GALLERIA XA7R-R37top


当記事では、ドスパラ「GALLERIA XA7R-R37」の詳細レビューをまとめている。RTX 3070×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。高いゲーミング性能を持ち高解像度でのゲームプレイを考えている方向けだと言える。ただし、1万円の値上げが響いて評価は下がっている。比較対象モデルを確認しておこう。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7R-R37という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA7R-R37」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 3700X、R37=RTX 3070ということだ。

GALLERIA XA7R-R37のスペック解説

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名XA7C-R37
価格Windows 10 / 259,980円(税込)
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB550
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4.4

>>GALLERIA XA7R-R37を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7C-R37のゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

GeForce RTX 3070は、Ampere世代で人気のグラフィックボードだ。BTOパソコンではこの70番台を搭載したモデルは人気が高い傾向にある。ゲーミング性能は高く前世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiを超える。4K解像度でのゲームプレイも視野に入る。レイトレーシング性能も大幅に向上していて心強い。

現在価格が高騰している中で単体価格が14万円前後と倍以上だ。なかなか購入しやすい価格帯とは言えないだろう。BTOパソコンの方が購入しやすくなっているのも事実だ。価格が高くなっても人気に陰りは見えない。後継モデルのRTX 3070 Tiがリリースされたが、すぐに品切れてになってしまいこのRTX 3070が息を吹き返した。

Ryzen 7 3700X(CPU)

ryzen73700xseinou

Ryzen 7 3700Xは、Zen 2アーキテクチャを採用したハイクラスのCPUだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途で対応することが可能だ。動画編集・画像編集・ゲーム実況などを得意としている。ゲームプレイにおいてはやや物足りなさがある。Zen 3アーキテクチャを採用した現行のRyzen 7 5800Xに比べると見劣りしてしまうことは事実だが価格を抑えやすいので選ぶメリットはある。

総合性能

GALLERIA XA7R-R37seinou

GALLERIA XA7R-R37はハイクラスのゲーミングPCだ。Ryzen 7 3700XはRTX 3070の性能を引き出しにくい。しかし、性能のバランスは悪くても、組み合わせるメリットはある。それは性能ではなく、コストパフォーマンスだ。選びやすさとゲーム性能の高さを両立するには優秀な組み合わせと言える。

フルHDなら性能面にデメリットは少ない。Apex Legendsもフォートナイトも240Hz以上を目指せる。本格的なゲームプレイも容易に行えるので、誰にでもおすすめできる性能でもある。Ryzen 7はゲーム以外に適した性能でもある。クリエイティブな作業などもこなせるので、ゲーム以外を用途に考えているならおすすめだ。

>>GALLERIA XA7R-R37を購入<<

GALLERIA XA7R-R37の特徴&強み

期待を裏切る値上げで評価暴落

GALLERIA XA7R-R37は、RTX 3060 Ti掛けるRyzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。GALLERIA XA7R-R37は少し前にキャンペーンで大幅な値引きと強化が行われていた。これにより人気モデルの地位を不動のものにした。キャンペーン終了後は価格と構成が元に戻り迫力が失われた。筆者としてはこれは一時的なもので、ここから更にお得なモデルへの変化に期待が高かった。

ドスパラの製品は一度変化した構成や価格が定着する傾向にあるからだ。しかし、適用されたのは値下げではなく、まさかの1万円の値上げだ。評価は大きく暴落し、一気におすすめしにくいモデルとなってしまった。現在のRTX 3070搭載モデルは価格が抑え込めず、高騰を続けているように思う。

価格と性能を考えると今の主流グラフィックボードはRTX 3060 Tiである。ドスパラでもRTX 3070とRTX 3060 Tiには大きな価格差が生じている。ハイクラスの主流がRTX 3060 Tiである今、RTX 3070搭載モデルはおすすめしにくい状況だ。ただし、ドスパラのRyzen 7搭載モデルにRTX 3060 Tiを採用したモデルは存在しない。この辺りにラインナップの不安定さが見える。

ドスパラに限らず、RTX 3070搭載モデルに対してRTX 3060 Ti搭載モデルの数は非常に少ない。優秀なモデルであっても、これまでの印象や人気から市民権を得ていないように感じる。そんな今だからこそRTX 3060 Ti搭載モデルを狙いたい。一方で、RTX 3070搭載モデルはいかに以前の形を取り戻せるかに掛かっている。

RTX 3060 Ti搭載モデルに価格差をつけられていては厳しい。同等の価格だからこそ選ばれていたのであって、価格差が生じると性能差の少なさからRTX 3060 Tiが有利な状況になる。GALLERIA XA7R-R37のこれからに期待すべきか判断が難しい。

変化を待つより競合モデルをチェック

前回のキャンペーンが期待以上だっただけに、これからドスパラはGALLERIA XA7R-R37に力を入れていくのだと思っていた。ところが、今回の値上げやRTX 3060 Tiの台頭からGALLERIA XA7R-R37はただのキャンペーンで終わる可能性が出てきた。今ならRTX 3060 Ti搭載モデルを始め、優れた性能とコストパフォーマンスを持つモデルに注目したい。この性能帯には優れたモデルが多い。

価格が不安定な状況であるため、他の選択肢もチェックしておこう。少し前までハイクラスはGALLERIAシリーズが非常に強力だった。選択肢の多くはドスパラ製品だった。それが今では他ショップでも優れたモデルが登場するようになっている。これは、GALLERIAシリーズの不安定さによるものでもある。キャンペーン時の構成と価格を見る限り、ポテンシャルはまだドスパラが頭一つ抜けている。

問題は以前よりもキャンペーンの頻度が下がったこと、大々的なキャンペーンを行わなくなったことだ。今の状況ではたまに来るお得なキャンペーンを待つくらいしかおすすめしにくい。わざわざ待つよりもいつでもお得に選べるモデルを候補に加えたい。

GALLERIA XA7R-R37の比較対象には強力なモデルをピックアップしている。ハイクラスのゲーミングPCを探しているユーザーや、少し予算を抑えたいユーザー必見だ。是非チェックしてもらいたい。GALLERIA XA7R-R37を候補に加えていたなら必ず気に入るはずだ。現時点でずば抜けたモデルだ。

>>GALLERIA XA7R-R37を購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名GALLERIAraytrekG-Tune
イメージGALLERIA XA7C-R70S (2)raytrek ZFtopnextgear-micro
製品名XA7R-R37XFHM-B-KK
価格259,980円(税込)215,980円(税込)169,800円(税込)
CPURyzen 7 3700XCore i7-11700FCore i7-10700F
GPURTX 3070RTX 3070RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載非搭載
電源650W BRONZE750W GOLD700W BRONZE
チップセットB550H570B460
公式公式公式公式
レビュー当ページレビューレビュー
比較対象は同じドスパラのraytrek XFとG-Tuneと価格.comのコラボレーションモデルG-Tune HM-B-KKだ。まず、raytrek XFは純粋にGALLERIA XA7R-R37の上位互換とも言えるモデルだ。CPU性能・メモリ容量・電源で上回り、価格は34,000円も安い。これならSSD容量で差をつけられていることも大きな問題にならずに納得できる。現時点ではケースによほどのこだわりを持っていない限り、GALLERIA XA7R-R37よりもraytrek XFをおすすめしたい。

続いて、G-Tune HM-B-KKはGALLERIA XA7R-R37よりも性能は落ちる。しかしながら、その差は体感できるほど大きなものではなく、ほぼ同等程度の違いしかない。細かく見るとGPU性能やメモリ規格、SSD容量やチップセットといった風に小さな差をつけられている箇所が目立つ。総合的に見ると性能や構成の評価はGALLERIA XA7R-R37である。

しかし、G-Tune HM-B-KKは80,000円ほど安い。80,000円安ければ構成だけでなく、性能差まで飲み込めるものだ。GALLERIA XA7R-R37と同等の性能を持つモデルが8万円安い。この事実が全てである。小さな差は価格差からカスタマイズで補うことができる。同等の構成にしても圧倒的にG-Tune HM-B-KKの方が安い。

ハイクラスに性能と選びやすさを求めるならG-Tune HM-B-KKが最適だ。G-Tune HM-B-KKとraytrek XFは予算で決めるくらいでいい。性能はCPUの分だけraytrek XFの方が高いので、性能を重視するにしてもraytrek XFに分がある。個人的にはカスタマイズの自由度を取れるG-Tune HM-B-KKがおすすめだ。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-ledゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70SiopanelI/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-R37)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7R-R37は、RTX 3070×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。ややCPU性能が物足りないもののゲーミング性能は高く高解像度でのゲームプレイにも対応できる。ここに来て値下げが行われるものと考えていたがまさかの1万円の値上げが実施されて評価は暴落してしまった。この価格帯・性能帯には優れたモデルが多く存在しているので、今は比較対象モデルとじっくり吟味して選択したい。

価格CPUグラボ
259,980円(税込)Ryzen 7 3700XRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA XA7R-R37を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。