rx480top画像引用元:https://jp.msi.com/

当記事では、AMD Radeon RX 480の性能スペック&おすすめBTOパソコンを紹介している。2016年6月に発売されたグラフィックボードだ。多くのAMDファンが待っていたPolaris世代のモデルということになる。

発売された当時はミドルクラスをターゲットにしていた。つまり、GTX 970やGTX 960ということになるが…まさかの展開が待ち構えていた。2016年頃はNVIDIAの一強だったと言えるかもしれない。

よくわかる!!Radeon RX 480の特徴まとめ
総合評価 :45/100
ゲーム評価:40/100

  • (+)GTX 970と同等のゲーミング性能を持つ
  • (+)意外と使用しているユーザーが多い
  • (-)GTX 1070の登場で蚊帳の外となってしまった
  • (-)発売当時搭載モデルがほとんどなかった

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 480の概要、基本を押さえる!

基本スペック・仕様

 RX 480RX 470R9 390
GPUPolaris 10Polaris 10Hawaii
プロセス14nm14nm28nm
トランジスタ数57億個57億個62億個
ダイサイズ232mm2232mm2438mm2
CUDAコア数2304基2048基2560基
コアクロック1120MHz926 MHz1000 MHz
ブーストクロック1266MHz1206 MHz-
メモリクロック2000MHz
(8.0Gbps)
1650MHz
(6.6Gbps)
1500 MHz
(6.0Gbps)
GPUメモリ8GB4GB8GB
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
メモリバス256 bit256 bit512 bit
バンド幅256.0 GB/s211.2 GB/s384.0 GB/s
TDP150W120W275W
価格$229$179$329
発売日2016/06/292016/08/042015/06/18
Radeon RX 480は、初めてPolaris 10を採用したグラフィックボードだ。性能面では飛躍的に向上している。R9 390のHawaiiと比べてプロセスが28nmから14nmへと半分に縮小化された完全に新しいモデルだ。プロセスの縮小化によって、ダイサイズが54%小さくなっているにも関わらずトランジスタ数は8%ダウンに留まる。かなり有利に働くことが予想できる。小さい部分でもCU(コンピューターユニット)の改善によってパワー効率が向上している。

グラフィックス性能の要となるCUDAコアは2560基から2304基へと10%ダウンだ。一方で、コアクロックが12%アップしている。一部メモリ周りも強化され、8.0Gbpsを採用となった。メモリバスを512 bitから半分の256 bitになりバンド幅も落ち込んでいる。これも消費電力の削減に貢献している。275Wから150Wへと大幅に抑えられているのは評価できる。VRAMが4GBのモデルもあるが、ここでは8GBモデルを中心に扱っていく。当記事のベンチマークでは、性能的に同等であるR9 390の上位モデルであるR9 390Xをピックアップしている。

下位モデルであるRX 470との大きな違いはクロック周波数だ。アーキテクチャは共通でトランジスタ数などに違いはない。RX 480がPolaris 10のフルスペック版でRX 470がそのダウングレード版ということだ。CUDAコアが11%ダウンとなっている。コアクロックが17%、ブーストクロックが5%それぞれ抑えられている。GPUメモリも半分の4GBだ。バンド幅は211.2 GB/sとなる。価格差は$179でGTX 950とGTX 960の間に収まる形だ。

NVIDIA製GPUと比較

 RX 480GTX 970GTX 1070
アーキテクチャGCN 4.0Maxwell 2.0Pascal
GPUPolaris 10 XTGM204GP104
プロセス14nm28nm16nm
トランジスタ数57億個52億個72億個
ダイサイズ232mm2398mm2314 mm²
CUDAコア数2304基1664基1920基
コアクロック1120MHz1050 MHz1506 MHz
ブーストクロック1266MHz1178MHz1683 MHz
メモリクロック2000MHz
(8.0Gbps)
1753MHz
(7.0Gbps)
2002MHz
(8.0Gbps)
GPUメモリ8GB4GB8GB
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
メモリバス256 bit256 bit256 bit
バンド幅256.0 GB/s224.4 GB/s256.0 GB/s
TDP150W148W150W
価格$229$329$379
発売日2016/06/292014/09/192016/06/10
NVIDIA製グラフィックボードと比較していく。性能的な競合はGTX 970だ。Radeon RX 480は、$199で販売されているGTX 960を超える性能を持っている。GTX 970はプロセスが28nmとかなり大きく時代を感じさせられる。それもそのはずで発売は2014年9月とRX 480の約2年前に発売されたモデルだ。トランジスタ数は52億、ダイサイズは398m㎡となっている。プロセスが28nmと大きいので、このダイサイズは仕方がない。RX 480は232m㎡とかなりコンパクトにまとまっていてその上でトランジスタ数が10%多い。

コアクロックについてもRX 480の方が高い。GPUメモリについてもGTX 970の倍増の8GBだ。メモリタイプは同じGDDR5でメモリバスは256 bitとなっている。バンド幅が256.0 GB/sと15%程度高い。価格差は$100とそれなりに開いている。発売がかなり前であることを考えるとスペックや価格は納得できるだろう。考え方次第では、Radeonシリーズがやっと2年前のグラフィックボードに追い付いたと言える。NVIDIA製グラフィックボードの性能の高さが光る。

なお、Radeon RX 480の発売より前にGTX 970の後継モデルであるGTX 1070が登場している。性能差は非常に大きくGTX 970とは別物だ。プロセスはRX 480の14nmには及ばないものの16nmへと縮小化されている。トランジスタ数は72億とかなり増えた。それでもダイサイズがGTX 970よりも小さいのは素晴らしい。クロック周波数が高いにも関わらず消費電力が150Wに抑えられているのはPascalアーキテクチャの評価すべきところだ。

Radeon RX 480の特徴まとめ【2020年】

GTX 1650とほぼ同等の性能を持っている

rx480seinou
上記テーブルは、現行モデルを含めたグラフィックボードのゲーミング性能をまとめたものだ。現行のGeForce GTX 1650に近いゲーミング性能ということになる。FULL HD環境なら設定を下げることである程度のゲームに対応することが可能だ。発売から4年の月日が流れてミドルクラスからエントリークラスまでランクが落ちている。

GTX 1650と比べた優位性はメモリ容量が8GBとかなり余裕があることだ。ただ、一般的に大容量のVRAMは、高解像度でのゲームプレイ時に威力を発揮するので、FULL HDが前提のRX 480ではなかなか活かせないのが現状だ。それでも負荷の掛かる場面などではプラスに働くだろう。

今でも使っているユーザーが多い

rx480statistics引用元:Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査: November 2020

Steamの統計によると、Radeon RX 480の利用ユーザーの割合は0.43%とそれなりに数になっていることがわかる。下位のRadeon RX 470だと0.29%とさらに少ない。GTX 970が1.75%でTOP 15に入っていることを考えるとやはり人気は劣ってしまう。統計を見てわかるとおりグラフィックボード全体で見るとそれほど知名度のあるグラフィックボードではないが、AMD製グラフィックボードの中ではユーザーが多い。これだけ古いモデルの中では健闘していると言える。

中古価格は税抜12,000円前後

rx480-dospara画像引用元:https://used.dospara.co.jp/

Radeon RX 480の中古価格は税抜12,000円前後だ。GTX 1650ど同等かやや安い価格なのでこの性能帯を求めるなら意外と狙い目だと言えるかもしれない。この時代のAMD製のグラフィックボードは、NVIDIA製のグラフィックボードと比べると販売数も少なく中古でのタマもそれほど多くないことは押さえておこう。

新品での購入を考えているなら在庫を探すのが難しいので、その場合はGTX 1650を選択するとよいだろう。税抜14,000円程度から購入することが可能だ。長く使うことを考えると新品でGTX 1650を選択する方が結果的に安くなる可能性がある。

Radeon RX 480の発売当時の評価【2016年】

GTX 970に匹敵するゲーミング性能を持つ

Radeon RX 480は、GeForce GTX 970に匹敵するゲーミング性能を持つグラフィックボードだ。価格帯的に上のグラフィックボードと同等の性能を持っているのはユーザーからするとメリットが大きい。前世代のRadeon R9 380と比べて40%以上性能が向上している。Polarisアーキテクチャの本領発揮だ。VR環境の構築を考えている方にもおすすめできる。

GTX 970の後継モデルとしてPascal世代のグラフィックボードが登場した。GTX 1070などこのPascal世代のグラフィックボードと比べると分が悪い。NVIDIAの最新グラフィックボードは、アーキテクチャの改良によって大幅にパフォーマンスを向上させている。下位であるGTX 1060 3GBと比べてもパフォーマンスは劣ってしまう。R9 390X/R9 390/R9 380X/R9 380からの買い替えを考えている方は難しい立場だ。

R9 390よりも消費電力が大幅ダウン

rx480-watt

Polaris 10アーキテクチャーになって大幅に消費電力が引き下げられている。上記テーブルを見れば一目瞭然だ。プロセスの縮小やコンピュータユニットの改良がプラスに働いているということだ。これは非常に大きなメリットだと言える。

電源ユニットをそのまま維持できる可能性が上がり、買い替えのハードルが下がるという側面もある。NVIDIA製グラフィックボードに大きく劣っていた部分が克服できている。Radeon R9 390と比べて35%-40%程度省電力性が高い。ただし、新しく登場したGTX 1070と比べると見劣りしてしまうのは事実だ。

>>>Radeon RX 480を確認(Amazon)<<<

Radeon RX 480のベンチマーク一覧

各タイトルについてFULL HD×最高設定でのフレームレートを計測。これでどのぐらいゲームプレイが快適化を把握できる。GTX 1060 3GBやRadeon RX 470とのスコア差に注目して欲しい。

Rise Of The Tomb Raider

Rise Of The Tomb Raider

GTX 1070103.6
62.5
GTX 98073.7
44.6
R9 Fury X66.9
43.0
RX 48063.4
41.3
R9 390X58.1
39.8
GTX 97043.7
30.6
FULL HDWQHD
Radeon R9 390Xよりも高いスコアが出ているのはアーキテクチャの進化の結果だ。R9 390Xよりもおおよそ9%高い。WQHD環境になると差が4%と縮まるがそれでも価格帯を考えると魅力的だろう。GTX 970との差も大きい。ただし、想像どおりGTX 1070が他を圧倒する形だ。

Battlefield 4

battlefield4

GTX 1070135.2
84.4
R9 Fury X95.6
64.8
GTX 98093.0
60.4
R9 390X83.7
57.7
GTX 97081.1
50.6
RX 48069.9
45.5
FULL HDWQHD
Battlefieldではややスコアが伸び悩んでしまった。GTX 970よりも13%程度低い。Radeon R9 390Xとの差が大きいのも気になってしまう。タイトルによっては思ったとおりのスコアがでない。ただし、ドライバのアップデートである程度改善される可能性もある。

Grand Theft Auto V

gta5

GTX 1070103.4
76.4
R9 Fury X84.0
68.4
GTX 98076.6
57.0
GTX 97067.6
48.2
R9 390X67.1
47.9
RX 48066.3
49.8
FULL HDWQHD
GTA 5でも一番下になってしまった。R9 390Xよりも1%-2%程度低い。狙いとしてはGTX 970よりも安価でより高い性能を目指したはずだが、GTA 5では実現しなかった。WQHD環境ではR9 Fury X以上の性能がないと厳しそうだ。

Hitman

hitman

GTX 107073.5
55.7
R9 Fury X65.4
52.3
RX 48058.9
42.4
R9 390X57.0
43.2
GTX 98052.6
36.6
GTX 97048.5
32.7
FULL HDWQHD
Hitmanでは素晴らしい結果を出している。FULL HD環境ではR9 390Xよりもわずかながらフレームレートで上回った。60fpsまでは届かなかったが価格帯を考えると十分だろう。GTX 970よりも20%以上フレームレートが高いのは評価できる。ややNVIDIA製グラフィックボードが苦戦している。

>>>Radeon RX 480を確認(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya