Lightning AH5top


当記事では、ドスパラ「Lightning AH5」の詳細レビューをまとめている。元々は7万円台で販売されていて低価格帯のボスみたいな存在だった。今は半導体不足や円安の影響もあって価格が109,980円まで上がっている。それでも、CPUがRyzen 5 3500からRyzen 5 4500へとリニューアルされて価格が変わらなかったのは注目ポイントだ。その後10,000円の値引きが適用となり評価を上げている。比較対象モデルと合わせて確認しておくとよい。

Lightning AH5のスペック解説

Lightning AH5

ブランド名Lightning
製品名AH5
価格99,980円(税込)
CPURyzen 5 4500
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源450W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆ 5.0
おすすめ度Bランク

>>Lightning AH5を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★☆☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Lightning AH5seinou

Lightning AH5 Ryzen5 4500搭載モデルはRyzen 5 4500とGTX 1650を搭載したロークラスのモデルだ。ゲーミングPCではなくビジネス向けPCだ。ゲーム性能は極めて低い。もちろん性能は低いとは言えゲーム向けのグラフィックボードを搭載していてゲームに一切対応できないというわけではない。Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートでプレイすることは難しいが、標準設定であれば快適にプレイできる。性能を理解しての選択なら優秀なモデルと言えるかもしれない。

Lightning AH5の性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

Ryzen 5 4500(CPU)

ryzen54500benchmark

Ryzen 5 4500は、6コア12スレッドのエントリークラスのCPUだ。Ryzen 5 3500の後継モデルとなる。アーキテクチャはRyzen 5 3500と同じZen 2でマイナーチェンジが行われただけだ。Zen 3アーキテクチャ採用のRyzen 5 5500との性能差は大きい。低価格帯のモデルとしては高いマルチスレッド性能を持ち人気がある。ハイパースレッディングに対応となったのは強みになる。

低価格帯のゲーミング用CPUとしては候補に上がることも多いが、Ryzen 5 3600には及ばずあくまでも価格を抑えるためのモデルだと認識しておく必要がある。L3キャッシュ容量が少ないのもパフォーマンスが伸びづらい要因の一つだろう。Intel製CPUに比べるとパフォーマンスで劣る場面も多くゲームプレイをメインに考えている方は注意しよう。

GeForce GTX 1650(GPU)

gtx1650seinou202112

GeForce GTX 1650は、現行のグラフィックボードでは最も性能が低いモデルだ。従来モデルのGTX 1050と比べると50%も性能が高くなった。ゲームをプレイすることに関しては価格を考えれば優秀な部類で、設定さえ下げれば多くのゲームを快適にプレイすることができる。

一方で、最新のゲームの推奨スペックを満たすのは難しく場合によっては最低設定でも対応しきれないことがある。購入する前は性能についてはよく理解しておいて欲しい。エントリークラスのRyzen 5 3500とのバランスは上々だ。

>>Lightning AH5を購入<<

Lightning AH5の特徴&強み

値下げで最安値クラスのゲーミングPCへ

Lightning AH5 Ryzen5 4500搭載モデルは、1万円の値引きが適用となり10万円を切ったことで、ゲームをプレイできるパソコンとしては最安値クラスに突入した。厳密にいえばCore i3を搭載したモデルなどは存在している。しかしながら、多くのショップでゲーム向けと考えられているのはCore i5やRyzen 5以上のモデルだ。その要件では最安値モデルだ。

元々Lightning AH5は低価格が魅力のモデルだった。当然性能はかなり控えめであるが。従来モデルのRyzen 5 3500搭載モデルよりはマシになった。その当時と同じ価格になったと思えば悪くない。性能やコストパフォーマンスよりも価格の安さが魅力のモデルである。それだけに、性能がどの程度なのかはしっかり理解しておく必要がある。

Lightning AH5で最新のゲームをプレイするようなことはあまり適していない。快適にプレイできるゲーム自体が限られている性能だ。もちろん、Lightning AH5で快適にプレイできるゲームもいくつかある。それこそ対人要素の強いタイトルではあまりおすすめできないが、そういったジャンル以外ではまずまずの運用ができる。

一番多いのはMinecraftだろうか。比較的ライトな負荷で長く楽しめる。そこまで本格的なプレイをしないのであればFortniteやApex Legendsも可能ではある。ただし、どの程度の負荷であるかを理解するためにも、性能自体をよく理解した上で選択して欲しい。絶対に価格が安いからと、それだけの理由で選んでしまわないようにしたい。

Ryzen 5 4500搭載の強みが活きたモデル

Ryzenを搭載しているのがLightningシリーズで、Intel製CPUを搭載しているのがMagnateシリーズだ。基本的にはRyzen 5 4500搭載モデルとCore i5-12400搭載モデルが同価格帯に存在している。当初、Lightning AH5 Ryzen5 4500搭載も同様であった。しかしながら、10万円を切ったことと対抗のMagnateが値上げしたことでLightning AH5は存在を確立している。

ただ単に価格が安いのではなく、対抗モデルとの差を明確にしての安さだ。あまり評価が高くなかったとしても、比較対象が近くにないので候補から外れるようなことはなはずだ。性能という弱点はあっても、価格という強みは絶対的なものだ。もしも、性能を理解して選ぶなら、予算を抑えることができるの決して悪くない選択肢だ。

ライトな性能で事足りる用途であるならLightning AH5は強力なモデルと言える。また、いかに性能が低いと言っても、それは現行のモデルと比較しての話だ。少し前まではこういったライトなモデルは2Dゲームくらいしか対応できないというような時代だった。そこからの性能の伸びで、最も安価なモデルであっても設定次第で快適にプレイできるゲームが多くなった。

むしろプレイできないゲームタイトルは存在しないのではないだろうか。あとは快適と思えるかどうかの個人差だ。特に古いゲームタイトルであれば144Hz以上での安定も狙える。幅広くゲームをプレイするのには適していないが、特定のゲームをプレイするのには適している。この特性をよく考えて選択すれば、Ryzen 5 4500を搭載している強みが活きたモデルとしておすすめできる。

>>Lightning AH5を購入<<

似ているモデルとの比較

ブランドLightningMagnate
画像Lightning AH5Magnate MH
製品名Lightning AH5
Ryzen5 4500搭載モデル
Magnate MH
第12世代Core搭載
ケースミニミニ
価格99,980円(税込)109,980円(税込)
CPURyzen 5 4500Core i5-12400
GPUGTX 1650GTX 1650
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源450W BRONZE450W BRONZE
マザボA520H610
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は同じドスパラのMagante MHだ。CPU性能に大きな開きがあるため、この2製品は価格が同じ状態であればMagnate MH以外の選択肢が存在しない。ただし、性能を重視するのであれば、1万円の差がついていたとしても、Magnate MHを選択するべきだ。

それほどまでにRyzen 5 4500とCore i5-12400の性能差は開いている。しかしながら、10万円以内でゲームプレイ可能なパソコンとなるとLightning AH5しかない。1万円で崩せない性能差であったとしても、1万円高いことで選択できないこともある。特にゲームが目的ならCore i5-12400でなくてもGTX 1650の性能は引き出せる。

この兼ね合いが2つのモデルの選び方を難しくしている。ゲーム以外の用途も考えているならMagnate MH、少しでも安いモデルがほしいならLightning AH5という選び方で問題なさそうだ。

Lightning AH5のパソコンケースレビュー

正面

Lightning AH5-syoumenゲーミングPCという印象を受けない。やはり一般用とのパソコンと考えた方が良いだろう。I/Pパネルの一部は全面に配置されている。

右側

Lightning AH5-right本体の右側は何もなくシンプルだ。シンプルなパソコンで特筆すべきところはない。

左側

Lightning AH5-left左側には空気弁が設けられている。ここから空気を取り入れて本体内部を冷やす。

内部

Lightning AH5-insideかなりすっきりとした中身となっている。GTX 1650自体がコンパクトなこともあって圧迫感はない。

エアフロー

Lightning AH5-airflowエアフローの流れをまとめている。前面下及び左サイド部分から吸気を行い、背面から空気を排出する流れだ。多くのPCケースがこのようなエアフローを採用している。

管理人による総評(Lightning AH5 Ryzen5 4500搭載モデル)

Lightning AH5

Lightning AH5 Ryzen5 4500搭載モデルは、Ryzen 5 4500×GTX 1650を搭載したエントリークラスのゲーミングPCだ。価格据え置きでCPUがRyzen 5 3500からRyzen 5 4500へとリニューアルされている。また、標準でメモリ容量が16GBとなったのは嬉しい。コストパフォーマンスが高いわけではないが、この価格帯では他に選択肢がないのが現状だ。その後1万円の値引きが適用となり税込10万円を切った。

グラフィックスにGTX 1650を搭載していることでゲーミング性能は控え目ながら設定次第である程度対応することができる。特定のタイトルでだけ使うというのがベストな使い方かもしれない。最新タイトルもサクサクとまではいかないのでライトユーザー向けだと言える。比較対象モデルも優秀なので合わせて確認しておくとよいだろう。

価格CPUグラボ
99,980円(税込)Ryzen 5 4500GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Lightning AH5 Ryzen5 4500搭載モデルを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya