Lightning AH5top


当記事では、ドスパラ「Lightning AH5」の詳細レビューをまとめている。税抜6万円台という価格が特徴の一台だ。最安値クラスのゲーミングPCで予算を抑えたい方は必見だ。最近はこの価格帯でもコストパフォーマンスの高いモデルが増えてきてゲーマーとしては嬉しいだろう。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★★☆(対応)
fortnite
★★★★★(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。


Lightning AH5は、控えめな性能でゲームを快適にプレイするのは難しい。多くのゲームで最低設定が前提となって最新のゲームへの対応力は低め。また、負荷の高いゲームにおいては最低設定でも安定しにくい場合があるので、解像度を下げる必要も出てくる。作業用として選択し簡単なゲームをプレイする程度に留めるのに最適なモデルだと言える。本格的なゲームプレイに関しては割と限定的な用途に絞られることは留意しておきたい。

Lightning AH5のスペック解説

Lightning AH5

ブランド名Lightning
製品名AH5
価格Windows 10 / 69,980円
CPURyzen 5 3500
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 256GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.1

>>>>>Lightning AH5を購入する<<<<<

Lightning AH5の性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650(グラフィックボード)

gtx1650-seinou

GeForce GTX 1650は、現行のグラフィックボードでは最も性能が低いモデルだ。それでもゲームをプレイすることに関しては価格を考えれば優秀な部類で、設定さえ下げれば多くのゲームを快適にプレイすることができるだろう。一方で、最新のゲームの推奨スペックを満たすのは難しく、場合によっては最低設定でも対応しきれないことがあるので、性能についてはよく理解しておいて欲しい。

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen 5 3500-seinou

Ryzen 5 2600の第三世代版の位置付けだ。性能と価格のバランスは良く扱いやすいと言える。ゲーム以外の用途にも適している。ゲームではミドルクラスまでは対応できるので、GTX 1650との相性は良いほうだろう。ローエンド、ミドルクラスに最適な理由は主にCPU性能が高くないことにあり、グラフィックボードとのバランスを考えればGTX 1660やGTX 1660 Superがギリギリのラインだ。

総合性能

Lightning AH5seinou

性能だけを見れば標準設定でのゲームプレイに支障は無さそうだ。グラフィックボードの性能がやや不足しているので、標準設定より少し下げるのが基本となる。また、最新のゲームの中にはGTX 1660相当のスペックが求められることを理解しておこう。解像度を下げるなどで快適性を維持することに抵抗があれば避けたほうが良い。ゲーミングPCというよりもゲームもプレイできるビジネスモデルと考えるべきだ。

>>>>>Lightning AH5を購入する<<<<<

Lightning AH5の特徴&強み

ゲーミングPC最安値モデルだが…

税抜69,800円という低価格なのが最大の強みだ。特性を理解した上で購入するのであれば選択肢として悪くない。ただ、果たしてドスパラのLightningシリーズをゲーミングPCと呼んで良いのだろうか。むしろビジネスモデルとして考えた方がしっくりくる。

最低限必要なCPUとグラフィックボードを搭載したモデルの中では最も安価な製品である。税込み8万円を切る価格は初心者や学生にとって選びやすく、エントリーモデルとしての性質も併せ持っている。ゲーミングPCというよりも、既存のビジネスモデルにグラフィックボードを追加したゲームもできるビジネスモデルというのが最も近い。

グラフィックボードを搭載していればゲーミングPCだというのが最近の流れなので、その中で言えば最安値のモデルである。基本的には作業を中心に使用し、簡単なゲームもプレイすることがあるユーザーに向いた少し制限のかかるモデルだ。性能が控えめで価格が非常に安いため、これまでゲームに触れてこなかったユーザーにPCゲームの良さを伝えるエントリーモデルというべきか。何にしろ、様々なゲームをプレイしたいユーザー向きではない。

性能をよく理解して選びたいモデル

低価格帯のモデルはその性能をよく理解しておかなければならず、上級者向けという側面も持っている。自分が今プレイしようとしているゲームや、今後プレイするであろうゲームを考え、Lightning AH5の性能で事足りるのかを吟味する必要がある。例えば、FPSやRTSなどの対人メインのゲームは、スペックの低さは致命的なものとなる。

ただ、設定で対応しやすいのも対人ゲームの特徴なので既存のゲームなら性能で苦労することはあまり無いはずだ。高リフレッシュレートでのゲームプレイは苦手なので、そういった部分での有利不利なども考えて選択したい。少し古めのゲームや基本無料系のゲームは要求スペックが比較的低く設定されているので、これも問題無いだろう。

気をつけなければならないのはSteamなどのポータルを通して展開されている海外のゲームだ。あまり有名でないゲームでも現行のミドルクラスを要求されることがあるので、そういったゲームをプレイする予定があるならもう少し上の性能を手にしたほうが良いだろう。環境さえ妥協すれば多くのゲームをプレイすることができるので、要求スペックの高いゲームや高リフレッシュレートを目指すゲームでは解像度を下げるなど、負荷を軽くする設定に抵抗が無ければ十分な対応力を持っていると言えるだろう。

>>>>>Lightning AH5を購入する<<<<<

Lightning AH5のパソコンケースレビュー

正面

Lightning AH5-syoumen
ゲーミングPCという印象を受けない。やはり一般用とのパソコンと考えた方が良いだろう。I/Pパネルの一部は全面に配置されている。

右側

Lightning AH5-right
本体の右側は何もなくシンプルだ。

左側

Lightning AH5-left
左側には空気弁が設けられている。ここから空気を取り入れて本体内部を冷やす。

内部

Lightning AH5-inside
かなりすっきりとした中身となっている。GTX 1650自体がコンパクトなこともあって圧迫感はない。

エアフロー

Lightning AH5-airflow
エアフローの流れをまとめている。

似ているモデルとの比較

ブランドLightningGALLERIAGALLERIA
画像Lightning AH5galleriadhtop-1galleriadhtop-1
製品名AH5RJ5RT5
ケースミニミニミニ
価格69,980円79,980円84,980円
CPURyzen5 3500Ryzen5 3500Ryzen5 3500
GPUGTX1650GTX1660GTX1660 Super
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 256GBNVMe 256GB
HDD非搭載1TB1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE500W BRONZE
マザボB450B450B450
公式公式公式公式
詳細当ページ詳細詳細
ここをチェック!!

比較対象はそれぞれ低価格帯を代表するドスパラのゲーミングPCだ。CPU性能に違いは無く、グラフィックボードとストレージ内容が異なるモデルだ。GALLERIA RJ5はLightning AH5よりも1万円高く、HDD 1TBとグラフィックボードが2ランクアップ。正直、この内容であれば1万円アップは少し高いような感じもする。GALLERIA RT5は3ランクアップのGTX 1660 Superを搭載しており、価格的にこちらの方がおすすめだ。価格差は15,000円と少し差があるので予算がLightning AH5に合っているなら選択しづらい。

Lightning AH5は決して悪い製品ではなく、全体で見ればしっかり価格を抑えた優秀なモデルである。ただ、高性能なゲーミングPCを期待して選択するのだけは後悔に繋がるので注意したい。軽めのゲームなら快適にできるくらいに考えて選択するなら、GALLERIA RT5よりも選びやすくおすすめしやすいモデルだ。安いからという理由での選択は避け、性能を重視するならGALLERIA RT5を、予算的に厳しい場合にLightning AH5を検討するくらいにしておこう。

管理人による総評(Lightning AH5)

galleriadhtop-1

GTX 1650×Ryzen 5 3500を搭載したエントリークラスのゲーミングPCだ。税抜6万円台という価格の安さから気になっている方は多いだろう。ゲーミング性能は控え目ながら設定次第である程度対応することができる。最新タイトルもサクサクとまではいかないのでライトユーザー向けだと言える。設定にこだわりがない方であれば選択肢に入ってもおかしくない。ただし、比較対象モデルも含めてしっかり吟味して欲しい。

価格CPUグラボ
69,980円Ryzen 5 3500GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る