Master of Epic(マスターオブエピック)推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説

Master of Epic

Master of Epicの推奨ゲームパソコンを紹介している。

必要動作環境

動作確認OSWindows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1
CPUPentium4/2GHz 以上
グラフィックボードメモリ64MB以上 DirectX9.0以上に対応
メモリ1GB以上
HDD空き容量10Gバイト以上の空き容量

推奨環境

CPUCore2 Duo E6600 2.4GHz
グラフィックボードNVIDIA GeForce 8600 GT
メモリ2GB

動作確認ハードウェア構成

CPUCore2 Duo E6600 2.4GHz
グラフィックボードNVIDIA GeForce 8600 GT
メモリ2GB

推奨スペックの考察

Master of Epicは、完全スキル制というシステムを採用した昔ながらのRPGとなっている。職業も生活も好きなようにカスタマイズが可能で、自由度が高く開始から10年以上経っても人気がある。グラフィックは洋ゲーのようなクセのあるもので、ここが最も好き嫌い分かれるところだろう。完全スキル制は最大で850ポイントとなるスキルポイントがあり、それ以上は割り振れなくなる。

また、他のMMORPGのレベルという概念が無く、落下耐性を上げるには転落を繰り返し慣れていくことになる。高い場所から落ちていると、徐々に落下耐性の経験値が上がって落下耐性のレベルが上がる。このように、全ての行動がスキルのレベルアップに繋がるので必要の無いスキルは上がらないように設定したりして成長させていく。スキルを成長しないようにするだけでなく、退化させることも可能だ。これにより、必要の無いスキルを削り、スキルポイントを手にすることができる。これが最強!というわけではないので個性を出すことが出来る。装備はNPCから購入できないのでコミュニケーションが必須となる。

グラフィックは今のゲームと比べると大きく劣るが、ゲーム性とシステムは非常に優秀。なので正直グラフィックボードは必要ないのではないかと思う。代わりにCPUは少し高めがいい、とは言ってもi5-6500/i5-7500でも十分だろうが…。

Master of Epic向けおすすめのゲーミングPC

  • GALLERIA DH
  • GALLERIA DH価格:99,980円 96,980円
    CPU:Core i5-7500
    GPU:GeForce GTX1050Ti
    メモリ:8GB
    SSD:非搭載
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    低価格ゲーミングPCの決定版だ。とにかく激安ゲーミングPCが欲しいという方におすすめ。50番台の底上げが行われたので心強いだろう。s

    ————————————————————————————————————————

  • GALLERIA DT(ドスパラ)
  • galleriadt価格:99,980円
    CPU:Core i5-7500
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:250GB
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    ミドルスペックとして十分な性能を持っている。もしも他のゲームもプレイするというのであれば視野に入れてもいいだろう。

    ————————————————————————————————————————

  • GALLERIA XF(ドスパラ)
  • xjspec価格:169,980円 159,980円
    CPU:Core i7-7700
    GPU:GeForce GTX1070
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:500GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    Master of Epicだけというのであれば、これらもオーバースペックになるがパフォーマンスは文句なし。

    ————————————————————————————————————————

GamingPCs検証推奨スペック
CPU     :i5-6500、i5-7500以上

そこまで高くなくてもいいが、低すぎると他のことに差し支えることもある。ここでは組み合わせが豊富なi5-6500/i5-7500を選択している。しかし、それ以下でも大丈夫だとは思う。

グラボ    :GTX750Ti、GTX1050以上

オンボードでの動作も確認できたが、そうなるとゲーミングでもなんでもない。今後違うゲームをするかもしれないということを考慮して最低限必要なものを選択している。

メモリ    :4GB以上

恐らく、多くのゲーミングPCが8GBなので8GBを選択することになると思う。

HDD空き容量 :20GB以上

意外と大きいと感じるが、今はもう500GB以上が標準搭載なので問題無いだろう。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

動画

関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ