timobileseinou

RTX 3050 Tiは、GTX 1660 Tiに近いゲーミング性能を持つグラフィックボードだ。50番台でも前世代のGTX 16シリーズと同等の性能を持っていることは評価できる。もちろんゲーム側の要求スペックが上がっているということもあるが、グラフィックス性能の底上げがしっかりと行われている。

メインターゲットとなるのはフルHD環境でのゲームプレイを考えている方だ。設定を下げることで高リフレッシュレートでのゲームプレイを実現することもできる。さらに、Ampere世代から50番台でもレイトレーシング・DLSSといった機能を備えている。ただし、レイトレーシング性能などはあまり期待しない方がよいだろう。

RTX 3060 Mobile搭載モデルに比べるとやや割高

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージGALLERIA XL7C-R36GALLERIA XL7C-R36
型番RL5C-R35TXL5R-R36 5600H搭載
価格132,980円(税込)143,980円(税込)
液晶サイズ15.6インチ 144Hz15.6インチ 144Hz
重量約2.00kg約2.00kg
バッテリー駆動時間約4.1時間約5.5時間
CPUCore i5-11400HRyzen 5 5600H
GPURTX 3050 TiRTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載

RTX 3050 Ti搭載ゲーミングノートPCはリリースされてから時間が経ち価格は安定している。ただし、RTX 3060 Mobile搭載モデルとの価格差はそれほど大きくない。ドスパラのRTX 3050 Ti搭載モデルとRTX 3060搭載モデルを比較すると、価格差はわずか1.1万円だ。

もちろんRyzen 5 5600Hの価格が安いと考えることもできる。CPUは同等の性能を持つRyzen 5 5600Hで、グラフィックスがRTX 3050 Ti→RTX 3060へと強化される。RTX 3060 Mobileへのアップで1.1万円なら検討する価値がある。

旧モデルに当たる「GALLERIA GCL1650TGF(GTX 1650 Ti×Core i5-10300H)」が最後には94,980円(税込)で販売されていたことからこの水準近くまで価格が下がらないと厳しい。この性能帯は価格が勝負となるからだ。ただ、今は半導体不足及び円安による影響を受けていて実現はしなさそうだ。

搭載モデルのラインナップは海外勢が中心となっている

RTX 3050 Ti搭載ゲーミングノートPCは海外メーカーが中心だ。Dell・MSI・ASUSなど海外勢が中心となっている。国内BTOメーカーからはドスパラが販売しているだけで他のメーカーからはまだリリースされていない。パソコン工房では取り扱いがなくなってしまった。

国内メーカーのラインナップが揃うことはないのかもしれない。海外メーカーを中心に選ぶかRTX 3060 MobileやRTX 3050 Mobile搭載モデルを検討しよう。国内BTOメーカーの場合、売れ筋モデルに注力する形になりRTX 3050 Ti搭載モデルについてはそれほどラインナップが増えない可能性が高い。

RTX 3050 Ti Mobileのベンチマーク

Hitman 3

hitman3

7 5800H×RTX 3060133.0
90.2
i7-9750H×RTX 206096.8
61.8
5 5600H×RTX 3050 Ti93.6
62.1
i7-9750H×GTX 1660 Ti91.0
59.2
i7-10750H×GTX 1650 Ti64.1
39.4
i7-10750H×GTX 165058.3
36.5
フルHDWQHD
GTX 1650 Tiよりも46%もフレームレートが伸びている。WQHD環境なら54%も高い。GTX 1660 Ti搭載モデルと比べても3%性能が高くもはや50番台とは思えない性能に到達している。RTX 2060との差は3%でほぼ同等と言える水準だ。上位モデルであるRTX 3060との差は43%とかなり差は大きい。GPUメモリ容量が多いことから安定感が増す。

Crysis Remastered

Crysis Remastered

7 5800H×RTX 306053.8
38.7
i7-9750H×RTX 206046.5
24.1
i7-9750H×GTX 1660 Ti41.7
22.5
5 5600H×RTX 3050 Ti32.3
23.7
i7-10750H×GTX 165025.9
18.4
i7-10750H×GTX 1650 Ti24.8
14.9
フルHDWQHD
Crysis Remasteredでは設定を下げる必要がある。それを踏まえた上で他のグラフィックボードとの性能差だけを確認してほしい。GTX 1650 Tiよりも30%フレームレートが伸びている。GTX 1660 TiやRTX 2060に及ばないのはGPUメモリ容量の差だろう。RTX 3060との差は65%とかなり大きい。CUDAコアとGPUメモリ容量の差がフレームレートに現れている。

Death Stranding

death stranding

7 5800H×RTX 3060110.0
86.0
i7-9750H×RTX 206094.7
64.7
i7-9750H×GTX 1660 Ti89.0
59.9
i7-10750H×GTX 1650 Ti65.4
N/A
5 5600H×RTX 3050 Ti57.6
38.1
i7-10750H×GTX 165057.3
36.0
フルHDWQHD
Death Strandingでは期待どおりのパフォーマンスを挙げられていない。GTX 1650 Tiよりも12%も低いフレームレートとなっている。もしかしたらCPU性能の差が出ているのかもしれない。GTX 1660 Tiとの差は35%とかなり大きくなってしまった。Death Strandingを楽しみたいと考えている方は注意しよう。

Borderlands 3

boarderland3

7 5800H×RTX 306073.1
52.4
i7-9750H×RTX 206053.2
36.4
5 5600H×RTX 3050 Ti50.2
35.6
i7-9750H×GTX 1660 Ti48.6
32.1
i7-10750H×GTX 165030.7
18.3
フルHDWQHD
Borderlands 3ではGTX 1660 Tiよりも3%高いフレームレートを出している。フルHD環境でもWQHD環境でもRTX 2060に匹敵するパフォーマンスとなった。上位モデルであるRTX 3060と比べると31%劣ることを考えるとやはり差は大きい。RTX 3060搭載モデルとの価格差がそれほどないのであればできればRTX 3060搭載モデルを選択する方が満足できるだろう。

F1 2020

f12017

7 5800H×RTX 3060106.0
93.0
5 5600H×RTX 3050 Ti99.0
72.0
i7-9750H×RTX 206098.0
70.0
i7-9750H×GTX 1660 Ti92.0
65.0
i7-10750H×GTX 1650 Ti66.4
N/A
i7-10750H×GTX 165063.0
44.0
フルHDWQHD
GTX 1650 Tiよりも50%近くもフレームレートが上がっている。RTX 2060を上回っているのも驚きだ。フルHD環境ではRTX 3060との差が7%とかなり小さい。これはCPUがボトルネックとなっているのだと予想できる。WQHD環境になるとその差は30%まで広がる。いずれにしてもRTX 3050 Tiは50番台らしからぬパフォーマンスを発揮してくれる。

RTX 3050 Ti Mobile搭載おすすめゲーミングノートPC

GALLERIA RL5C-R35T(ドスパラ)

GALLERIA RL5C-R35T価格:139,980円(税込)
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce RTX 3050 Ti Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト詳細

RTX 3050 Ti×Core i5-11400Hの組み合わせで税込み13万円前半はお買い得だ。GTX 1650 Ti×Core i5-10400H搭載モデル並に価格が下がることはなさそうだ。性能が向上していることを考えれば納得できるのではないかと思う。コストパフォーマンスは非常に高いモデルだ。メモリ16GB、SSD 512GBとこの価格帯では平均的な構成だ。

G15 Ryzen™ Edition 【即納】プラチナ(RTX3050Ti搭載)(Dell)

New Dell G15 Ryzen Edition価格: 186,981円(税込) 151,455円(税込)
モニター:15.6インチ 120Hz
CPU:Ryzen 7 6800H
GPU:GeForce RTX 3050 Ti Mobile
メモリ:DDR5-4800 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト詳細

CPUには第4世代のRyzen 7 6800Hを搭載している。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲームプレイ以外の用途でもおすすめだ。RTX 3050 Tiとの組み合わせだとややもったいないかもしれないが、価格が抑えられたモデルということもあってデメリットはない。フルHD環境でのゲームプレイを考えている方に最適だと言える。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も十分だ。

Katana GF76 11U Katana-GF76-11UD-671JP(MSI)

Katana-GF76-11UD-471JP価格:152,800円(税込)
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3050 Ti Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

有名イラストレーターの長野 剛氏とのコラボによって生まれた一台となっている。日本等の強さと美しさを表現したモデルでそれは型番にも現れている。Intel第11世代のCore i7-11800Hを搭載したゲーミングノートPCだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いCPUで人気が高い。RTX 3050 Tiに合わせるにはややオーバースペック気味だがクリエイター作業など色々な用途での使用を考えている方は必見だ。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も充実している。

LEVEL-15FX151-i7-PAFX(パソコン工房)

LEVEL-15FX160-i7-RASX価格:169,980円(税込)
液晶:15.6インチ 60Hz
重量:約2.05kg
駆動時間:約2.5時間
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3050 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

15.6インチのゲーミングノートPCだ。本体重量は約2.05kgと平均的だと言える。Core i7-11800H×RTX 3050 Ti搭載のゲーミングノートPCだ。エントリークラスのモデルで価格が抑えられていて選びやすさがある。ゲーミングノートPCの価格が上昇傾向にあって税込20万円以下のモデルは減少している。そのような状況においてコストパフォーマンスに優れた一台で評価が高い。グラフィックスはエントリークラスのRTX 3050 Tiを搭載していてフルHD環境でのゲームプレイに対応可能だ。設定を下げることである程度幅広くゲームを楽しめる。CPUには高パフォーマンスのCore i7-11800Hを搭載している。低コストのCore i5-11400HではなくCore i7-11800Hを搭載しているのがポイントだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲームプレイだけではなくゲーム実況や動画編集などのクリエイター作業にも対応できる。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も必要十分だ。

TUF Gaming F15 FX507ZE(ASUS)

ASUS TUF Gaming F15 FX507ZM価格:189,800円(税込)
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 3050 Ti Mobile
メモリ:DDR5-4800 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

Intel第12世代のCore i7-12700Hを搭載したゲーミングノートPCだ。14コア20スレッドと従来モデルのCore i7-11800Hと比べて大幅にパフォーマンスが引き上げられている。ゲーム実況や動画編集などのクリエイター作業にも最適だ。ノートパソコンでもできることがどんどん増えている。メモリ規格もDDR5-4800でDDR4よりもワンランク上だ。SSD容量は512GBとなっている。本体重量は約2.2kgで、バッテリー駆動時間は約6.8時間だ。持ち運びがメインの方は注意した方がよいかもしれない。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

notepc

モデルSchenker XMG Prototype
OSWindows 10 Pro 64 bit
CPURyzen 5 5600H
GPUNvidia GeForce RTX 3050 Ti Laptop
メモリ16GB DDR4-3200
ストレージ1TB SSD