GALLERIA RM5R-G60S4500top


ドスパラが販売する「GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 5 4500×GTX 1660 SUPER搭載のローエンドクラスのゲーミングPCだ。フルHD環境でのゲームプレイに適している。

最新のRyzen 5 4500は、Zen 3ではなくZen 2アーキテクチャに基づくCPUだ。結果的にそれほど性能は伸びず目新しい何かがあるわけではない。GTX 1660 SUPERとのバランスはまずまずだ。価格が大幅に下がり評価を上げている。CPU処理性能自体は控え目なので、その点は理解しておこう。今はより強力な比較対象モデルがあるのでそちらも確認しておくとよい。

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5R-G60S
価格99,980円(税込)
CPURyzen 5 4500(レビュー)
GPUGeForce GTX 1660 SUPER(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源550W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットA520
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
7.2

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
7.5

・構成
5.0

・品質/サポート
9.0

>>GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載を購入<<

各タイトルの対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載はRyzen 5 4500とGTX 1660 SUPERを搭載したロークラスのゲーミングPCだ。性能は控えめなので、最新のゲームを中心にプレイするユーザーにはあまりおすすめできない。GALLERIA RM5R-G60Sの性能はフルHDを中心に、既存のゲームをメインにプレイする層だ。少し古めのゲームタイトルやフォートナイトのようなライトなゲームでは144Hzを目指すこともできる。

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のゲーミング性能まとめ

Ryzen 5 4500(CPU)

ryzen54500benchmark

Ryzen 5 4500は、Ryzen 5 3500と同じZen 2アーキテクチャを採用したCPUだ。性能的には15%程度処理性能が向上している。6コア6スレッドから6コア12スレッドへとスペックが引き上げられたのが大きい。動画編集や画像編集などのクリエイター作業への対応力が増している。一方で、L3キャッシュ容量が低いことによる弊害かゲーム適性がやや低いのが気になるところだ。ゲームメインで考えている方は同時期に登場したRyzen 5 5500を候補に入れるとよいかもしれない。

ただでさえ展開が遅れていたRyzenの第4世代に2種類の同型CPUが登場してユーザーにとっては理解しにくい状況である。登場時期的にはどちらも最新モデルながら、Ryzen 4000シリーズは第3世代のリネームのような形である。Ryzen 5 4500の性能については、Ryzen 5 3500よりも優れてはいるが、Ryzen 5 3600と比べるとパフォーマンスが落ちる。今後Ryzen 5 5500搭載モデルが増えればそちらの方が人気が出るのではないかと思う。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

当該モデルではグラフィックスにTuring世代のローエンドクラスであるGTX 1660 SUPERを搭載している。登場時こそミドルクラスの性能を持っていたが、発売から時間が経ち今の評価としてはローエンドクラスに留まる。フルHD環境でも設定次第では十分ゲームプレイに対応可能だ。上位モデルのGTX 1660 Tiとの差は5%程度だ。従来モデルのGTX 1060 6GBと比べると15%程度パフォーマンスが高い。

GALLERIA RM5R-G60Sの特徴まとめ

SSD容量半減で値上げを止める

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は、SSD容量が半減で価格据え置きとなったモデルだ。他のGALLERIAシリーズはSSD半減で大幅な値下げが適用されているので、GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は値下げされていないため、実質の値上げということになる。現在、GALLERIAシリーズは全体的に値上げされている状況だ。

99,980円のモデルは値上げされると一気に価値を失う。10万円以下というのは強みになり、それが特徴にもなる。価格を上げないために構成を削ったというのであれば、決して悪いことではない。製品としての評価は下がっても、選びやすさに変わりはない。Ryzen 5 4500搭載モデルは、価格の安さが何を置いても重視される。

コストパフォーマンスよりも、低価格であることが重要だ。価格が安いから選びやすいのだ。Ryzen 5 4500とGTX 1660 SUPERを搭載したモデルならなおさらだ。今回の変化は、GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載にとっては非常に有用なものと言ってもいい。

評価は下がり、おすすめ度も少し下がった。それでも、単純に10万円を超えてしまうよりはマシだ。GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載の特徴をよく掴んだ実質値上げだ。構成を削って価格を維持できるなら悪くない。とくにGALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は、しばらく前に念願の10万円切りを果たしたモデルだ。

ここでまた10万円を超えてしまうと存在価値を失いかねない。他のメーカーから強力なモデルが登場していることも関係している。いまや低価格はドスパラだけの武器ではない。競合製品の登場により、少しでも価格が動けば一気に不利になってしまうだろう。今でもギリギリだが、何とか戦える形は維持している。

最低限と言える性能になりつつある

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は徐々に最低限と言える性能になりつつあると言える。ゲームプレイを考えるならGTX 1660 SUPER搭載モデルを最低基準に考えよう。現在選択できるゲーミングPCで最低限の性能は、Ryzen 5 4500とGeForce GTX 1650の組み合わせだ。

GeForce GTX 1650は現行のゲーム向けグラフィックボードで最も性能が低く価格も安い。当然、GeForce GTX 1650では快適にプレイできるゲームが限られる。最新のゲームでは、GeForce GTX 1650は推奨されないものも登場している。2世代前の最低クラスのグラフィックボードでは対応しにくい。

ゲームを快適にプレイすることを考えるなら、現行で下から2番目のGTX 1660 SUPERが有力候補となる。Ryzen 5 4500とGTX 1660 SUPERの組み合わせを最低限に考えれば、ゲームへ対応しやすい。価格だけで選ぶのではなく、ゲーム性能も意識して選びたい。その結果、GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のようなモデルが人気となっている。

また、それを裏付けるかのように、GALLERIAシリーズでは、GeForce GTX 1650搭載モデルとGeForce GTX 1660 SUPER搭載モデルに価格差がない。SSD容量を半減させてでも価格を維持したのは、それだけGALLERIA RM5R-G60S 4500搭載に力を入れているということなのかもしれない。

GeForce GTX 1650はGeForce RTX 20シリーズの最低限で、GeForce GTX 1050 Tiと換装された。GeForce RTX 30シリーズ、GeForce RTX 40シリーズとその後2世代にわたり、低価格帯を支えている。そろそろ、性能の底上げが必要になるタイミングだ。GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は、次世代の最低限という表現の合う性能を有している。

これからPCゲームを始めるなら、GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載の持つ性能を最低限に考えてほしい。この性能があれば、スペック不足でまともに動作しないというようなことはないはずだ。性能に満足できるかは別として、プレイしたいゲームをプレイできる性能はある。選択して後悔する確率を下げる意味でも、低価格帯でおすすめしやすいモデルだ。

>>GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載を購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIANEXTGEAR
イメージgalleriarseriesnextgear
製品名GALLERIA RM5R-G60S
4500搭載
NEXTGEAR JG-A5G1D
サイズミニミニ
価格99,980円(税込)99,800円(税込)
送料3,300円(税込)無料
納期最短翌営業日最短翌営業日
CPURyzen 5 4500Ryzen 5 4500
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
電源550W BRONZE500W BRONZE
マザーボードA520B550
基本保証1年間3年間
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はマウスコンピューターのNEXTGEAR JG-A5G1Dだ。GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のSSD容量が半減となったことで、ほぼ同等の構成を持つモデルとなった。チップセットはNEXTGEAR JG-A5G1Dの方が上だ。総合的に見ればNEXTGEAR JG-A5G1Dが優れた選択肢となる。送料を考慮した価格差は3,480円でNEXTGEAR JG-A5G1Dの方が安い。

10万円台を切るモデルは少なくその意味でも、NEXTGEAR JG-A5G1Dの注目度は高い。GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のように、極端なコストカットも見られない。仮にNEXTGEAR JG-A5G1DのチップセットがA520であったなら、もっと価格を抑えられただろう。グレードの高いチップセットを搭載しながら、同じ価格を実現できているのが素晴らしい。

SSD容量が1TBならGALLERIA RM5R-G60S 4500搭載にも分があった。半減した今はNEXTGEAR JG-A5G1Dをおすすめしたい。標準保証が3年間と長いこともプラスだ。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

>>GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載を購入<<

管理人による総評(GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は、Ryzen 5 4500×GTX 1660 SUPER搭載のゲーミングPCだ。SSD容量が半減となったが、10万円以下で購入できるのは嬉しい。ゲーミングブランドで10万円以下のモデルは希少だ。CPUには世代の古いZen 2アーキテクチャ採用のRyzen 5 4500を搭載している。性能的には従来モデルのRyzen 5 3500と大きく変わっているわけではない。マイナーチェンジぐらいに考えておくとよいだろう。

純粋なCPU性能が向上しているが、ゲーム適性は微増に留まる。ゲーミングCPU全体で見れば下位だ。あくまでも価格を抑えるためのモデルと言える。それでもGeForce GTX 1660 SUPERとのバランスは悪くない。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は必要十分だ。価格が据え置きとなったのは魅力的だが、評価はそこまで高くなくまずは比較対象モデルを確認しておこう。

価格CPUグラボ
99,980円(税込)Ryzen 5 4500GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載