msiKatana
当記事では、モバイル向けGeForce RTX 3070 Ti MobileのスペックとおすすめのゲーミングノートPCを紹介している。Ampere世代における新しいモバイル向けグラフィックボードが登場となった。RTX 3070 Mobileよりも高いゲーミング性能を持ち高解像度でのゲームプレイにも対応できる。同じタイミングでリリースされたRTX 3080 Ti Mobileとの性能差にも注目したい。

RTX 3070 Ti搭載モデルについては、ページ下部の「RTX 3070 Ti Mobile搭載おすすめゲーミングノートPC」でまとめているので参考にしていただければと思う。ASUS・Dell・MSIなどの海外メーカーを中心に取り扱いがある。高性能なゲーミングノートPCを探している方は必見だ。

RTX 3070 Ti Mobileスペック比較

モバイル版と比較

型番RTX 3070 TiRTX 3080RTX 3070
プラットフォームモバイルモバイルモバイル
プロセス8nm8nm8nm
GPUGA104GA104GA104
トランジスタ数174億174億174億
ダイサイズ392 mm²392 mm²392 mm²
SMs46基48基40基
CUDAコア5888基6144基5120基
RTコア46基48基40基
Tensorコア176基192基160基
定格クロック---
最大クロック1035-1485 MHz1245-1710 MHz1290-1620MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6GDDR6
GPUメモリ8GB16GB/8GB8GB
メモリバス256 bit256 bit256 bit
クロックスピード14 Gbps14 Gbps14 Gbps
メモリバンド幅448.0 GB/s448.0 GB/s448.0 GB/s
消費電力80-125 W80-150 W80-125 W

同じモバイル向けモデルであるRTX 3080 MobileとRTX 3070 Mobileと比較していこう。ポイントはRTX 3070 Mobileと比べてどの程度スペックが高くなって、RTX 3080 Mobile近付いたのかということだ。RTX 3070 Ti MobileもRTX 3070 Mobileと同じ8nmプロセスを採用している。GPUも同じGA104だ。トランジスタ数は174億、ダイサイズは392 mm²と変わらない。

変わったのはSMsの数とクロック周波数となる。SMsが40基から46基へと15%増えた。CUDAコア・RTコア・Tensorコアもそれぞれ15%多い。クロック周波数については8%-20%程度抑えられている。幅があるのはベンダー側次第だからだ。メモリ形式・GPUメモリ容量・メモリバス・クロックスピード・メモリバンド幅・消費電力と全て共通だ。

RTX 3080 MobileもRTX 3070 Ti Mobileと同じGA104を搭載している。トランジスタ数及びダイサイズは共通だ。SMsが2基増えて48基となる。CUDAコア・RTコア・Tensorコアとそれぞれ4%弱増えている。クロック周波数についても15%-20%程度高い。RTX 3080 MobileではGPUメモリ容量が16GBのモデルも用意されている。それ以外のメモリ周りのスペックは共通だ。消費電力については最大150WとRTX 3070 Ti Mobileよりも高い。これはCUDAコアの数とクロック周波数を考えると納得だ。

デスクトップ版と比較

型番RTX 3070 TiRTX 3070 Ti
プラットフォームモバイルPC
プロセス8nm8nm
GPUGA104GA104
トランジスタ数174億174億
ダイサイズ392 mm²392 mm²
SMs46基48基
CUDAコア5888基6144基
RTコア46基48基
Tensorコア176基192基
定格クロック-1575 MHz
最大クロック1035-1485 MHz1770 MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6X
GPUメモリ8GB8GB
メモリバス256 bit256 bit
クロックスピード14 Gbps19 Gbps
メモリバンド幅448.0 GB/s608.3 GB/s
消費電力80-125W290W

デスクトップ版のRTX 3070 Tiとスペックを比較していく。初めに伝えておくと同じ型番でもモバイル向けとデスクトップ向けでは全く別物だと考えておく必要がある。モバイル向けモデルではどうしても消費電力の制約があるため性能をそこまで高くできないのだ。まずTGPをはじめに見るとRTX 3070 Ti Mobileが80W-125Wであるのに対して、RTX 3070 Tiでは290Wと最大2.3倍だ。これだけ消費電力の違いがあると性能差も大きいと予想できる。

プロセス・GPU・トランジスタ数・ダイサイズはすべて共通だ。SMsの数は46基と48基で2つ違いがある。CUDAコアの差も4.4%となっている。RTコアはSMsの数と同じだ。Tensorコアの数もSMsの数に依存する。最大クロックは19%程度の違いがある。デスクトップ向けのRTX 3070 Tiはモバイル向けモデルと比べて、CUDAコアが多い上にクロック周波数も高いということだ。

メモリ形式にも違いがある。RTX 3070 Tiではより高性能なGDDR6Xを採用している。メモリ容量は8GBと共通だ。メモリバスは256 bitと変わらない。クロックスピードについてはRTX 3070 Tiでは19 Gbpsとなっている。メモリ形式の違いもあってメモリバンド幅は608.3 GB/sとRTX 3070 Ti Mobileと比べて35%も広い。デスクトップ向けのRTX 3070 Tiとのスペック差は明らかだ。

RTX 3070 Ti Mobile及び搭載モデルの特徴

RTX 3070 Mobileよりも10%程度性能が伸びている

rtx3070timobileseinou
GeForce RTX 3070 Ti Mobileは、RTX 3070 Mobileと比べておよそ10%高いゲーミング性能を持っている。競合モデルであるRadeon RX 6800Mよりもわずかにパフォーマンスが高い。RTX 3080 Mobileとの性能差は17%程度でやや大きい。性能的にはRTX 3070 Mobile寄りだ。

やはりCUDAコアとクロック周波数が高くRTX 3080 Mobileに追いつくことはできなかった。残念ながらデスクトップ向けのRTX 3060 Tiには及ばない。前世代のRTX 2070 Mobileと比べると20%以上ゲーミング性能が高い。WQHDモニターも増えて来ていてRTX 3070 Ti Mobileは魅力的なグラフィックボードだと言える。

搭載モデルの価格はRTX 3070より少しだけ高い

ブランドMSIASUS
イメージ11U Katana-GF76-11UC-472JPASUS TUF Gaming F15 FX507ZM
型番Katana GF76 12UTUF Gaming F17 FX707ZR
価格246,800円(税込)224,800円(税込)
液晶サイズ17.3インチ 144Hz17.3インチ 144Hz
重量約2.60kg約2.62kg
バッテリー駆動時間非公開約9.0時間
CPUCore i7-12700HCore i7-12700H
GPURTX 3070 TiRTX 3070
メモリDDR5-5200 16GBDDR5-5200 16GB
SSD1TB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6
Thunderbolt4
公式公式公式

搭載モデルの価格はRTX 3070 Mobileと比べておよそ10%程度高い。メーカーこそ違うものの液晶サイズ・本体重量・CPU・メモリなどは共通だ。SSD容量が違うため差は少し縮まるだろう。性能が10%程度高いことを考えると妥当な価格設定ではないだろうか。Katana GF76 12Uの価格が安めに設定だける可能性もあるため今後の価格の推移を確認しておきたい。

取り扱いはMSIなどの海外メーカーが中心となる

RTX 3070 Ti Mobile搭載モデルは、MSI・ALIENWARE・ASUSなどの海外メーカーから購入できる。海外メーカーではRTX 3070 MobileからRTX 3070 Ti Mobileへと移行段階にある。すでに在庫処分を行っているところもあるぐらいだ。RTX 3070 Ti Mobile搭載モデルではMSIのモデルは意外と価格が抑えられていて選びやすい。すぐに売り切れになってしまうのではないかと思う。

ドスパラやパソコン工房などの国内BTOメーカーから販売されていないのは残念だ。おそらく国内メーカーではこれまで通りRTX 3070 Mobileが中心となるだろう。RTX 2070 SUPER MobileやRTX 2080 SUPER Mobile搭載モデルが増えなかったことから同じ道をたどるはずだ。

RTX 3070 Ti Mobileのベンチマーク

Watch Dogs Legion

watchdogslegion

i5-10600K×RTX 3080(Desk)96
82
i7-12700H×RTX 3080 Ti84
65
i7-12700H×RTX 3070 Ti78
58
i9-11980HK×RTX 308074
62
9 5900HK×RTX 307067
58
i7-11800H×RTX 307060
43
フルHDWQHD
上位モデルであるRTX 3080 Tiとの差はフルHD環境で7%程度、WQHD環境で10%程度だ。RTX 3080と比べるとフルHD環境では5%高く、WQHD環境では6%低い。Ryzen 9 5900HX×RTX 3070搭載モデルと比べるとフルHD環境では17%上回っている。WQHD環境では数値が同じだ。グラフィックボードがボトルネックとなっている可能性がある。Core i7-11800H搭載モデルになるとワンランクパフォーマンスが落ちてしまう。

Metro Exodus

Metro-Exodus-Title

i5-10600K×RTX 3080(Desk)158
142
i9-11980HK×RTX 3080116
95
9 5900HX×RX 6800M113
82
i7-12700H×RTX 3080 Ti112
91
9 5900HK×RTX 3070106
84
i7-12700H×RTX 3070 Ti105
83
i7-11800H×RTX 307089
73
フルHDWQHD
Metro ExodusではTiシリーズが振るわない結果となった。Ryzen 9 5900HX×RTX 3070 Mobileと比べて1%程度フレームレートが低い。RTX 3080 Ti Mobile搭載モデルとのフレームレートの差は6%-8%となっている。同様にRTX 3080 Ti MobileはRTX 3080 Mobileに及ばない。RX 6800Mと比べてもフルHD環境では7%程度劣る。

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2

i5-10600K×RTX 3080(Desk)131
115
i7-12700H×RTX 3080 Ti104
82
i9-11980HK×RTX 308095
82
9 5900HX×RX 6800M94
79
i7-12700H×RTX 3070 Ti91
71
9 5900HK×RTX 307083
68
i7-11800H×RTX 307081
66
フルHDWQHD
RTX 3070 Mobileと比べて5%-10%程度(Core i7-11800H搭載モデルなら8%-13%)フレームレートが高い。RTX 3080との差は5%-16%だ。ややRTX 3080 Mobile寄りの性能でTiになってしっかりと性能が引き上げられている。RTX 3080 Ti Mobileになると15%-16%フレームレートが高くなる。RX 6800Mとは10%程度のフレームレートの差がある。

Horizon Zero Dawn

horizon zero dawn

i5-10600K×RTX 3080(Desk)137
121
i7-12700H×RTX 3080 Ti116
102
i9-11980HK×RTX 3080109
100
i7-12700H×RTX 3070 Ti102
88
9 5900HX×RX 6800M100
85
9 5900HK×RTX 307088
80
i7-11800H×RTX 307080
75
フルHDWQHD
Horizon Zero DawnではRTX 3070 Mobileと比べて18%-28%もフレームレートが向上している。RTX 3070 MobileについてはRyzen 9 5900HXを搭載したモデルの方がフレームレートが高くなっている。上位モデルであるRTX 3080 Mobileとの差は7%-14%だ。RTX 3080 Mobile寄りのゲーミング性能を発揮している。RTX 3080 Mobileになると14%-16%性能が高い。RTX 3070 Ti MobileならWQHDモニターでも十分活かせるだろう。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077top

i5-10600K×RTX 3080(Desk)111
79
i9-11980HK×RTX 308080
53
i7-12700H×RTX 3080 Ti78
50
9 5900HX×RX 6800M75
49
i7-12700H×RTX 3070 Ti68
43
9 5900HK×RTX 307064
44
i7-11800H×RTX 307062
41
フルHDWQHD
最後に負荷の高いタイトルであるyberpunk 2077でのフレームレートを見ていく。RTX 3070 Mobileと比べてフルHD環境において7%-10%程度パフォーマンスが高い。WQHD環境ではほとんど差がなくグラフィックボードがボトルネックとなっている。フルHD環境なら最高設定でも快適なゲームプレイが可能だ。RTX 3080 TiになるとフルHD環境で15%高く、WQHD環境では20%程度高くなる。RTX 3080 Mobileになるとさらにパフォーマンスが高いのは気になるところだ。

RTX 3070 Ti Mobile搭載おすすめゲーミングノートPC

Katana GF76 12U Katana-GF76-12UGS-032JP(MSI)

11U Katana-GF76-11UC-472JP価格:246,800円(税込)
モニター:17.3インチ 144Hz
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 3070 Ti Mobile
メモリ:DDR5-5200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

長野 剛氏とのコラボレーションモデルでデザイン性に優れている。刀をイメージしたゲーミングノートPCだ。Core i7-12700HとRTX 3070 Ti Mobileの組み合わせで税込25万円以下なら購入しやすいのではないかと思う。17.3インチ144Hz対応モニター搭載でデスクトップパソコンに近いゲーム体験を約束してくれる。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。冷却システムにはCOOLER BOOST 5を搭載していて長時間のゲームプレイにも耐えられる。本体重量は約2.6kgと重めなので持ち運ぶ機会が多い方は注意した方がよい。徒歩や電車での移動は億劫になってしまうだろう。

NEW ALIENWARE M15 R7 スタンダード(ALIENWARE)

ALIENWARE M15 RYZEN EDITION R5価格:338,131円(税込) 263,985円(税込)
モニター:15.6インチ FHD 165Hz
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 3070 Ti Mobile
メモリ:DDR5-4800 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

最新のエイリアンウェアのゲーミングノートPCだ。CPUにはIntel第12世代のCore i7-12700Hを搭載している。14コア20スレッドとマルチスレッド性能が高くハイクラスのグラフィックボードとの相性もよい。本体重量は2.42kg~となっている。ディスプレイについてはQHD 240HzモニターやFHD 360Hzモニターに交換可能だ。性能の高いモデルなので変更するのもよいだろう。メモリ16GB、SSD 512GBと構成は平均的だ。

ROG Zephyrus M16 GU603ZW(ASUS)

価格:349,800円(税込)
モニター:16.0インチ WQXGA 165Hz
CPU:Core i9-12900H
GPU:GeForce RTX 3070 Ti Mobile
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:2TB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

CPUにIntel第12世代の上位モデルであるCore i9-12900Hを搭載した一台だ。Core i9シリーズを搭載したことで一気に価格が上がってしまうのが悩ましい。16.0インチWQXGA 165Hz対応モニターを搭載している。搭載されているRTX 3070 Ti MobileのTGPは100Wに抑えられている。パフォーマンスの代わりにポータブル性を重視しているのだ。本体重量は約2.05kgと15.6インチのミドルクラス並みの重量だ。本体も薄くカバンにも収納しやすい。メモリ32GB、SSD 2TBと構成もずば抜けている。

Stealth GS66 12U GS66-12UGS-062JP(MSI)

NEW ALIENWARE X15 R2価格:359,800円(税込)
モニター:15.6インチ 4K
CPU:Core i7-12700H
GPU:GeForce RTX 3070 Ti Mobile
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

15.6インチ4Kモニターを搭載したこだわりのゲーミングノートPCだ。グラフィックスにこだわりたいゲーマーの方におすすめだ。CPUには14コア20スレッドのCore i7-12700Hを搭載している。従来モデルのCore i7-11800Hと比べてパフォーマンスが伸びたことでRTX 3070 Ti Mobileとのバランスもとりやすい。メモリ32GB、SSD 512GBと構成も抜群だ。メモリ容量に余裕があるためクリエイター作業への適性も高い。TGPは105Wに抑えられていてフルで性能を体感できるわけではない。TGPが最大の125Wに設定されているモデルと比べるとパフォーマンスは劣る。それでもその恩恵もあって本体重量が約2.1kgと性能帯を考えると軽く設計されている。本体も薄めてカバンにも収納しやすい。持ち運ぶことがある方なら候補に入れてもよいだろう。

ROG Zephyrus Duo 16 GX650RW(ASUS)

ROG Zephyrus Duo 16 GX650RW価格:399,800円(税込)
モニター:16.0インチ 165Hz
CPU:Ryzen 7 6800H
GPU:GeForce RTX 3070 Ti Mobile
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

最新のゲーミングノートPCだ。2画面ノートパソコンでゲームプレイやクリエイティブ作業に適している。セカンドディスプレイはタッチ対応スクリーンだ。キーボードがやや窮屈になってしまうのは難点か。CPUにはZen 3+アーキテクチャ採用のRyzen 7 6800Hを搭載していて高いパフォーマンスを発揮する。Ryzen 7 5800Hの強化版だ。CPUグリスにはThermal Grizzly社製の「Conductonaut Extreme」を採用している。負荷の掛かる作業にも対応しやすい。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も抜群だ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

notepc

モデルXMG GM5AG7Y
CPUCore i7-12700H
GPUNvidia GeForce RTX 3070 Ti Laptop
メモリ32GB DDR5-5200
ストレージ