geforcegtx1650画像引用元:https://www.gigabyte.com/

当記事では、Geforce GTX1650の性能スペックレビュー&おすすめBTOパソコンを紹介。GTX1660Ti及びGTX1660に次いでTuring世代待望のエントリークラスグラフィックボードが登場となった。これでTuring世代のグラフィックボードが一通り揃ったと言える。Pascalが終焉に近づいている。

すべてのユーザーがハイスペックなグラフィックボードを必要としているわけではない。GTX 1650は、ローエンドクラスのモデルを探している方にぴったりだ。

よくわかる!!GTX1650の特徴まとめ

  • (+)GTX 1050 Tiよりも30%パフォーマンスが高い
  • (+)補助電源不要で省電力性が魅力
  • (-)GTX 1050よりも価格が高くなっている

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

GTX1650の概要、性能・基本スペックを押さえる!

総合性能

gtx1650sougouseinou

早速GTX 1650の総合性能を見ておこう。GTX 1050の後継モデルとなっているが性能的には上位のGTX 1050Tiを超えるパフォーマンスを発揮する。GTX 1060 3GBに近いところまで来ているのはさすがだ。NVIDIAに言わせると性能はGTX 950の約2倍、GTX 1050の50%アップとなっている。GTX 1660よりも価格を重視したい方におすすめのグラフィックボードだと言える。

基本スペックまとめ

 GTX1650GTX1660GTX 1050
コードネームTuringTuringPascal
プロセス12nm212nm214nm2
ダイサイズ200m㎡284m㎡135m㎡
トランジスタ数47億66億33億
CUDAコア数896基1408基640基
ベースクロック1485MHz1530MHz1354MHz
ブーストクロック1665MHz1785MHz1455MHz
メモリバス帯域幅128 GB/s192 GB/s112 GB/s
GPUメモリ4GB GDDR56GB GDDR52GB GDDR5
TDP75W120W75W
価格$149$220$130
発売日2019/04/232019/03/142016/10/18

GTX 1650では、GTX 1660やGTX 1660 Tiで採用されたTU116ではなく新しいTU117 GPUを選択。ストリーミングマルチプロセッサ(SM)の数が少なくそれが896基のコア(GTX1660は1408基)につながっている。プロセスは同じ12nm2となっている。ダイサイズは約30%小さくトランジスタ数は47億に留められている。GPUメモリに関しては同じGDDR5規格だが、容量は4GBを採用。

GTX 1050と比べるとまず価格が約$20上がっていることから実質GTX1050Tiの後継モデルと考える方がしっくり来るかもしれない。スペック的には世代が変わったことで明らかにアップしていることがわかる。プロセスは14nm→12nmへと縮小化された。ダイサイズは大きくなっているもののその分トランジスタが40%弱アップしている。CUDAコア数も40%アップと大幅な性能向上が見込める。これが上記の総合性能に反映されているということだ。

メモリ容量も2GB→4GBへと上がっているのもポイントだ。最近のゲームだと2GBでは心もとない。当サイトとしても3GB以上はある方が良いと考えている。もちろん今後も4GB、6GBと最低要求スペックも高くなることが予想される。最後に、補助電源が不要だというのは共通で消費電力も75Wに抑えられている。

GeForce GTX1650の特徴&注意点など

設定調整を行えばFULL HDでのゲームプレイが可能

GTX 1650は、エントリークラスのグラフィックボードだ。その特性を理解して利用すれば非常に魅力的なモデルだと言える。対象となるのはFULL HDあるいはHD環境だ。FULL HD環境でのゲームプレイをするとなると設定調整は必須だ。最高設定でのゲームプレイは厳しいと考えておこう。Mediumが中心でタイトルによって高設定が限界だ。

また、GTX 1650はそれほどゲームをメインに考えていないユーザーにとっても魅力的な選択肢となる。普段は仕事や趣味(ゲーム以外)での使用がメインで考えている場合だ。もし、ゲームをしたくなっても対応することができるという余裕はありがたいものだ。

コスパは高くないが性能の底上げが確実に行われている

どうしてもエントリークラスのグラフィックボードはコストパフォーマンスは高くならない。例えば上位のGTX1660との価格差は$70ほどで10,000円も差がない。これがBTOパソコンになるとその差はごく僅かになる。そう考えるとあと少し頑張って上位モデルを検討した方が良いとも言える。GTX 1050がそうだったように意外と立ち位置の難しいグラフィックボードなのだ。

同様に今後数年先も考えるのであればGTX 1660やGTX 1660 Tiも検討してみて欲しい。やはりエントリークラスのグラフィックボードだと将来登場するであろう最新タイトルに対応するのが厳しくなる。特にアーリーアクセス中からゲームをしたいのであれば性能不足になる可能性が高い。

>>>>>GTX1650を確認する(Amazon)<<<<<

GeForce GTX1650のベンチマーク一覧

GTX 1650のゲームプレイ時のフレームレートを計測した。FULL HD環境×Medium or Ultraで実際にゲームをプレイしている。これらの数値を見ればある程度対応できることがわかるだろう。

Fortnite

fortnite

GTX 1660218.6
90.7
GTX 1060 3GB197.4
79.0
RX 590190.1
81.2
GTX 1650142.6
60.2
GTX 1050 Ti123.0
50.0
GTX 1050110.6
43.1
MediumEpic
負荷の軽いFortniteであれば余裕でゲームプレイができる。FULL HD×最高設定でも60fpsと安定感がある。もちろんプレイヤーが多い場所など負荷が掛かるとややフレームレートは落ちてしまうが、それでも十分通用すると言える。GTX 1050 Tiよりも20%高く、GTX 1050よりも40%高いスコアはさすがだ。世代ごとの進化を感じる。

Battlefield 5

battlefiled5

RX 590139.9
93.7
GTX 1660115.2
79.8
GTX 1060 3GB102.9
62.8
GTX 165083.1
61.6
GTX 1050 Ti69.6
47.8
GTX 105056.4
42.4
MediumUltra
Battlefieldでも高いスコアが出ている。GTX 1050TiやGTX 1050では最高設定でのゲームプレイが厳しかった。GTX 1650になると61.6fpsと理想的な数値を出している。GTX 1060 3GBとの差も小さくなり性能の高さ、アーキテクチャの違いによる性能差を体感できる。少し前のタイトルしかプレイしないのであれば十分選択肢に入れても良いかもしれない。

Far Cry 5

farcry5

GTX 166095.3
81.5
RX 59094.7
80.3
GTX 1060 3GB84.3
67.0
GTX 165080.2
65.8
GTX 1050 Ti53.1
45.3
GTX 105043.6
36.9
MediumUltra
Far Cry 5でも65.8fpsと安定したフレームレートを計測。ここまで見ると最高設定でも十分プレイできてしまいそうだ。完全にタイトルによるもののかつての50番台を凌駕していると言える。GTX 1050Tiよりも30%高く、GTX 1050よりも80%高い数値を叩き出す結果となっている。

Deus EX: Mankind Divided

deusex

RX 59096.4
55.8
GTX 166095.1
55.3
GTX 1060 3GB73.7
41.6
GTX 165066.0
37.6
GTX 1050 Ti48.4
28.6
GTX 105044.0
24.4
MediumUltra
Deus EXではやや苦戦している。しかし、これはどのグラフィックボードでも同様だ。Mediumで66.0fpsとなっている。最高設定だと37.6fpsとかなり厳しいのが現状だ。それでもGTX 1050Tiよりも30%、GTX 1050よりも60%スコアが高くなっている。Deusなどの負荷の高いタイトルあるいは最適化がうまくされていないタイトルでは設定を落とすことを推奨する。

Hitman 2

hitman

GTX 1660124.8
89.7
RX 590118.2
81.6
GTX 1060 3GB96.0
63.7
GTX 165089.6
64.1
GTX 1050 Ti61.5
43.4
GTX 105052.7
35.5
MediumUltra
Mediumで89.6fps、Ultraで64.1と通用していることがわかる。前世代からのパフォーマンスアップも他のタイトル同様優れている。GTX 1660になるとさらに一回り性能がアップするという感覚だ。この性能差、価格差が非常に悩ましいところになる。

>>>>>GTX1650を確認する(Amazon)<<<<<

GTX1660Ti搭載おすすめBTOパソコン

LEVEL-M0B6-i5F-RFS(パソコン工房)

LEVEL-M0B6-i5F-RI価格:89,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:500W BRONZE
公式

GTX 1650搭載のゲーミングPCからパソコン工房から登場した。CPUにはCore i5-9400Fを搭載し魅力的な構成となっている。この構成であればFULL HD環境×設定調整を行うことで快適にゲームプレイが行える。この価格帯でも性能の底上げがされていてゲーム適性が大きく向上している。

LEVEL-M0B6-i7-RFS(パソコン工房)

LEVEL-M0B6-i5F-RI価格:104,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:500W BRONZE
公式

LEVEL-M0B6-i5F-RFSのCPUをCore i7-8700にアップグレードしたモデルとなっている。その他の構成は全く同じだ。6コア6スレッドから6コア12スレッドへとスペックが向上。ゲームプレイはもちろん動画編集や動画配信なども快適に行うことができる。ただし、価格が上がってしまうためGTX 1650のコスパの高さをいかせなくなってしまうというデメリットがある。

GeForce GTX1650搭載ゲーミングPC一覧

準備中。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB
DDR4-3200
SSDSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源EVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
参照元:NVIDIA GEFORCE GTX 1650 REVIEW (PCGAMER)