corei5-9600k画像引用元:https://www.pc-koubou.jp/

当ページでは、Core i5-9600Kの性能レビュー及びおすすめゲーミングPCの紹介をしている。2018年10月に第九世代CPUとして「Core i9-9900K」、「Core i7-9700K」、「Core i5-9600K」と3種が先行して登場した。それらの中で最も下位のCPUだが、CPU全体として見ればゲーミングパフォーマンスは非常に高い。

前世代のモデルや上位モデルと比べてどれぐらいの性能を持っているのかについて詳しく見ていこう。立ち位置的にこのモデルは中上級者向けのモデルだと言える。搭載モデルについては、ページ下部の「Core i5-9600K搭載おすすめゲーミングPC」でまとめている。

>>Core i5-9600Kを確認する(Amazon)<<

Core i5-9600Kの概要

基本スペック

 Core i5-9600KCore i7-9700Ki5-8600K
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lake
プロセス14nm++14nm++14nm++
CPUコア数686
スレッド数686
定格クロック3.7GHz3.6GHz3.6GHz
最大クロック4.6GHz4.9GHz4.3GHz
L3キャッシュ9MB12MB9MB
TDP95W95W95W
価格$262$385$257
発売日2018/10/202018/10/202017/11/02
Core i5-9600のスペックについて見ていこう。i5-8600Kと比べてスペック的に定格クロックが0.1GHz、ブースクロックが0.3GHz上がったぐらいだ。マルチスレッドにも対応していない。基本的には前世代と同じ14nm Coffee Lakeのリフレッシュモデルとなる。大きく性能が向上したということはない。マザーボードのチップセットはZ370でも対応可能だ。もちろん新しく登場したZ390にも対応している。

なお、上位モデルのCore i7-9700Kと比較すると差は大きい。まずCPUコアが8コアと従来よりも33%上がっている。ハイパースレッディングには対応していないためスレッド数が33%抑えられている。とは言え、物理コアの増加はCPUパフォーマンスを高めてくれる。詳細は後述の特徴を参考にして欲しい。

性能

corei5-9600seinou

総合性能を見ると一覧でまとめるとちょうど真ん中に位置している。Core i5-8600Kとの性能差は5%程度で劇的にパフォーマンスが向上したわけではない。Core i5-9400Fよりも10%程度性能が高くなっている。なお、ゲーム性能になるとRyzen 5 3600やRyzen 5 3600Xよりも高いパフォーマンスを発揮する。オーバークロックを考えている中上級者の方にもおすすめだ。

Core i5-9600Kの特徴まとめ

自作ユーザーに最適なCPU

自作PCの構築を考えている場合、Core i5-9600Kは第九世代CPUの中でもトップクラスに最適なCPUの一つだと言える。ゲームプレイではコアが多くてもそれほど生かすことができず、それよりもクロック周波数が高い方が好まれるからだ。この点においてCore i5-9600Kはぴったり当てはまる。

Core i5-9600Kは6コア6スレッドとコア数ではCore i7と比べるて劣ってしまう。ただ、定格クロックが3.7GHz、最大クロック4.6GHzとなっている。定格クロックに関してはCore i7よりも高い。ゲームでのベンチマークを見るとわかるがCore i7シリーズなどの上位モデルとそれほど大きな性能差が出ない。

搭載モデルはほとんどなく割高

BTOパソコンを探す場合Core i5-9600Kを標準で搭載したモデルがない。パソコン工房やパソコンショップセブンぐらいでしか取り扱いがないのが現状だ。それ以外のBTOメーカーではカスタマイズでの対応が基本となっている。

問題は搭載モデルの場合コストパフォーマンスが上がらずおすすめしにくい。極端な話上位モデルであるCore i7-9700よりも高くなってします。オーバークロックをしたいユーザーなら問題はないが、一般的なユーザーならCore i7-9700を選択した方が良いだろう。

上位のCore i7やi9に比べるとインパクトが薄い

Core i5-9600Kのゲームの適正度についてすでに解説した。ゲーミング性能が高く非常におすすめのCPUだ。単体の価格だけで見るとコストパフォーマンスも高い。ただし、コア数が上がったCore i7-9700Kあるいはコア数が上がって初めてメインストリームになったCore i9-9900Kに比べるとインパクトは小さい。

Core i5シリーズも前モデルに比べて性能は上がっているが、インパクトが小さく話題になりにくいかもしれない。BTOパソコンでもそれほどラインナップはなくCore i7-9700Kが主流となっている。それでも優れたコストパフォーマンスを持つCPUがあるということは知っておいて欲しい。

>>Core i5-9600Kを確認する(Amazon)<<

ベンチマーク(レンダリングやエンコード etc.)

Cinebench R15

cinebenchi5-9600kcinebench

レンダリングをさせてCPU性能を計測するベンチマークソフトだ。マルチスレッド性能については、やはりコアが多くハイパースレッディングに対応しているRyzen 5 2600XやCore i7-9700Kに軍配が上がる。それでもシングルスレッドだとCore i7-8700Kに匹敵するパフォーマンスを発揮。i5シリーズも着実に進化していることがわかる。

Handbrake

handbrakei5-9600khandbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測している。数値が少ないほうが高性能だ。コアやスレッドが物を言うソフトウェアだ。こうなるとやはりCore i5だと苦しくなる。Core i5-8600Kに比べると3%-5%程度性能は上がっているが、Core i7-9700Kに比べると大きく劣る。30%ほど掛かる時間が短い。

7-zip

i5-9600k7zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測している。数値が高い方が高性能ということになる。Core i5-9600Kは、Core i5-8600Kに比べて5%の性能アップにとどまっている。Core i7-9700Kとの差は40%と大きい。解凍に関してはRyzen 5 2600Xが健闘している。

ゲームプレイのベンチマーク

ゲームプレイ中のフレームレートを計測。FULL HD+最高設定を基準としている。グラフィックボードがボトルネックにならないように解像度を落としている。Core i5-9600Kのスコアの高さに注目して欲しい。動画のエンコードなどではi7より不利だが、ゲームプレイではそれほど不利になることはなくむしろ高いスコアを叩き出している。

Far Cry 5

farcry5i5-9600kfarcry5

Core i7-8700Kを超える107.6FPSを計測。上位のCore i7-9700Kともほとんど差がない。やはりクロック周波数が大きいのはゲームプレイにおいてはメリットとなるようだ。Ryzen 5 2600Xが苦戦しているのは最適化の問題だろう。

Civilization Ⅵ

civ6civ6i5-9600k

上位のCore i7-9700Kと比べても5%の差にとどまっている。ただ、Core i5-8600Kよりもわずか3%数値が上がっただけだ。Core i5シリーズを選択しておけばそれほどCPUがボトルネックになることはないだろう。

hitman

hitmanhitmani5-9600k

Core i7-8700Kよりも高いフレームレートが高くなっている。ただ、Core i7-9700Kが頭一つ抜け出ているのは物理コアとスレッドがうまく機能しているからだろう。hitmanでもRyzen 5が苦戦しているがクロック周波数が抑えられているのが裏目に出ている。

>>Core i5-9600Kを確認する(Amazon)<<

Core i5-9600K搭載おすすめゲーミングPC

【Core i5】【SSD250GB】【GTX1660】PG-MR(ストーム)

ggearmiddle価格:114,800円(税込)
CPU:Core i5-9400F カスタマイズ可
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4-2666 8GB
SSD:250GB
HDD:1TB
電源:750W 80PLUS GOLD
公式

+12,800円でCore i5-9600Kにアップグレードすることができる。オーバークロックに対応してより高度な使用が可能だ。上級者向けの構成になる。グラフィックボードにはGTX 1660を搭載しFULL HD環境でのゲームプレイがこなせる。メモリ8GB、SSD 250GB、HDD 1TBの構成だ。

LEVEL-M040-i5K-RJS(パソコン工房)

LEVEL-M0B6-i5F-RI価格:104,980円
CPU:Core i5-9600K
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE認証
公式GALLERIA ZZ詳細

最新のGTX 1660 Superを搭載したゲーミングPCだ。一般的に搭載されているCore i5-9400FよりもCPU性能が高くよりゲーミング適正が上がる。CPUとのバランスも良い。オーバークロックができるのも魅力的だ。メモリ8GB、SSD 240GBと必要最低限の構成となっている。できればメモリ容量をカスタマイズして性能の底上げを行いたい。

ZEFT G-K14(パソコンショップセブン)

SR-ii7-8962TS5GPW10価格:154,800円
CPU:Core i5-9600K
GPU:GeForce RTX 2060 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:750W GOLD
公式

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

GPUGeForce GTX 1080 Founders Edition
メモリ16GB G.Skill FlareX DDR4-3200
SSD1TB Toshiba
マザーボードMSI MEG Z390 Godlike
電源ユニットDark Power Pro 11, 850W