rtx3060timsi画像引用元:https://www.msi.com/ *イメージ

当記事では、GeForce RTX 3060 Tiの性能スペックレビュー&おすすめBTOパソコンの紹介をしている。RTX 3070の発売から1ヶ月と少し経ちついに60番台のグラフィックボードが登場となった。徐々にRTX 30シリーズの数値が下がり、購入しやすい価格帯までやっと辿り着いたと言える。初動では5万円前後で販売されているが、今後はRTX 2060 SUPERと同様に4万円台まで下がるはずだ。

期待の最新GPUは従来のRTX 20シリーズに対して、どこまでの性能向上を見せるのだろうか。RTX 2070 SUPERを始め従来の実力派モデルに対する位置取りに注目したい。搭載モデルについては、「GeForce RTX 3060 Ti搭載おすすめBTOパソコン」を参考にしてほしい。価格帯としては税込み17万円~23万円だ。主にCPUによって価格に幅が生まれる形となっている。

よくわかる!!RTX 3060 Tiの特徴まとめ

  • (+)WQHD環境におけるゲーム適性が高い
  • (+)レイトレーシング性能も向上している
  • (+)価格高騰の影響で再度注目が集まる
  • (-)RTX 3070との価格差が大きくないケースもある
  • (-)4K解像度はエントリークラスとなる

>>Amazonで最新価格を確認

RTX 3060 Tiの概要、性能・基本スペックを押さえる!

総合性能

rtx3060tiseinou

RTX 3060 Tiの性能は、Turing世代におけるハイクラスに属するRTX 2080 SUPERを超えている。これはあくまでも総合的な評価である。ゲームタイトルや環境によってはRTX 2080 SUPERが上回る場面も確認されている。数値では上回っているが、評価の上では同等として見ておく方がいいかもしれない。

RTX 3060 Tiの総合的な評価を高める要因にリアルタイムレイトレーシングへの対応力の高さが挙げられる。RTX 20シリーズで初めて採用された機能で、その2代目となるRTX 30シリーズではこのレイトレーシングに本格的に乗り出した。次世代のゲーム環境への対応力が評価の高さに繋がっている。それらの機能を除外して考えるとRTX 2080 SUPERに分があると言えるかもしれない。しかしながら、価格を考えるとRTX 3060 Tiを避ける理由にならない。

最新の60番台が従来のハイエンドに並ぶ。これはGTX 1060がGTX 980に並んで以来の快挙だ。RTX 2080 SUPERに対して優劣を競う時点でRTX 3060 Tiの優秀さが分かるはずだ。総合的な性能で言えばRTX 3070にも決して負けていない。流石に下位のTiは上位の無印にとって脅威だ。ただ、性能差はしっかりある。RTX 2060 SUPERとRTX 2070 SUPERほどは離れていない。

4Kを目指すならRTX 3070、WQHDを目指すならRTX 3060 Tiのように性能で棲み分けはできている。RTX 2060 SUPERの二の舞にはならなさそうだ。むしろ上位のRTX 3070よりも、今後登場するであろうRTX 3060の存在が不気味だ。RTX 3060に対して性能のアドバンテージはあっても、価格で差をつけられてしまうと一気に中途半端なGPUに格落ちしてしまう。

現時点では選択に値する優秀なGPUでも、後発のGPUにより存在意義を失うのはよくあることだ。決して油断できない状態でも、ミドルクラスの領分を超える性能は魅力的だ。次世代のミドルクラスは従来のハイエンドとなれば、RTX 30シリーズに掛かる期待は大きい。RTX 3060 Tiがそのハードルを高めたと言っても過言ではない。RTX 2060やRTX 2060 SUPERでは厳しかったリアルタイムレイトレーシングなどの機能をどこまで活かせるか。性能と機能面をチェックしていきたい。

基本スペック

 RTX 3060 TiRTX 2060 SUPERRTX 2080 SUPERRTX 3070
コードネームAmpereTuringTuringAmpere
GPUGA104TU106TU104GA104
プロセス8nm212nm212nm28nm2
ダイサイズ392.5m㎡445m㎡545m㎡392.5m㎡
トランジスタ数174億108億136億174億
SMs38344846
RTコア数38基34基48基46基
Tensorコア数152基272基384基184基
CUDAコア数4864217630725888
ベースクロック1410MHz1470MHz1650MHz1500MHz
ブーストクロック1665MHz1650MHz1815MHz1725MHz
GPUメモリ8GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR6
メモリクロック14.0Gbps14.0Gbps15.5Gbps14.0Gbps
メモリバス帯域幅448 GB/s448 GB/s495.9 GB/s448 GB/s
TDP200W175W250W220W
価格$399$399$699$499
発売日2020/12/022019/07192019/07/232020/10/29

60番台については、RTX 3060ではなくより高性能なRTX 3060 Tiが先に登場した。これにより注目は単体での性能というよりはRTX 3070に対する価格差と性能差になる。RTX 3060 Tiの従来機はRTX 2060ではなくRTX 2060 SUPERだ。まずはRTX 20シリーズとの比較を中心に見ていこう。

RTX 20シリーズと30シリーズはメモリ周りは変化がない。RTX 2080 SUPERについてはメモリクロックが僅かに高いだけで根本は変わらない。もっとも容易に変えられる部分と言えるだけにこれは意外だった。頭打ちになってしまっているのかもしれない。

RTX 3060 Tiでは、アーキテクチャを中心とした処理性能を司る部分が強化されている。それはCuda Coreの数を見ると分かりやすい。RTX 2060 SUPERに対して2.23倍、RTX 2080 SUPERに対しても1.6倍増加している。クロック周波数が下がっても、CUDA Coreの増加により処理性能は大幅に上昇することに成功したということだ。RTX 30シリーズの強みはこのアーキテクチャの進化にある。

GPU自体は上位のRTX 3070と同じGA104を採用している。ダイサイズ・トランジスタ数も変わらない。RTX 20シリーズよりもコンパクトになっているのはプロセスが12nm→8nmへと縮小化されたことによる恩恵だ。RTX 3060 Tiではストリーミングプロセッサーの数が38基とRTX 3070よりも8基少ない。結果的にRTX 3070と比べてCuda Coreは82.6%に留まり、処理性能に差が生じていることが分かる。

基本的にこれら4種類のGPUはCUDA Coreとアーキテクチャ以外は同等である。あとは性能に応じた消費電力があるということだろうか。価格も従来と同じであるため、立ち位置もこれまで通りになりそうだ。そうなると、RTX 2070 SUPERとRTX 2060 SUPERの関係のように明暗が分かれるかもしれない。

このスペックはFounders Editionをベースとしている。メーカー品になると価格だけでなく性能にも個性が出るかもしれない。いきなり人気GPUになる可能性はある。ここからはショップの力の入れ具合に掛かってくる。今後の動きに注目したい。

>>RTX 3060 Tiを確認(Amazon)<<

GeForce RTX 3060 Tiのフレームレート一覧

ゲームでの負荷を計測する。4K解像度の最高設定にリアルタイムレイトレーシングとDLSSを使用した場合、4K最高設定の場合、WQHD最高設定の場合、フルHD最高設定の場合のそれぞれの平均fpsを記録している。実際にゲームをプレイする際に参考になれば幸いだ。おおよその性能を理解する上でも簡単に目を通して欲しい。

Wolfenstein: Youngblood

WolfensteinYoungbloodRTX3060tiWolfensteinYoungbloodseinou

Wolfenstein: YoungbloodのフルHDではRTX 2080 SUPERが上回り、4K+リアルタイムレイトレーシング+DLSSではRTX 3070を上回っている。比較的新しいタイトルなだけに、性能差がはっきりすると思っていた。この結果は少し奇妙である。

RTX 3060 Ti以外は負荷の軽い順に段々となっているが、RTX 3060 Tiだけグラフの並びがおかしく見える。この結果に関して、なぜこうなったのかは分からない。RTX 3060 Tiの強みなのか、ベンチマークソフトの挙動がおかしくなったのか。その両方のどちらも考えられる。このベンチマーク結果に関しては参考程度に見ておきたい。

フルHDの伸び悩みから見ても、Wolfenstein: YoungbloodではRTX 3060 Tiは適していないようにも思う。悪く言えば不安定な部分が見えてしまった。この辺りはドライバのバージョンアップで改善されていくことなのであまり気にしなくてもよさそうだ。また、RTX 2080 SUPERのフルHDも異常に伸びている。この2製品が持つ特徴かもしれない。

Metro Exodus

Metro-Exodus-TitleRTX3060tiMetroExodusseinou

Metro Exodusは非常に負荷の高いゲームとして有名だ。RTX 3060 TiでもフルHDでは120fpsの安定も難しい。RTX 3070と比べて明暗が分かれる結果となった。4Kでは許容範囲に収まる。フルHDを除けばRTX 3060 Tiも十分対応できる性能と言える。RTX 2080 SUPERにも差をつけているのでRTX 3060 Tiは高負荷なゲームでも従来のハイエンド以上のパフォーマンスを発揮できることを証明した。

こうして見るとRTX 3080は別格だ。フルHDでは165Hz、WQHDでは144Hz、4Kでは60Hzにしっかり対応できている。この性能差を見るとRTX 3070 TiやRTX 3070 SUPERのようなGPUの登場もありえそうだ。RTX 3060 Tiが輝くタイミングはそれらのGPUの登場でRTX 3070が市場から消えてからだろう。

フルHD時の平均値に大きな差があるのは気になるが、可能性として考慮しておきたい。高負荷なMetro Exodusでここまで性能を出せるなら、主流となってもおかしくはない。リアルタイムレイトレーシングを使用しなければ4Kでも対応できるのは大きい。

Shadow Of The Tomb Raider

tombraiderRTX3060tiShadowoftheTombRaiderseinou

Shadow of the Tomb Raiderでは並び順の性能だ。しかし、4K+リアルタイムレイトレーシング+DLSSはRTX 2080 SUPERが健闘している。RTX 30シリーズの面目は保てているが、Shadow of the Tomb Raiderに関してはRTX 2080 SUPERとほぼ同等だ。やや古めのゲームなのでRTX 2080 SUPERでも対応できているということだろう。

一方で、RTX 2080 SUPERに分があるはずだったフルHDではRTX 3060 Tiがリードしている。処理性能の高さが上手く作用しているようだ。また、RTX 3070に対してもそこまで大きく遅れを取っているわけではない。ゲームを快適にプレイするという点ではどちらも優秀だ。ただ、どの環境でも確実にRTX 3070がリードしている。性能を重視するならRTX 3070に分があることは間違いない。

フルHDでプレイするなら165Hzで対応できるRTX 3070、WQHD以上であればRTX 3060 Tiでも対抗できる。プレイ環境に応じた選択をと言いたいが、環境が高いほど性能は必要だ。Shadow of the Tomb RaiderではRTX 3060 Tiはやや厳しいと言わざるを得ない。RTX 2080 SUPERよりも優れ、RTX 3070より落ちる。高い水準で中間を維持していると言える。

GeForce RTX 3060 Tiのその他ベンチマーク

レイトレーシング性能

rtx3060tiseinou

RTX 3060 Tiのレイトレーシング性能はRTX 2080 SUPERと同等だ。その要となるRTコア数が38基とRTX 2080 SUPERの48基よりも20%ダウンしていてもパフォーマンスは上回っている。これは第2世代目になるレイトレーシングになった強みだ。対応タイトルも増えてより実用性が高くなったと言える。

消費電力

RTX3060tiwatt

消費電力は最新になるほど省電力性に優れる傾向にある。RTX 2080 SUPERに対して、50W近く低いのはRTX 3060 Tiのワットパフォーマンスのよさを示している。しかし、RTX 2060 SUPERと比べて10%ほど高いため、どのCPUと合わせても600W以上は必要だ。ゲーミングPCでは650W BRONZEが最低ラインとなりそうだ。

省電力性はなかなか優れているものの、ゲーミングPCではRTX 3070搭載モデルと同じ電源が搭載される。価格差を広げることはできず、あまりプラスに捉えられない要素だ。RTX 2060 SUPERに並べるとは思っていなかったが、あともう少しでGPUの特性を活かせそうだっただけに惜しい。ギリギリを攻めるなら550Wでも問題はない。増設や交換を考えているユーザーからすると、電源の選択の幅は広がりそうではある。

>>RTX 3060 Tiを確認(Amazon)<<

GeForce RTX 3060 Tiの特徴&強みまとめ

RTX 3070との差別化で魅力的なモデルになった

rtx3060tihikaku画像引用元:https://www.dospara.co.jp/

2021年9月頃からRTX 3060 Ti搭載モデルが人気を獲得している。RTX 3070が供給不足になったことで入手が難しくなっていることと価格が上がっていることが要因だ。RTX 3060 Ti搭載モデルとの価格差も広がり魅力的なグラフィックボードとなっている。60番台ながらハイクラスの性能を持ち多くのゲーマーにおすすめしやすい。

ドスパラのモデルの場合RTX 3070搭載モデルとRTX 3060 Ti搭載モデルの価格差は4万円とかなり大きい。一時は1,2万円の差しかなかったことを考えるとRTX 3060 Tiにとっては好ましい状況となっている。性能差はせいぜい10%弱で、価格差は20%近くも開いてしまっている。今RTX 3060 Ti搭載モデルが熱いので必ずチェックしておこう。

RX 6600 XTの登場が存在を後押ししてくれている

RTX 3060 Tiがリリースされて8ヶ月後にAMDがミドルクラスのRadeon RX 6600 XTをリリースした。価格は$379でRTX 3060 Tiとの価格差はわずか$20だ。RX 6600 XTから見ると6%多く払えば、15%近く高いパフォーマンスを得られる。

さらに、レイトレーシング・DLSSといった機能も洗練されていてより高みを目指すことが可能だ。Radeon RX 6600 XTよりもワンランクもツーランクも上だ。DLSSに代わる機能については今のところRX 6600 XTには搭載されていない。Radeon RX 6600 XTが登場は、RTX 3060 Tiの価値の高さに気付かせてくれることになっている。

GeForce RTX 3060 Ti搭載おすすめBTOパソコン

RTX 3060 Ti搭載ゲーミングPCが各BTOメーカーから発売されている。RTX 3070搭載モデルよりもぐっと価格が抑えられていて選びやすいグラフィックボードとなった。一時は品切れが続き入手が困難だったが今はある程度入手がしやすくなっている。下位モデルのRTX 3060との性能差も大きく今後注目のモデルだと言える。初期のRTX 2060 SUPER搭載モデル並の価格まで下がっていゲーミングPCもある。