G15 Ryzen Edition当記事では、モバイル向けGeForce RTX 3050 MobileのスペックとおすすめのゲーミングノートPCを紹介している。Ampere世代におけるエントリークラスのグラフィックボードが登場した。従来モデルのGeForce GTX 1650 Mobileと比べて40%程度ゲーミング性能が向上している。GTX 1660 Ti Mobileに迫るほどのパフォーマンスを誇る。

税込み12,3万円という予算での購入を考えている方におすすめだ。ゲーミング性能を理解した上で購入しよう。もう少し予算を出せるのであれば一つ上の「GeForce RTX 3050 Ti」も検討するといい。場合によってはGeForce GTX 1660 Tiを超えてRTX 2060に迫るほどの性能で余裕がある。

RTX 3050 Mobileスペック比較

型番RTX 3050RTX 3050 TiGTX 1650
プラットフォームモバイルモバイルモバイル
プロセス8nm8nm12nm
GPUGA107GA107TU117
トランジスタ数--47億
ダイサイズ--200 mm²
SMs162014
CUDAコア2048基2560基896基
RTコア16基20基-
Tensorコア64基80基-
定格クロック712-1530 MHz735-1462 MHz1395 MHz
最大クロック1057-1740 MHz1035-1695 MHz1560 MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6GDDR6
GPUメモリ4GB4GB4GB
メモリバス128 bit128 bit128 bit
クロックスピード12 Gbps12 Gbps8 Gbps
メモリバンド幅192.0 GB/s192.0 GB/s128.1 GB/s
消費電力35W-80W35W-80W50W
価格帯118,674円~133,584円~119,980円~

GeForce RTX 3050 Mobileのスペックを見ていこう。比較対象は従来モデルのGTX 1650と現行の上位モデルであるRTX 3050 Tiだ。Tiになればより高い性能を享受できる。そこは予算との相談だ。

GTX 1650より大幅スペックアップ

Turing世代のGTX 1650に比べると大幅にスペックアップとなっていることがわかる。プロセスが12nm→8nmへと微細化されたのもポイントだ。パワー効率アップに繋がる。CUDAコアが896基から2048基へとおよそ230%も多くなった。さらに、RTコア及びTensorコアも新しく搭載されている。

定格クロックはおよそ10%高く、最大クロックはおよそ12%高い。これだけでも十分なパフォーマンスが見込めるが、さらにメモリ周りの強化が行われている。GPUメモリ容量は4GBで共通だ。メモリ速度が8 Gbpsから12 Gbpsとなった。メモリバンド幅が128.1 GB/sから192.0 GB/sへと50%向上している。

RTX 3050 Tiと同じGA107を採用している

RTX 3050は、上位モデルであるRTX 3050 Tiと同じGPU GA107を採用している。フルスペックでは24のSMs(ストリーミングマルチプロセッサ)が搭載されているが、RTX 3050ではその内8基が無効化されて16となっている。CUDAコアは2048基(16×128)だ。RTX 3050 Tiは、20のSMsが有効化されていてCUDAコアは2560基となっている。ちょうど20%の差があるということだ。

RTX 3050のRTコアは16基でTensorコアは64基だ。それぞれRTX 3050 Tiの20%ダウンとなっている。RTコアの役割であるレイトレーシング性能についてはこの価格帯のグラフィックボードでは対応するのが厳しいという現状があるのでそこまで気にしなくてもよいだろう。

クロック周波数はベンダー側で設定するTDPに依存する形だ。最大値で比較するとRTX 3050の方が定格・最大クロック共に高く3%-5%の幅に収まる。メモリ周りは共通だ。ゲームプレイ時には4GBというGPUメモリ容量の少なさがネックとなってしまうケースも出てくるのではないかと思う。

RTX 3050 Mobile搭載ゲーミングノートPCの特徴

前世代の60番台に近いゲーミング性能を持つ

rtx3050seinou

RTX 3050 Mobileは、エントリークラスの50番台でありながらそこそこ高いゲーミング性能を持つグラフィックボードだ。従来モデルであるGTX 1650よりも30%近くゲーミング性能が向上している。上位モデルであるGTX 1650 Tiと比べても20%も高い。GTX 1660 Tiとの性能差は20%弱だ。かなり60番台のグラフィックボードに近づいたと言える。

フルHD環境を基準にすればある程度快適にゲームを楽しめる。中には144Hz対応モニターを搭載したゲーミングノートPCも販売されているが、高リフレッシュレートでのゲームプレイはタイトル次第ということになる。あまり過度な期待はしないようにしよう。高解像度でのゲームプレイは考えない方がよいだろう。

エントリークラスのモデルで11万円台~購入可能

RTX 3050 Mobileは、Ampere世代におけるエントリークラスのモデルとなっている。つまり、最も安く購入できるグラフィックボードということだ。BTOメーカーのモデルを見ると最安値モデルは税込み11万円台だ。この価格帯なら学生や新社会人の方でも購入しやすいのではないかと思う。

実はHPやDellで販売されているゲーミングノートPCであれば旧モデルのGTX 1650搭載モデルと同程度の価格が購入できる。そのような状況であれば性能の劣るGTX 1650搭載モデルを選ぶ理由はない。30%程度性能が上がるRTX 3050を選択すれば納得できるだろう。動画編集・画像編集・DTM・WEBDesignなどの用途にも適していてクリエイターPCとしてもおすすめだ。

ラインナップはかなり豊富で選びがいがある

2021年8月時点でRTX 3050 Mobile搭載モデルのラインナップは豊富だ。ブランド・デザイン・モニターサイズ・CPU・構成など様々な選択肢がある。あなたが理想とするモデルがきっと見つかるだろう。海外メーカーでは、HP・Dell・Lenovo・ASUS・MSIなどから販売されている。

国内BTOメーカーではドスパラが取り扱いを開始している。ドスパラはゲーミングノートPCの販売に力を入れているため期待が持てる。もう少し時間が経てばマウスコンピューター・パソコン工房・TSUKUMOなどからも搭載モデルがリリースされるはずだ。

RTX 3050 Mobileのベンチマーク

Hitman 3

hitman3

7 5800H×RTX 3060133.0
90.2
i7-9750H×RTX 206096.8
61.8
5 5600H×RTX 3050 Ti93.6
62.1
i7-9750H×GTX 1660 Ti91.0
59.2
5 5600H×RTX 305082.6
53.5
i7-10750H×GTX 1650 Ti64.1
39.4
i7-10750H×GTX 165058.3
36.5
フルHDWQHD
フルHD環境について前世代のGTX 1650よりも42%高い。WQHD環境でも47%向上しているが、53.5fpsとそれほど安定してゲームプレイができるわけではない。GTX 1650 Tiと比べても28%高くなっていてAmpere世代の本領発揮だ。GTX 1660 Tiと比べると9%劣る。60番台の最高峰であるTiには及ばなかった。WQHD環境以上でのゲームプレイを考えるならRTX 3060以上を選択したい。

Crysis Remastered

Crysis Remastered

7 5800H×RTX 3060110.0
86.0
i7-9750H×RTX 206094.7
64.7
i7-9750H×GTX 1660 Ti89.0
59.9
i7-10750H×GTX 1650 Ti65.4
N/A
5 5600H×RTX 3050 Ti57.6
38.1
5 5600H×RTX 305057.3
36.7
i7-10750H×GTX 165057.3
36.0
フルHDWQHD
Crysis Remasteredではsやや厳しい結果となっている。GTX 1650との性能差がほとんどなく、GTX 1650 Tiにも負けてしまっている。上位モデルであるRTX 3050 Tiとの性能差もないことから最適化の問題ではないかと思う。スペック的にはGTX 1650を引き離せるほどの性能を持っている。GTX 1660 Tiとの差は57%とかなり大きい。60番台の壁は大きい。

Death Stranding

death stranding

7 5800H×RTX 306073.1
52.4
i7-9750H×RTX 206053.2
36.4
5 5600H×RTX 3050 Ti50.2
35.6
i7-9750H×GTX 1660 Ti48.6
32.1
5 5600H×RTX 305044.9
30.1
i7-10750H×GTX 165030.7
18.3
フルHDWQHD
Death StrandingではGTX 1650 Tiのデータはない。GTX 1650よりも45%もパフォーマンスが高い。WQHD環境になるとその差は65%まで広がるが、フレームレートが30.1fpsであることからゲームプレイは現実的ではない。GTX 1660 Tiとの差は6%-8%となっている。RTX 3050 Tiになると12%程度フレームレートが高くなる。

Borderlands 3

boarderland3

7 5800H×RTX 3060106.0
93.0
5 5600H×RTX 3050 Ti99.0
72.0
i7-9750H×RTX 206098.0
70.0
i7-9750H×GTX 1660 Ti92.0
65.0
5 5600H×RTX 305083.4
59.8
i7-10750H×GTX 1650 Ti66.4
N/A
i7-10750H×GTX 165063.0
44.0
フルHDWQHD
Borderlands 3においては順当なフレームレートが出ている。フルHD環境ではGTX 1650よりも33%高く、WQHD環境では35%も高い。フルHD環境なら設定を下げて高リフレッシュレートモニターを活かすことが可能だ。GTX 1650 Tiと比べても26%高く性能が大きく向上していることがわかる。GTX 1660 Tiとの性能差は9%程度とかなり近い。

F1 2020

f12017

7 5800H×RTX 306053.8
38.7
i7-9750H×RTX 206046.5
24.1
i7-9750H×GTX 1660 Ti41.7
22.5
5 5600H×RTX 3050 Ti32.3
23.7
5 5600H×RTX 305028.6
21.3
i7-10750H×GTX 165025.9
18.4
i7-10750H×GTX 1650 Ti24.8
14.9
フルHDWQHD
F1 2020では高設定でのゲームプレイは厳しい。設定を下げることが必須だ。GTX 1650との性能差が10%程度とそれほど大きくない。上位モデルであるRTX 3050 Tiとの差は13%だ。RTX 3050よりもワンランク高い性能が得られる。これがGTX 1660 Tiになるとさらに45%もフレームレートが高い。

RTX 3050 Mobile搭載おすすめゲーミングノートPC

Pavilion Gaming 15 スタンダードプラス(HP)

HP-Pavilion-Gaming-15価格:159,500円(税込) 111,800円(税込)
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Ryzen 5 5600H
GPU:GeForce RTX 3050 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト詳細

RTX 3050 Mobile×Ryzen 5 5600H搭載のゲーミングノートPCだ。ゲーミングノートPC全体でみても最安値クラスとなっている。クリエイターモデルとしても選びやすい。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。本体重量は約2.08kgと平均的だ。鞄があれば持ち運びにも対応できる。海外ブランドながら納期が最短5営業日と短いのが嬉しい。

Dell G15 Ryzen Edition プレミアム(RTX3050搭載)(Dell)

Dell G15 Ryzen Edition価格:142,980円(税込) 114,384円(税込)
モニター:15.6インチ 120Hz
CPU:Ryzen 5 5600H
GPU:GeForce RTX 3050 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト詳細

15.6インチ120Hz対応のモニターを採用している。RTX 3050 Mobile搭載の最安値クラスのゲーミングノートPCだ。つまり、現行のゲーミングノートで最も安く購入できるモデルの一つということになる。CPUにはRyzen 5 5600Hを搭載している。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高くゲーム以外でも通用する。競合であるCore i5-11400Hと比べてもマルチスレッド性能では優勢だ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も標準的だ。本体重量約2.449kgとかなり重い点は注意が必要だ。

Pavilion Gaming 15 スタンダードプラスモデル(HP)

Pavilion Gaming 15 (2)価格:159,500円(税込) 111,800円(税込)
モニター:15.6インチ 60Hz
CPU:Ryzen 5 5600H
GPU:GeForce RTX 3050 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

RTX 3050 Mobile×Ryzen 5 5600H搭載のゲーミングノートPCだ。モニターは15.6インチ60Hz対応となっている。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も平均的だ。吸気口が底面に設けられていて効率的に熱を排出できる。長時間の使用にも耐えられる排熱性能が嬉しい。本体重量は約2.08kgとこのクラスでは十分だろう。持ち運びはやや厳しいができないことはない。

GALLERIA RL5C-R35(ドスパラ)

GALLERIA RL5C-R35T価格:139,980円(税込)
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce RTX 3050 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト詳細

ドスパラからもRTX 3050 Mobile搭載モデルが販売されている。15.6インチ144Hz対応モニター採用だ。狭額縁デザインを採用していてデザイン性・実用性が高い。本体重量約2.0kgとゲーミングノートPC全体で見れば軽いほうだ。CPUにはIntel第11世代のCore i5-11400Hを搭載している。従来モデルよりもパフォーマンスが向上していて魅力的だ。RTX 3050との相性もよい。価格を抑えやすいというメリットもある。

ROG Zephyrus G14 GA401QC(ASUS)

ROG Zephyrus G14 GA401QC価格:159,800円(税込)
モニター:14.0インチ 144Hz
CPU:Ryzen 7 5800HS
GPU:GeForce RTX 3050 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

省電力モデルであるRyzen 7 5800HSを搭載したモデルだ。エントリークラスのRTX 3050 Mobileに合わせるには最適だ。クリエイターの方にもおすすめしたい。14.0インチモデルというサイズも嬉しい。本体重量約1.65kgとかなり軽くて一般的なノートパソコンと比べても遜色ない。価格がやや高めなことも納得できるはずだ。フルHD環境でのゲームプレイを中心に考えている方なら後悔することはないだろう。

Katana GF76 11U Katana-GF76-11UC-472JP(MSI)

11U Katana-GF76-11UC-472JP価格:166,800円(税込)
モニター:17.3インチ 144Hz
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3050 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

長野 剛氏とのコラボモデルで高いデザイン性を誇る。MSIでしか購入できない希少性がある。RTX 3050 mobile×Core i7-11800H搭載のゲーミングノートPCだ。Core i7-11800Hは、Intel第11世代の高パフォーマンスモデルで高いマルチスレッド性能を誇る。ゲームプレイにおいてこのクラスを選んでおけば万全だ。RTX 3050 Mobileとの組み合わせを考えるとややバランスは悪いがCPU性能が高いこと自体マイナスにはならない。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も十分だ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!