Radeon R9 390
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当記事では、Radeon R9 390の性能スペック&ベンチマークを検証している。NVIDIA製ミドルクラスのGTX 970の対抗モデルとして2015年10月に発売されたグラフィックボードだ。

GTX90番台が発売されてから1年の歳月が流れすぐにNVIDAが次世代モデルをリリースするだろう。それを考えるとそれほどおすすめできるわけではない。Radeon R9 290からの実質リネームモデルということもあり革新的なモデルとはならなかった。

>>>Radeon R9 390を確認(Amazon)<<<

Radeon R9 390の概要

基本スペック

 R9 390R9 390XR9 290
コードネームHawaiiHawaiiHawaii
プロセス28nm28nm28nm
トランジスタ数62億62億62億
ダイサイズ438 mm²438 mm²438 mm²
CUDAコア数256028162560
周波数1000MHz1050MHz947MHz
メモリバンド幅512bit512bit512bit
GPUメモリ8GB GDDR58GB GDDR54GB GDDR5
TDP250W275W250W
価格$290$429$240
発売日2015/6/182015/6/182013/11/7
およそ2年前に登場したR9 290と比べると大きな部分での違いはない。アーキテクチャが同じで完全にリネームモデルだからだ。それでもGPUメモリが倍増とクロック数が5%上がっている。特にGPUメモリ倍増はパフォーマンスに与える影響が大きい。価格が$50引き上げられているのはパフォーマンスが上がった分に対してのプレミアム価格だ。

上位のR9 390XになるとCUDAコアが10%上がり、クロック周波数も5%高くなる。確実に性能は上になるということがスペックからもわかる。消費電力も10%アップしているのは仕方がないだろう。価格は$429とかなり高めだ。コストパフォーマンスを考えるとR9 390の方が好ましいだろう。

NVIDIA製モデルと比較

 R9 390GTX 970
コードネームHawaiiGM204
プロセス28nm28nm
トランジスタ数62億52億
ダイサイズ438 mm²398 mm²
CUDAコア数25601664
周波数1000MHz1050MHz
メモリバンド幅512bit256bit
GPUメモリ8GB GDDR54GB GDDR5
TDP250W145W
価格$290$257
発売日2015/10/92014/9/19
GTX 970と比べていこう。プロセスは同じ28nmを採用している。トランジスタ数はR9 390の方が多くダイサイズも一回り大きい。メモリバンド幅が倍増の512bitでGPUメモリが倍増の8GBとなっている。スペック的にはR9 390の方が高いが、ゲーム側の最適化の問題もあってうまくパフォーマンスを発揮できていない。消費電力が73%高い250Wというのはデメリットだと言える。

総合性能

r9390seinou

総合性能ではやはりGTX 970に及ばない。これはタイトルによって大きくスコアが変わってしまうことにも触れておかないといけない。それぞれ得意とする分野があるので、適正を考えて選択する必要がある。

R9 390Xとの性能差もそれほど大きくなく、やはりこの世代では大きな進歩がなかったと言える。前世代のR9 290Xよりも性能が高いのは評価できる。Radeonが大きく変わったのはその後登場したRX Vega 56/64からだろう。R9 390はそれまでのつなぎだ。現行モデルで言えばRX 5500 XTと同等でいわゆるエントリークラスのグラフィックボードになっている。

Radeon R9 390の特徴と強み

ゲーミング性能は控え目

Radeon R9 390は、2020年時点ではそれほど高いゲーミング性能を持っているわけではない。現行モデルのエントリークラスであるRX 5500 XTやGTX 1650 SUPERにも劣ってしまいFULL HD環境でも設定調整が必須となる。

快適なゲームプレイを考えている方には不向きだ。CPUもエントリークラスのものでも十分合わせることができる。低コストのゲーミングPCを構築したいなら意外と悪くないのかもしれない。

中古で購入することは難しい

中古で取り扱いのあるショップを見つけることは難しい。基本的にはこれから購入することは不可能だと考えてよい。友人や知人に譲ってもらえるなど特殊なケースを除いて基本的に見ることもないはずだ。ゲーミング性能もそれほど高くないので、基本的には現行のエントリークラスあるいはミドルクラスのグラフィックボードを購入した方が満足度が高い。

Radeon R9 390発売当時の評価【2015年】

Radeon R9 390は、GPUメモリ8GB搭載のGTX 970対抗製品となるハイクラスのグラフィックボードだ。フルHD環境ではGTX 970に近い性能を持っているものの価格が高いというデメリットが目立つ。しかし、高解像度においてはGTX 970を少し上回る場面もある等なかなか優秀なようにも思える部分もある。

元々の性能はそこまで高くないので高解像度に対応できるといっても、設定は大きく落とさなくてはならないため実用性は低い。4K解像度となると本来高解像度に対応していないGTX970を下回ってしまい、本末転倒な結果となっている。前方の200番台ではR9 290XよりR9 290のほうが優れているという結果が出ている。正しくはベンチマーク上ではほとんど差がなかったということだが。

リネームに近いモデルである以上、そういう面も持っているのかもしれないが全体的な性能はGTX 970より大きく下回る。それでも場面によっては大きく上回ることもあるので圧倒的な差があるわけでもなく、やはりGTX 970とGTX 960の間だろう。価格もGTX 970より高いためあまりおすすめは出来ない。

潜在能力は高くGTX 970よりも高負荷に耐えられるので現状は好みでR9 390を選んでも問題は無さそうだ。また、消費電力はNVIDIA製品の上位モデル並みなのも変わらない。これは性能云々というよりも、ブランドで決めた結果というのが最適な選択になることは間違いない。

>>>Radeon R9 390を確認(Amazon)<<<

Radeon R9 390のベンチマーク

FULL HD環境+最高設定での平均フレームレートを計測。WQHD以上になると性能不足となるので、FULL HDが最適だろう。もっともこの解像度がユーザー利用者の分布が多いところなので問題はない。

Battlefield 4

battlefieldr9390-battlefield

R9 290よりも8%パフォーマンスが向上している。実質上位モデルであるR9 290Xを上回っているのはさすがだ。GTX 970よりも6%高くしっかりと上回っている。タイトルによってはしっかりと結果を出している。

Grand Theft Auto V

gta5r9390-gta5

R9 390が、GTX 970を上回る結果となった。4K解像度では10%の差がある。前世代のR9 290よりも5%高い。やや物足りなさはあるが、最低限のパフォーマンスは発揮できている。

Hitman

hitmanr9390-hitman

R9 390は、R9 290Xを僅かながら上回っている。GTX 970との差もかなり大きい。高解像度での性能の高さが光る。

>>>Radeon R9 390を確認(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

ベンチマークテスト環境

desktoppc

参照元:AMD Radeon R9 Fury X Review (TECHSPOT)