Radeon RX 5500 XT画像引用元:https://www.techspot.com/

当記事では、Radeon RX 5500 XT 4GBの性能スペックレビュー&おすすめBTOパソコンの紹介をしている。ついに、AMDが競合ひしめく$200(2万円弱)の価格帯に新しいグラフィックボードを投入した。

長らくAMDファンに愛されてきたRX 580やRX 570の後継モデルということになる。Polaris 20からNavi 14へとアーキテクチャが変わったことがどのようにパフォーマンスに影響を与えるのかを見ていこう。

よくわかる!!Radeon RX 5500 XTの特徴まとめ

  • (+)FULL HD環境に適したゲーミング性能を持つ
  • (+)7nmプロセス化によって省電力性が高い
  • (-)競合のGeForce GTX 1650 Superより性能は劣る

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 5500 XTの概要、性能・基本スペック

総合性能

Radeon RX 5500 XTseinou

Radeon RX 5500 XTは、FULL HD環境向けのグラフィックボードだ。後継モデルであるRadeon RX 570と比較して27%程度パフォーマンスが向上している。当初の競合だったGeForce GTX 1650よりも26%パフォーマンスが高いモデルだ。

ただし、RX 5500 XTに合わせて登場したGTX 1650 Superと比較すると3%程度劣っている。AMDからするとNVIDIAの新モデル投入は予想していただろうがやや劣勢となってしまっている。後手後手に回ってしまっている印象が否めない。

基本スペックまとめ

 RX 5500 XTRX 5700RX 570
コードネームNavi 14Navi 10Polaris 20
プロセス7nm7nm14nm
ダイサイズ158n㎡251n㎡232n㎡
トランジスタ数6.4億10.3億5.7億
GPUコア数140823042048
ベースクロック1670 MHz1465 MHz1168 MHz
ゲームクロック1717 MHz1628 MHzN/A
ブーストクロック1845 MHz1725 MHz1244 MHz
GPUメモリ4GB8GB4GB
メモリバス帯域幅224 GB/s448 GB/s224 GB/s
消費電力130W180W150W
価格$169$349$169
発売日2019年12月18日2019年7月7日2017年4月18日

新しいGPU「Navi 14」を採用

AMD Radeon RX 5500 XTは、最新のNavi 14を搭載したグラフィックボードだ。Radeon RX 5500 XTには4GBモデルと8GBモデルがある。ただ、競合のGTX 1650 Superとの価格を比べると4GBモデルの方が比較対象として妥当なためここでは4GBモデルに焦点を当てている。AMD製のローエンドクラスのグラフィックボードの場合2種類のVRAMを搭載していることが多い。クロック周波数は同じだが、パフォーマンス面において8GBが有利であることは言うまでもないだろう。RX 570も4GBと8GB搭載モデルが存在した。

Radeon RX 570で採用されていたPolarisから大きく進化している部分となっている。ただし、24つのコンピューターユニットの内2つを無効化しているのは性能面での調整やメモリ帯域幅とのバランスを考えたものだろう。あるいは今後上位モデルが登場する可能性も否定できない。

また、製造プロセスが14nm→7nmへと縮小されパワー効率向上及び省電力性の向上が図られている。トランジスタ量が増えてクロック周波数も35%-50%向上。それでいて消費電力は150W→130Wへと引き下げられているのだから文句なしだ。なお、上位のRX 5700ではより高性能なNavi 10が採用されていて差別化が図られている。ただ、コンピューターユニット自体は39%少なくなっているもののクロック周波数は6%程度引き上げられている。

2つのグラフィックボードを比較するとメモリについても違いがある。RX 5700シリーズでは256-bitだが、RX 5500XTは128-bitとより狭いバス帯域幅となっている。これがメモリに関しての唯一の違いだ。AMDはRX 5500 XTでもGDDR6メモリを搭載し$200という価格帯で初めての試みとなっている。メモリ帯域幅は448 GB/s→224 GB/sへと大幅ダウンだ。

Radeon RX 5500 XTの特徴&注意点など

FULL HD環境で高いゲーミングパフォーマンスを発揮する

AMDのRX 5500 XT 4GBは、おおよそ期待通りのパフォーマンスを発揮するグラフィックボードだ。当初はGTX 1650が競合だったが、その後NVIDAからGTX 1650 Superが登場したことで競合はGTX 1650 Superに変わった。RX 5500 XT 4GBは、GTX 1650 Superと同様にFULL HD環境に最適なパフォーマンスを持っている。

基本的にRX 5500 XT 4GBとGTX 1650 Superはいずれも優れたグラフィックボードだ。もし、あなたが価格重視でゲームをより快適にプレイしたくてRX 570/RX 580あるいはそれ以上のグラフィックボードを所有していないのであればRX 5500 XTは理にかなう選択となる。

RX 570 4GBとRX 5500 XTをそれぞれ見ると、アーキテクチャの進歩及び7nmプロセスがどれほどAMDを助けたかがわかる。RX 5500 XTのGPUコアはわずか1408だ。一方、RX 570では2048コアと45%ほど多くなっている。理論的な計算性能は、新しいGPUでは高いクロック周波数のおかげで2%高性能になる。

しかしながら、実際はFULL HDのゲーミングパフォーマンスは25-30%高くなっている。これはほとんどNavi及び7nmプロセスによるものだということだ。

初心者向けというよりは自作ユーザー向けのモデル

AMD Radeon RX 5500 XTは、初心者向けとは言えない現状がある。もっともこれはAMD製のグラフィックボード全般に言えることだが…その要因としてゲーミングPCを販売しているBTOメーカーで取り扱いモデルがほとんどなく選択肢がないことが挙げられる。おそらくRX 5500 XT搭載のBTOパソコンは数えられるほどで将来的にも数は増えないだろう。

ぴったり用途に合致するユーザーであれば問題ないのだが、どうしても選択肢が豊富なNVIDIA製のグラフィックボード搭載モデルを選ぶことになってしまう。各ベンダーから単体グラフィックボードが販売されるため自作ユーザーなら問題はない。これらのことからやはりRadeon RX 5500 XTは自作ユーザー向けとなる。

GTX 1650 Superと同様に、数年先まで見据えているのであればVRAMが4GBのモデルの購入は控えた方が賢明かもしれない。最近の多くのタイトルでは60fpsを実現するには中設定あるいは高設定を要求される。今後も状況は改善することはないはずだ。

AMDにしてもNVIDIAにしても最新世代になると価格の底上げが行われてきている。ゲーム側の要求スペックも上がることでハード側の性能も上がり、必然的に最低価格も高くなってしまうのだ。

2019年時点ではローエンドクラスのグラフィックボードでも十分ゲームプレイが可能だ。しかし、もう少し予算を出せばさらに30%以上のパフォーマンス向上が見込める。FULL HD環境で最高設定でのゲームプレイもこなせるし、数年先まで対応することができる。これらの点は理解しておいて欲しい。

OEM向け製品とスペックが異なる

Radeon RX 5500 XTはいわゆる小売店向けのグラフィックボードとなっている。BTOパソコンなどに搭載されるOEM向け製品(Radeon RX 5500)とはスペックが異なる。そういう意味ではRX 5500 XTのリリースは、AMDにとってやや特殊な道を通っている。

AMDが10月の初めに包括的にRadeon RX 5500シリーズについて発表を行った。ただ、その発表自体実はOEM向け製品についてのものとなっていて小売店向けのモデルとは異なっている。つまり、10月の発表時のスペックはOEM向けかつ最大スペックのものということだ。

>>>>>Radeon RX 5500 XTを確認する(Amazon)<<<<<

Radeon RX 5500 XTのベンチマーク一覧

当該グラフィックボードのゲーミングパフォーマンスを見ていく。ゲーミング性能は各タイトルにおけるフレームレートを計測することで把握可能だ。今回は特に前モデルであるRX 570及び競合であるGTX 1650 Superとの性能差に焦点を当てて見ていって欲しい。参考程度にWQHD環境におけるフレームレートも掲載しているが基本的にはFULL HD環境だけを見れば十分だ。

Far Cry 5

farcry5

RX 5500 XT80.1
47.9
GTX 1650 Super76.3
44.8
RX 58070.3
50.1
GTX 165065.8
40.1
RX 57061.3
43.6
FULL HDWQHD
RX 5500 XTがGTX 1650 Superのスコアを上回った。FULL HD環境で80.1fpsとGTX 1650 Superよりも5%高い。WQHD環境でも6%高くFULL HD環境における適正を表している。RX 570と比較すると30%高くなっているのは驚きだ。Navi 14による恩恵だと言える。

Hitman 2

hitman2

GTX 1650 Super78.5
50.7
RX 5500 XT74.1
48.5
GTX 165064.1
41.7
RX 58058.2
39.8
RX 57051.7
35.7
FULL HDWQHD
Hitman 2ではGTX 1650 Superの方が6%高い結果となった。WQHD環境でも同様だ。RX 570との性能差は45%と大きくなっている。ローエンドクラスのグラフィックボードでもパフォーマンスは明らかに高くなってきていることがわかる。世代が古くなってしまうとすぐに性能不足に陥ってしまう可能性があるのだ。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow Of The Tomb Raider

RX 5500 XT64.5
41.3
GTX 1650 Super64.0
41.1
RX 58065.1
43.9
RX 57058.9
39.4
GTX 165050.5
31.8
FULL HDWQHD
RX 5500 XTが1%程度GTX 1650 Superを上回っている。RX 570との差は10%となっている。AMD製のグラフィックボードが優勢という結果だ。

Boarderland 3

boarderland3

GTX 1650 Super45.8
30.6
RX 5500 XT43.6
31.4
RX 58042.8
30.4
RX 57037.2
26.6
GTX 165033.3
22.0
FULL HDWQHD
新しいタイトルでは最高設定でのゲームプレイが厳しくなる。設定調整が必須だ。ただ、ここではあくまでもGTX 1650 Superとの差を見ていきたい。その差は5%となっていてやはりGTX 1650 Superが上回っている。RX 570との差は17%と小さめだ。

>>>>>Radeon RX 5500 XTを確認する(Amazon)<<<<<

Radeon RX 5500 XT搭載のゲーミングPC一覧

GALLERIA ART(ドスパラ)

価格:99,980円
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:Radeon RX 5500 XT
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:500W BRONZE
公式詳細

Radeon RX 5500 XT×Ryzen 5 3500を搭載したゲーミングPCだ。いずれも低価格帯のAMD製パーツとなっている。FULL HD環境における適正がある。設定調整をすれば最新のタイトルにも対応することができる。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBとCPUとグラフィックボードの性能を考えるとやや充実し過ぎていると言えるかもしれない。それでもコストパフォーマンスは高く10万円以下のモデルの中でもおすすめしたい一台だ。

GALLERIA AXRT(ドスパラ)

価格:140,980円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:Radeon RX 5500 XT
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:750W GOLD
公式詳細

RX 5500 XT搭載のミドルクラスゲーミングPCだ。Ryzen 7 3700Xとの組み合わせはややバランスが悪い。GTX 1650 Superに匹敵するゲーミング性能を持ちFULL HD環境に最適だ。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成も充実している。ただし、このクラスのモデルとして考えると価格は高めだ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUIntel Core i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB DDR4-3200
ストレージSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源ユニットEVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
参照元:AMD Radeon RX 5500 XT 8GB review (PCGAMER)