NEXTGEAR-MICRO TD-S

当記事では、NEXTGEAR-MICRO TD-Sの評判とレビューをまとめている。当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルでコスパを重視した一台だ。

2019年12月19日追記!!
期間限定で5,000円オフのキャンペーン実施中となっている。景表法の関係で価格の二重表記ができないため販売ページでは価格の違いはない。しかし、カスタマイズ・お見積りのページから値引きを確認することが可能だ。

NEXTGEAR-MICRO TD-Sの概要

スペック

im620

ブランド名NEXTGEAR
製品名TD-S
(シルバー)
価格Windows 10/119,800円

キャンペーン / 114,800円
CPUCore i7-9700
GPUGeForce GTX1660
メモリDDR4-2400 8GB
SSDNVMe 256GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB360
コストパフォーマンス・通常時
★★★★★★★☆☆☆ 6.7

・キャンペーン時
★★★★★★★★☆☆ 7.6

対応タイトル

NEXTGEAR-MICROim620SA1-TDtitle

フルHDでは最高の性能を発揮する一方で4K解像度のような高解像度には対応仕切れない。高解像度を避け、フルHD環境でのゲームプレイであればオールランドモデルと言えるだろう。全てのゲーミングPCの基準となるモデルだ。非常に優れたモデルであることは胸を張って言える。そのため、このモデルを基準として考えると良い製品を選びやすいのではないだろうか。

ただ、高すぎる評価は他製品を大きく上回っているため、基準としては高すぎる気もする。特に下位モデルを選択する場合は妥協も必要となるだろう。高い設定でゲームプレイを行う予定なのであれば、念の為メモリは16GBにしておきたい。また、性能は圧倒的に高いというわけではないため、ゲームによっては最高設定などは避けたほうが良いこともある。設定次第で様々な場面に対応できるが、高望みは禁物だ。

>>>NEXTGEAR-MICRO TD-Sを購入する<<<

NEXTGEAR-MICRO TD-Sのゲーミング性能

GeForce GTX 1660

sa2-e-sports-gtx1660

前世代のGTX 1060 3GBよりも高い性能を持ち、価格は同等という前世代よりも優れたミドルクラスのグラフィックボードだ。フルHD+標準設定を基準にしていれば、ほぼ全てのゲームを快適にプレイすることができる。

ゲーミングPCに搭載されているグラフィックボードの中でも上位の人気を誇る。ただし、GTX 1660は優秀なグラフィックボードながら、GTX 1660 Superの登場でその役目を終えようとしている。価格面での優位性がなければ存在価値が薄くなってしまう立ち位置の難しいモデルとも言える。

Core i7-9700

sa2-e-sports-i7-9700

Core i7-9700は、バランスの良い性能で人気のCPUだ。ミドルクラス~ハイクラスまであらゆるグラフィックボードと相性が良い。GTX 1660との相性も良く、ゲームに作業にマルチな活躍が期待できる。

性能と価格の釣り合いも取れており、コストパフォーマンスの高いCPUでもある。迷ったらi7-9700を選択しておけばとりあえず間違い無いというくらいには優れたCPUだ。オーバースペックを考えていない初心者の方にも最適と言える。

総合性能

NEXTGEAR-MICRO TD-Sseinou

CPU性能は全てのゲームの推奨環境をクリアしている。しかし、グラフィックボードとメモリは届いていない。つまり、このグラフで言えば最高設定でのゲームプレイは厳しいということだ。
標準設定、もしくはそれに近い設定であれば快適になるため、最高設定を求めるユーザーには適していない。CPUが足かせになるというようなことはないのでその点で言えば安心である。

NEXTGEAR-MICRO TD-Sを選ぶ理由

セールで評価向上も選択肢の一つ止まり

i7-9700とGTX 1660を搭載したミドルクラスの性能を持つモデルは非常に人気が高い。それだけに似た製品だけでなく上位モデルとなるような製品も多く登場している。5,000円引きにより存在感を示したものの、頭一つ抜けたわけでも突出した何かがあるわけでもないためようやくスタートラインと言ったところだ。

明確な上位互換は存在していないものの、数千円で圧倒的に優れたモデルに手が届くなど不遇なモデルになりつつある。この5,000円引きはその不遇を解消するには少し物足りないかもしれない。ただ、選択肢の一つに留まることはできたのではないだろうか。もっとも、期待していた効果はそんなものではなかったので「選択肢の一つ」止まりと言ったほうがしっくりくる。

総合的なバランスが良いモデルではある

CPU、GPUの性能とコストパフォーマンスと人気の高さ、必要十分のHDD 1TBとNVMe対応SSD 256GBを搭載している。これは性能と構成のバランスを考えたものであり、誰にとっても扱いやすいモデルである。ゲームに作業に趣味に、何にでも幅広く無駄なく対応できるゲーミングPCだ。

その一方で、本来ゲームに特化しているゲーミングPCに求めるべきものではないという側面がある。何にでも使えるハイブリッドは同時に器用貧乏に陥りやすい。今でこそセールで5,000円引きされたものの、他製品の多くは値下げや構成の変更を行っていることで手遅れ感は否めない。

総合的なバランスが良いモデルは特徴として捉えられず平凡なモデルと受け取られてしまうのか、性能に特化したモデルと比べると勢いが無いのが現実だ。

おすすめカスタマイズ紹介!あなた好みに仕上げる

構成面に不満があればカスタマイズをする余地も十分に残している。メモリの増設など様々なカスタマイズが可能だ。コストパフォーマンスを追求しつつ、選びやすいモデルという意味では最強と呼べるだろう。実質的なコストパフォーマンスは従来モデルよりも向上しており、ゲーミングPCの中でも群を抜いている。

メモリ

memorycustom
余裕があればメモリを増設しておくと良いだろう。8GB→16GBになるメリットは大きい。特にPUBGなど最新のタイトルをいつでも快適にプレイできる環境を作るのなら16GBは必須と言える。もちろん設定を下げることで8GBでも快適にプレイすることは可能だ。

従来モデルとの比較

ブランドNEXTGEAR-MNEXTGEAR-M
製品名TD-S im620SA1-TD
ケースミニミニ
価格119,800円129,800円
CPUi7-9700i7-9700K
GPUGTX1660GTX1060 3GB
メモリDDR4-2400 8GBDDR4-2400 8GB
SSDNVMe 256GB120GB
HDD1TB2TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザボB360Z390
CPUとHDD容量、チップセットの規格は下がった。しかしグラフィックボードは新型になり、SSDはNVMe対応256GBにアップグレードされ、価格は1万円下がっている。総合的に見れば同等ではあるが価格の分だけ選びやすく、コストパフォーマンスは上々だ。

非常に優秀なミドルクラスとして、これまでのオールラウンド志向ではなくよりコアにゲーミング志向へ変更した。これにより、価格帯最強の座を奪われていたSILVERモデルはその座に返り咲いた。拡張性に多少デメリットを感じるが、それを補って余りある製品に仕上げられている。

>>>NEXTGEAR-MICRO TD-Sを購入する<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名NEXTGEAR-MGALLERIA
イメージNEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDgalleriaxg
製品名TD-SXT
価格119,800円
(114,800円)
129,980円
(119,980円)
CPUi7-9700i7-9700
GPUGTX1660GTX1660Ti
メモリDDR4-2400 8GBDDR4-2666 8GB
(16GB)
SSDNVMe 256GB500GB
(NVMe 512GB)
HDD1TB1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードB365B365
公式公式公式
詳細当ページ詳細
ここがポイント!!

比較対象はミドルクラス最強クラスのGALLERIA XTだ。価格が119,980円に値引きされた状態であれば勝ち目がない。グラフィックボード、メモリ容量、SSD容量で劣る以上、1万円の差であっても正直厳しい。

GALLERIA XTが存在しなければNEXTGEAR-MICRO TD-Sももっと輝けたと思えるくらいには圧倒的な差がある。5,000円引きされても存在感を出せないのは、ミドルクラスの最強モデルが近い価格帯に存在しているからだ。

当記事のまとめ

人気の高かった構成を更に進化させたモデル。人気モデルの傾向をしっかり話し合い、今よりも更に良くするように吟味した。誰にでもおすすめしやすく、前モデルと比べて確実にパワーアップした新モデルはしっかりとニーズに対応していく。性能面では人気の高いRTX2060搭載モデルには及ばないが、構成とCPU性能で安定感と利便性を追求している。多くのゲームプレイにおいて、高い満足度も残せるモデルであるため候補に入れても良いはずだ。

発売から時間が経ちやや魅力が減少してしまっている。2019年12月の5,000円OFFキャンペーンでなんとか踏みとどまった。それでも競合モデルであるGALLERIA XTと比べると見劣りしてしまう。上位のNEXTGEAR TD-Gの方が良いかもしれない。

コストパフォーマンスの高いモデルだが最高の性能ではない。価格帯と性能帯で最強のモデルであることは間違いない。手放しで喜べないのは、あくまでもFULL HD環境での適正が高いだけで、それ以上の場面で通用する最高の性能を持っているわけではないことだ。ミドル帯と言っても幅広く、例えばメモリ16GBの製品やGTX1660Ti搭載の製品などがある。そこにコストパフォーマンスや価格を加味するならばトップクラスに君臨するが、性能だけで見るとそうではない。

価格やコストパフォーマンスを無視すれば、これより優れた製品は数多くある。あくまで、このモデルを頂点とするには、コストパフォーマンスや価格という概念が必要なのである。4K解像度などの高解像度でのゲームプレイを予定している場合は、選択してはいけないモデルであるため注意したい。あくまでも、フルHD環境を想定しての性能であることを留意して頂きたい。15万円以下で最も評価の高いゲーミングPCであり、最もおすすめしたいモデルである。

>>>NEXTGEAR-MICRO TD-Sを購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ | 価格が安く取り扱いゲーミングPC数が多いショップ

NEXTGEAR-MICRO TD-Sを販売しているショップの評判を解説している。当サイトとのコラボモデルやプロゲーマープロデュースのモデルなど様々なモデルが販売されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る