gtunetd-stop


当記事では、G-Tune TD-Sの評判とレビューをまとめている。RTX 3060 Ti×Core i7-10700F搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。当サイトとG-Tuneのコラボレーションモデルとなっている。通常ラインナップのG-Tune HM-Bよりも11,480円安いにも関わらずGPUはワンランク上のRTX 3060 Tiを搭載している。それだけコラボレーションモデルはお得だということだ。コストパフォーマンスの高いゲーミングPCを探しているなら選ばない理由はない。

G-Tune TD-Sのスペック

nextgear-micro

ブランド名G-Tune
製品名TD-S
価格Windows 10 / 169,800円(税込)
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★★★★9.9

>>>G-Tune TD-Sを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune TD-Sのゲーミング性能

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou

GeForce RTX 3060 Tiは、Ampere世代のハイクラスに位置するグラフィックボードだ。60番台とは言ってもゲーミング性能は非常に高い。RTX 2080 SUPERとほぼ同等以上の性能を持っている。GPUメモリ容量が8GBと大容量なのも心強い。価格を抑えながら性能も確保するコストパフォーマンス重視型となっている。RTX 3070と同等の性能を有しながらも価格が抑えられていて今最も熱いグラフィックボードだと言える。

多くのユーザーに支持される性能は人気トップクラスを維持している。Core i7-10700Fと組み合わせることで性能を上手く発揮する。何をするにも高い安定性を誇る組み合わせだ。ゲーミングPCに求められる性能をクリアした安心の性能だ。なお、レイトレーシング性能も高くオールラウンドに対応できるのもポイントだ。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は非常に優秀なCPUの一つだ。性能はもちろんコストパフォーマンスの面からも評価が高い。最新のCore i7-11700と比べると性能はやや劣るが価格が安ければ選ぶメリットがある。

高パフォーマンスなCPUはゲームを快適にプレイするだけに留まらず、様々な用途に汎用性がある。動画編集・画像編集などにも対応可能だ。競合であるRyzen 7 3700Xと比べても遜色ないモデルとなった。RTX 3060との相性は良く、グラフィックボードとしっかりバランスが取れている。

総合評価

G-Tune TD-Sseinou

G-Tune TD-SはCore i7-10700FとRTX 3060 Tiを搭載したハイクラスのゲーミングPCである。ハイクラスの中心とも言えるRTX 3060 Tiを搭載しているため、本格的なゲームプレイが可能だ。高解像度にもある程度対応可能で、WQHDであれば144Hzを実現できるタイトルもある。

ただし、4K環境はそこまで得意というわけではない。FF14でも推奨環境を満たせてもカクつく場面があるかもしれない。フルHD、WQHDを中心とするユーザー向けの性能である。フルHDならApex Legendsやフォートナイトで240Hzを目指すことができる。

>>>G-Tune TD-Sを購入<<<

G-Tune TD-Sの特徴

人気モデルのクローンにリニューアル

G-Tune TD-Sは、当サイトでも人気ランキング常連のG-Tune HM-B-KKのクローンモデルだ。今最も人気の構成として注目を集めていたG-Tune HM-B-KKを超えるモデルを協議した結果クローンに落ち着いた。歯がゆさもあるが今のベストだと納得した。高い性能とコストパフォーマンスを武器に、ハイクラス最強モデルに名乗りを挙げる。

たとえこれが当サイトとのコラボレーションモデルでなかったとしてもおすすめだ。これまで70番台のGPUがハイクラスの主役を飾ってきた歴史に終止符が打たれたのだ。それはG-Tune HM-B-KKの登場とともに確実となったと言える。元々RTX 3060 TiはRTX 3070の影に隠れていただけで、ハイクラスの主役になれるポテンシャルはあった。ただ、RTX 3070の方が先に登場していたこと、性能があまり変わらないことから選ばれなかった。

先に登場していたRTX 3070の方がロット数的にも値引きしやすく、価格差が生まれなかったことが要因だ。さらに、半導体不足などでRTX 3070が供給不足に陥り、双方の入荷条件が揃ったことでRTX 3060 Tiのよさが際立った。価格が安く、RTX 3070と同等の性能を持つという強みを上手く発揮できた。元々ポテンシャルの高いグラフィックボードだったことは紛れもない事実だ。

価格の高騰や在庫切れというネガティブなニュースばかりの中、RTX 3060 Tiにスポットが当たったことは喜ばしいことだ。そして、その流れに乗るべくG-Tune TD-Sは強力なモデルに生まれ変わった。価格帯、性能帯最強のモデルとしてこれからも注目したい。ハイクラスのゲーミングPCを探しているなら最もおすすめのモデルだ。

かつての人気を取り戻すための挑戦

G-Tune TD-Sは、かつてミドルクラス最強のモデルとして人気を博していた。それも束の間、次々登場する新製品の前に徐々に人気は低下してきた。それは60番台のGPUよりも70番台のGPUが人気となったことが要因だ。ミドルクラスを中心に展開してきたG-Tune TD-Sにとっては悪い流れにあった。今回のRTX 3060 Tiという選択は、60番台でありながら70番台の性能に近いという理想的なGPUだからだ。

まさにG-Tune TD-Sが目指したかった性能となった。これで人気モデルに返り咲く準備はできたと考えている。優秀な性能と選びやすい価格の両立だ。ただ、今やRTX 3060 Tiがハイクラスの人気GPUであることは周知の事実だ。ここからG-Tune TD-Sを超えるモデルが登場するとなっても驚きはしない。G-Tune HM-B-KKのクローンである以上、出遅れたことは否めない。もしかすると、この人気を維持することは難しいのかもしれない。

そんな一時的な人気であっても、これからの可能性を広げるためには必要なものだ。G-Tune TD-Sは引き立て役のように、あまり優れたモデルとなっていない。そんな微妙なモデルからの脱却を含めてのリニューアルであり、クローンモデルである。優れたモデルが増えることは誰にとってもメリットだと考えての発案である。

弱点のない完成度の高さに注目

G-Tune TD-Sは非常に完成度の高いモデルだ。16万円台のハイクラスのモデルをこう評するのは初めてかもしれない。価格と性能のバランスに関しては随一である。はっきり言って、16万円台で選択できるスペックではない。これほど優秀なモデルはあまり見たことがない。少し前のraytrek XFを見た時のインパクトに近いものがある。今のG-Tune TD-Sには弱点という弱点がない。

ただ、弱点がないということは、ここからの変化に期待しにくいということでもある。G-Tune HM-B-KKのクローンであるため、これ以上を想像しにくい。もしも、G-Tune TD-Sを超えるようなモデルが登場したとしても、対抗できるかは分からない。現時点では他の追随を許さない圧倒的なモデルである。しかし、少し先になると分からない。そこまでのことは考えても仕方がないかもしれない。

それくらい先のことを考えなければ弱みとなる部分を見つけることができない。それこそがG-Tune TD-Sの完成度の高さである。予算や必要な性能がこのあたりなら、選んで後悔するようなモデルではない。間違いなく価格帯、性能帯のトップモデルだ。誰にとっても選びやすい。特に、初心者ユーザーにとってG-Tune製品はサポートが充実しているので安心だ。候補に入っているなら、すぐに選んでしまっても問題はないだろう。

>>>G-Tune TD-Sを購入<<<

G-Tune TD-Sの比較対象モデルを紹介

ブランドG-TuneGALLERIA
イメージnextgear-microRM5C-G50
製品名TD-SRM5C-R36T
ケースミニミニ
価格169,800円(税込)169,980円(税込)
CPUCore i7-10700Core i5-11400
GPURTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源700W BRONZE650W BRONZE
マザボB460B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのGALLERIA RM5C-R36Tだ。価格は同じでも最新のCore i5搭載モデルである。性能的には同等という評価だ。細かい部分ではチップセットや電源に違いがある。この2製品を比べるなら6コアのCore i5か、8コアのCore i7かだ。

現時点では6コアの方がゲームに適しているとされているが、8コア対応のゲームも登場していることからCore i7も負けてはいない。どちらを選んでも一長一短あるように思える。それなら用途の幅の広いCore i7を搭載したG-Tune TD-Sをおすすめしたい。

>>>G-Tune TD-Sを購入<<<

G-Tune TD-Sのおすすめカスタマイズ

項目標準おすすめカスタマイズ
CPUファン標準CPUクーラーCooler Master Hyper 212 EVO
+5,280円
CPUグリス標準CPUグリスダイヤモンドグリス 親和産業 OC7
+2,090円
メモリDDR4-2666 16GB x2変更なし
M.2 SSD512GB NVM Express SSD変更なし
SSDまたはHDDなし1TB HDD
+5,390円
外付けストレージなしBUFFALO HD-NRLD2.0U3-BA
+9,790円
光学ドライブ非搭載DVDスーパーマルチドライブ
+4,180円
光学ドライブ(外付け)なし[ USB2.0 ] DVDスーパーマルチドライブ
+3,740円
電源700W BRONZE700W GOLD
+3,190円
UPSなしなし
外付け拡張デバイス拡張デバイスなしなし
ケースミニタワーケース
( ケースファン 背面×1 搭載 )
ミニタワーケース
( ケースファン 背面×1 前面×2 搭載 )
+3,080円
キーボードなしなし
マウスなしなし
マウスパッドなしなし
ペンタブレットなしなし
スピーカーなしなし
ヘッドフォンなしなし
ゲームコントローラーなしなし
WEBカメラなしなし
Windows Hello デバイスなしなし
ウイルス対策・セキュリティソフトなしなし
ソフトウェア1(プリインストール)Steamクライアントソフト変更なし
ソフトウェア2(バンドル)なしなし
パソコン引越しソフトなしなし
パソコン下取りサービスなしなし
データ復旧サービスなしなし
各種出張サービスなしなし
サポート初期不良対応1ヵ月
センドバック修理保証
変更なし
電話サポート24時間365日電話サポート変更なし
破損盗難保証サービスなしなし
モニタなしなし
プリンター選択なしなし
ブロードバンドルーターなしなし
HUBなしなし
USB周辺機器なしなし
LANケーブルなしなし
サプライなしなし
  • CPUファン
  • Core i7-10700搭載なので標準のファンでも問題はない。今後CPUを交換する可能性があるなら、少し冷却性能の高いCooler Master Hyper 212 EVOを視野に入れたいくらいだ。パーツを交換して長く使用するのか、買い替えて対応するのかで必要性は大きく変わる。CPUの交換の際にはCPUファンも一度取り外すことになる。CPUと一緒に購入してもいい。CPUファンに関しては後から対応できるので優先度はそこまで高くない。

  • CPUグリス
  • CPUファンを交換するなら、冷却効果の高まるダイヤモンドグリスを選択しておきたい。体感できるほどの効果はないのでお守りや保険と言った感じだろうか。標準のファンなら標準のグリスでいい。安価なカスタマイズながら、恩恵も薄い箇所である。こちらも優先度はそこまで高くない。CPUファンとセットでカスタマイズするくらいがちょうどいい。

  • メモリ
  • チップセットがB460なので、選択できる規格はDDR4-2666のみだ。性能的に容量は16GBあれば十分だ。メモリのカスタマイズは必要性が薄い。どうしても32GBが必要だという場合を除き、基本的に16Gを推奨する。

  • M.2 SSD
  • NVMe対応M.2 SSD 512GBが搭載されている。ゲームをメインとするなら必要十分な容量だ。容量の大きいゲームをプレイ予定なら1TBへのアップグレードも悪くない。ただし、コストパフォーマンスが魅力のモデルにとってはマイナス要素となりかねない。必要に応じて外付けのSSDや増設で対応した方がよさそうだ。

  • SSDまたはHDD
  • 用途によってはHDD 1TB以上はあった方がいい。HDDのカスタマイズは容量が増えるほどお得になる。きりがないので2TBくらいを上限に考えたい。動画の投稿を行うユーザーでもない限り、2TBの容量を使い切るのは難しい。価格差がそれほど大きくないので大は小を兼ねるという考えで2TBくらいを選んでおきたい。

  • 外付けストレージ
  • 複数のパソコンを所持しているなら、HDDの追加よりも外付けストレージを選択する方が汎用性は高い。HDDは動画などアクセス時に読み込むファイルを保存するのに適している。そのため、数が多くなるか容量が大きくなるファイルが中心になる。編集作業やアップロードに時間が掛かる作業に関連している。その時、サブPCがあれば外付けストレージのUSBを付け替えるだけでファイルをサブPCで読み込むことができる。

    また、エンコードなど負荷の高い作業をサブPCに任せられるのでメインPCでゲームや他の作業を行える。ファイルを物理的に共有することでアップロードに掛かる時間を大幅に短縮できる。ノートパソコンでも同じことができるので、2台所有する可能性があるなら外付けストレージの方がおすすめだ。

  • 光学ドライブ
  • 光学ドライブを使用する場面は限られている。以前は何をするにもディスクでインストールしていたが、今はオンラインで解決できる。パソコンがネットに繋がらなくなった際に、不具合を解消する手段としておすすめしてきた。しかし、Windows 10になってからリカバリや初期化にディスクを使用しなくなったため、ますます必要な場面はなくなった。必要な用途が見つからないなら後述する外付けタイプを選択する方がいい。

  • 光学ドライブ(外付け)
  • 内蔵タイプではなく外付けタイプの光学ドライブだ。これはUSB接続でディスクを読み込むことができるので、別のパソコンにも使用できる。例えばノートパソコンだ。最近の薄型タイプは光学ドライブ非搭載が主流になっている。外付けタイプならノートパソコンにも使用できる。

    光学ドライブが必要になるのは緊急時や特殊なゲームをインストールするときくらいだ。保険として用意するなら外付けのほうがいい。ただし、Amazonなどで購入すると1,500円程度なので、カスタマイズよりも別で購入した方がお得だ。すぐに必要となることもなく急いで用意することもないはずだ。

  • 電源
  • 構成的に700W BRONZEで十分事足りる。何なら500W BRONZEでも容量的には問題ないくらいだ。それでも、今後CPUやGPUを交換して長く使用するなら700W GOLDへのアップグレードは必要と言えるかもしれない。700W BRONZEで十分だが、安定を求めるなら700W GOLDへのアップグレードもありだ。

  • UPS
  • UPSは停電時などに電源を落とさないようにする予備電源のようなものだ。保存していないデータの損失を防ぐことができる。しかしながら、一般ユーザーにはそれほど有用なものではない。

  • 外付け拡張デバイス
  • Blackmagic Design SWATEMMINI ATEM Mini が選択できる。複数のHDMI入力を切り替えることで配信の映像に動きを出せる。テレビに1カメ2カメのように視点違いの映像に切り替えるデバイスだ。大会やインタビューの映像配信には必要と言える。個人ユーザーでの配信ではあまり必要としないものだろう。

  • ケース
  • G-Tune TD-Sのケースには通常とファン増設の2種類がある。クリアパネル採用のケースが選択できないのは残念だ。通常のケースでも何の問題もない。ただ、電源をアップグレードしたり、今後CPUやGPUを強化していくなら前面ファン2基搭載のケースの方がいい。ただし、ここは後からでも増設できるので必須というわけではない。

  • キーボード
  • ゲームをプレイするならキーボードにこだわりたい。本格的に始めるならメカニカルスイッチ採用モデルがおすすめだ。スイッチの種類によってキーの重さや特性が異なる。より自分に適したものを選ぶことができるということだ。その反面、それぞれの個性は実際に触ってみなければ分からない。

    そのため、カスタマイズでの選択はあまりおすすめできない。実際に店頭で触って自分に合っているかを判断してほしい。どうしてもオンラインで購入する際は、安価なメンブレン方式、キーの重めな黒軸、キータッチ音が大きい青軸を避けるようにしたい。茶軸、赤軸あたりなら無難である。

  • マウス
  • マウスの選択肢はあまり多くない。比較的安価なものをピックアップしているが、Logicool製品しかない。日本人は手が小さいのでLogicoolは人気が高いが、少し軽めの形状と小さめのサイズは必ずしも日本人に合うとは言えない。キーボード同様、実際に手にしてみて選んでほしい。

    特にマウスはゲームに大きな影響を与える。操作しやすいものを選ぶことでゲームのスコアも向上するというものだ。マウスは無線でも有線でも好みでいい。ただし、無線タイプはバッテリーや電池を内蔵するので重くなる。また、プレイ時にバッテリーが切れるということもある。特に強いこだわりがないなら、有線の方が無難である。

  • マウスパッド
  • マウスパッドもLogicool製品2種類しかない。G-Tune製は使用したことがないのでおすすめしにくい。価格的には悪くないかもしれないが、冒険する意味もない。RazerやSteelseries製の人気パッドがないので別途Amazon等で購入することをおすすめする。

  • スピーカー/ヘッドフォン
  • 音声出力にはスピーカーが必要になる。イヤホンやスピーカー搭載のモニターがなければ音が聞こえない。メインの用途がゲームならイヤホンやヘッドセットが基本だ。そうなればスピーカーは必要ない。もっとも、必要であったとしても、ここで選択する必要はない。

    注意したいのはBluetooth対応の無線タイプのスピーカーだ。入力装置はともかく、音に関しては無線ではどうしても遅延が生じる。音楽では違和感はなくても、映像と合わせて見ると遅延が分かる。ゲームでは致命的なことになるのでヘッドホンやイヤホンもできるだけ有線タイプをおすすめする。

  • ゲームコントローラー
  • ゲームパッドを使用できるゲームは限定的だ。しかし、使用できるゲームタイトルではほぼ必須と言えるほど操作性に影響を与える。ここには定番のXbox 360の有線タイプがない。無線にしても、あえてここから選択するメリットはない。別途Amazonで注文しておけばパソコンの到着より早く届くはずだ。無理して選択しないほうがいい。

  • WEBカメラ(オプション)
  • テレワークで需要が増し、一時は売り切れ続出状態だったWEBカメラも今では選択できるようになった。配信用は最低でもLogicool C922N PRO STREAM WEBCAMクラスは必要だ。もっと高性能なものでもない。少なくともカスタマイズで選択するべきものではない。自分に必要なものがあればそれでもいい。分からないまま価格だけで選んではいけない。

  • Windows Hello デバイス
  • Windowsのログインで顔認証を行えるようにするデバイス。便利かもしれないが、それほど利便性の高いものではない。個人的には全く必要性を感じない。セキュリティを厳重にパスワードを長く複雑に設定しているならありかもしれない程度だ。

  • ウイルス対策・セキュリティソフト
  • セキュリティソフトの数は幅広くある。ここから選択するのは賢明とは言えない。自分に合っているかわからず、セキュリティだからと入れると無駄にお金を払うことになる。無料タイプからはじめて、必要に応じて有料タイプに切り替えるくらいでいい。昔と比べてウイルス系の驚異は薄れている。ただし、危険なサイトはそれなりに散見されるので、ブラウザ系のセキュリティはオーバーなくらいでいいかもしれない。

  • ソフトウェア1(プリインストール)
  • Steamをインストールした状態で出荷するかどうかの設定。ゲームをプレイしているなら、その多くがSteamを利用しているはずだ。今使用していなくても、今後利用する可能性が高いのでそのままインストールをおすすめする。

  • ソフトウェア2(バンドル)
  • お得というわけではないので必要なら選択する程度でいいだろう。種類を増やしているものの、グレードはそれぞれ1つなのでピンポイントでほしいソフトがない限りは避けた方が無難だ。ソフトウェアの類は後からでもインストールできるので、必要か不要か分からないなら後回しにしておくべきだ。

  • パソコン引越しソフト
  • パソコンを買い替えた時に、新しいパソコンに古いパソコンの中身を移動させるソフト。無料のソフトもあるのでまずはそちらから検討したい。まるごと移動させるくらいならHDDごと移設した方が手っ取り早い。その場合は保証対象外となるので、修理の出す時は増設したHDDは外して送らなければならないので注意したい。後からでも購入できるのでここで急いで選択する必要はないだろう。

  • データ復旧サービス
  • 消えたファイルやデータを復旧させることができるサービスだ。ただ、失ったファイルやデータを完璧に復元できるわけではない。破損したHDDからデータを抽出するというものだ。保険的なものだが、消えて困るファイルは予めバックアップを取っておこう。そうすればこのサービスは必要ない。

  • 各種出張サービス
  • 技術者を派遣してパソコンの設置や初期設定を行ってくれるサービス。人を現地に送るので人件費の関係か価格はかなり高めになっている。それでもこの系統のサービスの中では安価と言える部類だろうか。
    初めてパソコンを購入し、周りに詳しい人がいないと簡単な操作でも分からないことがある。分からないことが分からないということもあるだろう。そんな時に利用したいサービスだ。一度理解すると二度と利用しないサービスなので完全な初心者向けのサービスである。価格に納得できれば選択するのも悪くない。

  • サポートサービス
  • マウス系のショップは標準で初期不良対応1ヶ月とセンドバック修理保証1年がついてくる。初期不良はPC到着後1ヶ月は無償で修理してくれるものだ。1ヶ月を過ぎるとセンドバック修理保証対象となり、発送時の送料は自己負担となる。

    安心パックはその送料も負担なしになり、24時間の電話サポートの担当が専任スタッフとなる。修理も最短当日の返送、初期不良は新品に交換という対応もしてくれる。もともと充実したサポートがさらにグレードアップする。標準のものでも24時間の電話サポートはあるので、期間を延長するだけでもよさそうだ。

  • 電話サポート
  • 安心パックを選択するとリモートサポートサービスを選択できる。エラーの解決に向けてスタッフがユーザーのパソコンを遠隔操作してくれるものだ。パソコンに不慣れなユーザーにはありがたいことである。
    ある程度パソコンに慣れていると必要性を感じないサービスだ。これはいいサービスだと感じれば加入することをおすすめする。このサポートに関しては魅力的かそうでないかはっきり分かれる。このあたりは初心者と中級者以上を分ける一つのバロメーターと言えるかもしれない。

  • モニタ
  • iiyama製の優れたモニターが選べるが、価格は決して安いものではない。ゲーミングモニターは価格が下がっていることもあり、あえてカスタマイズで選択する必要はないだろう。iiyama製にこだわりがなければ別途Amazon等での購入をおすすめする。ちょうど購入を予定していたモデルがあったなら選択してもいい程度だ。

  • ブロードバンドルーター
  • ルーターは非常にバリエーションが多い。ここで選択できるものは限定的で、用途と環境がぴったり合うことはほとんどないだろう。家電量販店やオンラインショップで購入する方がいい。マンションなのか、一軒家なのか。部屋の広さはどのくらいなのかで選択肢は変わってくる。場合によっては複数個必要になることもある。それらも考慮して選択することを推奨したい。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro
G-Tune TD-Sでは、G-Tune自慢のミニタワーが採用されている。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。

ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

管理人による総評(G-Tune TD-S)

nextgear-micro

G-Tune TD-Sは、当サイトとのG-Tuneのコラボレーションモデルとなっている。RTX 3060 Ti×Core i7-10700Fを組み合わせたモデルだ。意外とこの組み合わせのモデルは少なく人気が高い。ハイクラスのモデルながら税込み16万円台という価格設定は売れないわけがない。ついに当該モデルの本領発揮となったようだ。

価格CPUグラボ
169,800円(税込)Core i7-10700FRTX 3060 Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

*記載内容は更新時点のものです。内容について万全を期するようにしておりますが、ご購入前に必ず公式サイトのスペックをご確認くださいませ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!