GALLERIA RM5C-R47top


ドスパラが販売するゲーミングPC「GALLERIA RM5C-R47」のレビューを行った。ハイクラスのGeForce RTX 4070に、どちらかというと価格重視のCore i5-14400Fを組み合わせた一台だ。これもCore i5シリーズの性能が上がってきたからこそ実現できている。これまでは70番台のグラフィックボードにCore i5シリーズを組み合わせたモデルは少なかった。一時は20万円を切る価格で販売されていたが、値上げされてしまい220,980円となっている。評価的には悪くないが、より優れた競合モデルを確認しておくとよい。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R47という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R47」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-14400F、R47=RTX 4070ということだ。

GALLERIA RM5C-R47のスペック

RM5C-G50

メーカードスパラ
ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5C-R47
価格220,980円(税込)
CPUCore i5-14400F
GPUGeForce RTX 4070
メモリDDR5-4800 16GB
SSD500GB Gen4 NVMe
HDD非搭載
電源650W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB760
おすすめ度Bランク
評価・コスパ
6.6

—–内訳—–
・ショップ評価
8.9
2024/6/17追記

GALLERIA RM5C-R47は11,000円の値上げが適用された。少し前に10,000円の値引きがあっただけに、それを超える値上げは少し苦しくも見える。ただ、現在ゲーミングPCは円安の影響で値上げ傾向にある。特にIntel製CPU搭載モデルは値上げ額が大きい。そのため、11,000円の値上げでも評価は6.6と優秀な数値となっており、値上げ前よりも評価が高まる現象が生じている。

Core i5-14400FとGeForce RTX 4070の組み合わせは、ゲーミングPCの中でも比較的人気があった。その理由は、200,000円前後とGeForce RTX 4070搭載モデルとしては手頃な価格で販売されていたからだ。ゲーミングPCで最も人気のある価格帯は150,000円前後で、次に200,000円前後となっている。人気の価格帯で展開されていたことが人気につながっていた。

現在の220,980円という価格は人気の価格帯から少し外れている。評価は高くても、選ばれにくくなったように感じる。価格を意識したRyzen 5 4500やRyzen 7 5700Xを搭載したモデルに比べて、Core i5-14400Fは価格を抑えにくい。しかしながら、GeForce RTX 4070のようなハイクラスのグラフィックボードになると、性能を引き出すにはCPU性能が求められるようになる。

Core i5-14400F搭載モデルは価格こそ抑えにくいが、性能が高く選択するメリットがある。性能を重視したCore i7-14700F搭載モデル、価格を重視した旧世代のRyzen搭載モデルの中間に位置する。いいとこ取りとも、どっち付かずの中途半端とも捉えられる。中間の性能はどちらに捉えるかで個人の評価は変わる。

値上げ額がもう少し控えめであったならおすすめできた。構成も最低限に近く、価格は最安値から遠い。GALLERIA RM5C-R47には魅力的な要素が少ない。比較対象となるモデルは強力なコストパフォーマンスを武器にしている。GALLERIA RM5C-R47を候補に加えているなら、比較の項目もチェックしておいてほしい。

>>GALLERIA RM5C-R47を購入<<

GALLERIA RM5C-R47のカスタマイズ(おすすめ度)

  • CPU ×
  • CPUファン ×
  • CPUグリス ×
  • メモリ △
  • SSD △
  • 電源 △

GALLERIA RM5C-R47のカスタマイズは最低限にとどめたい。少し価格が高くなると、GALLERIA RM5C-R47を選択するメリットが失われる。値上げされて220,980円になったことは、カスタマイズの幅を狭くした。CPUのカスタマイズは価格に見合った恩恵を受けられないのでおすすめしない。CPUファンとCPUグリスも、Core i5-14400Fの発熱量を考えると変更しても恩恵は小さい。

カスタマイズするなら、メモリ・SSD・電源の3箇所だろう。GeForce RTX 4070の性能があれば、メモリ32GBが必要になる環境のゲームに対応できる。メモリをカスタマイズすれば、メモリ消費の激しいゲームや環境に不安がなくなる。メモリの増設は容易なので、必要になってから増設するくらいでよさそうだ。

SSDは1TBへ変更すれば、様々なゲームをプレイしやすくなる。容量不足になれば、都度アンインストールが必要になる。その手間が省略され、ゲームの動画撮影などの用途も可能になる。GALLERIA RM5C-R47をカスタマイズするなら、SSDが無難でありおすすめだ。電源は最低限とも言える650W 80PLUS BRONZE搭載だ。

Core i5-14400FとGeForce RTX 4070の組み合わせなら必要十分といったところか。少し余裕を持たせて750W 80PLUS GOLDを選択するのも悪くない。電源は常時負荷のかかる部分だ。ここを補強するのは、パソコンの動作全体の安定につながる。BTOパソコンのカスタマイズでも変更される割合が高い。SSDやメモリに比べて体感しにくいので、重要性は個人差がありそうだ。

GALLERIA-RM5C-R47の各タイトル対応表

Apex Legendsフォートナイトパルワールドマイクラ
Apex-Legends
・240Hz


・144Hz
fortnite
・240Hz


・144Hz
palworld
・144Hz


・60Hz
minecraft1
・影Mod


・通常

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R47はCore i5-14400FとGeForce RTX 4070を搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。GeForce RTX 4070の性能は、最新のゲームにも余裕を持って対応できるほど優れている。Apex Legendsは240fpsの張り付きも目指せる。ただし、少し設定は下げた方がいい。最高設定でも240fpsの張り付きを目指せるものの、設定を下げた方がより安定する。余裕を持たせることで快適性も向上するため、ゲームの性質を考えるとGeForce RTX 4070搭載でも設定は下げたい。

フォートナイトは要求スペックが低めのゲームだ。360Hz環境に対応可能である。ただ、最近のフォートナイトは要求スペックが高まりつつある。今後のアップデート次第では6Hz環境は実現しにくくなる可能性があるので注意したい。

話題のパルワールドはメモリ容量が推奨環境を満たせない。最高設定で高リフレッシュレートを実現するのは難しい。標準よりも高い設定で安定を目指すのがよさそうだ。

Minecraftは影Modを導入しても快適にプレイできる。100を超えるfpsで安定させられる。注意したいのは表示するチャンスを広くし過ぎると負荷が増大することだ。チャンク表示を広げると60fps程度に落ち着くので、それだけは理解しておきたい。

GALLERIA-RM5C-R47の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

Core i5-14400F(CPU)

i5-14400gamescore

当該モデルではCPUに低価格帯のCore i5-14400Fを搭載している。ゲーミングCPUとして人気の高いCore i7-14700Fと比べて単体価格で2.3万円安い。FシリーズということでCPU内蔵グラフィックス非搭載モデルだが、グラフィックボードを搭載しているゲーミングPCのため大きな問題とはならない。ゲーミング性能自体は旧世代のCore i5-13400とそれほど大きく変わらない。最低限必要なゲーミング性能を持っているという認識でよい。GeForce RTX 4070との組み合わせだとバランスはイマイチだが、グラフィックボードの性能の高さで押し切ればいい。

一世代前のRaptor Lake世代からハイブリッドアーキテクチャ採用となりスペックが高くなった。6つのPコアと4つのEコアを組み合わせて10コア16スレッドとなる。マルチコア性能が高く競合モデルのRyzen 5 7600Xを上回るほどだ。これだけの性能ならゲーム実況や動画編集などのクリエイター作業にも通用する。一方で、ゲーミング性能自体はCore i5-12400とそれほど大きく変わらない。

GeForce RTX 4070(GPU)

rtx4070ti-gamescorenew

グラフィックスにはAda Lovelace世代のミドルハイクラスのGeForce RTX 4070を搭載している。従来モデルのGeForce RTX 3070と比べて24%程度処理性能が向上している。従来モデルのGeForce RTX 3080 10GBを上回る高いパフォーマンスを持つ。メインターゲットはWQHDだ。タイトル次第では4K環境にも対応可能だ。グラフィックス処理性能も高くある程度レイトレーシングにも対応できる。ハイライトとしてはDLSS 3.0に対応していることだろう。フレーム生成でより高いフレームレートを実現できる。

CPUとGPUのバランス考察

14400-rtx4070

Core i5-14400FとGeForce RTX 4070のバランスはよい。Ryzen 7 5700Xでは引き出しにくい性能をCore i5-14400Fなら引き出せる。GeForce RTX 4070搭載モデルを選択するなら、まずはCore i5-14400Fとの組み合わせから考えたい。ただし、バランスはよくても、価格が高くなりやすい。Ryzen 7 5700Xとの組み合わせが必ずしも悪くなるとは限らない。それぞれのモデルの特性を理解した上で、性能のバランスに少し気を配るくらいにしたい。

>>GALLERIA-RM5C-R47を購入<<

GALLERIA-RM5C-R47の特徴まとめ

標準的な価格で特徴は少ない

GALLERIA RM5C-R47は、最新のCore i5-14400Fを搭載となってリニューアルされた。最新世代へ換装されたことで従来モデルよりも10,000円価格が高くなっている。Core i5搭載モデルの強みは、価格を抑えやすいことだ。値上げしてしまっては、その強みが損なわれてしまうようで残念でならない。価格をそのままにすることは難しくても、もう少し値上げの金額を下げれば印象は違ったはずだ。

高いというほどでもなく、安いわけでもない。標準的な価格に落ち着いたGALLERIA RM5C-R47は、それほど魅力的なモデルとは言えない。標準的な水準でバランスを取れたモデルは、どこを取っても物足りなさを感じてしまう。一方で、高い水準でバランスの取れたモデルは優秀で、何かに特化したモデルも魅力的に映る。

GALLERIA RM5C-R47の価格が10,000円安ければ、相場より安く相場より高い水準のモデルになっていた。ゲーミングPCの評価を決めるのは、よくも悪くも価格の影響が大きい。価格に強みがなくても何かに特化していたり、構成が充実していたりすれば多少割高でも選択する価値はある。GALLERIA RM5C-R47のように、魅力と言えるものを持たないモデルは価値を見出しにくい。

標準的でバランスが取れていると言えば聞こえはいいが、言い換えれば平凡という評価だ。他に優れたモデルが多い中、平凡なモデルをおすすめすることはできない。ドスパラではセール・キャンペーンが頻繁に行われている。期間限定の特別なタイミングでは化ける可能性がある。

GALLERIA RM5C-R47は大きな変化に期待して様子を見る方がよさそうだ。現時点でGALLERIA RM5C-R47より優れたモデルは多い。あえて今GALLERIA RM5C-R47を選択するメリットはない。理想を言えば20万円台を切るくらいにまでなってほしい。現実的には従来モデルと同じ209,980円くらいだろうか。少しでも安く、評価の高い時に選びたい。

構成も標準的で平凡なモデル

GALLERIA RM5C-R47は構成も標準で他のモデルと比べた優位性がほとんど見つからない。唯一の強みはストレージだろう。それも強みとしては弱い。SSD 500GBと容量こそ当たり前の構成だが、Gen4接続に対応している。この点だけは、他のメーカーにない構成と言える。しかし、本当に優れているのはこの部分だけだ。実用面ではそれほど恩恵がないことからも、選択する理由になるとは思えない。

メモリもいまだにDDR4-3200だ。このメモリ規格もコストカットの意味合いが強い。Core i5やRyzen 5を搭載したモデルに多い構成だ。価格から見ると、性能も構成も平凡で突出したものがない。強みとなるポイントがなく、おすすめするのが難しいというのが率直な感想だ。よく言えば無難なモデルだろうか。

何を選んでいいかわからない、ドスパラならメーカーとして信用できる。こういった方にはおすすめできそうだ。昔のドスパラには構成に遊びがあったように思う。他のメーカーがHDDを搭載している中、NVMe対応のSSDをいち早く取り入れたのはGALLERIAシリーズだ。常にゲーミングPC市場を率いて、時代をリードしてきていた。今はその面影を一切感じさせない寂しさがある。

何の面白みも持たず、優れた部分もない。GeForce RTX 4070搭載モデルは、予算的に選びやすいことから各メーカーが力を入れている。それだけ優れたモデルが多くなるため、標準的であることはマイナス要素にもなり得る。比較対象に優秀なGeForce RTX 4070搭載モデルをピックアップしている。GALLERIA RM5C-R47を候補に入れているなら確認してみてほしい。他のメーカーがどういったモデルを生み出しているのか、それを知ればGALLERIA RM5C-R47の評価が辛口な理由もわかるはずだ。

>>GALLERIA-RM5C-R47を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIALEVELθ
イメージRM5C-G50LEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITE
製品名GALLERIA RM5C-R47
SSD500GB搭載
LEVEL-M17M-144F-TLX-WHITE
ケースミニミニ
価格220,980円189,800円
送料3,300円2,200円(会員無料)
保証期間1年間1年間
CPUCore i5-14400F
(10コア16スレッド)
Core i5-14400F
(10コア16スレッド)
GPURTX 4070RTX 4070
メモリDDR5-4800 16GBDDR5-4800 16GB
SSD500GB Gen4 NVMe500GB NVMe
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザボB760B760
納期最短翌営業日2-7日
保証
(延長保証)
1年間
(最長5年)
1年間
(最長5年)
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-M17M-144F-TLX-WHITEだ。価格差は送料込みで12,280円だ。パソコン工房は会員登録すれば送料が無料になる。その場合は14,480円だ。どちらにしても10,000円以上の価格差が生じている。双方ともに同等の構成であるため、この価格差はかなり大きなものになりそうだ。GALLERIA RM5C-R47はSSDがGen4接続なので、僅かにリードしていると言える。

また、GALLERIA RM5C-R47は納期が短く、翌日出荷に対応している。一方でLEVEL-M17M-144F-TLX-WHITEは2~7日だ。LEVEL-M17M-144F-TLX-WHITEの納期は時期によって14日程度に伸びることもある。購入前に納期だけは確認しておきたい。GALLERIA RM5C-R47は納期が変更されにくく安定している。少し納期が遅れて10,000円引きと考えれば、LEVEL-M17M-144F-TLX-WHITEの方がおすすめしやすい。

>>GALLERIA-RM5C-R47を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RMsyoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RMright右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RMleft左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RMlefthaimen背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

I/Oパネル

GALLERIA RMlefthaimeniopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

本体上部

GALLERIA RMlefthaimeniopaneljyobu本体上部にもメッシュ加工が施されていてここから熱を放出する仕組みだ。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載していても発熱が問題とならない工夫がある。

本体内部

GALLERIA RMlefthaimeniopanelinside*GALLERIA RM5R-R36 5600X搭載ではないため一つの参考として欲しい
内部にはある程度の余裕がある。ガレリアブランドの場合ミニタワーケースでもサイズは大きめであることがわかる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

管理人による総評(GALLERIA-RM5C-R47)

RM5C-G50

GALLERIA-RM5C-R47は、Core i5-14400F×RTX 4070搭載のミドルハイクラスのゲーミングPCとなっている。70番台のグラフィックボードにCore iシリーズをぶつけてきたのは興味深い。各BTOメーカーから同じようなモデルが登場していて注目度の高さがうかがえる。11,000円の値上げが適用となったものの現在の市場価格から見れば悪くないが人気の価格帯からは外れてしまった。

今は購入のタイミングではない。セール・キャンペーンを待つべきだろう。候補に入っているのであればタイミングを伺うのもいい。GALLERIAの代名詞のようなモデルになれることを期待している。今すぐ購入したいなら比較対象モデルをチェックしておこう。よりコストパフォーマンスの高いモデルが手に入る。

価格CPUグラボ
220,980円(税込)Core i5-14400FRTX4070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載