Core i5-7400の性能スペックまとめ【2018年】 | 現行のi3-8100よりも性能は低い、現時点でゲームプレイで選択するべきではない!

corei5-7400top画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当記事では、Core i5-7400の性能スペックを紹介している。今は最新のi5-8400が登場しているが、2018年時点での評価などについて解説している。i5-7400を搭載したゲーミングPCは当然販売されていない。

第7世代のCore i5-7400は一世代前の同じナンバリングであるi5-6400よりも性能が高くなっている。ただし、i5-7500のような大幅な性能アップはされていない。


Core i5-7400の概要

スペック

 i5-7400i5-7500i5-6400
コードネームKaby LakeKaby LakeSkylake
CPUコア数444
スレッド数444
定格クロック3.0GHz3.4GHz2.7GHz
最大クロック3.5GHz3.8GHz3.3GHz
TDP65W65W65W
前世代のi5-6400とKaby Lakeの上位モデルであるCore i5-7500と比較をしている。i5-6400からの進化を見るとクロック数アップのみとなっているが、確実に性能は上がっている。

しかし、上位のi5-7500と比べるとそれほど高い性能というわけではない。i5シリーズではi5-7500がメインと考えて良い。安価な選択肢ではあるものの、i5-7500とは価格差も無いため選択するメリットは薄いCPUだと言える。

性能

corei5-7400seinou

性能をグラフにまとめている。販売当時は比較的低価格なゲーミングPCに搭載されていることが多かった。しかし、現行の第八世代CPUと比べるとやはり性能は低い。

現行のCore i3-8100にも負けてしまっている。i5-8400は、6コアにアップしている恩恵から大幅な性能アップとなっている。

Core i5-7400の現在の評価

ゲームプレイでの購入は避けるべき!

当サイトでは一貫してi5-7400を推奨していなかったが、それは今も変わらない。やはり2018年になると負荷の高いタイトルが増えてきている。そう考えるとやはり第7世代ならi7以上を購入しておきたい。不安を煽るような記述となったが、実際はどこまで負荷を我慢できるかという問題でもある。

CPUの性能が重要なゲームでも、最適化が不十分なゲームだとi7-7700Kであっても負荷を感じてしまうし、逆に最適化がしっかりしていればi5-7400でも快適だ。プレイするゲームの特性を理解しつつ選択するのがベストだが、i5-7400を選択する場合は過度な期待はしないほうが無難だろう。

ソケットは第6世代のLGA1151と同じであるため、マザーボードの流用は可能。もっとも、この性能であればi3以下の製品からの買い替えとなるため、流用するケースは稀有だろう。グラフィックボードと違い、CPUの交換は非常に手間である。最初からある程度の性能を選択しておけば、長く使用することが出来る。

Core i5-7400の特徴と販売当初の評価

性能的には必要最低限のCPU

Core i5-7400は、標準的な性能を持つ従来のi5-6500よりは少しだけ上回っているがほぼ同等の性能を持つCPUだ。従来モデルであるi5-6400と比べると、伸び幅は優秀な部類だが…。i5シリーズの中では搭載モデルは少なく、搭載されているモデルの多くは低価格帯になっている。

バランスを考えるとGTX1050やGTX1050Tiとの組み合わせだろうか。ナンバリング一つ違うi5-7500が優秀であるため存在感は薄く、ラインナップも少ない。特徴としては僅かに安いということもあり、10万円を切るモデルに搭載されていることがほとんどだ。低価格帯を支えるモデルとしては優秀な性能とも言える。

低価格ゲーミングPCで搭載

ゲーミングPCの性能としては及第点程度のものだが、予算を抑えたいユーザーにとっては選択肢になることもある。ストレージ等の構成を削り、性能も僅かに落としてギリギリまで価格を下げたモデルの象徴的な存在。一つ上に優秀なCPUがあることから、差別化を図るためにあるように思える。

物足りないと感じる場面は多いが、ゲームの種類によっては十分なパフォーマンスを発揮することもある。ライトなゲームや用途では、これ以上の性能を必要としないため、ピンポイントな性能を選ぶ際には一考の価値がある。しかし、様々なゲームをプレイする予定なのであれば避けたい。

全体で見れば性能の高い部類に入るCPUだが、ゲーム用途として今後は厳しくなるかもしれない。予算に余裕がある場合は一つ上のi5-7500や、コストパフォーマンスに優れたi5-7600K,i7-7700なども視野に入れたい。基本無料系のゲームは、遊びやすくユーザーを集めるために要求スペックが低めの傾向にある。しかし、そんな基本無料系のゲームも、CPUの要求スペックは少し高めが最適となりつつある。

ゲームはグラフィックボードだけではないため、CPU選びも慎重にするべきだ。そう言った意味でおすすめしにくいが、どうしても10万円以下のモデルを選択しなければならない場合は頼みの綱となる。

設定を調整すればある程度ゲームプレイは可能

長く使うことを想定した場合のコストパフォーマンスはどうしても低くなってしまうが、製品自体は悪いわけではない。軽いゲームであれば十分であり、用途をしっかり決めておけば無駄のない選択肢だ。そうは思っても、昔と違ってゲームは数え切れないほど増えている。時間が経てば目移りするほど魅力的なゲームを見つけてしまうだろう。

その時、性能が不足で満足に遊ぶことが出来なくては目も当てられない。選ぶときのコツは自分が必要とする性能の一つ上である。ゲーミングPCとしては安いものだが、10万円の買い物は決して安くない。もしも、妥協などでこの製品を選択するのであれば、もう少し考えてもらいたい。

設定を下げることで対応出来るゲームは確かに多くある。グラフィックの美しさなどは二の次というユーザーも居ることだろう。ただ、設定を下げて負荷を下げることで不利に働くゲームも存在している。FPSなどのゲームでは設定を上げるとスモークなどの視認性が悪くなったりするように、設定を下げることで重要な情報が失われる可能性がある。

過去にプレイしたMMORPGでは、即死攻撃を行うモーションが正しく描写されず、突然死んでしまうようになったりもした。ゲームによって違うため、性能が高ければ様々なものに対応出来るのに対し、性能が低ければ設定を上げることでかかる負荷も不利に働いてしまう。大は小を兼ねるではないが、性能が高いということはそれだけで選択肢が増えるのだ。


あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

ゲーミングPCの選び方

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 最新ゲーミングPCおすすめランキング(TOPページ)
  • 最新のおすすめゲーミングPCランキングを紹介している。常に新しい情報をお伝えできるように意識しているこだわりのコンテンツだ。
  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 製品ごとの価格、性能、コスパ指標を一覧表にまとめている。ゲーミングPC購入前にチェックすれば相場感やショップの力の入れ具合がわかるので参考になるだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ