GALLERIA RM5C-R46Ttop


ドスパラが販売するGALLERIA RM5C-R46Tのレビューとスペックの解説を行っている。コスパのよさで人気が高いミドルハイクラスのGeForce RTX 4060 Tiを搭載したミドルタワーモデルだ。CPUが次世代のCore i5-14400Fへ換装されてリニューアルされている。2024年6月になってメモリ規格がDDR4からDDR5へとアップグレードされ、Intel製CPUは値上げ幅が大きく、相対的に見れば悪くない。比較対象モデルを確認して好みで選択してしまって構わない。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R46Tという型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R46T」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-14400F、R46T=GeForce RTX 4060 Tiということだ。

GALLERIA RM5C-R46Tのスペック解説

RM5C-G50

メーカードスパラ
ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5C-R46T
価格185,980円(税込)
CPUCore i5-14400F(レビュー)
GPUGeForce RTX 4060 Ti(レビュー)
メモリDDR5-4800 16GB
SSD500GB Gen4 NVMe
電源650W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB760
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
8.6

—–内訳—–
・ショップ評価
8.9
2024/6/13追記

GALLERIA RM5C-R46Tは5,000円の値上げが適用されたが、評価は少し上がって8.6という高評価を叩き出している。これにはいくつかの理由がある。まず、ゲーミングPC全体が円安の影響で値上げされていることが挙げられる。特に、Intel製CPUを搭載したモデルは10,000円~20,000円程度の値上げが多い。GALLERIA RM5C-R46Tは、2ヶ月ほど前に10,000円の値上げが適用されたことから、実質15,000円の値上げである。値上げ額としてみれば標準的で、値上げ後の相場に落ち着いている。

もう一つの理由に構成アップが挙げられる。メモリ規格がDDR4-3200からDDR5-4800にアップグレードされている。小さな変化で告知もないので見落としてしまいそうだ。小さな変化であっても、コストは大きくなる。5,000円の値上げで規格アップは割に合わないような気もする。何もなく値上げされるよりは幾分ましな程度だ。ゲーミングPC全体の値上げ、構成のアップグレードといった理由から、今回の値上げは納得できる。

そもそも、登場から少しして9,000円引きされて170,980円となった。そこから15,000円の値上げという判断になっており、登場時の179,980円からは6,000円しか値上げされていない。GALLERIA RM5C-R46Tの価格推移を見る限り、十分お得な変化である。前述のように、値上げ額は10,000円~20,000円だ。実質的に6,000円高くなっただけと考えれば、意外と高評価なのも理解できる。

ここからどういった変化をしていくのか、今後が楽しみなモデルだ。当面は値上げされないかを気にしつつ、お得なキャンペーンやセールが来るのを待ちたい。最近のドスパラのキャンペーン・セールはぱっとしない内容が多い。そろそろ、これぞドスパラと言えるような大々的な催しに期待したいところだ。

>>GALLERIA RM5C-R46Tを購入<<

GALLERIA RM5C-R46Tのカスタマイズ(おすすめ度)

  • CPU -
  • CPUグリス ×
  • メモリ △
  • SSD △
  • 電源 △

GALLERIA RM5C-R46Tをカスタマイズするなら、メモリ・SSD・電源の中からどれか一つだけを提案する。メモリならゲームへの対応力、SSDは利便性、電源の変更は将来性がそれぞれ向上する。CPUの変更はできず、Core i5-14400FにCPUグリスは恩恵を感じにくい。メモリは標準で16GB搭載だ。推奨環境に16GBが指定されるゲームも多い。16GBが必要なゲームに16GB搭載では余裕がない。ギリギリの容量では、ゲーム以外のアプリケーションを同時に起動しにくい。ブラウザで動画や攻略情報を見ながらゲームをプレイすると、16GBではとても足りなくなるだろう。GeForce RTX 4060 Tiの性能であれば、32GBも決して無駄な容量ではない。ただ、コストパフォーマンスを意識したモデルにとって、カスタマイズは価格が高くなるのでおすすめしにくい。必要に応じて増設で対応するくらいでいいかもしれない。

SSDは500GBと1TBでは利便性が大きく違ってくる。単純に2倍の容量があるというわけではない。システムなどパソコンを起動させるのに100GBほど必要だとすれば、500GBなら実質容量は400GB、1TBなら900GBになる。その差は2.25倍だ。必須の容量が大きくなれば、この差は更に広がることになる。利便性を考えればSSDのカスタマイズは有用性が高いように見える。しかし、メモリと同様に、カスタマイズにより価格が高くなること自体がマイナスになる。ストレージは外付けやクラウドを利用してカバーする方法もある。あえてカスマイズではなく、容量が必要になった時に別の方法で対応することも検討したい。

電源のカスタマイズは、GALLERIA RM5C-R46Tの構成的には必要性は低い。電源の容量や規格をアップさせることは、将来的にCPUやグラフィックボードを交換する際に影響する。消費電力が大きくなるパーツに交換すると、必然的に電源の交換も必要になる。先を見越して最初から電源を交換しておくというのが電源のカスタマイズである。買い替え・交換のどちらを選ぶかで電源のカスタマイズの重要性は変わる。

GALLERIA RM5C-R46Tの各タイトル対応表

Apex Legendsフォートナイトパルワールドマイクラ
Apex-Legends
・240Hz


・144Hz
fortnite
・240Hz


・144Hz
palworld
・144Hz


・60Hz
minecraft1
・影Mod


・通常

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R46TはCore i5-14400FとGeForce RTX 4060 Tiを搭載したミドルハイクラスのゲーミングPCだ。性能のバランスがよく、扱いやすいことから最も人気のある性能と言える。Apex Legendsは設定次第で200fps前後でのゲームプレイが可能だ。240fpsの張り付きは難しいが、240Hz環境には対応できる。交戦中などはフレームレートの安定が難しいため、性能的には144Hz環境を基本に考えた方がいい。

フォートナイトはApex Legendsと同じバトロワ系のゲームだ。要求スペックも負荷も低めで遊びやすい。しかし、アップデートで推奨環境のスペックが引き上げられる傾向にある。GALLERIA RM5C-R46Tの性能があれば240Hz環境に対応できなくなるということはないはずだ。

話題のパルワールドは推奨環境が高く、ゲームの進行が進むとかなり高いスペックが要求される。標準設定で60fpsを目指すならGALLERIA RM5C-R46Tで十分だ。144Hzや高解像度への対応は難しいので、フルHDを基準にしたい。Minecraftは、基本的に快適にプレイできる。人気の影Modを導入してもプレイ自体は問題なく行える。ただし、表示するチャンクを広くすると、負荷が増大するので注意したい。ある程度性能を絞ることで安定する。最高設定を目指すと場面によってはかなりフレームレートが落ちる。

GALLERIA RM5C-R46Tの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

Core i5-14400F(CPU)

i5-14400gamescore

CPUにはIntel第13世代のCore i5-13400Fを搭載している。低価格帯のゲーミングPCで採用されることが多いCPUだ。前世代のCore i5-12400と比べて9%程度パフォーマンスが高い。前世代のCore i5シリーズで最高の性能を誇ったCore i5-12600Kに近い水準となった。競合モデルのRyzen 5 7600Xと比べると9%程度低い。Zen 4アーキテクチャ採用モデルは強力なライバルだが、搭載モデルの価格が高めなのでCore i5-13400にも強みがらう。

第13世代CPUからはCore i5シリーズの無印モデルでもハイブリッドコアアーキテクチャ採用だ。6コア12スレッドから10コア16スレッドへとスペックが引き上げられて処理性能が大幅に向上している。ゲーム配信はもちろん、動画編集・画像編集などのクリエイティブな作業にも適している。Core i5シリーズは性能が低いというのは過去の話だ。

GeForce RTX 4060 Ti 8GB(GPU)

rtx4060ti8gbgamescore

GeForce RTX 4060 Tiは、2023年5月24日に発売された最新のグラフィックボードだ。ミドルハイクラスのモデルということになる。従来モデルのGeForce RTX 3060 Tiと比べて16%程度処理性能が高くなった。メインターゲットはフルHDならタイトルによってはWQHDにも対応できるポテンシャルを持つ。Ampere世代のRTX 3070に匹敵する性能だ。

CPUとGPUのバランス考察

i514400f-rtx4060ti

Core i5-14400FとGeForce RTX 4060 Tiのバランスは抜群によい。GeForce RTX 4060 Tiの性能を活かしやすく無駄がない。上位のCore i7-14700Fの方が性能は引き出せる。しかし、数値で見るとあまり差はない。コスト面から考えてもCore i5-14400Fがベストな組み合わせと言える。ゲーム以外の用途にまで目を向けると少し落ちるものの、Core i7-14700Fに対応できてCore i5-14400Fで対応できないものはない。総合的に見れば、やはりGeForce RTX 4060 TiにはCore i5-14400Fがよいと言える。

>>GALLERIA RM5C-R46Tを購入<<

GALLERIA RM5C-R46Tの特徴まとめ

9,000円引きの今が狙い目

GALLERIA RM5C-R46Tは、価格が9,000円安くなり評価を上げている。最近のドスパラは値上げ傾向で、なかなか価格が下がりにくい。その中で、9,000円引きとなったGALLERIA RM5C-R46Tは、選ぶなら今がチャンスと言える狙い目モデルである。Core i5-14400FとGeForce RTX 4060 Tiの組み合わせは、ゲーミングPC全体でも人気の組み合わせだ。

コストパフォーマンスに優れるGALLERIA RM5C-R46Tは、初心者の方にもおすすめしやすいモデルである。GALLERIA RM5C-R46Tを選ぶなら今がチャンスというだけで、Core i5-14400FとGeForce RTX 4060 Tiを搭載したモデルを選択するなら、別の候補も多く存在している。GALLERIA RM5C-R46Tが破格で圧倒的というわけではないので注意してほしい。評価は高いので選ぶことにデメリットはないが、念の為に補足しておく。

値上げが続く要因として、クリエイター向けモデルがGALLERIAシリーズに吸収されたことも関係していそうだ。クリエイター向けのGALLERIAは、ゲーミングPCのGALLERIAと同じ構成でも価格が安い。少しでも差別化を図ろうとしているのだろう。そのクリエイター向けのラインナップにないモデルは、価格が下がりやすいのではないかと見ている。

今後は価格調整がなされ、同等のモデルとなるはずだ。そうでなければ、同じモデルで価格を分ける必要がない。ユーザーにとっては不親切な仕様のまま進むとは考えにくい。シリーズの変更の波がゲーミングPCのGALLERIAに直撃したことでの値上げだ。関係していないGALLERIA RM5C-R46Tが値下げされているので、ドスパラ製品の中では狙い目というわけだ。評価も上々で、扱いやすいモデルは人を選ばない。予算が合うなら候補に入っていてもおかしくない。

選択する時期に注意しよう

前述のように、狙い目となったGALLERIA RM5C-R46Tは、GALLERIAのランキングにも入ってきそうな勢いがある。ただ、今後も安定した立場にいられるという保証はない。クリエイター向けモデルとの兼ね合いがなくても、価格をはじめとして変化は十分考えられる。どのような差別化を図るかはわからないが、今よりも悪くなる可能性もありえる。

ゲーミングPCのGALLERIAは変化なく、クリエイター向けのGALLERIAが変更するパターンもあるだろう。ゲーミングPCはSSD 500GB、クリエイター向けは1TBのようなものがわかりやすい。これは自然な流れで、このパターンであればとくに気にすることもないはずだ。影響を与えそうなのは、ゲーミングPCのSSD 1TBになり、クリエイター向けが500GBになる形だ。

以前、ドスパラはゲーミングPCのSSDを1TBに統一しようとしていた。価格の問題もあってか、その宣言はなかったものとして500GB搭載モデルが再度主流になっている。その宣言があったように、また1TB搭載モデルにして構成と価格に差をつけようとしているかもしれない。ゲーミングPCで最も人気のあるGALLERIAブランドは、少し迷走しているようにも感じる。

もはやゲーミングPCやクリエイター向けPCという区別が名称だけでしかない。このまま不自然な形で両立していくとは考えにくい。なんらかの変化がGALLERIA RM5C-R46Tにも適用されてくるだろう。今が狙い目というのは、価格が下がったという意味だけではない。同じGALLERIAシリーズに競合する類似したモデルが存在していないことが大きい。

仮にクリエイター向けのGALLERIA RM5C-R46Tが登場すれば、立場は一気に悪くなる。選択する際は、価格だけを見ずに比較対象のモデルもチェックしておきたい。購入後に、より優れたモデルの存在を知ってしまうのはショックが大きい。GALLERIAはいつでも安心して選べるモデルではなくなりつつある。選択する時は、他の製品との関係性も確認してからがいい。

>>GALLERIA RM5C-R46Tを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIALEVELθ
イメージLEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITE
製品名GALLERIA RM5C-R46TLEVEL-M17M-144F-SLX-WHITE
ケースミニミニ
価格185,980円179,800円
送料3,300円2,200円(会員無料)
CPUCore i5-14400F
(10コア16スレッド)
Core i5-14400F
(10コア16スレッド)
GPURTX 4060 TiRTX 4060 Ti
メモリDDR5-4800 16GBDDR5-4800 16GB
SSD500GB Gen4 NVMeNVMe 500GB
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザボB760B760
納期最短翌営業日出荷2-7日
保証
(延長保証)
1年間
(最長5年間)
1年間
(最長4年間)
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のだ。GALLERIA RM5C-R46Tよりも6,000円ほど安い。基本的な構成はよく似ており、GALLERIA RM5C-R46TのSSDがGen4接続であることくらいだろうか。LEVEL-M17M-144F-SLX-WHITEも少し前まで15万円台だったが、20,000円の値上げが適用された。これまで圧倒的な低価格を維持してきたモデルも値上げの波に飲み込まれた。結果としてGALLERIA RM5C-R46Tのライバルのような位置づけだ。

サポート面も延長保証の最大年数が1年違うだけで、基本的には同等である。GALLERIA RM5C-R46Tは納期が短く、構成が僅かに優れているだけだ。対するLEVEL-M17M-144F-SLX-WHITEは、価格に優れている。どちらも決め手に欠けるように思う。こうなってくるとケースの好みなどで選ぶくらいがちょうどよさそうだ。

>>GALLERIA RM5C-R46Tを購入<<

パソコンケースレビュー

ミニタワーケースのケースレビューとなる。謹賀新年特別モデルはミドルタワーとなっている点に注意してほしい。

正面

GALLERIA RMsyoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RMright右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RMleft左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RMlefthaimen背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

I/Oパネル

GALLERIA RMlefthaimeniopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

本体上部

GALLERIA RMlefthaimeniopaneljyobu本体上部にもメッシュ加工が施されていてここから熱を放出する仕組みだ。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載していても発熱が問題とならない工夫がある。

本体内部

GALLERIA RMlefthaimeniopanelinside*GALLERIA RM5R-R36 5600X搭載ではないため一つの参考として欲しい
内部にはある程度の余裕がある。ガレリアブランドの場合ミニタワーケースでもサイズは大きめであることがわかる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R46T)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R46Tは、Core i5-14400F×GeForce RTX 4060 Ti搭載のミドルハイクラスのゲーミングPCだ。人気のあるGeForce RTX 3060 Tiの後継機を搭載していることで、当サイトとしても注目している。扱いやすく選びやすいという特徴をしっかり引き継いでいる。値上げが続いていたが、ゲーミングPC全体の価格が上昇傾向にある中で今の価格設定は悪くない。比較対象モデルと合わせて確認いておくとよい。

価格CPUグラボ
185,980円(税込)Core i5-14400FRTX4060Ti
メモリSSDHDD
DDR5 16GB500GB非搭載