GALLERIA RM5R-G60S4500top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 5 4500×GTX 1660 SUPER搭載のローエンドクラスのゲーミングPCだ。フルHD環境でのゲームプレイに適している。

最新のRyzen 5 4500は、Zen 3ではなくZen 2アーキテクチャに基づくCPUだ。結果的にそれほど性能は伸びず目新しい何かがあるわけではない。GTX 1660 SUPERとのバランスはまずまずだ。まだまだ価格が高くおすすめしづらい状況だ。Intel第12世代Core iシリーズと合わせて検討しておく必要がある。

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載
価格154,980円(税込)
CPURyzen 5 4500
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 2.7

>>GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
140Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-G60S4500seinou

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載はRyzen 5 4500とGTX 1660 SUPERを搭載したロークラスのゲーミングPCだ。性能は控えめなので、最新のゲームを中心にプレイするユーザーにはあまりおすすめできない。GALLERIA RM5R-G60Sの性能はフルHDを中心に、既存のゲームをメインにプレイする層だ。少し古めのゲームタイトルやフォートナイトのようなライトなゲームでは144Hzを目指すこともできる。

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のゲーミング性能まとめ

Ryzen 5 4500(CPU)

ryzen54500benchmark

Ryzen 5 4500は、Ryzen 5 3500と同じZen 2アーキテクチャを採用したCPUだ。性能的には15%程度処理性能が向上している。6コア6スレッドから6コア12スレッドへとスペックが引き上げられたのが大きい。動画編集や画像編集などのクリエイター作業への対応力が増している。一方で、L3キャッシュ容量が低いことによる弊害かゲーム適性がやや低いのが気になるところだ。ゲームメインで考えている方は同時期に登場したRyzen 5 5500を候補に入れるとよいかもしれない。

ただでさえ展開が遅れていたRyzenの第4世代に2種類の同型CPUが登場してユーザーにとっては理解しにくい状況である。登場時期的にはどちらも最新モデルながら、Ryzen 4000シリーズは第3世代のリネームのような形である。Ryzen 5 4500の性能については、Ryzen 5 3500よりも優れてはいるが、Ryzen 5 3600と比べるとパフォーマンスが落ちる。今後Ryzen 5 5500搭載モデルが増えればそちらの方が人気が出るのではないかと思う。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

当該モデルではグラフィックスにTuring世代のローエンドクラスであるGTX 1660 SUPERを搭載している。登場時こそミドルクラスの性能を持っていたが、発売から時間が経ち今の評価としてはローエンドクラスに留まる。フルHD環境でも設定次第では十分ゲームプレイに対応可能だ。上位モデルのGTX 1660 Tiとの差は5%程度だ。従来モデルのGTX 1060 6GBと比べると15%程度パフォーマンスが高い。

GALLERIA RM5R-G60Sの特徴まとめ

最悪なタイミングで登場したRyzen 5 4500搭載モデル

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は、製品名の通りCPUにRyzen 5 4500を搭載した最新のゲーミングPCである。登場したタイミングが最悪で、Ryzen 5 4500の評価を著しく低下させてしまった。Ryzen 5 4500は、長い間低価格帯のモデルを支えたRyzen 5 3500の後継機だ。

登場から2年以上経って価格が底値になりつつあるRyzen 5 3500に対して、Ryzen 5 4500は登場したばかりで高価だ。ドスパラはRyzen 5 3600の後釜としてRyzen 5 4500を登場させたようだが、円安の高騰とタイミングが丸かぶりになり、価格設定がおかしなことになっている。

Ryzen 5 3600搭載モデルの販売を終了させて、Ryzen 5 3500とRyzen 5 4500の2種類で展開している。Ryzen 5 4500はその性能の低さが露呈する前に何とか販促に繋げようとしているかのように、Ryzen 5 3500搭載モデルよりも一回り高く設定されている。

実際には円安のタイミングの値上げと重なったことで、初登場時の価格が高価になっているのかもしれない。何にしても、Ryzen 5 4500は最新のCPUながら、その性能は既存をなぞる程度で目新しさはない。あえて選択することにメリットのないモデルと言える。

価格が落ちればあり

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は登場早々に厳しい評価となった。ただ、これは登場時のもので、これからの評価はまだ分からない。前述の通り、Ryzen 5 4500と同時にRyzen 5 5500が登場した。これはRyzen 4000シリーズとRyzen 5000シリーズが同時に展開されたからこうなった。

現在のゲーミングPCではRyzen 4000シリーズまでで、まだRyzen 5000シリーズの下位モデルは本格的に導入されていない。前世代のRyzen 5 3500が市場から消えれば、そのポジションにRyzen 5 4500が入り、そしてRyzen 5 5500が登場する可能性がある。そうなれば、全体的に価格が下がってもおかしくない。

現在のRyzenシリーズはIntel第12世代Core iシリーズに対して性能で落ちる。さらに悪いことに価格でも勝負できない状況だ。3000シリーズ、4000シリーズ、5000シリーズが同時に展開され、価格も性能も細かく刻んでいる。これによりどれを選べばいいのか分からないCPUになりつつある。

最低限のCPUがRyzen 5 4500になれば価格は変わるはずなので、それまでは様子を見た方がいい。性能では敵わなくても、Core i5-12400に対抗できるCPUが登場しなかったのは痛い。性能は捨てて価格で勝負のできるCPUとなるまでは別のモデルをおすすめしたい。GTX 1660 SUPER搭載で15万円台になるのはさすがに厳しい。

GTX 1660 SUPER搭載であることを考えれば、GALLERIA RM5R-G60Sの理想の価格は12万円台だ。Ryzen 5 3500が存在するので現実的には13万円台だろうか。円安が落ち着き、価格が安定すればまだ選択肢に入る余地はある。しかしながら、登場したばかりのCPUで、性能に魅力がないので急いで選択するメリットはない。価格が下がるまで待つか、より優れた性能を持つモデルを選んでほしい。

>>GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAFRONTIER
イメージgalleriarseriesFRGAH470FWS7
製品名RM5C-G60S 4500搭載FRGAH670/KD1/NTK
価格.com限定
価格154,980円(税込)150,800円(税込)
CPURyzen 5 4500Core i5-12400F
GPUGTX 1660 SUPERRTX 3050
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE850W GOLD
マザーボードA520H670
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はフロンティアと価格.comのコラボレーションモデルだ。この価格帯は価格.com限定モデルの独壇場だ。CPU性能は大幅に向上するCore i5-12400F、GPU性能はワンランクアップのRTX 3050を搭載している。それで価格が安いともなれば価格.com限定モデルを避ける理由はない。

GALLERIA RM5R-G60Sが価格.com限定モデルに対抗するには12,000円以上の価格差をつける必要がある。もしも、そうなっても、予算が合うなら価格.com限定モデルをおすすめする。予算が15万円前後なら最も優れた選択肢と言える。

>>GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載を購入<<

管理人による総評(GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は、Ryzen 5 4500×GTX 1660 SUPER搭載のゲーミングPCだ。新しく登場したばかりのRyzen 5 4500を搭載しているものの性能的には従来モデルのRyzen 5 3500と大きく変わっているわけではない。マイナーチェンジぐらいに考えておくとよいだろう。GTX 1660 SUPERとのバランスは悪くない。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は十分だ。ここからもう少し価格が下がらない限り選ぶメリットは薄い。やはりIntel Core i5-12400の存在が大きい。

価格CPUグラボ
154,980円(税込)Ryzen 5 4500GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya