ff14suisyou

当記事では、FF14プレイに必要なスペックとおすすめのゲーミングPCを紹介している。予算が限られている方を除けばある程度スペックに余裕を持たせたパソコン選びをしたい。

MMORPGの世界観を楽しみたい方はハイエンドモデルを選択すると良いだろう。とにかく早く知りたい方はFF14のおすすめゲーミングPCを参考にして欲しい。

FF14プレイに必要なスペック

必要環境

OSWindows 7/64bit、8.1/64bit、10 /64bit
CPUIntel Core i5 2.4GHz 以上
メモリ4GB
GPUGeForce GTX 750以上又は
Radeon R7 260X以上
解像度1280x720
HDD空き容量60GB

推奨環境

OSWindows 7/64bit、8.1/64bit、10 /64bit
CPUIntel Core i7 3.0GHz 以上
メモリ8GB
GPUGeForce GTX 970以上又は
Radeon RX 480以上
解像度1920x1080
HDD空き容量60GB

FF14におすすめのゲーミングPC紹介!

FF14は他のゲーム推奨モデルとは違い、購入特典が無いため選択のメリットは薄い。特に、ゲーム推奨とは言っても通常のモデルとは名前が違うくらいしか差がない。

なので、FF14推奨モデルの枠内から選択するのはデメリットになる可能性もある。そこで当サイトが独断で、FF14推奨モデルよりお得で優れた推奨モデルを提示しようと思う。

NEXTGEAR-MICRO TD-S(G-Tune)

im610価格:119,980円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:8GB DDR4
SSD:NVMe 256GB
HDD:1TB
電源:500W BRONZE
公式詳細

推奨環境を満たした価格を抑えたゲーミングPCとなっている。当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルで、対応力の高さが魅力だ。選びやすく、遊びやすいをテーマに組み上げたモデルでこれからゲームを始めるためのエントリーモデルとして、低スペックからの脱却を試みるユーザー向けとしたミドルクラスである。


NEXTGEAR-MICRO TD-G(G-Tune)

im610価格:119,980円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:8GB DDR4
SSD:NVMe 256GB
HDD:1TB
電源:500W BRONZE
公式詳細

推奨環境を大きくクリアしており、快適にプレイできるラインもしっかり超えている現行のミドルクラスだ。当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルで多くのゲームに対応できるように構成している。FF14だけではなく現在登場しているゲームもクリアできているため、いろいろなゲームをプレイしたいユーザーにもおすすめだ。


GALLERIA XF (ドスパラ)

価格:178,980円
CPU:Core i7-9700 Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4 8GB DDR4 16GB
SSD:500GB 512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:CORSAIR 650W BRONZE
公式詳細

4K解像度も視野にいれたハイクラスのゲーミングPCでフルHD環境ならどんなゲームにも余裕を持って対応できる。予算に余裕があるなら是非とも狙いたいドスパラ人気No1モデルだ。フルHD環境でFF14をメインにプレイする場合はややオーバースペック気味であるため性能が無駄になりやすい。ただ、これまでのアップデートで要求スペックが上がったことを考えれば長くFF14をプレイするつもりなら候補に加えておいても良さそうだ。


FF14を快適にプレイするラインは実際にはそこまで高くはない。というよりもゲーミングPCが大きく変化したことで、低価格で推奨環境をクリアできるモデルが増えている。例えばCPUのi7 3.0GHz以上という部分も末尾T、Sがついていなければ第一世代でも概ねクリアでき、現行の第9世代であればどれを選んでもクリアすることが可能だ。

おすすめしているモデルでは予算が合わないという場合は気軽に問い合わせて欲しい。FF14に対応した低価格なゲーミングPCを予算に合わせて紹介したり、購入予定のモデルで快適にできるかの判断に迷った場合にも対応できる。購入して後悔しないようなベスト選択に繋がればと思う。

現在おすすめしている3製品はフルHD標準設定以上で快適にゲームがプレイできるようなモデルをピックアップしている。i7-9700以上、GTX 1650以上の性能を持つモデルで、FF14以外にも対応できる万能なゲーミングPCだ。少し前までこの性能は15万円オーバーが当たり前だったのに対し、今では余裕の性能を持つNEXTGEAR MICRO TD-Gですら税抜129,800円まで落ちている。

予算に合わせた選択がしやすくなったことを考えれば、FF14を快適にプレイするための環境を整えるのに必要な予算は14万円程度に抑えることができる。NEXTGEAR MICRO TD-Sは更に安く、13万円ほどで快適な環境を構築できる。ただし、性能はこの3つの中では低めである。CPU性能はi7-9700であるため問題ないのでFF14では十分なパフォーマンスを発揮することができるだろう。

GALLERIA XFは現在のゲーミングPC全体の中でも最も人気のあるモデルで、その性能の高さとコストパフォーマンスの高さがそのまま人気の高さに繋がっている。キャンペーンで大幅に価格が下がることもあるため、税抜17万円を下回ったタイミングでしっかり選択しておきたい。

FF14推奨パソコン選びのポイント

スペックの注意点

FF14は2013年に新生エオルゼアとして再登場し、根強く長く人気の高いMMORPGだ。比較的軽い動作環境で多くのユーザーを擁する大規模MMORPGの代表作だ。しかしその後、「蒼天のイシュガルド」「紅蓮の解放者」「漆黒の反逆者」とアップデートが続き、現在の漆黒の反逆者にアップデートされた時に要求スペックが一気に跳ね上がり、これまで低スペックをサポートしていたDirect X 9.0と32bit OSのサポートが終了した。

これにより軽い動作環境という特徴が失われ、MMORPGでは黒い砂漠同様に負荷の高いゲームに組み込まれることが多くなった。また、必要環境ではまともに動けない場所もあるため、最低でも推奨環境に近づけるか満たしておきたい。

ゲームに与える影響

FF14と言えば低スペックでも遊べる大規模MMORPGでありアクション要素も少しあるタイトルだ。月額課金とパッケージ購入で始めるハードルがそれなりに高いことで有名だ。ただ、ノンターゲティングと比べるとスペックの重要性は低い。FF14は他のMMORPGと比べるとエフェクトが激しく作り込まれているように感じた。スペックが不足していると、スキルの詠唱速度や発動速度に影響したり、ラグが発生する可能性がある。

乗り物や集団での行動にも性能差が表れるため、様々なタイミングでスペックが不足しているとストレスを感じることになる。推奨環境はi5となっているが、ショップの推奨モデル全てがi7であることから分かるようにCPUとグラフィックボードのバランスが重要だ。マルチスレッドに対応したことで、グラフィックボードに対してボトルネックとなりにくく、性能を無駄なく発揮できる環境が求められる。

一方で、一部のIDを除いてダンジョン内は比較的軽い印象を受ける。これはプレイヤーの数にも影響されていたり、フィールドにもよるがサーバーの影響が一番なのだろうか。ただ、ダンジョンはフィールドと違って負荷軽い。それでも難易度はかなり高いため、少しのラグや遅延が致命傷となる可能性が高い。

BTOメーカーのFF14推奨モデルについて

G-tune、ドスパラともに推奨モデルの購入特典が無い。そのため、推奨モデルとは名ばかりの製品となってしまっている。しかし、ある意味基準として考えやすい。FF14推奨モデル内で決めたほうが良いというわけではなく、優れた製品はその枠の外にも存在している。

そういう意味では選ぶ幅はかなり広く、これはメリットにもデメリットにもなってしまいそうだ。当サイト推奨モデルは、その広くなった幅に困惑するユーザーにとって助けとなって欲しいと用意した。G-tuneのラインナップが多くなっているのは、コストパフォーマンスを重視しているからだ。

ドスパラ製品はコストパフォーマンス面では少し劣る。ただ、品質は非常に優秀であるので十分推奨できる。どちらを選ぶかはそれぞれだが、選びやすいのは価格を抑えたモデルだと考えている。FF14はCPUとグラフィックボードのバランスが重要であるため、選択したモデルはどれもバランスに長けたモデルだ。

基準としてはi7-9700以上、GTX1650以上としたい。性能ギリギリの低価格モデルよりもNEXTGEAR MICRO TD-Sのような推奨環境を満たしつつ価格を抑えたモデルをおすすめしたい。

4K解像度でのゲームプレイにについて

当時はハイエンドの性能でなくとも4K解像度でプレイしやすいゲームだった。ある意味4K環境を広く知らしめたタイトルとも言える。しかし、それも今となっては過去の話。ここまで要求スペックが高くなってしまっては4K環境の登竜門と言える立場ではなくなった。

ゲーム性質上4K環境にメリットがあるとはいいにくいものの、ただでさえ高いプレイ開始までのハードルを要求スペックを上げたことで更に高くなった。せめてDirect X 9.0を選択できていれば違ったかもしれない。これも時代の流れとして受け入れる以外に方法はない。

要求されるスペックの中ではCPUがなかなかに高く、現行とは言わずともi7を要求するあたりCPU負荷の高さは想像に難くない。マルチスレッドに対応したゲームであるため現行でもi7を優先したいところだ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

関連外部サイト