GALLERIA RM5C-R36 12400top


当記事では、GALLERIA RM5C-R36 Minecraft: Java&Bedrock Edition for PC同梱版(以下:GALLERIA RM5C-R36)のレビューとスペックの解説を行っている。最新のIntel第12世代のCore i5-12400を搭載したゲーミングPCだ。Alder Lake世代になってCPU性能が飛躍的に向上している。従来モデルのCore i7-11700と同等以上のパフォーマンスを発揮する。ゲームプレイ+αで考えられる余裕が嬉しい。当該モデルはミドルクラスとして王道な一台だと言える。1万円の値引きと最大7,624ptのポイント還元を評価を上げているが、比較対象モデルが優秀なためそちらも合わせて確認しておくことを推奨する。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R36という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R36」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-12400、R36=RTX 3060ということだ。

GALLERIA RM5C-R36のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5C-R36
価格174,980円(税込)
CPUCore i5-12400
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB660
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 5.6
おすすめ度Cランク

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

GALLERIA RM5C-R36の価格推移

GALLERIA RM5C-R36kakakusuii

2022年11月になって174,980円へと値下げされている。179,980円→164,980円→189,980円→179,980円→174,980円→184,980円→174,980円といい傾向が見られる。円安を受けている状況にも関わらず今回の値下げは驚いた。円安の状況下でこれは頑張っているのではないかと思う。ポイント付与を考えるとお得感がある。

GALLERIA RM5C-R36Tの各タイトル対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R36 12400seinou

GALLERIA RM5C-R36はCore i5-12400とRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。性能のバランスがよく、比較的扱いやすい。Core i5-12400のゲーム性能はまずまずだが、CPUそのものの処理性能は第11世代のCore i7を上回る。

Core i5シリーズとして性能が高くゲーム以外への対応力も優秀だ。ApexLegendsやフォートナイトのような人気タイトルを144Hzで快適にプレイできる。それだけでなく、配信や動画投稿にも適している。ゲーマーからストリーマーまで幅広くおすすめしやすいモデルである。

GALLERIA RM5C-R36の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

Core i5-12400(CPU)

Core i7-1270028,961
Core i5-12600K25,507
Ryzen 7 5800X24,001
Core i5-1240022,546
Ryzen 5 5600X20,616
Core i7-1170020,009
Ryzen 5 560019,765
Ryzen 5 550018,262
Core i5-11600K17,036
Core i5-1140016,019
Ryzen 5 450015,380
Core i3-1210011,415
Core i5-104009,979
Ryzen 5 35009,708
Core i5-9400F8,485

当該モデルでは、Intel第12世代の高コスパなCore i5-12400を搭載している。6コア12スレッドと従来モデルのCore i5-11400と同等ながらアーキテクチャが変わりパフォーマンスが向上している。Core i5-11400との性能差は40%以上と大きい。従来モデルのCore i7-11700を上回る性能は圧巻だ。Ryzen 5 5600Xと比べてもパフォーマンスが高く第4世代Ryzenシリーズの立場を完全に奪ってしまった。動画編集・画像編集・WEBデザインなどのクリエイター作業にも適している。ゲーミングCPUとしての評価も高い。

GeForce RTX 3060(GPU)

RTX 307028,194
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213
RTX 2070 SUPER22,276
RX 6650 XT21,990
RX 6600 XT21,147
RTX 207020,387
RTX 306020,322
RTX 2060 SUPER19,366
RTX 206017,012
RX 660016,900
RTX 305014,734
GTX 1660 Ti14,522

GALLERIA RM5C-R36では型番のR36が示すようにグラフィックスにはGeForce RTX 3060を搭載している。Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードだ。従来モデルのRTX 2060と比べて20%近くもグラフィックス処理性能が向上している。その上位モデルであるRTX 2060 SUPERよりも5%程度性能が高い。RTX 2070と同等の処理性能を誇る。フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。負荷の軽いタイトルであれば高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応することができる。レイトレーシング性能も向上しているが、レイトレーシングをメインに考えるならRTX 3060 Ti以上のモデルを選択した方がよい。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

GALLERIA RM5C-R36の特徴まとめ

1万円の値下げで標準的なモデルへ

GALLERIA RM5C-R36はCore i5-12400×RTX 3060搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。価格が頻繁に変更されるモデルとなっている。174,980円はGALLERIA RM5C-R36の最安値タイだ。今は円安の影響もあってゲーミングPC全体がやや値上げ傾向にあるため、Core i5-12400FとRTX 3060も16万円台が中心になっている。

それらに比べると少し価格は高いものの、18万円台のモデルも登場していることもあって標準的なモデルという立ち位置だ。全体的に価格が底上げされている中で値下げされたことで少し評価が伸びている。ただし、コストパフォーマンスにしても構成にしても標準ど真ん中なので、特別に秀でたものがあるわけではない。他ショップでは価格をしっかり抑えたモデルがある。

本来であればCore i5-12400とRTX 3060を搭載したモデルはコストパフォーマンスを重視したモデルだ。その点で価格の安いモデルがあるなら、あえて選択するモデルにはならない。GALLERIA RM5C-R36はコスパ重視のモデルとしては価格が抑えきれていない。相対的に標準というだけで、優れたモデルは幾つもある。この性能帯のモデルは人気があり、どこのショップのラインナップにもある。

それだけ数が多いので標準であることはプラス要素とは言えないのかもしれない。GALLERIA RM5C-R36は価格が変化しやすいので、もしかすると今より安くなる可能性はある。選択するにしても、価格が変わってからにしたい。今のままでは評価はよくても選びやすいモデルではない。

実質価格ならチャンスはある

当該モデルは現在キャンペーン対象モデルで最大4.4%還元(7,624pt)のポイントが付与される。ドスパラのキャンペーンは構成のアップグレードや価格の値下げというものではない。期間中に選択すればドスパラやSteam等で使用できるポイントが付与されるというものだ。最近のドスパラのキャンペーンはこのポイント付与というものが多い。年に1回程度の割合でポイントと同額分の値上げという意味不明なものもあるので注意したい。

このポイントが付与されることに魅力を感じるなら、場合によっては非常にお得になる可能性がある。今は7,624pt還元となっているが、今の価格で1万ポイントが付与されるキャンペーンがあれば、実質164,980円で選択できることと同じだ。値下げ+ポイント付与であれば実質15万円台もあり得る。ドスパラで買い物したり、Steamでゲームを購入したりするならドスパラポイントは決して悪くない。

もっとも、そのポイント分値下げしてくれるならそれに越したことはないことだ。それを踏まえて魅力を感じるなら、ドスパラのキャンペーンには期待できるかもしれない。それでも単純に安価なモデルを候補に加えたいなら比較の項目でピックアップしたモデルをおすすめしたい。

当然のことながら、誰にとっても価格が抑えられていた方がいい。キャンペーンのポイント付与が1万円分あって実質164,980円でも、同等のモデルが159,980円であれば後者の方がいいはずだ。つまり、GALLERIA RM5C-R36は化ける可能性はあるが、既存のトップモデルに迫ることは難しい。コストパフォーマンスを重視したモデルであるからには、価格という圧倒的な要素を覆すのはできないだろう。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAFRONTIER
イメージgalleriarseriesFRGAH470FWS7
製品名GALLERIA RM5C-R36FRGXB660/WS901/NTK
価格174,980円(税込)144,800円(税込)
CPUCore i5-12400Core i5-12400F
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE600W BRONZE
マザーボードB660B660
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はフロンティアのFRGXB660/WS901/NTKだ。現在のCore i5-12400FとRTX 3060を搭載したモデルの中で最強の存在だ。その強さは構成ではなく価格にある。GALLERIA RM5C-R36と比べると実に3万円も安い。この価格帯の3万円はキャンペーンがあったとしても確実に覆せない差と言える。値上げ傾向にある性能帯といえども、やはり15万円台のモデルが中心に人気モデルとなっている。

少なくともその価格帯に近づかなければおすすめするのは難しそうだ。今ならFRGXB660/WS901/NTKを選んでおけば間違いない。ただ、選択する際に価格が変更されている可能性もあるので注意したい。また、販売が終了していることもある。その時は当サイトのランキングを確認してほしい。優れたモデルの多くはランクインしているので納得できるモデルが見つかるはずだ。

>>GALLERIA RM5C-R36を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R36)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R36は、Core i5-12400×RTX 3060搭載のゲーミングPCとなっている。2022年のミドルクラスの王道的に存在になるのではないかと思う。まだまだ価格は高めで競合モデルが多い性能帯・価格帯ということもあってユーザーにとっては悩むことが多いかもしれない。1万円の値下げ+ポイント付与でやや評価は上がったが、より強力な競合モデルあるため比較対象モデルと合わせて確認しておくとよい。

ゲーム適性はまずまず高くフルHD環境で快適にゲームを楽しむことができる。動画編集や画像編集などのクリエイター作業にも最適だ。Core i5シリーズでもIntel第11世代までのCore iシリーズの面影はない。Core i7シリーズに匹敵する高い性能を持っているからだ。

価格CPUグラボ
174,980円(税込)Core i5-12400RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-R36を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya