Lightning AH5top


当記事では、ドスパラ「Lightning AH5」の詳細レビューをまとめている。GTX 1650×Ryzen 5 3500を搭載し税抜6万円に抑えているモデルだ。

最近はこの価格帯でもコストパフォーマンスの高いモデルが増えてきてゲーマーとしては嬉しいだろう。性能面についてはしっかりと理解しておくことが重要だ。購入したものの必要な性能を持たしていなかったということは避けたい。

Lightning AH5のスペック解説

Lightning AH5

ブランド名Lightning
製品名AH5
価格Windows 10 / 69,980円
CPURyzen 5 3500
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源450W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★★★★☆☆☆6.6

>>Lightning AH5を購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★☆☆☆
pubg
★★☆☆☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★★☆
fortnite
★★★★☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Lightning AH5は、控えめな性能でゲームを快適にプレイするのは難しい。多くのゲームで最低設定が前提となって最新のゲームへの対応力は低めだ。また、負荷の高いゲームにおいては最低設定でも安定しにくい場合があるので、解像度を下げる必要も出てくる。作業用として選択し簡単なゲームをプレイする程度に留めるのに最適なモデルだと言える。本格的なゲームプレイに関しては割と限定的な用途に絞られることは留意しておきたい。

Lightning AH5の性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650(グラフィックボード)

gtx1650-seinou

GeForce GTX 1650は、現行のグラフィックボードでは最も性能が低いモデルだ。それでもゲームをプレイすることに関しては価格を考えれば優秀な部類で、設定さえ下げれば多くのゲームを快適にプレイすることができる。

一方で、最新のゲームの推奨スペックを満たすのは難しく場合によっては最低設定でも対応しきれないことがあるので、性能についてはよく理解しておいて欲しい。Ryzen 5 3500とのバランスは上々だ。

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen53500seinou

Ryzen 5 3500は、6コア6スレッドのエントリークラスのCPUだ。低価格帯のモデルとしては高いマルチスレッド性能を持ち人気がある。低価格帯のゲーミング用CPUとしては候補に上がることも多い。Intel製CPUに比べるとパフォーマンスで劣る場面もあるので、その点は理解しておこう。特にIntel第10世代CPUが登場してその差は広がってしまっている。価格的な優位性に魅力を感じる方には最適だろう。

総合性能

Lightning AH5seinou

ロークラスの控えめな性能が特徴のゲーミングPCだ。性能的にはゲーミングPCでもカテゴリは一般向けPCである。その特性を活かした用途での選択をおすすめする。例えば、メイン用途は作業でたまにゲームをプレイする程度の用途では十分だ。グラフを見て分かる通り、要求スペックの高いゲームは苦手だ。Lightning AH5は性能との付き合い方次第で非常に有用なモデルとなる。本格的なゲームプレイやヘビーゲーマーには受け入れられにくい。

性能的な魅力を求めての選択ではなく、Lightning AH5の持つ特徴を求めて選択してほしい。ゲーミングPCという認識ではなく、簡単なゲームもできるビジネス・作業用PCだ。ここを誤ると後悔することになる。はっきり言ってゲーム性能は低い。低い性能には低いなりの使い方がある。そういう意味では少し特殊なモデルである。誰にでも受け入れられるモデルではないので注意が必要だ。

>>Lightning AH5を購入<<

Lightning AH5の特徴&強み

Ryzen 5 3500への変更と値下げで元に戻る

Lightning AH5は、Ryzen 5 3600からRyzen 5 3500へCPUを元に戻した。価格も79,980円から69,980円になり、完全に従来のLightning AH5となった。なお、チップセットについてはB450からA520へ従来モデルよりもランクダウンしている。従来よりも構成的な評価は僅かながら下がった。それでも持ち味である価格を元に戻したのは大きい。

特別優れたモデルというわけではなくても、価格という強みはLightning AH5の生命線だ。微妙な性能アップよりも価格を抑えてこそ活きる。ようやく本来の姿に戻ったと言えるのではないだろうか。ゲーム向けのGPUを搭載したモデルで税抜6万円台のモデルは貴重である。かつては税込み8万円以下最強のゲーミングPCとして名を馳せた。低価格帯はドスパラの独壇場とも言えるほどドスパラ製品が強力だった。

現在は他ショップの低価格帯に強力なモデルが登場している。Lightning AH5の立ち位置は危うい。ここからの変化にも期待しにくいので、役目を全うしたと捉えるべきか。構成ダウンと値下げで元に戻るタイミングが遅かった。ここまで来るなら次世代CPU搭載に向けた変化に努めておく方がよかった。

2020年11月には第4世代のRyzenシリーズが登場する。性能はそこまで伸びなくても注目度は高い。Lightning AH5は代々CPUの換装時に注目を集めたモデルだ。従来の構成と価格に戻したことは布石となるのか注目したい。同時に、今はあまりおすすめしにくいモデルである。

危惧していた方向からの脱却か

Lightningシリーズに限らず、ドスパラ製品はシリーズで構成を統一する動きがあった。それに伴い、Core iシリーズとRyzenシリーズ搭載モデルの価格も揃えられていた。ユーザーにとっては選びやすくても、Ryzen搭載モデルからするとデメリットでしかない。Ryzenシリーズの強みは総合的な性能と価格にある。得手不得手がはっきりしているRyzenにとって、Core iよりも価格が安いというのが何よりの強みだ。

価格も同じにされてしまうとメリットが薄くなる。元々ドスパラはRyzenシリーズにあまり積極的ではない印象があった。Core iシリーズを引き立てるための動きかに思えた。しかし、ここにきてドスパラは一転してRyzenシリーズの優遇を始めた。次世代の登場を前に販促を進めようとしているだけかもしれないが、最近の変化はシリーズで統一するという方向性から外れつつある。

最近勢いを感じないドスパラ製品は、それぞれの特色を活かす方向になるのならかつての輝きを取り戻すかもしれない。少なくともLightning AH5は価格を元に戻したことで定位置とも言える低価格帯の強力な選択肢に返り咲いた。最強モデルに戻ることはなく、おすすめしにくいモデルではある。それでも小さな変化一つで一気に評価を高めるポテンシャルを秘めている。

製品一つ、僅かなことではあってもショップの動向で評価を大きく変えてしまう。特に低価格帯のモデルは影響を受けやすい。今回のLightning AH5の変化はドスパラへの期待値も向上させた。これからの低価格帯の動きに注目しつつ、今は様子を見ておきたい。年末が近づほどセールに期待できるというのもある。小さな変化を繰り返すことが、ドスパラ本来の強みだ。そうなる可能性を感じる今、様子見が一番無難で賢明な選択に思える。

>>Lightning AH5を購入<<

Lightning AH5のパソコンケースレビュー

正面

Lightning AH5-syoumen
ゲーミングPCという印象を受けない。やはり一般用とのパソコンと考えた方が良いだろう。I/Pパネルの一部は全面に配置されている。

右側

Lightning AH5-right
本体の右側は何もなくシンプルだ。シンプルなパソコンで特筆すべきところはない。

左側

Lightning AH5-left
左側には空気弁が設けられている。ここから空気を取り入れて本体内部を冷やす。

内部

Lightning AH5-inside
かなりすっきりとした中身となっている。GTX 1650自体がコンパクトなこともあって圧迫感はない。

エアフロー

Lightning AH5-airflow
エアフローの流れをまとめている。前面下及び左サイド部分から吸気を行い、背面から空気を排出する流れだ。多くのPCケースがこのようなエアフローを採用している。

似ているモデルとの比較

ブランドLightningmouse
画像Lightning AH5mouse DT6-G
製品名AH5DT6-G
ケースミニミニ
価格69,980円69,800円
CPURyzen 5 3500Ryzen 5 3500
GPUGTX1650GTX 1650 SUPER
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 500GBNVMe 256GB
HDD非搭載非搭載
電源450W BRONZE500W BRONZE
マザボA520B450
公式公式公式
詳細当ページ詳細
ここをチェック!!

比較対象はマウスコンピューターのmouse DT6-Gだ。Lightning AH5よりもGPU性能、電源、チップセットに優れて同等の価格だ。SSD容量で上回るものの、性能差を覆すほどではない。また、mouse DT6-Gは頻繁にセールやキャンペーンが適用されている。タイミング次第ではLightning AH5を圧倒するコストパフォーマンスとなる。現在の税込み9万円以下の低価格帯最強のモデルだ。mouse DT6-GもゲーミングPCではなく一般向けPCになる。GTX 1650 SUPERを搭載しているのでゲームへの対応力も十分なものがある。本来はLightning AH5が到達していなければならないモデルだ。これからもこの2製品は対抗製品として長く競いあっていくだろう。この価格帯で最も注目度の高い2製品は、どちらを選ぶにしても要チェックだ。少しの変化が評価を大きく変える価格帯だからこそ、購入する際はもう一方を必ずチェックしておきたい。

管理人による総評(Lightning AH5)

galleriadhtop-1

Lightning AH5は、GTX 1650×Ryzen 5 3500を搭載したエントリークラスのゲーミングPCだ。税抜6万円台という価格の安さから気になっている方は多いだろう。CPUをRyzen 5 3600からRyzen 5 3500から元に戻して価格も引き下げられた。ゲーミング性能は控え目ながら設定次第である程度対応することができる。

特定のタイトルでだけ使うというのがベストな使い方かもしれない。最新タイトルもサクサクとまではいかないのでライトユーザー向けだと言える。設定にこだわりがない方であれば選択肢に入ってもおかしくない。比較対象モデルも含めてしっかり吟味して欲しい。

価格CPUグラボ
69,980円Ryzen 5 3500GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 8GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

Lightning AH5を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya