GALLERIA-RA7C-R47Stop


ドスパラが販売する「GALLERIA RA7C-R47S SSD500GB」のレビューをまとめた。Core i7-14700F×GeForce RTX 4070 SUPER搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。グラフィックスに、2024年1月に登場したばかりのGeForce RTX 4070 SUPERを搭載し、高い注目を集めている。登場からわずかな期間で1万円の値引きが適用され、非常にお得なモデルとなっていた。ところが、すぐに1万円の値上げで元の価格に戻ってしまった。しばらくは価格が上下しそうで、おすすめするタイミングは難しいように思う。GeForce RTX 4070 SUPERは、GeForce RTX 4070よりも性能が高く、GeForce RTX 4070 Tiよりも価格が安い。この特性をうまく活かすことができれば、有力な選択肢になってくれそうだ。定期的にチェックしておく価値がある。

型番の解説コーナー

GALLERIA RA7C-R47Sという型番はただの英数字の羅列に見える。実はその英数字を分解して見るとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RA7C-R47S」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、A=ATX(ケース)、7C=Core i7-14700F、R47S=GeForce RTX 4070 SUPERということだ。

GALLERIA RA7C-R47Sのスペック解説

GALLERIA RA7C-R47S

メーカードスパラ
ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RA7C-R47S
価格259,980円
CPUCore i7-14700F(レビュー)
グラボGeForce RTX 4060 Ti(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
ストレージSSD 500GB NVMe
電源750W 80PLUS GOLD
マザーボードチップセットB760
おすすめ度Bランク
評価・コスパ
7.3

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
6.5

・構成
6.5

・品質/サポート
9.0

コスパ指標は7.3だ。CPUとGPUメインのコスパは6.5と控え目となる。価格の変化に大きく影響を受ける部分であるため、値上げされたことでマイナスとなった。構成は6.5と標準的で、特別魅力的な部分があるわけではない。よくもわるくも普通である。電源ユニットは高性能な750W GOLDを採用しているが、グラフィックボードの消費電力に合わせているだけで、この性能帯として秀でたモデルが採用されているわけではない。品質・サポートは国内大手BTOメーカーのドスパラなので9.0と高い。

>>GALLERIA RA7C-R47Sを購入<<

各タイトルの対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RA7C-R47SはCore i7-14700FとRTX 4070 SUPERを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。RTX 4070 SUPERはRTX 4070とRTX 4070 Tiの中間程度の性能を有する。その高い性能は、高解像度や高リフレッシュレートのような負荷の高い環境に適している。これだけの性能があれば、ゲームを選ばずプレイできる。Apex Legendsは240fps張り付きを目指せる。フォートナイトは最高設定でも360Hz環境にも対応できる。4KやWQHDにも強く、環境を選ばない性能が魅力だ。

GALLERIA RA7C-R47Sの性能まとめ

ゲーミングPCは、グラフィックボードやCPUなどパーツの集合体だ。ここではゲームプレイに重要なグラフィックボードとCPUについて細かく見ていく。PCに不慣れな初心者の方は、スペックや型番から性能をイメージすることは難しいはずだ。それぞれの性能と特性を知ることで、パソコンとしての性能が理解しやすいと考えている。

Core i7-14700F(CPU)

i7-14700-gamescore

GALLERIA RA7C-R47Sに搭載されているCPUは、Intel第14世代の高パフォーマンスモデルであるCore i7-14700Fだ。末尾のFはCPU内蔵グラフィックス非搭載モデルを意味していて、グラフィックボード搭載が標準のゲーミングPCに採用されることが多い。旧世代Core i7-13700のマイナーチェンジモデルでコードネームはRaptor Lake-Refreshとなる。ゲーミング性能は3%前後の伸びに留まる。相対的な評価は高く、GeForce RTX 4070 SUPERなどのハイクラスのモデルとの組み合わせでもバランスを取れる。競合モデルであるRyzen 7000シリーズ(3D V-Cache)を圧倒している。ゲーミングCPUとしての不足はない。

ゲーム性能に対してマルチコア性能は大きく向上している。Eコアが4基増えて16コア24スレッドから20コア28スレッドとスペックアップしているので成長を感じられるはずだ。Core i7-13700から交換するメリットはない。ゲームプレイはもちろん、ゲーム実況や動画のエンコードなどの用途にも適している。趣味から作業までを幅広くカバーできるCPUとして、非常に高い評価と人気を誇っている。

GeForce RTX 4070 SUPER(GPU)

rtx4070super-gamescore

GeForce RTX 4070 SUPERは、2024年1月8日に発売されたグラフィックボードだ。GeForce RTX 4070無印より15%ほど性能が高く、GeForce RTX 4070 Tiより5%程度性能が低い。GeForce RTX 4070に近い価格とGeForce RTX 4070 Tiに近い性能という、両者のいいとこ取りができそうなモデルだ。両者の中間的な性能は、WQHD解像度や240Hzのようや高リフレッシュレートへの適性が高い。ゲームの環境を選びにくい性能で、ハイクラスらしいグラフィックボードと言える。価格を抑えることができれば、RTX 4070よりも評価の高い存在になりそうだ。

>>GALLERIA RA7C-R47Sを購入<<

GALLERIA RA7C-R47Sの特徴&注意点

優れた性能を持つ最新ゲーミングPC

GALLERIA RA7C-R47Sは、Core i7-14700F×GeForce RTX 4070 SUPER搭載の最新ゲーミングPCだ。CPUもGPUも2024年1月に販売が開始された。非常に扱いやすい性能で、今後のハイクラスを支えることになりそうだ。特にGeForce RTX 4070の上位モデルに当たるGeForce RTX 4070 SUPERへの注目度は高い。

GeForce RTX 4060 Tiクラスが要求されるタイトルも増えて来ていて、GeForce RTX 4070 SUPERの性能が高すぎるということはないはずだ。GeForce RTX 4070では物足りなく、GeForce RTX 4070 Tiは予算に合わないこともあるだろう。GeForce RTX 4070 SUPERはGeForce RTX 4070とGeForce RTX 4070 Tiの価格と性能の隙間を埋めることができる。

GALLERIA RA7C-R47Sは、ゲーミングPCの新時代を築ける可能性を秘めている。GeForce RTX 30シリーズではGeForce RTX 3060 Tiが人気だったが、その一世代前のGeForce RTX 20シリーズでは、70番台であるGeForce RTX 2070 SUPERの人気が高かった。その流れを汲むGeForce RTX 4070 SUPERは、今の時代のゲーム事情にマッチした性能と言える。

GALLERIA RA7C-R47Sの性能は、誰にとっても安心できる水準にあるはずだ。ゲームの要求スペックを気にせずプレイできるため、プレイしたいゲームに悩まなくてもよくなる。時代が進むにつれて、要求スペックの高いゲームも増えてきた。ミドルハイクラスがあれば推奨環境を満たせるとは限らない。

話題をさらったパルワールドは、そのゲーム性と世界観から人気を博した。その一方で、要求されるスペックが高く、ミドルクラス以下のモデルでは快適にプレイすることが難しい。高性能なモデルに買い替えを検討しても、価格が高く手が出しにくいのが現状だ。GALLERIA RA7C-R47Sは、そういった高負荷のゲームに対応できるモデルの中で選びやすいモデルと言える。これまでミドルクラスが中心だった方にも、ハイスペックを体験できるモデルとなれると考えている。

価格がやや高めなのがネック

GALLERIA RA7C-R47Sは259,980円で登場し、1ヶ月も経たないうちに249,980円に下がった。このまま価格は下がっていくのかと思いきや、また259,980円に戻ってしまった。ドスパラ製品は価格が上下しやすく、最近は値上げ傾向にある。価格が不安定なので選択するタイミングが難しい。

GeForce RTX 4070 SUPER搭載のGALLERIA RA7C-R47Sは、販売されたばかりのモデルだ。価格こそ元に戻ったが、登場してわずかな期間で値下げされた事実がある。今後も定期的に価格が変化していくことを予感させる。それだけに、いつがお得な時期なのかを判断しにくい。しばらくは様子を見るというのはありだ。

グラフィックボードの70番台は、代々高い人気を誇ってきた。しかし、現行のGeForce RTX 40シリーズでは、GeForce RTX 4060 Ti人気に押されてRGeForce TX 4070の影は少し薄い。GeForce RTX 4070 SUPERはその存在感をどこまで示せるのだろうか。少なくとも、25万円台で踏みとどまったGALLERIA RA7C-R47Sは、ポテンシャルがあるように見える。

旧世代のCore i7-13700F搭載モデルはすでに取り扱いが終了し、旧世代との価格差を意識しない価格設定が実現するはずだ。GeForce RTX 4070搭載モデルが22万円台、RTX 4070 Ti搭載モデルが26万円台であることから、せめて中間の価格に落ち着く24万円台に戻ることができれば人気が出るだろう。

CPUとグラフィックボードが最新のモデルは、本来価格が高騰するものだ。それが値下げされたことがあるというのは期待ができる。もう少し価格が下がればミドルハイクラスを検討している方の候補に入ってもおかしくない。現時点ではGeForce RTX 4070 Ti搭載モデルに近い価格なので、やや高めの価格であることは否めない。また、それがGALLERIA RA7C-R47Sにとっては大きなネックとなっている。

>>GALLERIA RA7C-R47Sを購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIAGALLERIA
イメージgalleriaxseriesgalleriaxseries
製品名GALLERIA RA7C-R47SGALLERIA XA7C-R47S
ケースミドルミドル
価格259,980円(税込)284,980円(税込)
送料3,300円3,300円
納期最短翌営業日最短翌営業日
CPUCore i7-14700FCore i7-14700F
GPURTX 4070 SUPERRTX 4070 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSD500GB NVMe1TB NVMe
電源750W GOLD750W GOLD
マザボB760B760
保証1年間
(最大5年間)
1年間
(最大5年間)
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
比較対象は同じドスパラのGALLERIA XA7C-R47Sだ。SSD容量とメモリ容量が倍増して、価格は25,000円も開いている。GALLERIA RA7C-R47Sを同等の構成に変更すると19,100円であるため、5,900円安くなる計算だ。GeForce RTX 4070 SUPERはコストパフォーマンスに優れたグラフィックボードだと感じたが、搭載モデルを見ると圧倒的ではないようだ

ただ、GeForce RTX 4070 SUPER搭載モデルの中で、GeForce RTX 4070 SUPER搭載モデルはGALLERIA RA7C-R47Sはややリードしているように思う。他のメーカーからより優れたモデルが登場するまではGALLERIA RA7C-R47Sをおすすめしたい。構成の乏しさはカスタマイズや増設で容易にカバーできる。今GeForce RTX 4070 SUPER搭載モデルを選ぶとするならGALLERIA RA7C-R47Sが無難な選択肢となりそうだ。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA Xsyoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

I/Oパネル

GALLERIA Xiopanel
I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右側面

GALLERIA Xright
本体右側はシンプルだ。前面のメッシュ部分には青色のシートが内部に貼り付けられている。

左側面

GALLERIA Xleft
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

下側

GALLERIA Xlkabu
本体下側にもファンが見える。メッシュパネルはワンタッチで取り外すことができてメンテナンス性に優れている。

背面

GALLERIA Xhaimen
背面は参考として見て欲しい。搭載するグラフィックボードによって変わる可能性がある。

管理人による総評(GALLERIA RA7C-R47S)

GALLERIA RA7C-R47S

GALLERIA RA7C-R47Sは、Core i7-14700F×GeForce RTX 4070 SUPER搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。GeForce RTX 4070の価格とGeForce RTX 4070 Tiの性能を併せ持ったようなグラフィックボードは、これからのハイクラスを支える存在だ。Core i7-14700FはGeForce RTX 4070 SUPERとバランスが取りやすく、ゲームも作業もオールラウンドに対応できる。GeForce RTX 4070 SUPERの性能を活かしてゲームをプレイし、それを動画に収めてもCore i7-14700Fの性能があればエンコードも編集もさくさく処理できる。CPUとグラフィックボードがお互いのよさを引き出し合える構成と言える。

ゲームに対する性能は、ハイクラスというだけに非常に優れている。WQHD解像度を前提とするほど優れ、4K解像度にも対応可能だ。フルHDなら240Hz環境を構築するなど、ゲームに対しては圧倒的な対応力を有している。FPSでは高リフレッシュレートを、RPGのようなグラフィックを重視したゲームでは高解像度という具合に、環境を使い分けることができる。よりゲームへの没入感を高められるのがハイクラスの魅力と言える。これから登場してくるゲームも、スペックを気にせず遊べるので、ジャンルを選ばずゲームをプレイする方にもおすすめだ。

価格CPUグラボ
259,980円(税込)Core i7-14700FRTX4070SUPER
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載