Lightning AH5top


当記事では、ドスパラ「Lightning AH5」の詳細レビューをまとめている。GTX 1650×Ryzen 5 3500を搭載し税込8万円に抑えられているのが特徴だ。税込み10万円以下のモデルの中ではトップクラスのコストパフォーマンスを誇る。

最近はこの価格帯でもコストパフォーマンスの高いモデルが増えてきてゲーマーとしては嬉しいニュースではないかと思う。性能面についてはしっかりと理解しておくことが重要だ。購入したものの必要な性能を持たしていなかったということは避けたい。

Lightning AH5のスペック解説

Lightning AH5

ブランド名Lightning
製品名AH5
価格Windows 10 / 89,980円(税込)
CPURyzen 5 3500
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-3200 8GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源450W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★★★★★☆☆8.1

価格そのままに評価大幅アップ

Lightning AH5はGTX 1650の供給不足により、一時的に販売が停止していた。その後、GTX 1650の供給とともに価格据え置きで復活した。この価格据え置きでの再登場により、大幅に評価を高めている。多くのモデルは一時販売停止後に値上げを行っていた。特に低価格帯のモデルはGTX 1650の在庫不足で価格が高騰している。Ryzen 5 3500とGTX 1650の低価格が魅力の組み合わせも大幅な値上げが適用されてきた。

Lightning AH5は価格据え置きで8万円台に留めた。これにより、相対的に評価が高くなり、ゲーミングPC最安値クラスに返り咲いた。今やLightning AH5と同等の構成のモデルが10万円を超えることも珍しくない。とにかく価格を抑えたいユーザーが選ぶロークラスのモデルは、現状Lightning AH5以外に選択肢がない状態だ。言い換えれば、予算がこのあたりならLightning AH5を選んでおけばいい。

少し前まで、Lightning AH5の評価は今ひとつだった。他製品の動向でここまで変化することは低価格帯では珍しいことだ。それだけ低価格帯のモデルには変化が少ないということでもある。構成にしても、価格にしても変化の仕様がないというのがありそうだ。価格を上げる、構成をカットするというようなマイナス方向の変化はできる。しかし、他製品に動きがない以上率先してマイナス方向に動けない。

今回のように、GTX 1650の供給不足で一斉に販売停止のようなことでもない限りは変化がない。他ショップはほぼ全てマイナス方向への修正を行った。唯一ドスパラだけは低価格帯を守り抜いた。もっとも、販売停止前に少しだけ値上げしていたのでその影響もあるにはある。

何にしても、今現在で価格を抑えた本当の意味での低価格モデルはLightning AH5くらいしかない。価格相応のモデルながら、現状の相場を考えれば非常にお得になった。他に選択肢がない以上、Lightning AH5を選ぶほかない。ただ、消去法であったとしてもLightning AH5はそれほど悪いモデルではない。

>>Lightning AH5を購入<<

価格の変化に注意

高騰が続く中、Lightning AH5の価格は比較的安定しているように見える。他製品のように1万円、2万円と価格が跳ね上がっていない。今回の値上げでも5,000円に踏みとどまっている。ミドルクラスのモデルが軒並み品薄状態になり、価格が大きく跳ね上がった。GTX 1650搭載モデルはライトゲーマーの頼みの綱になり始めた。

GTX 1650搭載モデルはGTX 1660 SUPER以上を搭載したモデルに比べて人気に偏りがある。控えめな性能なせいで、人気の性能帯と価格帯から外れている。そのため、品薄状態になりにくく、今も安定した供給ができている。ただし、これは高騰当初のGTX 1660 SUPERと同じ評価である。RTX 3070、RTX 3080など人気GPUが品薄になっても、GTX 1660 SUPERは大丈夫。

人気も下降線で性能も最新世代には届かないと言われていた。蓋を開くと上位GPUの価格が跳ね上がり過ぎて、GTX 1660 SUPERが主流の選択肢に挙がるほどになった。この勢いでGTX 1660 SUPERも品薄状態に突入しようとしている。つまり、GTX 1650搭載モデルも確実に安心ではない。今ゲーミングPCを購入しようとしているなら急いだ方がいい。品切れの前に値上げが来る。

値上げから品切れ、在庫復活までにどれだけ時間が掛かるか分からない。価格が抑えられて選びやすい状態にあるLightning AH5を選ぶタイミングは今からもしれない。候補に加えているなら迷わず躊躇わず選択しておきたい。流石にLightning AH5が税込10万円を超えてしまえばおすすめすることはできない。

ただし、おすすめできなくても他に選択できるモデルがなければ消去法でおすすめモデルになる。かつてないほどの混沌とした状況に予想がつきにくい。それでも、様子を見るというのは悪手になりやすいことは分かる。比較対象に優れたモデルがあるので、まずはそちらをチェックしてほしい。在庫がなければLightning AH5を選ぶくらいでよさそうだ。

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Lightning AH5の性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650(グラフィックボード)

gtx1650-seinou

GeForce GTX 1650は、現行のグラフィックボードでは最も性能が低いモデルだ。それでもゲームをプレイすることに関しては価格を考えれば優秀な部類で、設定さえ下げれば多くのゲームを快適にプレイすることができる。

一方で、最新のゲームの推奨スペックを満たすのは難しく場合によっては最低設定でも対応しきれないことがあるので、性能についてはよく理解しておいて欲しい。Ryzen 5 3500とのバランスは上々だ。

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen53500seinou

Ryzen 5 3500は、6コア6スレッドのエントリークラスのCPUだ。低価格帯のモデルとしては高いマルチスレッド性能を持ち人気がある。低価格帯のゲーミング用CPUとしては候補に上がることも多い。

Intel製CPUに比べるとパフォーマンスで劣る場面もあるので、その点は理解しておこう。特にIntel第10世代CPUが登場してその差は広がってしまっている。価格的な優位性に魅力を感じる方には最適だろう。動画編集やゲーム実況が得意というわけではない。

総合性能

Lightning AH5seinou

Lightning AH5はロークラスの性能を持つモデルだ。ゲーミングPCではなく一般向けPCに属する。そのため、ゲーム性能はかなり控えめとなっている。ゲームを中心とした用途には適していない。ビジネスや作業で有用な性能だ。それに加えて少しのゲーム性能がある。

ゲーミングPCとして選択するには魅力の薄いモデルなので注意したい。フォートナイトのように要求スペックの低いゲームであればプレイ可能だ。ただ、120Hzを超える高リフレッシュレートには対応しにくい。Apex Legendsは60fpsですら安定しない場面がある。最低設定を前提としたゲーム性能なので、期待しすぎないようにしたい。

また、これから登場する新作タイトルも厳しい。既に推奨環境を満たせないゲームもある。作業がメインでないなら選ぶメリットは薄い。ゲームの4Kは当然対応できないが、作業などの4K描写自体は可能だ。用途を限定すれば扱いやすい。

>>Lightning AH5を購入<<

Lightning AH5の特徴&強み

キャンペーンで汎用性が向上

Lightningシリーズは、価格コムアワード受賞記念でHDD 1TBが追加された。ビジネス寄りのLightning AH5にとって、HDDの追加は非常に有効なキャンペーンだ。コストパフォーマンスの評価も大幅に向上している。価格を抑えたGPU搭載モデルはSSDのみのシングルストレージが基本だ。ドスパラのキャンペーンモデルを除けば全てのモデルがシングルストレージと言えるほどだ。

Lightning AH5は税抜6万円台のビジネス・ゲーム兼用モデルでは数少ないデュアルストレージ搭載モデルとなっている。ストレージは何をするにも必要なもので、作業を中心とするなら必須である。構成的にはメモリをアップグレードするよりも、HDDを追加する方がLightning AH5に適している。作業効率が向上するだけではない。HDDは後々必ずと言っていいほど必要となる。

それが最初から無償で追加されるのは、低価格帯のモデルのよさを活かすキャンペーンだ。あまりぱっとしないように見えて、実は非常に強力な変化なのだ。低価格帯のモデルは構成のアップグレードが行われにくい。価格を抑えるために構成をカットしているのだから矛盾が生じる。そのため、Lightning AH5に価格以外の変化は期待していなかった。いい意味で期待を裏切ってくれた。

HDD 1TBがあるなら、ビジネスだけではなくクリエイティブな用途にも手を出しやすい。動画や画像ファイルは容量を圧迫するのでストレージに余裕のないモデルでは対応しにくい。HDDの追加で評価だけでなく汎用性も向上した。一般向けモデルの中ではまずまず優秀なモデルである。

ゲーム性能の低さが致命的

評価の高いLightning AH5だが、おすすめしにくい理由がある。そのゲーム性能があまり高くないのが弱点だ。GTX 1650を搭載しているため、ゲーム用途を想定したモデルであることは間違いない。低価格帯だから当然である。ただ、同じ価格帯の競合製品に対しても低いのだ。

その要因はメモリにある。GPU搭載のLightningシリーズは全て8GBに統一されている。対抗製品となるCore i搭載のMagnateシリーズは16GBだ。このメモリの差がゲームへの対応力に違いを生んでいる。価格を下げるために構成をカットし、価格以上の性能ダウンが生じてしまっている。ビジネス寄りの性能というのは、ゲーム性能よりもビジネス向けの性能に優れているわけではない。ゲーム性能が低いことでの消去法でしかない。

Lightning AH5はGPU搭載の中で価格が最も安いという特徴のみだ。十分な強みに見えて、上位モデルに対して5,000円安いだけに過ぎない。これならGPU非搭載でビジネスモデルに特化した方がよかった。Ryzen 5 3500はCore i5-10400よりも安価で展開できる価格が魅力だ。しかし、Ryzen 5 3500を搭載し、メモリを半減しても5,000円の差しかない。

コストパフォーマンスは強力であっても、より優れた製品が存在する以上相対的におすすめ度は下がる。ゲーム向けのGPUを搭載していながら、ゲーム性能の低さがLightning AH5最大の弱点だ。HDDの追加はゲーム以外の要素に強みを見出した。ただ弱点を補うことはなく、致命的な要素として残る。

ゲームをプレイしないならGPUを搭載している分だけ割高になる。ゲームをプレイするなら性能が不足して扱いに困る。Lightning AH5は初心者よりも性能を熟知した中級者以上に適しているかもしれない。この性能でできることを把握していて初めて選択する理由となる。ただ、そうであったとしても、現時点ではあまりおすすめできない。

>>Lightning AH5を購入<<

Lightning AH5のパソコンケースレビュー

正面

Lightning AH5-syoumenゲーミングPCという印象を受けない。やはり一般用とのパソコンと考えた方が良いだろう。I/Pパネルの一部は全面に配置されている。

右側

Lightning AH5-right本体の右側は何もなくシンプルだ。シンプルなパソコンで特筆すべきところはない。

左側

Lightning AH5-left左側には空気弁が設けられている。ここから空気を取り入れて本体内部を冷やす。

内部

Lightning AH5-insideかなりすっきりとした中身となっている。GTX 1650自体がコンパクトなこともあって圧迫感はない。

エアフロー

Lightning AH5-airflowエアフローの流れをまとめている。前面下及び左サイド部分から吸気を行い、背面から空気を排出する流れだ。多くのPCケースがこのようなエアフローを採用している。

似ているモデルとの比較

ブランドLightningG-Tune
画像Lightning AH5nextgear-micro
製品名AH5PM-A-1050Ti
ケースミニミニ
価格89,980円(税込)109,780円(税込)
CPURyzen 5 3500Ryzen 5 3600
GPUGTX 1650GTX 1050 Ti
メモリDDR4-3200 8GBDDR4-3200 8GB
SSDNVMe 512GBNVMe 256GB
HDD非搭載非搭載
電源450W BRONZE500W BRONZE
マザボA520B450
公式公式公式
ここをチェック!!

比較対象はG-TuneのG-Tune PM-A-1050Tiだ。ワンランク上のCPUとツーランクほど下がるGPUを搭載、構成ではLightning AH5がリードしている。しかし、価格はG-Tune PM-A-1050Tiの方が約2万円高い。G-Tune PM-A-1050Tiが割高に見えるかもしれない。実際にはG-Tune PM-A-1050Tiのほうが相場に近い。つまり、G-Tune PM-A-1050Tiが標準的であり、Lightning AH5が優れているということだ。

これは時間経過により相場が変わっただけに過ぎない。価格が据え置きで長く展開されるということは、価格が安定していない今においては強みになる。10万円を下回る低価格のモデルを探しているなら、時折登場するセールモデルかLightning AH5しか選択肢がない。今はLightning AH5で満足しておく方が無難だろうか。

管理人による総評(Lightning AH5)

galleriadhtop-1

Lightning AH5は、GTX 1650×Ryzen 5 3500を搭載したエントリークラスのゲーミングPCだ。久々の復活で価格が上がることなく従来モデルと変わらない価格設定になったのは評価できる。BTOパソコン全体の価格が上がっているため相対的な評価は高い。

GTX 1650×Ryzen 5 3500の組み合わせでゲーミング性能は控え目ながら設定次第である程度対応することができる。特定のタイトルでだけ使うというのがベストな使い方かもしれない。最新タイトルもサクサクとまではいかないのでライトユーザー向けだと言える。設定にこだわりがない方であれば選択肢に入ってもおかしくない。

価格CPUグラボ
89,980円(税込)Ryzen 5 3500GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 8GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2021年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Lightning AH5を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。