mouse DT6-Gtop


当記事では、mouse DT6-Gの評判とレビューをまとめている。GTX 1650 SUPER×Ryzen 5 3500搭載のゲーミングPCだ。税抜6万円台という価格設定が魅力となっている。格安のゲーミングPCを探している方は検討する価値のあるモデルだ。どのぐらいの性能を持っているのかを理解しておけば後悔することはないだろう。

mouse DT6-Gのスペック

mouse DT6-G

ブランド名mouse
製品名DT6-G
価格Windows 10 / 69,800円
CPURyzen 5 3500
グラフィックボードGeForce GTX 1650 SUPER
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 256GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コスパ★★★★★★★★☆☆8.1

>>>mouse DT6-Gを購入する<<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★☆☆☆
pubg
★★☆☆☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★☆☆
fortnite
★★★★☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

mouse DT6-Gのゲーミング性能

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650 SUPER(GPU)

gtx1650super-seinou

GTX 1650 SUPERは、エントリークラスのグラフィックボードだ。ゲームプレイを考えるなら最低限このモデルを選択したい。GTX 1650の後発モデルとして登場して性能が引き上げられている。前世代のGTX 1060 6GBよりも性能が高いのは驚きだ。おおよそTuring世代のGTX 1660に近い性能を持っている。

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen 5 3500-seinou

Ryzen 5 3500は、ミドルクラスの性能を持つCPUとなっている。6コア6スレッドとAMD製CPUにしてはスペックが抑えられているが、その分価格も手頃で購入しやすい。安価なゲーミングPCを探しているならRyzen 5 3500搭載モデルは魅力的なはずだ。

mouse DT6-Gで採用されているGTX 1650 SUPERとの相性も上々でパフォーマンスを活かしやすい。Intel Core i5-10400と比較するとややゲーム適性が劣るため注意して欲しい。タイトルによってはフレームレートが不安定になってしまうことがある。そのような場合は設定を下げて対応する必要がある。

総合性能(ゲームプレイ)

mouse DT6-Gseinou

mouse DT6-Gは、現行の最低クラス+αの性能を持つモデルだ。GPUがGTX 1650から後発モデルであるGTX 1650 SUPERになったことで最低クラスの性能からは抜け出した。それと同時に、価格帯最強のモデルとして注目を集めている。最高設定でのゲームプレイは難しい。負荷の高いゲームでは標準設定以下にしておきたい。少し古めのゲームであればある程度余裕をもって対応することができる。

快適にゲームをプレイするよりも、予算を抑えたいユーザーに適したモデルである。優れたモデルであっても、それは価格ありきの話で、この価格にして優れている程度だ。性能が突出しているわけではない。ゲームによっては解像度を下げなくてはならないものもあるかもしれない。そういったデメリットを気にしないなら、性能には概ね満足できるはずだ。

注意したいのは基本無料系のゲームは、2014年以降のものであればそれなりに負荷を感じるタイトルが多い。国内展開されているゲームでは注意したい。黒い砂漠はその最たる例だ。解像度を下げるとUIが崩れてしまう可能性もある。もっとも、黒い砂漠は細かく設定できる部類のゲームなので、最低設定にすれば問題なく動作はする。快適かどうかはプレイスタイルにもよるだろう。当然高リフレッシュレートでのゲームプレイも厳しい。フルHD、最低設定、60fpsが基本の性能だ。

>>>mouse DT6-Gを購入する<<<

mouse DT6-Gの強み&特徴

ゲーミングPC最安値モデル

mouse DT6-Gの税抜69,800円は、ゲームに適したパソコンの中で最安値である。近い性能を持つドスパラの一般モデルである「Lightning AH5」は69,980円だ。mouse DT6-Gは、180円と僅かな差で最安値モデルに輝いた。

GTX 1650ではなく、その一つ上のGTX 1650 SUPERであることが大きい。最低限のモデルからGPU性能を少し底上げしたことで、対応しやすくなったゲームもある。ゲームに求められる性能はGPU性能とCPU性能である。中でもGPU性能はゲームに最も大きな影響を与える。その部分が強化されているだけに、低価格帯の中でも強みのあるモデルに仕上がっている。

ただし、性能が伸びた分だけ構成が少し乏しい。NVMe対応SSDは256GBの容量しかない。OSを保存するとほとんど容量に余裕がない。外付けのHDDやSSDで対応すればいいだけのことではある。初心者にとってはそれすらも少しハードルの高いことかもしれない。この性能のために構成が犠牲になるというのは決して悪いことではない。ストレージが弱いのは前述のように、外付けのストレージで対応できる。

例えばメモリであっても取り付けるだけで終わることだ。一方で、性能に関わる部分が犠牲になっていると少し問題だ。メモリやストレージは取り付けで対応になるが、CPUやGPUのような性能に関わる部分は交換での対応となる。複数搭載することができるストレージは余ることがない。一つしか搭載することができないCPU、GPUは余ってしまう。

余ると他に使いみちがないので無駄になる。そのため、低価格帯では構成の乏しいモデルであっても、それ自体は問題ではない。mouse DT6-Gのようにその分だけ性能に充てられていればプラスだと言える。こういう部分の評価はコストパフォーマンスに現れにくい。価格が安いだけのパソコンと、コストパフォーマンスの高い安価なパソコンの差はこういったところで出てくる。mouse DT6-Gは低価格で扱いやすい優れたモデルである。

税込み10万円以下最強クラスのモデル

低価格帯のモデルは初心者にはおすすめしにくいものがほとんどだが、このmouse DT6-Gは初心者にもおすすめしやすい。正直mouse DT6-GをゲーミングPCとして扱うべきかは悩ましい。ゲーミングブランドのG-Tuneではなく一般向けマウスコンピューターのパソコンだ。オンラインゲームや動画編集も可能と表記されているので、G-Tuneブランド外のゲーミングPCなのだろう。

ゲーミングPCと違いマウスとキーボードも標準で付属している。初めてのパソコン、初めてのPCゲームを想定しているユーザーにはありがたい。今では標準でマウスとキーボードが付属するパソコンは少なくなってきた。さらに、価格がゲーム向け最安値で性能は最低限以上はある。これなら、価格相応と言えども後悔しにくい。

設定次第でゲームを快適にプレイできる性能、税込み10万円を下回る価格は、エントリークラスに相応しい。税抜6万円台のモデルはこれまで、Lightning AH5というモデルくらいしかなかった。消去法で価格帯最強になったLightning AH5と違い、mouse DT6-Gは性能で最強になれるモデルだ。両製品の性能差はあまり大きくない。

それでも性能が上回っていればその時点でトップモデルになれるほど層が薄い。本格的なゲームプレイには適していなくても、PCゲームを楽しむには十分だろう。Ryzen 5 3500が登場してから、低価格帯のモデルは強力になった。これまで税抜8万円を下回るモデルはゲームをプレイするのに適した性能とは言えなかった。

CPUの性能と価格ももちろん大きいが、GPUの進化も大きい。税抜6万円台のゲーミングPCは過去にもあった。しかし、その当時の最低限の性能はゲームをプレイすることが難しい性能だった。そのため、税抜6万円のゲーミングPCは地雷モデルとして悪名を響かせた。現行の最低限は、しっかりゲームを楽しむことができるまで成長している。CPU、GPUの進化により誕生したモデルである。

>>>mouse DT6-Gを購入する<<<

比較対象モデルの紹介

ブランド名mouseLightning
イメージmouse DT6-GLightning
製品名DT6-GAH5
価格69,800円69,980円
CPURyzen 5 3500Ryzen 5 3500
GPUGTX 1650 SUPERGTX 1650 SUPER
メモリDDR-2666 8GBDDR-2666 8GB
SSDNVMe 256GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードB450B450
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は同じ価格帯のLightning AH5だ。この2製品の違いはGPUとSSDである。GPU性能はmouse DT6-Gが優れ、SSD容量はLightning AH5が優れている。基本的には性能が優れるモデルの方がよい。最安値モデルは現行最低クラスの性能であることがほとんどだからだ。

最低クラスからGPU性能が一つ分上がっているだけでも体感できるくらい違ってくる。ゲームを快適にプレイしやすいのはmouse DT6-Gだ。これまでLightning AH5が最安値モデルとして、税込み10万円以下の最強モデルとして君臨してきた。その座を奪うmouse DT6-Gを強く推奨したい。

パソコンケースレビュー

種類

mouse DT6-Gtypes
右が標準のPCケースとなっている。左がメッシュパネル採用でエアフローを強化したモデルだ。+5,900円でカスタマイズすることができる。前面から吸気ができるためよりエアフローがより優れたものになる。もっともこのクラスのモデルならそれほど熱に対して気を使わなくてよいだろう。自宅にエアコンがないなど特殊な場合を除けば基本モデで問題ない。

右向き

mouse DT6-G-left
シンプルなデザインを採用している。ゲーミングPCというよりはビジネス寄りのモデルだということは疑いの余地がない。長らくデザインが変わっていないためやや古さを感じてしまうかもしれない。

I/Oパネル

mouse DT6-Ginterface
前面にI/Oパネルが配置されている。ヘッドフォン・マイク端子及びUSB 2.0×2となっている。

左下

mouse DT6-Gleftdown
本体の左側には排気口が設けられている。熱を持ちやすい電源ユニットの横にあるのは理にかなっている。

背面

mouse DT6-Gback
背面にはDsplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1、USB3.0×4、USB 3.1×2が設けられている。

管理人による総評(mouse DT6-G)

mouse DT6-G

mouse DT6-Gは、ゲーミングPC市場の中で最安値クラスの一台だ。税抜69,800円という驚愕の価格設定で多くのユーザーを魅了している。少しでも安くゲーミングPCを購入したいという方は必見だ。グラフィックボードにはGTX 1650 SUPERを、CPUにはRyzen 5 3500を搭載している。いずれも価格を抑えることに特化したPCパーツだ。

ゲーミング性能は高いとは言えないものの古いタイトルを中心としてある程度対応することができる。特定のゲームプレイを目的とする場合や高設定にこだわりがない方であれば検討する価値がある。税込みでも8万円で購入できるのは強みになるだろう。

価格CPUグラボ
69,800円Ryzen 5 3500GTX1650 Super
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

mouse DT6-Gを販売しているショップであるG-tuneの評判を解説している。プロゲーマーやVR対応などコンセプトモデルが充実しているのが特徴だ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。