mousedt6-gtop


当記事では、mouse DT6-Gの評判とレビューをまとめている。GTX 1650 GDDR6版×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCだ。税込み10万円を切る希少なモデルとなっている。半導体不足の影響もあってBTOパソコンの価格が上がり10万円以下のモデルのほとんどが姿を消している。予算を抑えたモデルを探している方は要チェックだ。万が一セール対象になることがあればより魅力的な選択肢となるだろう。

mouse DT6-Gのスペック

mouse DT6-G

ブランド名mouse
製品名DT6-G
価格Windows 10 / 98,780円(税込)
CPURyzen 5 3600
グラフィックボードGeForce GTX 1650 GDDR6版
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 256GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コスパ★★★★★★☆☆☆☆5.8

>>mouse DT6-Gを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

mouse DT6-Gのゲーミング性能

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650 GDDR6版(GPU)

gtx1650seinou

GTX 1650は、エントリークラスのグラフィックボードだ。ゲームプレイを考えるなら最低限このモデルを選択したい。メモリが通常のGDDR5からGDDR6に強化されている。わずかに表のGTX 1650のスコアよりも高くなっていると考えてよいが、基本的にランクが変わるほどの影響を与えるわけではない。

前世代のGTX 1050 Tiと比べると大幅にパフォーマンスが向上していることがわかる。Pascal世代からTuring世代への進化がここに見える形だ。もちろん2021年時点で十分なゲーミング性能を持っているというわけではないが、性能の底上げが行われていて心強い。

Ryzen 5 3600(CPU)

ryzen53600seinou

Ryzen 5 3600は、ミドルクラスの性能を持つCPUとなっている。Zen 2アーキテクチャを採用したモデルだ。Zen 3アーキテクチャが登場した今は旧モデルということになる。ただし、厳密に言えばまだ後継モデルは出ておらず上位のRyzen 5 5600Xが出ているのみだ。

Ryzen 5 3600は、6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高くCore i5-10400に匹敵するCPU性能を持つ。動画編集・画像編集・エンコード・Zipファイルの解凍などにおいては上回ることさえある。mouse DT6-Gで採用されているGTX 1650との相性も上々でパフォーマンスを活かしやすい。Intel Core i5-10400と比較するとややゲーム適性が劣るため注意して欲しい。

総合性能(ゲームプレイ)

mouse DT6-Gseinou

mouse DT6-GはRyzen 5 3600へCPUがアップグレードされた。これにより、ゲームへの対応力が向上している。性能的に4Kでのゲームプレイは難しい。フルHDを基本として、設定も少し下げることが前提となりそうだ。設定さえ下げればApex Legendsやフォートナイトのような人気タイトルを高リフレッシュレートでプレイすることができる。

ゲームプレイを安定させるためには最低設定も視野に入れなくてはならない。ゲームタイトルによっては最低設定にすると視認性が低下し、進行が不利になることもある。また、メモリ容量が不足していることで、安定しにくいという特徴もある。60Hzの環境でのゲームプレイを中心としておく方が無難かもしれない。

>>mouse DT6-Gを購入<<

mouse DT6-Gの強み&特徴

復活のmouse DT6-Gは優秀な選択肢となる

mouse DT6-Gは、低価格帯で覇権を取っていたが、ここ数ヶ月の値上げで評価を落とした。そして、GTX 1650の供給不足とともに在庫切れ状態が続いていた。2ヶ月近くの休眠を経て、待望の復活を果たしている。よくある復活後の値上げもなく、在庫切れになる寸前の価格での展開だ。これは非常に大きい。mouse DT6-Gらしさを失わず、低価格帯のモデルとしてまた人気を博しそうだ。

性能は控えめ、構成を削って価格を抑えたモデルは選択肢が少ない。実用面よりも予算を抑えたいユーザーにとってmouse DT6-Gの復活は手放しで喜びたいことだ。一時は最安値モデルが11万円台だったこともあって、予算を抑えたいユーザーには厳しい状況だった。mouse DT6-Gの復活はその状況を覆す一手になるかもしれない。ただ、mouse DT6-GはゲーミングPCではなく一般向けPCだ。

構成も性能もお世辞にもよいとは言えない。そのため、価格だけを見て選択してしまわないように注意してほしい。性能を理解した上での選択であれば、これほど優秀なモデルも少ない。今の状況かでは税込10万円を下回るモデルは限られている。そのメリットとデメリットを理解した上で選択してほしい。予算と用途が合うなら、これ以上ないモデルだ。mouse DT6-Gの復活は純粋に喜べることだ。

注意点として、mouse DT6-Gが評価されているのは税込10万円を下回るその価格あってのことだ。構成アップや値上げで価格が10万円を超えてしまうと一気に評価が下がる可能性がある。選択するときは価格にも注意したい。

サブPCにも最適なモデル

価格が安く、性能と構成が控えめなmouse DT6-Gは用途が限定的になりやすい。そのマイナス要素を強みに変えるには、サブPCなど限定的な用途にのみ使用することを前提とすればいい。最新のゲームや高負荷な作業には全く適していない。そのため、メインPCを探しているユーザーにとっては魅力的とは言えない。

負荷の高い用途に対応できるメインPC、標準的な作業用のサブPCと使い分ければmouse DT6-Gは扱いやすい。性能が低いこと、構成が乏しいことをデメリットにしない使い方だ。ただ、現実問題パソコンを2台持つこと自体がデメリットと捉えるユーザーも少なくない。一台で全ての用途をまとめてできるのが理想である。その意味でもサブPCはノートパソコンが選ばれている。

発想を逆転して、メインがノートならサブはデスクトップにするのもありだ。外出先や自宅内の様々な場所で作業をし、ファイルを共有することで管理がしやすくなる。ファイルのやりとりも2台ある方がやりやすい。使い方次第でmouse DT6-Gは非常に有用なモデルになる。そもそもがゲーミングPCではなく一般向けPCなので、その特性を活かしてみるのもいい。

GTX 1650搭載であるため、簡単なゲームもプレイ可能だ。負荷の低い用途に関しては汎用性があるので使い分けしやすい。案外ノートパソコンをメインに使用しているユーザーに適したデスクトップPCかもしれない。カスタマイズや増設で使いやすいようにすれば、ノートパソコンがより使いやすくなるはずだ。サブPCを探しているならmouse DT6-Gは候補にはいりそうだ。ただ、ゲーミングPCとしてはやはり少し魅力は薄い。

>>mouse DT6-Gを購入<<

比較対象モデルの紹介

ブランド名mouseGALLERIA
イメージmouse DT6-GGALLERIA RM5C-G60S
製品名DT6-GRM5C-G60
価格98,780円(税込)109,980円(税込)
CPURyzen 5 3600Core i5-10400
GPUGTX 1650 GDDR6版GTX 1660
メモリDDR-2666 8GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE550W BRONZE
マザーボードB450B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はドスパラのGALLERIA RM5C-G60だ。GTX 1650の供給不足により、急遽復活したGTX 1660を搭載している。価格差は1万円あるので、この価格帯では競合しないモデルだ。ただ、mouse DT6-Gの価格が少しでも上がるとGALLERIA RM5C-G60と競合してしまう。そうなればmouse DT6-Gに勝ち目はない。

CPU・GPU・メモリ・SSD・電源・チップセットとほぼ全ての項目でGALLERIA RM5C-G60が上回る。価格が1万円離れている今でも、構成を考えればGALLERIA RM5C-G60に分があるが、mouse DT6-Gの税込10万円を下回るという価格設定は予算の都合上強みになりやすい。その一点でGALLERIA RM5C-G60を寄せ付けていない。この強みが失われるまでは好みで選択するくらいでよさそうだ。

パソコンケースレビュー

種類

mouse DT6-Gtypes右が標準のPCケースとなっている。左がメッシュパネル採用でエアフローを強化したモデルだ。+5,900円でカスタマイズすることができる。前面から吸気ができるためよりエアフローがより優れたものになる。もっともこのクラスのモデルならそれほど熱に対して気を使わなくてよいだろう。自宅にエアコンがないなど特殊な場合を除けば基本モデで問題ない。

右向き

mouse DT6-G-leftシンプルなデザインを採用している。ゲーミングPCというよりはビジネス寄りのモデルだということは疑いの余地がない。長らくデザインが変わっていないためやや古さを感じてしまうかもしれない。

I/Oパネル

mouse DT6-Ginterface前面にI/Oパネルが配置されている。ヘッドフォン・マイク端子及びUSB 2.0×2となっている。

左下

mouse DT6-Gleftdown本体の左側には排気口が設けられている。熱を持ちやすい電源ユニットの横にあるのは理にかなっている。

背面

mouse DT6-Gback背面にはDsplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1、USB3.0×4、USB 3.1×2が設けられている。

管理人による総評(mouse DT6-G)

mouse DT6-G

mouse DT6-Gは、ゲーミングPC市場の中で最安値クラスの一台だ。税込み10万円以下と非常に安価なのが特徴だ。今となっては希少なモデルとなっている。ゲーミング性能はそれほど高いわけではないので、性能についてしっかり理解しておこう。

グラフィックボードにはGTX 1650 GDDR6版を、CPUにはRyzen 5 3600を搭載している。いずれも価格を抑えることに特化したPCパーツだ。古いタイトルを中心としてある程度対応することができる。比較対象モデルも合わせてチェックしておこう。

価格CPUグラボ
98,780円(税込)Ryzen 5 3600GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!