ff14suisyou

当記事では、FF14プレイに必要なスペックとおすすめのゲーミングPCを紹介している。FF14は意外と要求スペックの高いタイトルということもあって、予算が限られている方を除けばある程度スペックに余裕を持たせたパソコン選びをしたい。

MMORPGの世界観を楽しみたい方はハイエンドモデルを選択するとよいだろう。とにかく早くおすすめモデルを知りたい方は「FF14のおすすめゲーミングPC」を参考にして欲しい。

FF14プレイに必要なスペック

必要環境

OSWindows 7/64bit、8.1/64bit、10 /64bit
CPUIntel Core i5 2.4GHz 以上
メモリ4GB
GPUGeForce GTX 750以上又は
Radeon R7 260X以上
解像度1280x720
HDD空き容量60GB

推奨環境

OSWindows 7/64bit、8.1/64bit、10 /64bit
CPUIntel Core i7 3.0GHz 以上
メモリ8GB
GPUGeForce GTX 970以上又は
Radeon RX 480以上
解像度1920x1080
HDD空き容量60GB

徹底解剖推奨環境

  • CPU: Core i7-11700
  • GPU:GeForce GTX 1660以上
  • メモリ:16GB
FINAL FANTASY XIV(以下FF14)は、紅蓮の解放者(リベレーター)のアップデートで要求スペックが大きく向上した。最低環境は抑えられている方だが、1280×720の解像度であることからもその要求スペックの異常さが伝わるだろう。ほぼ全てのゲームはフルHDを想定して公式環境を表記している。FF14の最低環境自体はそこまで珍しいものではない。

低解像度であるなら話は別だ。フルHDでこのスペックなら理解できる。本来、解像度を下げれば負荷は大幅に低下する。ところが当該タイトルではその低下した状態でも、他のゲームの必要環境を超えるスペックを要求している。MMORPGはアップデート毎に要求スペックが上がることは多い。ただし、ここまで跳ね上がるタイトルはFF14以外で見たことがない。性能は慎重に選びたい。

FF14におすすめのゲーミングPC紹介!

FF14は他のゲーム推奨モデルとは違い、購入特典が無いため選択のメリットは薄い。特に、ゲーム推奨とは言っても通常のモデルとは名前が違うくらいしか差がない。

なので、FF14推奨モデルの枠内から選択するのはデメリットになる可能性もある。そこで当サイトが独断で、FF14推奨モデルよりお得で優れた推奨モデルを提示しようと思う。

G-Tune HM-A-KK(G-Tune)

nextgear-micro価格:139,800円(税込)
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載
電源:700W 80PLUS BRONZE

公式サイトG-Tune TD-S詳細

G-Tuneと価格.comのコラボレーションモデルとなっている。フルHD+標準設定以下で快適にプレイできる性能を持つゲーミングPCだ。ゲーム推奨のミドルクラスで、非常に選びやすい価格が魅力となっている。低価格帯最強モデルであるG-Tune HM-A-KKは、設定を標準にすれば全てのゲームを快適にプレイできる性能を持っている。高リフレッシュレートを求めない限りは必要十分と言ったところだ。予算に余裕がなくてもG-Tune HM-A-KKがあれば性能に困るようなことはない。

G-Tune TD-S (G-Tune)

nextgear-micro価格:164,780円(税込)
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載
電源:700W 80PLUS BRONZE

公式サイトG-Tune TD-S詳細

次回の大型アップデートに備えたミドルクラスのゲーミングPCだ。G-TuneとゲーミングPc徹底解剖サイトのコラボレーションモデルとなっている。G-Tune HM-A-KKよりもCPU性能が大きく向上する。アップデートの際に要求スペックが跳ね上がるのはCPU・メモリ・GPUの順だ。グラフィックレベルは根本的な修正を行わない限り考えにくい。登場当時のグラフィックから切り替わることはないのでGPU性能は大幅に底上げされにくい。一方で、CPU性能は大きく変わる可能性がある。もちろんハイクラスのCore i7-10700であれば確実に対応できる。アップデート後も安心してプレイするのに適した性能を持つモデルだと言える。

raytrek XF 11700F搭載モデル(ドスパラ)

raytrek ZFtop価格:215,980円(税込)
CPU:Core i7-11700F
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4 32GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:750W GOLD

公式サイト詳細

FF14を最後までプレイし続けたいユーザーにおすすめのクリエイターPCだ。クリエイターPCと侮ることなかれ。最新のグラフィックボードであるRTX 3070を搭載し、その性能は従来のハイエンドモデルに匹敵する。突き抜けたゲーム性能は今後のアップデートにもしっかり対応することができる。これから幾度とアップデートが繰り返されても、この性能があれば安心だ。この性能で安定しないなら、多くのユーザーは引退せざるを得なくなる。いくら要求スペックが跳ね上がっても、raytrek XF 11700F搭載モデルで対応できなくなることはない。余裕のある性能は快適性を約束してくれる。レイトレーシング性能についてはNVIDIA製のグラフィックボードよりもワンランク落ちる。

FF14推奨パソコン選びのポイント

アップデートで要求スペックが上がる

FF14は2010年に登場した1.0がベースであり、要求スペックは非常に低かった。2年毎に行われている大型アップデートにより徐々にスペックが高くなってきている。これがFF14のスペックの注意点だ。これ以上は大幅に上がることはないと思う。それでも買い替えを検討している場合は2年後を想定したスペックを選択しなければならない。

現行にミドルクラスを最低ラインに、Core i7とRTX 30シリーズくらいは見ておく方が長く楽しめる。設定である程度は対応できるが、レイドコンテンツなどの追加により負荷は高くなった。現在は8人レイド程度でも、今後のコンテンツ次第ではさらに人数が増えるかもしれない。人数が増えればエフェクトや判定による負荷が増大する。CPU、GPU両方の性能が必要となるだろう。

今現在のスペックで言えば、ミドルクラス程度見ておけばいいので問題はない。最高設定、高リフレッシュレートなどを考慮しなければ今後もミドルクラスで対応自体はできる。このあたりはプレイスタイルによるもので、プレイを続けていくうちに変わってくる要素だ。予算を抑えるならミドルクラス、少し余裕があるならそれ以上を目指したい。

今後のことを考えてメモリ16GBは確保しよう

過去のアップデートの傾向から、次はメモリ容量とCPUの要求スペックが少し高くなりそうだ。メモリ16GBは必須と考えておきたい。CPUは最低環境が少しアップするくらいだろうか。大幅な向上はなくても、小さなスペックアップを繰り返すことになる。上限が来る頃には続編のタイトルが登場するだろう。RTX 30シリーズの登場でRTX 20シリーズの価格は大幅に下落している。

そのため、今はミドルクラスの予算でもワンランク上の性能を手にしやすい。ただし、その多くがややクセのある構成をしている。扱いづらさがあるので推奨モデルにはピックアップしていない。万能を求めるならG-Tune TD-S、性能を求めるならGALLERIA XA7C-R37、価格を重視するならMagnate MTという選び方がおすすめだ。

どれだけ長く続けるか、どういったプレイスタイルを中心とするかで必要となるスペックは変わってくる。ただ、FF14を長く続けると必然的に全てのコンテンツに触れることになる。1年以上続けるのであれば、現段階で最も負荷の高いコンテンツに合わせた選択が無難だ。これから拡充、追加されるコンテンツの前提となることもある。ゲーム内コミュニティの付き合いも出てくるかもしれない。FF14の世界を堪能するために、性能不足という小さな障壁は取り除いておきたい。

FF14の概要-ロングセラーの人気MMORPG

FF14は2013年に再登場して以来、長きに渡り人気のタイトルだ。月額課金とアイテム課金のハイブリッド課金制を採用したオンラインゲームで最も成功したタイトルである。ファイナルファンタジーというRPGのビッグネーム、そのタイトル負けしないボリュームから高い評価を得ている。往年のプレイヤーにも受け入れられやすい世界と戦闘システムは古さと新しさを感じさせる。

膨大なボリュームは自由なプレイスタイルを楽しむことができる。FF14の2013年当時としても別段画期的なシステムを採用したゲームというわけではなかった。また、月額課金制を採用したことで開始も復帰もハードルが高くなっている。しかし、そういったハードルがあるにも関わらずプレイ人口は非常に多い。MMORPGというジャンルの中では最多クラスなのではないだろうか。

FF14が大ヒットしたバックボーンにFF11の存在があると言っても過言ではない。ファイナルファンタジーシリーズ初のMMORPGで、FF14の祖となったタイトルだ。同じタイトルを冠したいわば続編が登場したことで、FF11ユーザーの多くはFF14へ流れた。2010年にサービスを開始したFF14は順風満帆だったわけではない。2010年の最も期待はずれだったタイトル(Most Disappointing Game)に大賞で選出されるほどだった。

その後、2011年に一度サービスを終了。2013年に新生FF14として再登場した。現在のFF14は新生FF14にあたる。サービスの不備やハイブリッド課金というハンデを背負い、当初は人気を疑問視されていた。その不安を払拭するかのように、勢いを削ぐことなく駆け抜け、人気上位のオンラインゲームとなった。

新生FF14となった2013年から、2年毎に大型アップデートを行っている。このアップデードのおかげで人気を維持しつつ新規のユーザーを上手く獲得している。大きなアクション要素を持たないスタイルのMMORPGなので、誰にでも始めやすいのが特徴だ。プレイ人口が多く、古参ユーザーに追いつきやすいのも魅力である。ハウジングや栽培を始め、生活コンテンツも充実している。常にクエストを追いかけるだけではなく、そういった生活コンテンツに力を入れるスタイルもありだ。戦いばかりが冒険ではない。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

関連外部サイト