G-Tune P6-I7G60BK-A当記事では、モバイル向けGeForce RTX 4060 MobileのスペックとおすすめのゲーミングノートPCを紹介している。Ada Lovelace世代のモバイル向けミドルクラスのグラフィックボードだ。RTX 3060 Mobileの後継モデルで、今世代でも人気No.1への期待が掛かる。最新のRTX 4060 Mobileは、従来モデルのRTX 3070 Mobileに匹敵する高いパフォーマンスを発揮する。メインターゲットはフルHD+高リフレッシュレートだ。

60番台のグラフィックボードの人気の秘密は、コストパフォーマンスの高さにある。ゲーミングノートPCの場合70番台以上になると一気に価格が跳ね上がってしまうため60番台のモデルが選びやすい。発売直後でもRTX 4060 Mobile搭載モデルは199,800円~と比較的価格が抑えられている。すでにASUS・パソコン工房・ドスパラなどの主要メーカーから搭載モデルがリリースされている。フルHD or WUXGAディスプレイが一般的だ。

GeForce RTX 4060 Mobileの概要

世代Ada Lovelace
プロセスTSMC 5nm
CUDAコア3072
RTコア24
Tensorコア96
ベースクロック1545 MHz-2295 MHz
ブーストクロック1890 MHz-2370 MHz
GPUメモリGDDR6 8GB
TDP80W-115W
MSRP
発売日2023/01/03
特徴 (+) RTX 3060 Mobileよりも10%-15%性能が高い
(+) コストパフォーマンスが高い
(+) 搭載モデルのラインナップが豊富
(-) RTX 3070 Mobileを上回ってはいない
(-) CUDAコアなど一部はスペックダウン
評価8.0

GeForce RTX 4060 Mobileスペック

RTX 3060 Mobileと比較

型番RTX 4060 MobileRTX 3060 Mobile
プラットフォームモバイルモバイル
アーキテクチャAda LovelaceAmpere
GPUAD107GA106
プロセスTSMC 5nmSamsung 8nm
トランジスタ数非公開120.0億
ダイサイズ146 mm²276 mm²
SMs2430
CUDAコア30723840
RTコア2430
Tensorコア96120
定格クロック1545 MHz-
2295 MHz
900 MHz-
1387 MHz
最大クロック1890 MHz-
2370 MHz
1425 MHz-
1702 MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6
GPUメモリ8GB6GB
クロックスピード16.0 Gbps14.0 Gbps
メモリバス128 bit192 bit
メモリバンド幅256.0 GB/s336.0 GB/s
L2キャッシュ32 MB3 MB
消費電力80W-115W80W-115W
発売日2023/01/032021/01/12

RTX 4060 Mobileは、Ada Lovelace世代のグラフィックボードでGPUはAD107を採用しているグラフィックボードだ。Ampere世代のRTX 3060 MobileではGA106が採用されていたので、GPUのランク的には下になった。数字が小さい方が大きく高性能となる。107番はRTX 3050 Ti/RTX 3050(GA107)で採用されていたのだ。プロセスがSamusung 8nmからTSMC 5nmへと微細化されている。RTX 4060 Mobileはトランジスタ数が非公開だ。ダイサイズはRTX 3060 Mobileよりも48%小さく146m㎡となる。

GPUのランクが下でもプロセスの微細化などによって高いパフォーマンスを維持できることの裏返しでもある。SM数は30→24へと20%ダウンだ。CUDAコアも20%少なく3072となる。RTコア及びTensorコアもそれぞれ20%少なく24・96だ。定格クロックは65%-71%高く、最大クロックも32%-39%引き上げられている。CUDAコアが少なくなってもこれだけクロック周波数が高くなればパフォーマンスに期待が持てる。

メモリ規格はGDDR6と共通だ。メモリ容量は33%増えて8GBだ。クロックスピードも14%速く16.0 Gbpsとなる。一方でメモリバスは192 bitから128 bitへとダウンしていて、メモリバンド幅も336.0 GB/sから256.0 GB/sへと狭くなった。ここは10倍以上に増えたL2キャッシュでカバーすることになる。実行メモリバンド幅は400 GB/sを超える。消費電力は80W-115Wと変わらない。消費電力に幅があるのはベンダー側で選択できるということを意味する。当然消費電力を高くした方が性能が高くなるが、その分冷却システムなどにコストが掛かる。

デスクトップ版RTX 4060と比較

型番RTX 4060 MobileRTX 4060
プラットフォームモバイルデスク
アーキテクチャAda LovelaceAda Lovelace
GPUAD107AD107
プロセスTSMC 5nmTSMC 5nm
トランジスタ数非公開非公開
ダイサイズ146 mm²146 mm²
SMs2424
CUDAコア30723072
RTコア2424
Tensorコア9696
定格クロック1545 MHz-
2295 MHz
1830 MHz
最大クロック1890 MHz-
2370 MHz
2460 MHz
メモリ形式GDDR6GDDR6
GPUメモリ8GB8GB
クロックスピード16.0 Gbps17.0 Gbps
メモリバス128 bit128 bit
メモリバンド幅256.0 GB/s272.0 GB/s
L2キャッシュ32 MB24 MB
消費電力80W-115W115W
MSRP-$299
発売日2023/01/032023/06/29

デスクトップ版のGeForce RTX 4060とスペックを比較していこう。非常に共通点の多い両者だ。GPUはAD107でダイサイズは146m㎡となる。SM数・CUDAコア数・RTコア数・Tensorコア数は全て同じだ。デスクトップ向けのRTX 4060の定格クロックは1830 MHzで、最大クロックは2460 MHzとなっている。やはりデスクトップ向けモデルの方が最大クロック周波数は高めに設定されている。

どちらもGPUメモリはGDDR6 8GBを採用している。クロックスピードはデスクトップ向けのRTX 4060の方が6%速く、メモリバンド幅もRTX 4060の方が6%広い。メモリバスは128 bitと共通だ。L2キャッシュはRTX 4060 Mobileの方が33%多く32MBとなる。RTX 4060の消費電力は115Wでモバイル版のマックス値となる。スペックだけを見れば非常に似ているもののパフォーマンス的にはデスクトップ向けのRTX 4060の方が上だ。

GeForce RTX 4060 Mobile搭載モデルの特徴

RTX 3070 Mobileと同等以上の処理性能を誇る

RTX 3080 Mobile24,337
RTX 4070 Mobile24,025
RTX 4060 Desktop22,620
RX 6800M20,848
RTX 3060 Desktop20,322
RTX 4060 Mobile19,709
RTX 3070 Mobile19,246
RTX 4050 Mobile17,262
RTX 2070 Mobile17,075
RTX 3060 Mobile16,997
RTX 2060 Mobile15,883
RTX 3050 Desktop14,734
GTX 1660 Ti Mobile12,476
RTX 3050 Ti Mobile11,843
RTX 3050 Mobile11,185

RTX 4060 Mobileは、Ada Lovelace世代のミドルクラスのモバイル向けグラフィックボードだ。メインターゲットはフルHD環境×100fps以上の高リフレッシュレートとなる。処理性能的に十分目指せる。タイトルによっては100fps以上が実現可能だ。多くのユーザーがプレイしている環境で、人気があるのはそのちょうどよい性能と手頃な価格にある。60番台のモデルながらAmpere世代のRTX 3070 Mobileを上回る高いグラフィックス処理性能を誇る。従来モデルのRTX 3060 Mobileと比べて15%程度処理性能が高い。

注意点として上記はRTX 4060(140W)でのパフォーマンスであることを押さえておこう。RTX 4060 Mobileのフルスペックモデルと考えるとしっくり来る。モバイル向けのグラフィックボードは、ベンダーごとにTDPが設定されて性能が変わる。90Wなど消費電力を抑えたモデルの場合はもう少しスコアが低くなってしまう。ゲーミングノートPCを購入する際はグラフィックボードの消費電力を確認しておくとよいだろう。直接記載がなくてもACアダプターの容量からも推察できる。

レイトレーシング性能も向上している

Ada Lovelace世代になってレイトレーシング性能も向上している。RTX 3070 Mobileと同等のレイトレーシング性能を期待できる。競合モデルのRadeonシリーズを大きく上回る。レイトレーシングの有効化によってより洗練されたグラフィックスを楽しめる。これがゲーミングノートPCで実現できるのだから技術の進化は凄まじいものがある。

さらに、今世代ではDLSS 3.0をサポートしていて超解像技術も一歩先を進んでいる。DLSS 3.0で利用できるフレーム生成機能のおかげで通常時の3倍程度高いフレームレートが実現可能となる。デスクトップ向けモデルと比べて性能面で不利なノート向けモデルに最適だ。当然レイトレーシングの有効化でGPUへの負荷は上がる。

DLSS 3.0などDLSSを有効化すればAIを活用してグラフィックスの品質を維持しつつフレームレート引き上げられる。まさに理想的な技術だと言える。50番台や60番台などのグラフィックボードでメリットが大きい。サイバーパンク2077・ディアブロⅣ・Portal With RTX・ウィッチャー3・Microsoft Flight Simulator・Forza Horizon 5・Marvel’s Spider-Man: Miles MoralesなどDLSS 3.0に対応したタイトルは増えてきている。

相場は20万円を少し超えている

RTX 4060 Mobile搭載モデルの相場は20万円弱と見ておこう。これはAmpere世代のRTX 3060 Mobile搭載モデルがリリースされた時の価格設定と同等だ。市場には旧世代に当たるRTX 3060 Mobileが存在していることからRTX 4060 Mobileの価格設定は妥当だと言えるだろう。旧世代になってRTX 3060 Mobileは大きく価格を下げている。

今後RTX 3060 Mobile搭載モデルが市場から消えればRTX 4060 Mobile搭載モデルの価格もぐっと下がるはずだ。現時点でもRTX 3070 Mobile搭載モデルがRTX 3060 Mobile搭載モデルと同等の価格で購入できると考えるとコスパは良好だ。デスクトップパソコンと比べて性能は劣るもののモニター・キーボードなどが不要であることを考えると選択肢として悪くない。

GeForce RTX 4060 Mobileのゲームプレイ時のfps計測

フォートナイト

fortnite

RTX 4070 Mobile(140W)198.0
156.0
RTX 4060 Mobile (140W)175.0
133.0
RTX 3070 Mobile (140W)169.0
127.0
RTX 4050 Mobile (140W)164.0
119.0
RTX 3060 Mobile (140W)155.0
102.0
RTX 3050 Mobile (75W)103.0
68.0
高設定最高設定

フォートナイトでは最高設定でも133fpsと高いフレームレートが出ている。高設定なら175fpsと高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応可能だ。従来モデルのRTX 3060 Mobileと比べて高設定で13%高く、最高設定でも30%程度フレームレートが高い。RTX 3070 Mobileを上回る性能は圧巻だ。

FF 14

ff14画像引用元:https://www.playstation.com/

RTX 4070 Mobile (140W)205.3
181.4
RTX 3070 Mobile (140W)190.6
161.0
RTX 4060 Mobile (140W)188.2
159.7
RTX 3060 Mobile (140W)168.1
143.8
RTX 4050 Mobile (140W)166.3
138.4
RTX 3050 Mobile (75W)134.9
111.5
高設定最高設定

FF 14でも高いパフォーマンスを発揮している。最高設定でも159.7fpsと十分だ。従来モデルのRTX 3060 Mobileと比べて10%以上フレームレートが高い。RTX 3070 Mobileには及ばなかったものの同等の性能を持っていると考えてよい。なお、RTX 4070 Mobileとの性能差は8%-13%となる。

Forza Horizon 5

forzahorizon5

RTX 4070 Mobile (140W)161.0
105.0
RTX 4060 Mobile (140W)126.0
79.0
RTX 3070 Mobile (140W)121.0
76.0
RTX 4050 Mobile (140W)99.0
57.0
RTX 3060 Mobile (140W)95.0
55.0
RTX 3050 Mobile (75W)60.0
29.0
最高設定エクストリーム

Forza Horizon 5は負荷の高いタイトルの一つとなる。エクストリーム設定だとフレームレートは79.0fpsだ。高リフレッシュレートでのゲームプレイを考えるなら最高設定まで設定を落とすのがよさそうだ。従来モデルのRTX 3060 Mobileと比べて最大で40%もフレームレートが高くなっている。GPUメモリ容量が少なくなってもやはりNVIDIAが言うようにL2キャッシュの恩恵もあって性能面でもマイナスはない。RTX 3070 Mobileをしっかりと超えてきている。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077top

RTX 4070 Mobile(140W)123.6
107.9
RTX 4060 Mobile (140W)106.4
95.7
RTX 4050 Mobile (140W)97.1
82.5
RTX 3070 Mobile (140W)96.5
80.3
RTX 3060 Mobile (140W)74.8
66.2
RTX 3050 Mobile (75W)52.0
48.6
高設定ウルトラ

Cyberpunk 2077でのパフォーマンスを見ていく。フレームレートの数値から負荷の高さがわかるのではないかと思う。Ampere世代のRTX 3060 Mobileと比べて40%以上も処理性能が向上している。RTX 300 Mobileと比べても10%-19%もフレームレートが高い。上位モデルのRTX 4070 Mobileとの性能差は15%程度だ。設定を下げれば十分高リフレッシュレートを目指せる。

Cyberpunk 2077-レイトレーシング

Cyberpunk2077top

RTX 4060 Mobile(DLSS 3.0)104.6
79.8
RTX 4060 Mobile (DLSS 2.0)72.4
45.9
RTX 4060 Mobile44.5
30.7
ウルトラ

Cyberpunk 2077は負荷の高いタイトルの一つだ。レイトレーシング・DLSS 3.0をサポートしているので、実際のパフォーマンスを見ていこう。レイトレーシングを有効化した時のフレームレートは低で44.5fps、ウルトラで30.7fpsとなる。レイトレーシングなしのネイティブ状態の半分程度まで数値が落ち込んでいる。

この状態でDLSS 2.0を有効化すると50%-60%程度フレームレートが向上する。さらに、DLSS 3.0でフレーム生成を有効化すれば2.4倍~2.6倍のフレームレートが得られる。ウルトラでも79.8fpsと高いフレームレートを実現しているのは驚きだ。これだけの数値が出ていれば快適にゲームを楽しめる。

GeForce RTX 4060 Mobileのベンチマーク(ゲーム)

Fire Strike

RTX 4060 Mobile-firestrike

Time Spy

RTX 4060 Mobile-timespy

Speed Way

RTX 4060 Mobile-speedway

Port Royal

rtx4060mobile-portroyal

Raytracing feature test

RTX 4060 Mobile-raytracing

NVIDIA DLSS feature test

dlss

GeForce RTX 4060 Mobileのクリエイティブ性能

Photoshop(PugetBench)

photoshop-GeForce RTX 4060 Mobile

RTX 4070 Mobile (140W)105.8
RTX 4060 Mobile (140W)97.6
RTX 3070 Mobile (140W)89.0
RTX 4050 Mobile (140W)86.8
RTX 3060 Mobile (140W)85.4
RTX 3050 Mobile (75W)62.4

RTX 4060 Mobileは、97.6と高いスコアが出ている。従来モデルのRTX 3060 Mobileと比べて15%程度処理性能が高く、RTX 3070 Mobileをも9%上回る。PhotoshopはそこまでGPU負荷の掛かるアプリケーションではないもののパフォーマンスが高いのはプラスになるはずだ。

Premiere Pro(PugetBench)

premiere-GeForce RTX 4060 Mobile

RTX 4070 Mobile (140W)40.9
RTX 3070 Mobile (140W)37.3
RTX 4060 Mobile (140W)35.7
RTX 4050 Mobile (140W)29.8
RTX 3060 Mobile (140W)28.1
RTX 3050 Mobile (75W)20.5

RTX 4060 MobileのGPU Effects Scoreは、35.7だ。従来モデルのRTX 3060 Mobileと比べて27%もパフォーマンスが向上している。RTX 3070 Mobileには4%及ばない結果となった。

Blender

blender-rtx4060mobile

RTX 4070 Mobile (140W)3995.52
RTX 3070 Mobile (140W)3632.90
RTX 4060 Mobile (140W)3627.68
RTX 4050 Mobile (140W)2985.83
RTX 3060 Mobile (140W)2841.65
RTX 3050 Mobile (75W)1436.11

BlenderでのGPUスコアは3627.68となる。従来モデルのRTX 3060 Mobileと比べて28%もパフォーマンスが向上している。RTX 3070 Mobileに匹敵するスコアが出ているのは評価できる。

GeForce RTX 4060 Mobile搭載おすすめゲーミングノートPC

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A (マウスコンピューター)

NEXTGEAR J6-A5G60GN-A価格:139,800円(税込)
液晶:16.0インチWUXGA 165Hz
重量:約2.29kg
駆動時間:約8.0時間
CPU:Ryzen 5 7535HS
GPU:GeForce RTX 4060 Mobile
メモリ:DDR5-4800 16GB
ストレージ:SSD 500GB Gen4 NVMe
コスパ:調査中

公式サイト

マウスコンピューターが誇る高コスパゲーミングノートPCだ。税込139,800円と破格だ。送料が掛からないのも嬉しい。基本保証3年間と長く、さらに24時間365日の電話サポートを受けられる。初心者の方でも安心して購入できるだろう。16.0インチWUXGAディスプレイを搭載している。本体重量は約2.29kgと平均的だ。ゲーミングノートPCとしては珍しくブルーのカラーを採用している。他のユーザーと被りたくないなら最適だ。このデザインもX上で行われたアンケートの結果生まれたものだ。メモリDDR5-4800 16GB・SSD 500GB Gen4 NVMeと構成は平均的となる。

TUF Gaming A15 FA507XV (ASUS)

ASUS TUF Gaming A15 FA507RM価格:239,800円 169,800円
液晶:16.0インチFHD 144Hz
CPU:Ryzen 9 7940HS
GPU:GeForce RTX 4060 Mobile
メモリ:DDR5-4800 16GB
ストレージ:SSD 512GB Gen4 NVMe
コスパ:調査中

公式サイト

GeForce RTX 4060 Mobile搭載モデルとしては安価な一台だ。セール期間中は驚きの70,000円OFFとなる。CPUにはRyzen 7000シリーズの上位モデルであるRyzen 9 7940HSを搭載している。8コア16スレッドというスペックでトップクラスのゲーミング性能を持つ。Zen 4アーキテクチャ採用でゲーム適性が向上している。メモリDDR5-4800 16GB、SSD 512GB Gen4 NVMeと構成は平均的だ。15.6インチFHDディスプレイを搭載している。144Hz対応でゲーミングモニターとして十分な機能を持つ。本体重量は約2.2kgと平均的だ。バッテリー駆動時間は約10.4時間となる。

TUF Gaming A15 FA507XV(ASUS)

TUF Gaming A15 FA507RM価格:239,800円(税込)179,800円(税込)
液晶:15.6インチFHD 144Hz
重量:約2.20kg
駆動時間:約10.4時間
CPU:Ryzen 9 7940HS
GPU:GeForce RTX 4060 Mobile
メモリ:DDR5-4800 16GB
ストレージ:SSD 512GB Gen4 NVMe
コスパ:調査中

公式サイト

セール期間中は60,000円OFFで購入可能だ。15.6インチ144Hzディスプレイを搭載した一台となる。本体重量は約2.20kgとやや重い。持ち運ぶ機会が多い方は注意しよう。CPUにRyzen 9 7940HSを搭載したゲーミングノートPCだ。省電力性の高いCPUで熱や消費電力を抑えたいユーザー向けだ。性能的にはCore i7-13700Hと同程度となる。メモリDDR5-4800 16GB・SSD 512GB Gen4 NVMeだ。

GALLERIA XL7C-R46 (ドスパラ)

GALLERIA UL7C-AA3価格:214,980円(税込)
液晶:15.6インチFHD 144Hz
重量:約2.20kg
駆動時間:約6.1時間
CPU:Core i7-13700H
GPU:GeForce RTX 4060 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB Gen4 NVMe
コスパ:8.5

公式サイトレビュー

ガレリアが販売するゲーミングノートPCだ。登場時は204,980円だったが、すぐに10,000円の値上げが適用となり評価を落としている。ゲーミングノートPCの価格が上昇傾向にあるのである程度は仕方がない。15.6インチFHDディスプレイを搭載している。144Hz対応で滑らかなゲーム描写が実現する。本体重量は約2.20kgだ。バッテリー駆動時間は約6.1時間となる。CPUにはCore i7-13700Hを、グラフィックスにはGeForce RTX 4060 Mobileを搭載している。現行モデルのラインナップ的にはミドルクラス相当だが、従来モデルのCore i9-12900HK×RTX 3070 Mobileと同等以上のパフォーマンスを期待できる。144Hzモニターを活かせる。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 500GB Gen4 NVMeと構成は平均的だ。価格が安く選びやすいモデルだと言える。

LEVEL-15FX164-i7-RMSX(パソコン工房)

価格:183,800円(税込)
液晶:16.0インチFHD 144Hz
重量:約2.04kg
駆動時間:約3.5時間
CPU:Core i7-13700H
GPU:GeForce RTX 4060 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
コスパ:調査中

公式サイト

パソコン工房からRTX 4060 Mobile搭載のゲーミングノートPCがリリースされている。16.0インチFHD(144Hz)ディスプレイを搭載した一台だ。高リフレッシュレートでのゲームプレイもお手の物だ。税込199,800円と20万円を切っているのがポイントとなる。CPUにはハイエンドモデルのCore i7-13700Hを搭載している。14コア20スレッドとマルチコア性能が高く、CPU性能を重視したい方は必見だ。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 500GB NVMeと構成は平均的だと言える。

G-Tune P6-I7G60BK-A (G-Tune)

G-Tune P6-I7G60BK-A価格:229,900円(税込)
液晶:16.0インチWUXGA 165Hz
重量:約2.20kg
駆動時間:約6.4時間
CPU:Core i7-13700H
GPU:GeForce RTX 4060 Mobile
メモリ:DDR4-3200 32GB
ストレージ:SSD 1TB Gen4 NVMe
コスパ:7.6

公式サイトレビュー

Core i7-13700H×RTX 4060 Mobile搭載のゲーミングノートPCとなる。送料無料・標準3年間の保証付きでBTO初心者の方でも安心だ。16.0インチFHDディスプレイを搭載している。リフレッシュレートは165Hz対応だ。メモリDDR4-3200 32GB、SSD 1TB Gen4 NVMeと構成も充実している。キーボードも平均的な配置で使い勝手も良好だ。サービスや構成を考えると割安感がある。セール・キャンペーン対象モデルになればよりお得に購入可能だ。今すぐ購入する必要がないのであれば待ってみるのも悪くない。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
ゲーミングPCの特徴を比較
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマーク検証環境

G-Tune P6-I7G60BK-A

ブランドG-Tune
モデルG-Tune P6-I7G60BK-A
ディスプレイ16.0インチフルWUXGA 165Hz
CPUCore i7-13700H
GPUNvidia GeForce RTX 4060 Laptop
メモリDDR4-3200 32B
ストレージSSD 1TB Gen4 NVMe