GALLERIA ZA7C-R47Ttop


当記事では、ドスパラが販売する「GALLERIA ZA7C-R48」の詳細レビューをまとめている。Core i7-13700KF×RTX 4070 Ti搭載のハイエンドクラスのゲーミングPCだ。最新のCPUとGPUの組み合わせで高い水準でのゲームプレイに対応できる。メモリDDR5-4800搭載、チップセットZ790と構成にもこだわりが見られる。登場時389,980円→339,980円→314,980円と順調に価格を下げている。

GALLERIA ZA7C-R47Tのスペック解説

galleriaxseries

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA ZA7C-R48
価格314,980円(税込)
CPUCore i7-13700KF(水冷)(レビュー)
GPUGeForce RTX 4070 Ti(レビュー)
メモリDDR5-4800 32GB
SSDNVMe 1TB Gen4
HDD非搭載
電源850W 80PLUS GOLD
マザーボードチップセットZ790
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
8.7

・構成
9.0

・品質/サポート
10.0

・総合評価
9.2

>>GALLERIA ZA7C-R47Tを購入<<

各タイトルの対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7C-R47Tseinou

GALLERIA ZA7C-R47TはCore i7-13700KFとRTX 4070 Tiを搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。非常に高いCPU性能とGPU性能を有しており、従来のハイエンドクラスの最上位クラスのパフォーマンスとなっている。高解像度や高リフレッシュレートはもちろん、特殊な解像度でのゲームプレイにも対応できる。Apex LegendsやFortniteは240Hzを超えるモニターでも快適性を維持できる。FF14に限らず、多くのゲームを4K解像度で快適にプレイできるほどの性能がある。当面はトップクラスのモデルとして君臨する。

GALLERIA ZA7C-R47Tの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

Core i7-13700KF(CPU)

Core i9-13900K43,960
Ryzen 9 7950X41,866
Core i9-1390040,237
Ryzen 9 7950X3D40,051
Core i7-13700K38,343
Ryzen 9 7900X37,541
Core i7-1370036,074
Core i9-12900K34,518
Ryzen 9 5950X32,967
Core i9-1290031,120
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 9 5900X28,457
Ryzen 7 7700X27,183
Core i9-11900K25944
Core i5-12600K25,507
Core i7-11700K23,705

GALLERIA ZA7C-R47Tで搭載されているCPUは、Intel第13世代のCore i7-13700KFだ。16コア24スレッドとスペックが高く、旧世代のフラグシップモデルであるCore i9-12900Kと同じだ。ハイブリッドコアアーキテクチャは非常に強力で、Ryzen 9 7900Xと比べてもパフォーマンスが高い。従来モデルのCore i7-12700Kと比べると実に27%も性能が向上している。動画エンコードや動画編集などのクリエイター作業も得意だ。ゲーム+αで考えられるのは魅力だろう。ゲーミングCPUとしての評価も高い。性能の高いAda Lovelace世代のグラフィックボードとのバランスを取れる。

GeForce RTX 4070 Ti(GPU)

RTX 409056,731
RX 7900 XTX45,273
RTX 408044,812
RX 7900 XT42,131
RTX 3090 Ti39,024
RTX 4070 Ti38,219
RTX 309037,896
RX 6950 XT37,226
RTX 3080 Ti36,380
RTX 3080 12GB36,037
RX 6900 XT34,955
RTX 3080 10GB34,282
RX 6800 XT32,220
RTX 3070 Ti29,957
RTX 2080 Ti26,552

当該モデルではグラフィックスに、Ada Lovelace世代のRTX 4070 Tiを搭載している。70番台という型番に惑わされてはいけない。非常にゲーミング性能が高く、旧世代のRTX 4090を上回る高いパフォーマンスを発揮する。4K環境でも余裕を持って対応できる。WQHD環境でレイトレーシング性能も有効化することも可能だ。従来モデルのRTX 3070 Tiとの性能差は28%も高くなっている。

>>GALLERIA ZA7C-R47Tを購入<<

GALLERIA ZA7C-R47Tの特徴

定期的に行われる値引きで評価を維持

GALLERIA ZA7C-R47Tは、定期的に値下げが行われ、相場に近い価格を常に維持している一台だ。結果的にどのタイミングで選択してもお得な存在になっている。コストパフォーマンスも良好で、高性能なモデルを探しているなら候補に入るはずだ。理想を言えば30万円を切ってほしいところだが、さすがにそれは望み過ぎだろうか。

Core i7-13700FとRTX 4070 Tiを搭載したモデルで26万円台というのもある。Core i7-13700FとCore i7-13700KFは型番こそ近くても、性能や価格には大きな差がある。もっとも、性能に関しては圧倒的な差があるわけではないので、価格がもう少し下がればというのが本音だ。とくにCore i7-13700Fについては電力制限解除で大きくパフォーマンスを引き上げられる。

それでも、30万円を切るまではいかなくても、31万円台に突入したのは大きい。30万円を切るというのも夢物語ではないはずだ。現時点で、GALLERIA ZA7C-R47TはRTX 4070 Ti搭載モデルではかなり優秀なモデルだ。Core i7-13700KFとの組み合わせで、CPUとGPUの両方に優れている。

CPU負荷の大きい用途にも対応できるのは強みだ。それはゲームのみならず、パソコンでできることに幅広く対応できるということだ。ゲーミングPCはゲーム専用のパソコンに収まらなくなっている。ある意味で、CPUとGPUの性能に優れたモデルは、パソコンの完成形とも言えるほどだ。

その領域に一歩近づけるのが、Core i7-13700KFとRTX 4070 Tiを搭載したモデルだ。ハイエンドクラスの入り口にありながら、できない用途を探す方が難しい性能を有している。ワンランク上の環境と言えるモデルが、ここまで相場より少し安い程度の価格を推移させている。評価が大きく上がらない一方で、しっかり維持できているのは評価したい。

これまでとは一味違う完成度の高さが魅力

GALLERIA ZA7C-R47Tが評価を維持できるのは、メモリ容量が32GBにアップしていることも影響している。ドスパラ製品は価格は頻繁に変化しても、構成は一貫して統一されてきた。GALLERIA ZA7C-R47Tも、少し前まではメモリ容量が16GBだった。RTX 4070 Ti搭載モデルに対して、メモリ容量16GBは物足りなさがある。それを補ったのはドスパラには珍しい変化だ。

これは、GALLERIA Zシリーズに採用されているGPUが、RTX 4070以上へと底上げされたからだ。RTX 4060やRTX 4060 Tiを採用していれば、メモリ容量は16GBのままだっただろう。ニーズに対して、製品を絞ることもなかったドスパラ製品に変化がある。これはユーザーからするとメリットの大きなものだ。より、製品に適した構成を持つモデルが登場するということだからだ。

メモリ32GB標準搭載というのは、最上位のGALLERIA Uシリーズのみに許された構成だった。それが、GALLERIA Zシリーズにも適用された形だ。コストパフォーマンスの評価を維持しているのは、このメモリ容量アップによるものと言える。当サイトでも、GALLERIA ZA7C-R47Tをはじめとする、GALLERIA Zシリーズに対する評価はメモリ容量が少ないことで評価を落としていた。

これまでと一味違う完成度の高い構成は、GALLERIAシリーズになかった特徴だ。メモリ32GBになったことは、RTX 4070 Ti搭載モデルには大きな恩恵となる。パフォーマンスを発揮しやすくなり、用途の幅の広さも活かしやすい。もっとも、これまでがおかしかっただけとも言える。なぜなら、メモリ16GB搭載で、32GB搭載並の価格設定だったからだ。

登場時は価格が高めに設定されることもあってカバーできていた。もしも、16GBで現在の価格だったとすれば、他製品に追いつけないほどの差をつけられていただろう。完成度の高さという新たな武器を持ったGALLERIA ZA7C-R47Tには、これからの変化にも期待したい。

>>GALLERIA ZA7C-R47Tを購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIALEVEL∞
イメージGALLERIA XA7C-R37TLEVEL-R769-LC127K-VAX
製品名GALLERIA ZA7C-R47TLEVEL-R779-LC137KF-UL2X
ケースミドルミドル
価格314,980円(税込)314,800円(税込)
CPUCore i7-13700KF(水冷)Core i7-13700KF(水冷)
GPURTX 4070 TiRTX 4070 Ti
メモリDDR5-4800 32GBDDR5-4800 32GB
SSDNVMe 1TB Gen41TB Gen4 NVMe
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD800W GOLD
マザボZ790Z790
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-R779-LC137KF-UL2Xだ。GALLERIA ZA7C-R47Tとよく似た構成と価格を持つモデルだ。基本的な構成の差は電源容量が50W少ないくらいである。採用されている水冷ファンはLEVEL-R779-LC137KF-UL2Xが360mmラジエーターでフルサイズだ。冷却性能の高さでは軍配が上がる。

一方で、GALLERIA ZA7C-R47Tに採用されている水冷ファンはRGB対応で、LEDで華やかさを演出できる。GALLERIAのケースはガラスパネルを採用しており、光が映えるケースになっている。LEVELのケースはカスタマイズでガラスパネルを選択しなければならない。標準構成をうまく活かした選択だと言える。

この点ではどちらも特徴的だ。見栄えよりも性能を求めるLEVEL、見た目と性能を両立させるGALLERIA。価格が同じなので、見た目にも力を入れているGALLERIA ZA7C-R47Tの方が少し有利かもしれない。それでもLEVEL-R779-LC137KF-UL2Xを選択するメリットもある。どちらも優れたモデルであることは間違いなく、好みで選ぶくらいでいい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA Xsyoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

I/Oパネル

GALLERIA Xiopanel
I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右側面

GALLERIA Xright
本体右側はシンプルだ。前面のメッシュ部分には青色のシートが内部に貼り付けられている。

左側面

GALLERIA Xleft
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

下側

GALLERIA Xlkabu
本体下側にもファンが見える。メッシュパネルはワンタッチで取り外すことができてメンテナンス性に優れている。

背面

GALLERIA Xhaimen
背面は参考として見て欲しい。搭載するグラフィックボードによって変わる可能性がある。

管理人による総評(GALLERIA ZA7C-R47T)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA7C-R47Tは、Core i7-13700KF×RTX 4070 Ti搭載のハイエンドクラスのゲーミングPCだ。4K環境にも対応できる高い性能が魅力となっている。メモリ32GB、SSD 1TB Gen4と構成も抜群だ。値下げが続き、評価を上げた。弱点であるメモリ容量についても増量となり不足はない。比較対象モデルと合わせて確認しておくとよい。

価格CPUグラボ
314,980円(税込)Core i7-13700KFRTX4070Ti
メモリSSDHDD
DDR5 16GB1TB非搭載