rx570top
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon公式)

当記事では、AMD Radeon RX 570の性能スペック&ベンチマークを紹介している。2017年4月18日に発売開始となったグラフィックボードだ。2016年に発売されたRadeon RX 470のリネームモデルとなっている。リネームということで以前と同じGPUである「Polaris」を少し改良しただけに留まる。

形式上アーキテクチャがPolaris 10からPolaris 20に変わっているが、スペック的にもそれほど大きな変更点はない。AMD製グラフィックボードの中でもSteamでユーザーの多いモデルだ。競合となるGeForce GTX 1060 3GBと比較しながら性能について見ていこう。ただし、搭載ゲーミングPCのラインナップはほとんどなかった。後継モデルは、Naviアーキテクチャを採用した「Radeon RX 5500 XT」だ。7nmプロセスとさらに一回り小さくなって省電力性に磨きが掛かっている。

よくわかる!!Radeon RX 570の特徴まとめ
総合評価 :20/100
ゲーム評価:20/100

  • フルHDでのゲームプレイに最適(+)
  • GTX 1060 3GBよりも安くコスパが高い(+)
  • 性能面ではGTX 1060 3GBに劣ってしまう(-)
  • RX 470からのリネームモデルに過ぎない(-)

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 570の概要、基本を押さえる!

基本スペック・仕様

 RX 570RX 580RX 470
アーキテクチャGCN 4.0GCN 4.0GCN 4.0
GPUPolaris 20Polaris 20Polaris 10
製造プロセス14nm14nm14nm
トランジスタ数57億個57億個57億個
ダイサイズ232m㎡232m㎡232m㎡
CUDAコア数2048基2304基2048基
コアクロック1168MHz1257MHz926MHz
ブーストクロック1244MHz1340MHz1206MHz
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
VRAM4GB8GB4GB
メモリクロック7 Gbps8 Gbps6.6 Gbps
メモリバス256bit256 bit256 bit
バンド幅224.0 GB/s256.0 GB/s211.2 GB/s
TDP150W185W120W
価格$169$229$179
発売日2017/04/182017/04/182016/08/04
Radeon RX 570は、Radeon RX 570は、Radeon RX 470のリフレッシュモデルということで大枠は共通している部分が多い。アーキテクチャはGCN 4.0で、GPUがPolaris 20だ。Polaris 10のリフレッシュ版がPolaris 20ということになる。製造プロセス・トランジスタ数・ダイサイズ・CUDAコア数とすべて同じだ。RX 470からRX 570への買い替えは考える必要がない。

コアクロックが27%引き上げられ、ブーストクロックが3%引き上げられている。その他メモリクロックが6%高い。7.0Gbpsメモリを搭載しているということでバンド幅が僅かながら高くなっている。まとめるとクロック周波数とメモリ周りが少しだけ変わったということだ。なお、クロック周波数が高くなったことで消費電力も上がり150Wとなっている。RX 470よりも25%アップだ。

パワー効率でNVIDIA製グラフィックボードに敵わないので、性能に対するコストを重視した形だ。実際はゲーミング性能でもGTX 1060 3GBに及ばず、やはり一年後登場のモデルとしてはやはり物足りない。上位のRX 580も基本的には同じだ。クロック周波数の引き上げとメモリ周りの強化だ。それほど革新的なグラフィックボードとは言えない。

GeForce GTX1060 3GBと比較

 RX 570GTX 1060 3GBGTX 1060 6GB
アーキテクチャGCN 4.0PascalPascal
GPUPolaris 20GP106GP106
製造プロセス14nm16nm16nm
CUDAコア数2048基1152基1280基
コアクロック1168MHz1506MHz1506MHz
ブーストクロック1244MHz1708MHz1709MHz
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
GPUメモリ4GB3GB6GB
メモリクロック7 Gbps8 Gbps8 Gbps
メモリバス256bit192 bit192 bit
メモリバス帯域幅224.0 GB/s192.2 GB/s192.2 GB/s
TDP150W120W120W
価格$169$199$249
発売日2017/04/182016/08/182016/07/19
GeForce GTX 1060 3GB/6GBとスペックを比較している。製造プロセスについては、GTX 1060ではRX 570よりも一回り大きい16nnを採用している。プロセスがコンパクトになると同じ大きさでもより多くのトランジスタ数を搭載できたり、パワー効率が上がったりとメリットがある。AMDが強みとしている部分だ。

RX 570はCUDAコアがかなり多い。アーキテクチャが異なるので純粋に比較できるわけではないが、参考となる部分はある。NVIDIA製グラフィックボードは、クロック周波数がかなり高い。メモリ周りについてはRX 570が優秀だ。GTX 1060 3GBよりも1GBだけGPUメモリが多いというのもポイントだ。消費電力についてはGTX 1060が優れている。

RX 570については搭載BTOパソコンがほとんどなかったため自作ユーザーの方向けのグラフィックボードとなっていた。まだこの時代はNVIDIA製グラフィックボードが優勢だ。

Radeon RX 570の特徴まとめ【2022年】

性能は現行のロークラスに及ばない

rx570seinou202204
Radeon RX 570は、Radeon RX 470と比べて僅かに性能が伸びている。これはクロック周波数を引き上げた結果だ。世代が変わった割にはそれほど伸びていないと多くのゲーマーが感じるだろう。Radeon R9 380XやRadeon R9 380と比べると十分ゲーミング性能が伸びていることがわかる。これらのモデルからの買い替えであれば十分選ぶ理由がある。

現行モデルでいうとGTX 1650よりも5%程度性能が高くロークラス相当ということになる。フルHD環境で標準設定を基準とする必要がある。同じ価格帯のGTX 1060 6GB/GTX 1060 3GBはGTX 1650 SUPERと同等で現在でも使いやすい。GTX 1060との差は意外と大きく完敗だ。NVIDIAの最新のAmpere世代のRTX 3050がリリースされて立場が苦しくなっている。

AMD製GPUで2番目に利用者が多い

rx570statistics出典:(Steam, 2020)

Steamの統計によるとRadeon RX 570はユーザーの多いグラフィックボードであることがわかる。ユーザー数の多いGTX 1060の競合モデルということでRX 570を選んだユーザーが多いということだろう。ついにAMDもグラフィックボード市場でもシェアを獲得してきている。

Antigua世代のRadeon R9 380X/R9 380とはワンランク以上パフォーマンスが高くゲーム適性が向上している。発売されてしばらくしてから価格が下落したのも要因の一つだと思う。Radeon RX 580のシェアが2.14%に対して1.48%とNVIDIA製グラフィックボードがシェアを占める中で健闘していると言える。

市場ではRX 570 8GBモデルが主流

Amazonなどを見るとRadeon RX 570の8GBモデルが主流であることがわかる。メーカーで言えばRadeon RX 570 8GT OCV1が最も安価だ。RX 570 4GBモデルを探すならメルカリやヤフオクなどが中心となる。8GBモデルでも新品の価格が税抜14,000円なので意外とコストパフォーマンスに優れていて中古で選ぶのはあまりおすすめしない。

かなり古いモデルということもあって価格は下がりきっていてAMDが好きな方なら選択してもよいかもしれない。コストパフォーマンス重視ならGTX 1060 6GBやより世代の新しいGTX 1650を選択するのが吉だ。この時代のAMD製グラフィックボードは期待以上のパフォーマンスを獲得することができずやや見劣りしてしまう。

>>>Radeon RX 570を確認(Amazon)<<<

Radeon RX 570のベンチマーク一覧

各タイトルについてフルHD×最高設定でのフレームレートを計測。これでどのぐらいゲームプレイが快適化を把握できる。GTX 1060 3GBやRadeon RX 470とのスコア差に注目して欲しい。

Rise of The Tomb Raider

Rise Of The Tomb Raiderrx570-Rise Of The Tomb Raider

Radeon RX 570は、RX 470よりも4%だけフレームレートが高い。やはりスペック通り伸びはそれほど大きくないということだ。Radeon R9 380と比べると48%スコアが伸びている。ここからの買い替えであればメリットが大きい。GTX 1060 3GBと比べるとほぼ同等のスコアだ。GTX 1060 6GBになると性能差は12%と大きくなってしまう。

Battlefield 1

battlefieldrx570-battlefield1

Battlefield 1ではGeForce GTX 1060が強い。6GBと3GBでワンツーフィニッシュだ。GTX 1060 3GBでもRadeon RX 580を上回っている。RX 570との差は15%-20%と大きい。AMD製グラフィックボードが苦戦している。なお、RX 470よりも5%-10%伸びているのでしっかりと進化していることは評価したい。Radeon R9 380と比べると46%もフレームレートが高い。ただし、いずれにしてもWQHD環境でもゲームプレイは厳しいだろう。

Grand Theft Auto V

gta5rx570-gta5

GTA 5でもBattlefieldでは同等だ。RX 470よりも4%程度フレームレートが高い。Radeon R9 380と比べると30%程度高く2世代後に出たモデルだけのことはある。正直GTX 1060に比べると物足りなさはあるが、それなりのゲーミング性能を持っている。

Hitman

hitmanrx570-hitman

HitmanではGTX 1060 3GBと同等のスコアを出している。GTX 1060 6GBとの差は6%程度とそれほど開いているわけではない。前世代のRX 470よりも9%伸びている。価格が安いのであれば選択するメリットはあるだろう。

Ashes of the Singularity: Escalation

ashesofthesingurx570-ashesofthesingularity

GTX 1060 3GBよりも4%低い。RX 470との差は4%で僅かながら性能が高くなっている。意外とくらいついているが、タイトルによってはパフォーマンスが落ちてしまうので安定感は劣ってしまう。

>>>Radeon RX 570を確認(Amazon)<<<

参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya