r9380x画像引用元:https://www.gigabyte.com/

当記事では、Radeon R9 380Xの性能スペック&ベンチマークを検証している。2015年6月18日に発売されたAMD製ミドルクラスのグラフィックボードだ。フルスペックのTonga GPUを採用している。

価格的にはGeForce GTX 970とGTX 960の隙間に入り込む形だ。ちょうど穴ができていた部分なので、ユーザーにとってもメリットがあるだろう。基本的にはFULL HDがメインのターゲットとなるモデルだと考えてよい。

>>>Radeon R9 380Xを確認(Amazon)<<<

Radeon R9 380Xの概要

基本スペック

 R9 380XR9 390R9 280X
コードネームTongaHawaiiTahiti
プロセス28nm28nm28nm
トランジスタ数50億62億43.13億
ダイサイズ366 mm²438 mm²352 mm²
CUDAコア数204825602048
ベースクロック970MHz1000MHz850MHz
ブーストクロック--1000MHz
メモリクロック1425 MHz
(5.7 Gbps)
1500 MHz
(6 Gbps)
1500 MHz
(6 Gbps)
メモリバス256 bit512 bit384 bit
メモリバンド幅182.4 GB/s384.0 GB/s288.0 GB/s
GPUメモリ4GB GDDR58GB GDDR53GB GDDR5
TDP190W250W250W
価格$229$290$219
発売日2015/11/192015/6/182013/10/08
Radeon R9 380Xは、Tonga GPUを採用したグラフィックボードだ。技術的にはHawaii GPUを採用しているR9 390よりも一歩先を行っている。Tonga GPUでは最新のGCN 1.2ストリームプロセッサーを搭載しているのが特徴だ。プロセスはR98 390と同じ28nmとなっている。ここは前世代のR9 280Xから変わっていない。

トランジスタ数はR9 280Xよりも15%程度増え50億に達している。その分ダイサイズは366m㎡と僅かに大きい。CUDAコアは同じ2048だ。ベースクロックが13%引き上げられ970MHzとなっている。上位のR9 390では1000MHzまで高くなる。

メモリ周りについては基本的にはダウングレードされている。メモリクロック周波数は1425MHzと5%ダウン、メモリバスも256bitだ。当然メモリバンド幅も182.4GB/sに抑えられている。一方で、メモリ容量は3GB→4GBへと1GB増えている。これは高解像度でのゲームプレイ時などに有利に働く。また、消費電力が大幅に抑えられているのもポイントだ。250Wから190Wへと25%近く省電力性が高められている。価格は$10アップだ。

R9 390では、R9 280Xよりもワンランク高いGPUメモリを採用している。メモリバスが512bitになり、メモリバンド幅も384.0 GB/sと余裕がある。さらに、GPUメモリも8GB GDDR5を採用していてより強化されている。その分消費電力は高いが、ワットパフォーマンスは比較的良好だ。

NVIDIA製モデルと比較

 R9 380XGTX 960GTX 970
コードネームTongaGM206GM204
プロセス28nm28nm28nm
トランジスタ数50億29.4億52億
ダイサイズ366 mm²228 mm²398 mm²
CUDAコア数204810241664
ベースクロック970MHz1127MHz1050MHz
ブーストクロック-1178MHz1178MHz
メモリクロック1425 MHz
(5.7 Gbps)
1753 MHz
(7.0 Gbps)
1753 MHz
(7.0 Gbps)
メモリバス256bit128bit256bit
メモリバンド幅182.4 GB/s112.2 GB/s224.4 GB/s
GPUメモリ4GB GDDR52GB GDDR54GB GDDR5
TDP190W120W148W
価格$229$169$289
発売日2015/11/192015/01/222014/09/18
NVIDIA製のグラフィックボードと比較していく。R9 380Xは、価格的にちょうどGTX 960とGTX 970の真ん中に入っている。ここが最大のポイントだ。28nmプロセスはすべてのモデルで共通となっている。GTX 90シリーズと比べてCUDAコアが多くベースクロックが抑えられているということがわかる。性能を考えるとトランジスタ数も比較的多くダイサイズも大きい。あとはアーキテクチャの違いがどこまで影響を与えるかといったところだろう。

一方で、メモリ周りに関してはGTX 970が優秀だ。メモリクロックも1753MHzと25%近く高くそして7.0Gbpsとなっている。メモリバンド幅が224.4 GB/sだ。GTX 960については、メモリバスが128bitでメモリバンド幅も112.2 GB/sと下回っている。GPUメモリも半分の2GBに留まる。消費電力についてはR9 380Xの完敗だ。上位モデルであるGTX 970よりも高い消費電力は厳しい。ここは改善の余地があるはずだ。

Radeon R9 380Xの特徴まとめ

性能はエントリークラスに及ばない

r9380xseinou
Radeon R9 380Xの性能は、現行モデルでいうとGeForce GTX 1650にも及ばない。GeForce GTX 1050 Tiと同等でゲーミング性能ははっきりと低い。FULL HD環境で設定を下げることで対応していく必要がある。

それでも5年前に発売されたグラフィックボードであることを考えると合格点を挙げられるだろう。世代を重ねるごとにグラフィックボードの性能は引き上げられるが、ミドルクラスのモデルならある程度は使い続けられるということだ。

消費電力が高くコストが掛かりがち

r9380-watt
消費電力が高いというのはデメリットとなる。これは発売当時から言われ続けていることだ。この時代のAMD製グラフィックボードは消費電力の高さが悩みのタネだった。公称値よりもGTX 970の消費電力が高かったのでなんとか面目を保っている。

しかし、性能の似ているGTX 960と比べて40%以上も消費電力が高いのは痛い。2020年時点でエントリークラスの性能を持っているが、消費電力を考えると積極的に選ぶ理由は浮かばない。同等の性能を持つGTX 1650のTDPは僅か75Wだ。

中古での入手は困難を極める

2020年時点で中古で入手することはできないだろう。Amazon.co.jpやドスパラでも販売されていない。GTX 960やGTX 970の在庫はちらほら見かけるので、入手が難しいR9 380Xは発売当時それほど売れなかったということだろう。入手できたとしても消費電力の高さからおすすめしにくい。後継モデルのRadeon RX 500シリーズから一気に評価が上がっているように思う。

当然消費電力が高いと電源ユニット・CPUクーラー・PCケースなどにコストを掛ける必要がある。それならGTX 1650やGTX 1660 SUPERを購入してパソコンを組み上げた方が結果的に安上がりだ。古いモデルということで故障リスクも付きまとう。

>>>Radeon R9 380Xを確認(Amazon)<<<

Radeon R9 380Xのベンチマーク

FULL HD環境及びWQHD環境でのフレームレートを計測している。注目はGTX 960やGTX 970との性能差及び前世代のR9 280Xとの性能差だ。

Battlefield 4

battlefield4r9380x-battlefield4

R9 380Xが苦戦している。なんと前世代のRadeon R9 280Xよりも10%程度フレームレートが低い。価格が安いGTX 960よりも3%-4%劣っている。GTX 970との差は70%近くと大きい。タイトル次第ではスペック通りのパフォーマンスを発揮できないようだ。

Call of Duty:Advanced Warfare

callofdutyr9380x-cod

ここではGTX 960に対して18%程度フレームレートが高い。WQHD環境では14%と差が縮まる。GTX 970との差は30%でやはりGTX 960寄りのグラフィックボードだということがわかる。R9 280Xよりも3%劣るのは気になるところだ。この結果だと買い替えを推奨することができない。

Far Cry 4

farcry4r9380x-farcry4

Far Cry 4でもCoDと同様の結果だ。前世代のRadeon R9 280Xに及ばないのはメモリ周りの違いが大きいのかもしれない。

>>>Radeon R9 380Xを確認(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。