GeForce RTX 3080 SUPRIM X 12G LHR画像引用元:https://www.msi.com/ *イメージ

当記事では、GeForce RTX 3080 12GBの性能スペックレビュー&おすすめBTOパソコンの紹介をしている。2020年9月に発売された「GeForce RTX 3080 10GB」の強化モデルだ。すでにドスパラやパソコン工房などでRTX 3080 12GBを搭載したゲーミングPCが販売されている。RTX 3080 10GB搭載モデルと比較検討するとよいだろう。

RTX 3080 12GBではGPUメモリ容量が20%アップで12GBとなりメモリ帯域幅も広くなっている。さらに、CUDAコアが約3%増えてクロック周波数が高い。一方で、ベースクロックが12%程度抑えられていてそれがどのような影響が与えるのか気になるところだ。性能的には上位モデルである「RTX 3080 Ti」に近付いたと言える。マイニング性能に対して制限の加えられたLHR仕様だ。NVIDIAはゲーマーに届けることを第一の目的としている。搭載モデルについては、「GeForce RTX 3080 12GB搭載おすすめゲーミングPC」でまとめている。

よくわかる!!RTX 3080 12GBの特徴まとめ

  • (+)RTX 3080 Tiに近いゲーミング性能を持つ
  • (+)クロック周波数が高い
  • (+)RTX 3080と比べてメモリ周りが強化されている
  • (-)販売価格はRTX 3080 Tiと同等で高価
  • (-)消費電力が大きい
  • (-)ファウンダーエディションは存在しない

>>Amazonで最新価格を確認

RTX 3080 12GBの概要、性能・基本スペックを押さえる!

総合性能

rtx308012gbseinou

GeForce RTX 3080 12GBは、RTX 3080 10GBよりもおよそ12%高いゲーミング性能を持っている。MSIやASUSなどのベンダーが販売しているオーバークロックモデルでは高いクロック周波数を実現している。RTX 3080 12GBは、RTX 3080 Tiに匹敵する性能を発揮するグラフィックボードだ。AMDのフラグシップモデルであるRadeon RX 6900 XTでさえも上回る性能は評価できる。これで上位をNVIDIA製グラフィックボードが占める形となった。レイトレーシング性能でも大きく上回り圧倒している。

基本スペック

 RTX 3080 12GBRTX 3080 TiRTX 3080 10GB
コードネームAmpereAmpereAmpere
GPUGA102GA102GA102
プロセス8 nm8 nm8 nm
トランジスタ数283億283億283億
ダイサイズ628 mm²628 mm²628 mm²
SMs70/8480/8468/84
CUDAコア数8960102408704
RTコア数70基80基68基
Tensorコア数280基320基272基
ベースクロック1260 MHz1365 MHz1440 MHz
ブーストクロック1710MHz1665 MHz1710MHz
GPUメモリ12GB GDDR6X12GB GDDR6X10GB GDDR6X
メモリクロック19.0 Gbps19.0 Gbps19.0 Gbps
メモリバス384 bit384 bit320 bit
メモリバス帯域幅912.4 GB/s912.4 GB/s760.3 GB/s
TDP350W350W320W
価格$799$1199$699
発売日2022/01/112020/09/012020/09/17

RTX 3080 12GBでもRTX 3080 10GBと同じGPUであるGA102を採用している。プロセスは8nmで、トランジスタ数及びダイサイズも共通だ。SMsの数が2つ増えて70となった。CUDAコアは8960(70×128)で、RTX 3080 10GBと比べて3%程度増えている。RTコア及びTensorコア数もそれぞれ3%アップだ。ベースクロックは12%低く、ブーストクロックは1710MHzと変わっていない。

GPUメモリ容量が20%増えて12GBとなった。メモリクロックは19.0 Gbpsと共通だ。メモリバスは20%アップで384 bitとなる。結果的にメモリバス帯域幅が912.4 GB/sとなった。TDPは9%アップで350Wだ。価格差は$100だ。なお、ベンダーが販売しているモデルの場合価格は$1200オーバーでRTX 3080 Tiよりも高い価格設定となっている。ブーストクロックは1845MHzまで引き上げられている。

RTX 3080 TiでもGA102を採用している。SM数は80で、RTX 3080 12GBと比べて14%多い。フルスペックでは84基ある内の4基が無効化されている。CUDAコア数は10240(80×128)と10,000を超えている。RTコアは80基・Tensorコアは320基だ。ベースクロックはRTX 3080 Tiの方が8%高く、ブーストクロックはRTX 3080 12GBの方が2%高い。メモリ周りは共通だ。TDPも350Wと変わらない。価格差は$400だ。

>>RTX 3080を確認(Amazon)<<

GeForce RTX 3080 12GBの特徴&注意点など

GA102の有効活用のために生まれたモデル!?

GeForce RTX 3080 12GBは、GA102 GPUを有効活用するために生まれた可能性がある。上位モデルのRTX 3080 TiではGA102にある84個のSM(ストリーミングマルチプロセッサ)の内4個が無効化されている。つまり、4個以上のSMが機能しない場合必然的にRTX 3080 10GBで採用されることになる。RTX 3080 TiとRTX 3080 10GBではSM数に12もあってさらに価格差が$500もある。

RTX 3080 12GBでは84個の内70個が有効化されているGPUが活用されている。それで価格は$100アップだ。NVIDIAにとってもユーザーにとってもこれはメリットが大きい。NVIDIAからするとGA102の有効活用ができてより効率的にビジネスを行える。ユーザーはRTX 3080 Tiよりも安くRTX 3080 10GBよりも高性能なグラフィックボードを購入できることになる。ギャップを埋められる存在だ。

RTX 3090/RTX 3080 Tiよりも消費電力が高い

rtx3080watt
RTX 3080 12GBの弱点は上位モデルに当たるRTX 3090/RTX 3080 Tiと比べて消費電力が高いことが挙げられる。RTX 3090よりもおよそ6%高く、RTX 3080 Tiよりも8%高い。400Wに迫るほどだ。RTX 3080 10GBとの差は16%と大きい。RX 6900 XT/RX 6800 XTとの差は25%となっている。AMD Ryzen 6000シリーズの省電力性の高さが光る結果となった。

もっとも消費電力が高いとは言ってもこのクラスならいずれにしても十分な容量を持つ電源ユニットが採用されることになる。つまり、BTOパソコンを購入する場合でも自作パソコンを構築する場合でも何かが大きく変わることはない。ある意味誤差の範囲と言えるかもしれない。予算に余裕があればできる限りより高性能な電源ユニットを選択しておけばオッケーだ。

搭載ゲーミングPCが割高でコスパが低い

rtx308012gbpc画像引用元:https://www.dospara.co.jp/

ドスパラではRTX 3080 12GBを搭載したゲーミングPCの価格はRTX 3080 Tiと同等だ。価格差は1万円となっている。一方で、RTX 3080 10GB搭載モデルとの価格差は5万円とかなり大きい。確かに性能はRTX 3080 Ti寄りだが、1万円しか価格差がないのであればRTX 3080 Ti搭載モデルを選択したい。せめてあと1万円は価格が下がらないと厳しいだろう。

パソコン工房でのそれぞれの搭載モデルの価格差は31,900円だ。これは妥当な価格差と言えるかもしれない。ただし、ドスパラのモデルよりも1.4万円~2万円程度高く設定されているため特別安いというわけではない。RTX 3080 12GB搭載モデルが408,980円でRTX 3080 10GB搭載モデルが333,980円となっている。

>>RTX 3080を確認(Amazon)<<

GeForce RTX 3080 12GBのベンチマーク一覧

Borderlands 3

boarderland3

RX 6900 XT131.0
69.9
RTX 3090122.5
70.3
RX 6800 XT121.0
64.3
RTX 3080 Ti118.1
67.8
RTX 3080 12GB114.5
65.7
RTX 3080 10GB104.8
60.5
RX 6800102.0
54.1
RTX 3070 Ti85.6
47.9
WQHD4K
WQHD環境においてRTX 3080 10GBと比べて9%程度高いフレームレートを実現している。4K解像度でも8%程度高い。上位モデルであるRTX 3080 Tiとの差は3%程度で、その差を縮めた形だ。Borderlands 3ではRX 6900 XTに劣ってしまっている。WQHD環境では12%低く、4K環境では6%低い。RX 6800 XTと比べるとWQHD環境では6%低いが、4K環境では2%上回っている。AMD製グラフィックボードが有利なタイトルだと言える。

Far Cry 6

farcry6

RX 6900 XT139.5
84.8
RX 6800 XT134.6
81.1
RTX 3090132.5
84.0
RTX 3080 12GB131.4
82.8
RTX 3080 Ti130.2
82.2
RTX 3080 10GB121.9
75.1
RX 6800118.2
70.1
RTX 3070 Ti107.7
59.4
WQHD4K
RTX 3080 10GBと比べて7%-10%程度高いフレームレートを出している。RTX 3080 Tiよりも少しだけ高いフレームレートとなった。クロック周波数が高いことがプラスに働いているようだ。RTX 3090とのフレームレートの差は1%程度だ。WQHD環境ではRX 6900 XTと比べて6%低く、4Kでは2%低い。WQHD環境ではRX 6800 XTよりも2%フレームレートが低くなっている。AMD製グラフィックボードとjの相性がよいタイトルだと言える。

Flight Simulator

flightsimulator

RX 6900 XT79.9
51.3
RTX 3080 Ti79.6
54.1
RTX 3080 12GB79.3
52.9
RX 6800 XT78.3
47.9
RTX 309078.9
55.4
RTX 3080 10GB78.3
46.4
RX 680075.4
39.8
RTX 3070 Ti71.6
38.7
WQHD4K
Flight SimulatorではWQHD環境でさえCPUがボトルネックとなっている。RTX 3080 10GB以上のモデルについては性能差は1%前後だ。4K環境ではRTX 3090及びRTX 3080 Tiに次いで3番目に高いフレームレートとなった。RTX 3080 Tiとのフレームレートの差は2%だ。RX 6900 XTと比べても3%程度フレームレートが高い。RTX 3080 10GBとの差は14%とかなり広がっている。

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2

RTX 3090119.3
83.8
RTX 3080 12GB117.2
80.9
RTX 3080 Ti116.4
81.4
RX 6900 XT112.9
76.5
RX 6800 XT106.5
72.3
RTX 3080 10GB106.3
74.7
RX 680093.1
63.7
RTX 3070 Ti88.8
60.1
WQHD4K
WQHD環境においてはRTX 3090に次いで高いフレームレートを出した。RTX 3080 10GBと比べて10%程度高い性能を持っている。RX 6900 XTと比べても4%程度高い。4K環境ではRTX 3080 Tiよりもフレームレートはわずかに劣るもののRX 6900 XTとの差は5%上回っている。高解像度でのゲーム適性が高いグラフィックボードだとわかる。

Watch Dogs Legion

watchdogslegion

RTX 3090102.1
64.5
RTX 3080 12GB99.8
63.0
RTX 3080 Ti98.5
62.6
RX 6900 XT97.3
57.8
RX 6800 XT93.1
54.7
RTX 3080 10GB90.1
56.3
RX 680078.1
46.3
RTX 3070 Ti77.0
44.0
WQHD4K
Watch Dogs LegionではRTX 3080 Tiに完勝だ。性能差は1%前後だがしっかりと上回っている。RX 6900 XTと比べても2%-9%程度フレームレートが高い。特に4K解像度での性能差は顕著だ。RTX 3080 10GBとの差は10%-12%となっている。RTX 3090と比べると2%程度フレームレートが低いが価格を考えれば十分だろう。

GeForce RTX 3080 12GBのレイトレーシング性能

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077top

RTX 3080 12GB DLSS73.3
40.4
RTX 309045.9
22.6
RTX 3080 Ti44.0
21.9
RTX 3080 12GB43.7
21.4
RTX 3080 10GB39.1
19.2
RX 6900 XT27.1
13.1
RX 6800 XT25.1
12.2
WQHD4K
RTX 3080 10GBと比べて10%程度レイトレーシング性能が向上している。RTX 3080 Tiと同等のフレームレートだ。RX 6900 XTとの差は60%以上と大きい。AMD製グラフィックボードは、レイトレーシングについては第1世代でNVIDIA製グラフィックボードとの差は大きい。RTX 3080 12GBの場合DLSSを有効化すれば68%もフレームレートが向上する。4K解像度でのゲームプレイは難しいが、WQHD環境なら快適なゲームプレイが可能だ。

Fortnite

fortnite

RTX 3080 12GB DLSS70.9
34.9
RTX 309040.7
19.0
RTX 3080 Ti38.9
18.1
RTX 3080 12GB38.0
17.7
RTX 3080 10GB34.3
16.0
RX 6900 XT27.7
12.9
RX 6800 XT25.2
11.8
WQHD4K
RTX 3080 10GBと比べて10%フレームレートが向上している。RTX 3080 Tiとのフレームレートの差は2%程度だ。RTX 3090との差は7%となっている。RX 6900 XTとの差は35%以上とかなり大きい。DLSSを有効化した場合WQHD環境においてフレームレートは86%も上回る。4K環境では2倍近い伸びを見せる。

Minecraft

minecraft

RTX 3080 12GB DLSS103.2
75.5
RTX 309064.1
32.1
RTX 3080 Ti62.3
30.9
RTX 3080 12GB60.5
29.3
RTX 3080 10GB56.1
27.1
RX 6900 XT31.2
15.2
RX 6800 XT29.2
14.2
WQHD4K
MinecraftではWQHD環境で60fps以上を出している。RTX 3080 10GBと比べて8%もフレームレートが伸びた。RTX 3080 Tiとの差は3%だ。DLSSを有効化すれば4K環境でも75.5fpsと250%以上もフレームレートが向上している。4K環境でも十分ゲームを楽しめる。

>>RTX 3080 12GBを確認(Amazon)<<

GeForce RTX 3080 12GB搭載おすすめゲーミングPC

LEVEL-R769-LC127K-VBX(パソコン工房)

LEVEL-R769-LC127K-VAX価格:328,980円(税込)
CPU:Core i7-12700K
GPU:GeForce RTX 3080 12GB
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:800W 80PLUS GOLD

公式サイト

LEVEL∞の最新のPCケースを採用したモデルだ。つや消しブラックが今風なデザインだと言える。赤いラインがアクセントになっている。税込36万円台と価格がかなり高めだ。もう少し価格が落ち着くのを待ってもよいかもしれない。CPUには最新のIntel第12世代のCOre i7-12700Kを搭載している。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高い。ゲームプレイだけではなく、ゲーム実況・動画編集・画像編集などのクリエイター作業にも最適だ。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。電源ユニットは800W GOLDを採用している。

GALLERIA ZA7C-R38 RTX3080 12G搭載(ドスパラ)

galleriaxseries価格:329,980円(税込)
CPU:Core i7-12700K
GPU:GeForce RTX 3080 12GB
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:750W 80PLUS GOLD

公式サイト詳細

RTX 3080 12GB搭載モデルとしてかなり価格が抑えられている。CPUにはハイクラスのCore i7-12700Kを搭載していて万全だ。12コア20スレッドと従来モデルのCore i9シリーズを超える高い性能を持つ。ハイエンドクラスのRTX 3080 12GBとのバランスも取れる。メモリ16GB、SSD 1TBという構成だ。性能帯を考えるとやや控え目だと言えるかもしれない。電源ユニットは750W GOLDを採用している。

LEVEL-R7X6-LCR58X-VBX(パソコン工房)

LEVEL-R769-LC127K-VAX価格:336,980円(税込)
CPU:Ryzen 7 5800X
GPU:GeForce RTX 3080 12GB
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:800W 80PLUS GOLD

公式サイト

パソコン工房の最新ミドルタワーケースを採用している。BTOパソコンながらオシャレなデザインが人気だ。CPUに第4世代Ryzenシリーズの高パフォーマンスモデルであるRyzen 7 5800Xを搭載している。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲーム実況・動画編集・画像編集などの作業にも対応可能だ。Intel第12世代Core iシリーズと比べるとやや見劣りしてしまう。価格が抑えられていないと選ぶ理由は見つらないはずだ。構成的にはメモリ16GB、SSD 1TBと十分だろう。電源ユニットは800W GOLDを採用している。

GALLERIA ZA9C-R38 RTX3080 12G搭載(ドスパラ)

galleriaxseries価格:349,980円(税込)
CPU:Core i9-12900K
GPU:GeForce RTX 3080 12GB
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:非搭載
電源:850W 80PLUS GOLD

公式サイト

ドスパラのハイクラスモデルだ。CPUにはIntel第12世代のフラグシップモデルであるCore i9-12900Kを搭載している。16コア24スレッドと従来モデルよりもコアが倍増となりより高いパフォーマンスを期待できる。ハイブリッドコアアーキテクチャ採用の集大成だ。RTX 3080 12GBと合わせるには魅力的だろう。あらゆるPC作業に対応できると考えてよい。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。電源ユニットは850W GOLDを採用していて万全だ。

FRGBZ690/C(フロンティア)

FRGBZ590WS価格:419,800円(税込)
CPU:Core i9-12900KF
GPU:GeForce RTX 3080 12GB
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:1200W 80PLUS PLATINUM

公式サイト

Core i9-12900KF×RTX 3080 12GB搭載のゲーミングPCだ。クリアガラスパネルを採用したオシャレなモデルとなっている。メモリはDDR5-4800 32GB搭載と大容量だ。クリエイター作業にも対応しやすい。ストレージはSSD 1TBと必要十分だろう。電源ユニットは1200W PLATINUMを採用している。BTOパソコンではほとんど見かけることのない高容量・高規格電源だ。価格はやや高めだが、構成などを考えると納得できる。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUIntel Core i9-12900K
GPUMSI GeForce RTX 3080 12GB Suprim X
メモリCorsair 2x16GB DDR4-3600 CL16
ストレージCrucial P5 Plus 2TB
電源ユニットCooler Master MWE 1250 V2 Gold
マザーボードMSI Pro Z690-A WiFi DDR4