GALLERIA XL7C-R36

当記事では、モバイル向けGeForce RTX 3060 MobileのスペックとおすすめのゲーミングノートPCを紹介している。モバイル向けRTX 30シリーズの中で最も手頃なモデルが発売開始となった。RTX 2070 SUPER Mobileと同等以上のゲーミング性能を持っている。早速ドスパラからも搭載ゲーミングノートが発売されているのでぜひチェックして欲しい。

RTX 3060 Mobileスペック比較

型番RTX 3060RTX 3060RTX 2060
プラットフォームモバイルPCモバイル
プロセス8nm8nm12nm
GPUGA106GA106TU106
トランジスタ数132.5億132.5億108億
ダイサイズ276 mm²276 mm²445 mm²
CUDAコア3840基3584基1920基
RTコア30基28基30基
Tensorコア120基112基240基
クロック周波数1283MHz-1703MHz1320 MHz-1777 MHz960 MHz-1200 MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6GDDR6
GPUメモリ6GB12GB6GB
メモリバス192 bit192 bit192 bit
クロックスピード12 Gbps-14 Gbps15 Gbps14 Gbps
消費電力60W-115W170W115W

RTX 3060 Mobileは、Ampere世代のノート向けグラフィックボードだ。RTX 2060 Mobileの12nmプロセスから8nmプロセスへと縮小化されている。GPUはGA106となっている。RTX 2060と比べてトランジスタ数は20%アップされているが、ダイサイズは一回りコンパクトになっている。これは8nmプロセスによる恩恵ということだ。

CUDAコアも1920基から3840基へと倍増だ。RTコア数は同じ30基で、Tensorコアは半分の120基となっている。RTコアは第2世代、Tensorコアは第3世代となったので、スペック以上の性能は引き上げられている。驚くべきところはクロック周波数の高さだろう。プロセスの縮小化によって省電力性が高くなり、クロック周波数が30%-42%も引き上げれている。性能向上に期待が持てる。メモリ周りに関しては共通しているが、消費電力のプリセットに合わせて12 Gbpsあるいは14 Gbpsが選択されることになる。

デスクトップ向けのRTX 3060との比較が興味深い。プロセス・GPUは共通だが、RTX 3060 MobileではフルスペックのGPU「GA106」が採用されている。結果的にCUDAコアが3840基(SMs 30×128)とモバイル向けモデルの方がデスクトップ向けのモデルよりスペックが高いという逆転現象が起きている。RTコア・TensorコアももちろんRTX 3060 Mobileの方が多くなる。

ただし、デスクトップ向けモデルの方が消費電力に余裕がありクロック周波数が3%-5%程度高い。さらに、GPUメモリも12GBと大容量だ。メモリのクロックスピードについても15 Gbpsと上回っている。55Wの差はかなり大きいことは理解しておこう。性能的にはおおよそ30%程度の差が生じている。モバイル向けモデルがデスクトップ向けモデルに追いつくのは厳しいのが現状だ。

RTX 3060 Mobile搭載ゲーミングノートPCの特徴

RTX 2060 Mobileより20%ゲーミング性能が高い

rtx3060mobile
前世代のRTX 2060 Mobileよりも20%ゲーミング性能が向上している。GeForce RTX 2070 SUPER Mobileと同等のゲーミング性能を持つ。デスクトップ向けのRTX 3060ではRTX 2060 SUPERと同等であったことを考えると期待値が高い。Turing世代からAmpere世代への進化は順当だと言えるが、Pascal世代からTuring世代への進化に比べるとややおとなしい。GTX 1060 MobileからRTX 2060 Mobileだと30%近く性能が向上したからだ。

それでもパワー効率の向上やレイトレーシング性能の底上げは魅力的だ。特にPascal世代の60番台以下のモデルからの買い替えはメリットが大きい。RTX 3060 Mobileがミドルクラスの王道的に存在になることは間違いない。すでに魅力的なモデルが各BTOメーカーから登場していることがその証拠だ。

Dynamic Boost 2.0でゲーム性能が向上する

Dynamic Boost 2.0引用元:https://laptopmedia.com/

MAX-Qデザイン向けにDynamic Boostが進化してDynamic Boost 2.0へとアップデートされた。MAX-Qデザインのグラフィックボードでなくても搭載することができる。BTOメーカー次第ということになる。このDynamic Boost 2.0は、ゲームプレイ中などでCPU負荷が軽いときに、CPUの消費電力を15W抑えてRTX 3060の消費電力を15W高くさせるというものだ。

当然消費電力が引き上げられるとグラフィックスの処理能力が上がるのでフレームレートが高くなる。より快適にゲームを楽しめるということだ。非常に理にかなった機能だと言えるだろう。特別ユーザーが設定する必要はなく自動的に機能する。今後主流となる技術なのかもしれない。

モバイル向けRTX 30シリーズで最も安価

型番最安値
RTX 3080 Mobile289,800円~(GIGABYTE)
RTX 3070 Mobile204,363円~(MSI)
RTX 3060 Mobile132,709円~(ドスパラ)

RTX 3060 Mobile搭載ゲーミングノートPCは、他のRTX 30シリーズに比べて安価で購入しやすいという特徴がある。RTX 3070 Mobile搭載モデルよりも7万円も安い。一番安いモデルだと税抜13万円台で購入することが可能だ。

これは前世代のRTX 2060 Mobile搭載モデルと変わらない価格設定だと言える。最新モデルでもこの価格帯なら候補に入るというゲーマーの方も多いのではないかと思う。RTX 30シリーズでもっとも人気が出ることは間違いない。

MAX-Qという名称は消滅したが省電力モデルは継続

RTX 3060 Mobileだけの問題ではないが、RTX 30シリーズからMAX-Q(省電力バージョン)という名称が消滅してしまった。BTOメーカーは60W-115Wという枠組みで組み上げることができるので、モデルによっては省電力モデルということもあり得る。

購入前にしっかりと製品ページを確認する必要があるだろう。NVIDIAはこれまでもモバイル向けの「M」をなくすなどユーザーを混乱させてしまうことがあった。今回のMAX-Qをなくしてしまったのもアクテだと言えるかもしれない。もちろん意図があってのことだろうが、その意図を推測することは難しい。

RTX 3060 Mobileのベンチマーク

各タイトルについてフルHD環境×最高設定でのフレームレートを計測している。RTX 3060 Mobile及びRTX 3070 Mobileについては2つの消費電力モデルでのフレームレートとなっている。

Metro Exodus

Metro-Exodus-Title

RTX 3070 Mobile(115-130W)104.6
80.1
RTX 3060 Mobile(115-130W)92.4
69.7
RTX 2070 SUPER Mobile(115W)87.5
70.3
RTX 3070 Mobile(85-95W)80.1
58.2
RTX 2070 Mobile(115W)73.8
59.7
RTX 2070 SUPER MAX-Q(80W)73.3
59.6
RTX 3060 Mobile(85-95W)73.1
53.0
RTX 2060(115W)70.8
58.4
平均fps最小fps
Metro Expodusではかなり高いフレームレートが出ている。RTX 2070 SUPER Mobileよりも6%高く、RTX 2060 Mobileよりも30%高い。上位モデルのRTX 3070 Mobileとの差は12%とそれほど大きいわけではない。85Wの場合RTX 2070 SUPER MAX-Qと同等のフレームレートだ。

Borderlands 3

boarderland3

RTX 3070 Mobile(115-130W)92.4
59.1
RTX 3060 Mobile(115-130W)81.9
61.2
RTX 2070 SUPER Mobile(115W)80.6
61.5
RTX 3070 Mobile(85-95W)77.5
58.3
RTX 3060 Mobie(85-95W)73.8
56.5
RTX 2070 Mobile(115W)71.0
53.7
RTX 2070 SUPER MAX-Q(80W)69.8
51.6
RTX 2060(115W)67.4
51.1
平均fps最小fps
Borderlands 3でもRTX 2070 SUPER Mobileよりも高いフレームレートとなっている。その差は1%とほぼ同等だ。RTX 2060と比べると20%弱伸びていることがわかる。省電力モデルでもRTX 2070 Mobile(115W)を超えているのは驚きだ。期待どおりのパフォーマンスを発揮している。

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2

RTX 3070 Mobile(115-130W)83.3
69.1
RTX 3060 Mobile(115-130W)77.8
61.3
RTX 3070 Mobile(85-95W)74.2
56.3
RTX 2070 SUPER Mobile(115W)69.4
52.7
RTX 3060 Mobie(85-95W)67.9
54.7
RTX 2070 Mobile(115W)61.5
46.4
RTX 2060(115W)59.8
45.3
RTX 2070 SUPER MAX-Q(80W)54.0
34.5
平均fps最小fps
おおよそ他のタイトルと似た結果となっている。RTX 2070 SUPER Mobileを超えるゲーミング性能は圧巻だ。性能差は12%と70番台を超えたのは評価できる。RTX 3070 Mobileとの差は7%とかなり小さい。RTX 3060 Mobileのコストパフォーマンスの高さが光る。

RTX 3060 Mobile搭載おすすめゲーミングノートPC

ASUS TUF Gaming A15 FA506QM(ASUS)

ASUS TUF Gaming F15 FX506HM価格:154,800円(税込)
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Ryzen 7 5800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載

公式サイト

RTX 3060×Ryzen 7 5800H搭載のゲーミングノートPCだ。米国軍事規格適合の堅牢性が特徴となっている。持ち運ぶことの多いゲーミングノートPCにとっては安心感がある。グラフィックボードだけではなくCPUも最新のRyzen 7 5800Hを組み合わせたモデルとしてはかなり価格が抑えられているように思える。8コア16スレッドとCPU性能が高くあらゆる用途に対応することができる。フルHD環境において高いレベルでのゲームを楽しむことができる。メモリ16GB、SSD 512GBと最近多い構成だ。

GALLERIA XL7C-R36(ドスパラ)

GALLERIA XL7C-R36価格:159,980円(税込)
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i7-10875H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイトレビュー

RTX 3060 Mobile搭載の最安値クラスのゲーミングノートPCだ。長らく売れ筋ランキングNo.1にランクインしていたモデルだ。ドスパラが他を寄せ付けない圧倒的な製品を投入してきた。RTX 3060 Mobile×i7-10875H搭載で税込15万円台は素晴らしい。Core i7-10875Hは8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くノート向けモデルとしては最高峰のCPUだと言える。RTX 3060 Mobileとの組み合わせでボトルネックになることもない。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も必要十分だ。

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載(ドスパラ)

GALLERIA XL7C-R36価格:169,980円(税込)
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイトレビュー

最新のIntel第11世代のCore i7-11800Hを搭載したゲーミングノートPCだ。15.6インチで144Hz対応モニターを採用している。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くフレームレートの安定に繋げやすい。メモリもDDR4-3200が採用されている。メモリ容量16GB、SSD 512GBと構成も必要十分だ。今後売れ筋ランキングに食い込んでくる可能性が高い。

GF75 Thin 10U GF75-10UEK-025JP(MSI)

GF75 Thin 10U GF75-10UEK-025JP価格:179,800円(税込)
モニター:17.3インチ 144Hz
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載

公式サイト

17.3インチの大型モニターを搭載したゲーミングノートPCだ。重量焼く2.3kgと17.3インチモデルとしては軽量化されている。CPUにはCore i7-10750Hを搭載している。6コア12スレッドとノート向けモデルとして定番のCPUだ。メモリ16GB、SSD 512GBと王道の構成を持っている。

G-Tune E5-165(G-Tune)

E5-165価格:208,780円(税込)
モニター:15.6インチ 165Hz
CPU:Core i7-10870H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイトレビュー

G-Tuneブランドのモデルとなっている。RTX 3060×i7-10870H搭載のゲーミングノートPCだ。165Hz対応モニターを搭載しているのがポイントだ。グラフィックスにはRTX 3060を搭載していてパフォーマンスを発揮しやすい。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成も十分だ。本体重量約1.73kgと同じサイズのノートよりも軽量化されている。持ち運びを考えている方にも最適だ。バッテリー駆動時間は約7.5時間と長めになっている。従来モデルよりも40%程度伸びた。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya