GALLERIA RM5C-R46T-14thtop


ドスパラが販売するGALLERIA RM5C-R46Tのレビューとスペックの解説を行っている。コスパのよさで人気が高いミドルハイクラスのGeForce RTX 4060 Tiを搭載したミドルタワーモデルだ。CPUが次世代のCore i5-14400Fへ換装されてリニューアルされている。今はまだ価格が不安定で購入のタイミングとは言えない。比較対象モデルを確認しておくとよいだろう。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R46Tという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R46T」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-14400F、R46T=GeForce RTX 4060 Tiということだ。

GALLERIA RM5C-R46Tのスペック解説

RM5C-G50

メーカードスパラ
ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5C-R46T
価格179,800円(税込)
CPUCore i5-14400F(レビュー)
GPUGeForce RTX 4060 Ti(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
SSD500GB Gen4 NVMe
電源650W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB760
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
7.7

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
7.7

・構成
6.5

・品質/サポート
9.0

>>GALLERIA RM5C-R46Tを購入<<

GALLERIA RM5C-R46Tの各タイトル対応表

Apex LegendsFORTNITEパルワールド
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps
palworld
・144fps


・60fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R46TはCore i5-14400FとGeForce RTX 4060 Tiを搭載したミドルハイクラスのゲーミングPCだ。性能のバランスがよく、扱いやすいことから最も人気のある性能と言える。Apex Legendsを144Hz~240Hz、フォートナイトを240Hz以上の環境でプレイできる。また、話題のパルワールドも標準設定程度であれば60fpsの安定を目指せる。設定次第では144Hz環境も夢ではない。扱いやすく、対応しやすい性能が魅力だ。

GALLERIA RM5C-R46Tの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

Core i5-14400F(CPU)

i5-14400gamescore

CPUにはIntel第13世代のCore i5-13400Fを搭載している。低価格帯のゲーミングPCで採用されることが多いCPUだ。前世代のCore i5-12400と比べて9%程度パフォーマンスが高い。前世代のCore i5シリーズで最高の性能を誇ったCore i5-12600Kに近い水準となった。競合モデルのRyzen 5 7600Xと比べると9%程度低い。Zen 4アーキテクチャ採用モデルは強力なライバルだが、搭載モデルの価格が高めなのでCore i5-13400にも強みがらう。

第13世代CPUからはCore i5シリーズの無印モデルでもハイブリッドコアアーキテクチャ採用だ。6コア12スレッドから10コア16スレッドへとスペックが引き上げられて処理性能が大幅に向上している。ゲーム配信はもちろん、動画編集・画像編集などのクリエイティブな作業にも適している。Core i5シリーズは性能が低いというのは過去の話だ。

GeForce RTX 4060 Ti 8GB(GPU)

rtx4060ti8gbgamescore

GeForce RTX 4060 Tiは、2023年5月24日に発売された最新のグラフィックボードだ。ミドルハイクラスのモデルということになる。従来モデルのGeForce RTX 3060 Tiと比べて16%程度処理性能が高くなった。メインターゲットはフルHDならタイトルによってはWQHDにも対応できるポテンシャルを持つ。Ampere世代のRTX 3070に匹敵する性能だ。

>>GALLERIA RM5C-R46Tを購入<<

GALLERIA RM5C-R46Tの特徴まとめ

価格が不安定で選びにくい

GALLERIA RM5C-R46Tは、CPUに最新のCore i5-14400Fを搭載したゲーミングPCだ。まだ旧世代に当たるCore i5-13400F搭載モデルも現存しているが、メインのラインナップからは外れているので世代交代間近だ。従来のCore i5-13400Fと比べて少し性能を伸ばした程度で、Core i5-14400Fの使用感は従来と変わらない。それは価格も同じで、搭載モデルの価格はほぼ同等である。

登場時179,980円と従来より10,000円高い程度だったモデルが5,000円値上げされ184,980円となった。その後また179,980円に戻っている。他のGALLERIA製品と似た動きを見せており、価格は大きく揺れ動く予感がする。従来製品も169,980円から値上げされ、全体的に価格は値上げ傾向にある。Core i5搭載モデルの魅力はなんと言っても価格にある。その価格を活かせるCore i5-14400Fには期待していただけに残念だ。

しばらくすると174,980円、169,980円と徐々に下がっていくと予想している。順当にいけばCore i5-13400F搭載モデル入れ替わる形で価格が変化するはずだ。Core i5-13400F搭載モデルの価格が上がったのは、Core i5-14400F搭載モデルと自然な形で入れ替わるためではないか。そう考えてしまうほど今の価格設定は疑問が残る。

新製品も旧製品も価格が不安定な状態では、選択するタイミングが難しい。いつ選んでもお得と言い切れない。次に価格が下がった時に選ぶのが無難ではないかと考える。価格が安定するまで少し様子を見たい。17万円台なら十分と思う反面、それならCore i5-13400F搭載モデルと同じ価格に下がるまで待つのもいいようにも思う。

登場時は価格が高く、徐々に安くなっていくわかりやすい価格設定が最近は見られない。ゲーミングPCの購入を検討している方には、いつ見ても価格が違うように思えるかもしれない。価格が安くなることを期待して待っていると、まさかの値上げというパターンもあった。当面は登場時の179,980円を目安に、それよりも安くなったら選ぶと決め打ちするのもよさそうだ。

扱いやすい性能と標準的な構成を持つ

GALLERIA RM5C-R46Tは、扱いやすいミドルハイクラスの性能と標準的な構成を持つモデルだ。ゲーミングPCで最も人気のあるグラフィックボードであるGeForce RTX 4060 Tiは、ゲームへの汎用性が高い。快適なゲームプレイはもちろん、様々な環境に対応できるのが持ち味だ。これからPCゲームを始める方から、コアなゲーマーにまでおすすめできる。誰にとっても不足しにくいことが扱いやすさの証明だ。

CPUにCore i5-14400Fを搭載していてゲーム以外の用途への対応力も優秀だ。Core i7と比べれば快適性は落ちるが、ゲーム実況や動画のエンコードにも適している。昔のCore i5と違い、現行のCore i5は用途を選ばない性能と言える。やりたいと思ったことができる性能であるため、ゲーム以外の用途を想定している方にも安心だ。最初はゲームだけが目的であっても、パソコンに触れていると興味が出てくるジャンルもある。

Core i5-14400Fを搭載していることがメリットに感じるられる日も来るはずだ。構成は可もなく不可もなく、オーソドックスにまとまっている。Core i5搭載モデルは充実した構成よりも、標準的な構成の方が価格という強みを活かせる。必要であればカスタマイズや増設でも対応できるため、換えの利かない箇所はしっかりし、後から変更できる箇所は無難に抑えている。

これらの特性が選びやすく扱いやすいという特徴を生み出せる。ストレージ容量が500GBであることはややマイナスだろうか。特定のゲームしかプレイしないのであれば、容量に困ることは少ない。様々なゲームを幅広くプレイしたり、動画を撮影したりすると一気に容量が不足するようになる。ストレージは追加できるので、必要になった時に追加するくらいでいい。

ただ、あまりパソコンに慣れていないと増設を難しく考えてしまいがちだ。不安があるならカスタマイズで1TBへ変更しておこう。GALLERIA RM5C-R46Tは完璧なモデルではない。扱いやすい性能と標準的な構成を持つことから、無難に使用できるモデルという印象だ。何かに特化していないからこそ、クセがなく苦手な用途も少ない。

>>GALLERIA RM5C-R46Tを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIALEVELθ
イメージLEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITE
製品名GALLERIA RM5C-R46TLEVEL-M17M-144F-SLX-WHITE
ケースミニミニ
価格179,980円159,800円
送料3,300円2,200円(会員無料)
CPUCore i5-14400F
(10コア16スレッド)
Core i5-14400F
(10コア16スレッド)
GPURTX 4060 TiRTX 4060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR5-4800 16GB
SSD500GB Gen4 NVMeNVMe 500GB
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザボB760B760
納期最短翌営業日出荷2-7日
保証
(延長保証)
1年間
(最長5年間)
1年間
(最長4年間)
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-M17M-144F-SLX-WHITEだ。価格はLEVEL-M17M-144F-SLX-WHITEの方が20,180円安い。実質送料が無料なので価格差は23,480円まで広がる。SSDの接続規格はGen3にダウングレードとなるが、メモリ規格はDDR5-4800と向上する。コストパフォーマンスが求められるモデルであることを考えると、LEVEL-M17M-144F-SLX-WHITEが大きくリードしていると言える。

GALLERIA RM5C-R46Tは価格が不安定であることからも、今はLEVEL-M17M-144F-SLX-WHITEをおすすめしたい。今のところ、GALLERIA RM5C-R46Tをおすすめする理由はない。大きな変化があったとしても、評価でLEVEL-M17M-144F-SLX-WHITEを上回ることは難しいだろう。どのタイミングでもお得なLEVEL-M17M-144F-SLX-WHITEを選んでおけば間違いない。

>>GALLERIA RM5C-R46Tを購入<<

パソコンケースレビュー

ミニタワーケースのケースレビューとなる。謹賀新年特別モデルはミドルタワーとなっている点に注意してほしい。

正面

GALLERIA RMsyoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RMright右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RMleft左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RMlefthaimen背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

I/Oパネル

GALLERIA RMlefthaimeniopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

本体上部

GALLERIA RMlefthaimeniopaneljyobu本体上部にもメッシュ加工が施されていてここから熱を放出する仕組みだ。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載していても発熱が問題とならない工夫がある。

本体内部

GALLERIA RMlefthaimeniopanelinside*GALLERIA RM5R-R36 5600X搭載ではないため一つの参考として欲しい
内部にはある程度の余裕がある。ガレリアブランドの場合ミニタワーケースでもサイズは大きめであることがわかる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R46T)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R46Tは、Core i5-14400F×GeForce RTX 4060 Ti搭載のミドルハイクラスのゲーミングPCだ。人気のあるGeForce RTX 3060 Tiの後継機を搭載していることで、当サイトとしても注目している。扱いやすく選びやすいという特徴をしっかり引き継いでいる。キャンペーンなどで価格が下がるのを待つとよいだろう。10,000円の値下げがあれば御の字だ。5,000円でも十分候補に入る。比較対象モデルを確認しつつ購入を検討しよう。

価格CPUグラボ
179,980円(税込)Core i5-14400FRTX4060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載