AERO 15 KB-7JP1130SH画像引用元:https://www.ark-pc.co.jp/

当ページでは、Core i7-10750Hの性能レビュー及び搭載ゲーミングノートPCの紹介をしている。第9世代CPUでも主流だった6コア12スレッドのCore i7-9750H待望の後継モデルだ。

今後国内BTOメーカーのモデルについても随時Core i7-10750H搭載モデルに切り替わっていくだろう。ただし、それほど大きな進化があるわけではないので、Core i7-9750Hを購入しても問題ない。

よくわかる!!Core i7-10750Hの特徴まとめ

コードネームComet Lake
プロセス14nm++
コア/スレッド数6コア/12スレッド
定格/最大クロック2.6 GHz/ 5.0 Ghz
L3キャッシュ12MB
TDP45W
発売日2020年05月22日
価格$395
コメントゲーミングノートPCの主流になるポテンシャルを持つ
デスクトップ向けCore i7シリーズと比べると性能は控え目
評価 ・総合評価
9.0

・ゲーム評価
9.0

Core i7-10750Hの基本情報

基本スペック

 Core i7-10750HCore i7-10875HCore i7-9750H
メーカーIntelIntelIntel
プロセス14nm++14nm++14nm++
コードネームComet LakeComet LakeCoffee Lake-R
CPUコア数6コア8コア6コア
スレッド数12スレッド16スレッド12スレッド
定格クロック2.60 GHz2.30 GHz2.60 GHz
最大クロック5.00 GHz5.10 GHz4.50 GHz
L3キャッシュ12MB16MB12MB
対応メモリDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2666
TDP45W45W45W
価格$395$450$395
発売日Q2'20Q2'20Q2'19
Core i7-10750Hのスペックについて、前世代のCore i7-9750Hと現行上位のCore i7-10875Hと比較していく。最新のComet LakeになってもプロセスはCoffee Lake世代と同じ14nm++を採用している。つまり、アーキテクチャーは変わっていないということだ。Intelはまだ14nmプロセスにこだわっている。というよりも供給不足の問題もあってなかなか対応できないというのが本当のところだろう。最大クロックが4.50GHzから5.0GHzに引き上げられていることとメモリがDDR4-2933に対応しているぐらいで大きく変わっていない。

Core i7-10750Hになって新ブースト機能「Thermal Velocity Boost」によってノートパソコンでも5.0GHzを達成したのは素晴らしい。ただし、熱の問題があるためここまでクロック周波数が上がることは稀だと考えた方が良いかもしれない。それはベンチマークを見ても明らかだ。L3キャッシュも12MBと前世代と同じ水準に留まっている。

上位モデルであるCore i7-8750Hも同じアーキテクチャを採用している。しかしながら、8コア16スレッドとマルチスレッド性能が大きく向上しているのがポイントだ。第9世代でも8コア16スレッドのCPUがあったが、Core i9-9980HKと一般的なモデルとは言えなかった。Core i7まで降りてきたことでラインナップも増えてくるかもしれない。コア以外にもスペックは目を見張るものがあり、L3キャッシュも16MBと35%引き上げられている。それでも価格や排熱の問題から搭載モデルは少ないだろう。

AMD製CPUと比較

 Core i7-10750HRyzen 7 4800HRyzen 5 4600H
メーカーIntelAMDAMD
プロセス14nm++7nm7nm
コードネームComet LakeZen 2Zen 2
CPUコア数6コア8コア6コア
スレッド数12スレッド16スレッド12スレッド
定格クロック2.60 GHz2.90 GHz3.00 GHz
最大クロック5.00 GHz4.20 GHz4.00 GHz
L3キャッシュ12MB8MB8MB
TDP45W45W45W
価格$395--
発売日Q2'20Q2'20Q2'20
AMD製CPUと比較していく。Core i7-10750Hの直接の競合はRyzen 7 4800Hになるだろう。Zen 2アーキテクチャを採用しプロセスは7nmとIntelより先を行っている。さらに、8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高い。

定格クロックも2.90 GHzと余裕がある一方で最大クロックは4.20GHzに抑えられている。これがゲームプレイにどのような影響を与えるか気になるところだ。スペックだけを見るとRyzen 5 4600Hの方が似ている。ただし、実際のパフォーマンスはそれほど高くならないだろう。

Intel Core i7-10750Hの特徴

2020年ゲーミングノートPCの主流CPUになる運命

Core i7-10750Hは、間違いなく主流のゲーミングノート向けCPUになる運命にある。第8世代、第9世代と二世代に渡ってメインストリームであり続けたCore i7シリーズの後継モデルなのだからこの点には期待が持てる。Core i7-10750Hを含めたこれまでの末尾にHを冠したCore i7シリーズは性能、価格、排熱の三点から主力になり得るモデルだと言える。ゲーミングノート向けのCPUとしてうまくバランスが取れたCPUなのだ。

ゲーミングノートPCの課題はCPU性能だ。グラフィックボードはデスクトップ向けモデルに付いていっているが、CPUについてはやや物足りない。その点6コア12スレッドとマルチスレッドが高いのが特徴だ。デスクトップ向けのCore i5-9600に近い性能で扱いやすい。ノート向けのCore i5シリーズになると性能が物足りなくなってしまう。Core i5-9300H搭載モデルが少ないのはそのためだ。

また、上位モデルのCore i9シリーズなどに比べて価格が手頃で購入しやすいのは嬉しい。20万円以下に抑えるにはCore i7シリーズしか選択肢に入らない。最後に発熱の問題が挙げられる。Core i9シリーズや第10世代のCore i7-10875Hになると確実に発熱量が上がり問題となる。排熱対策を行うためには本体を大きくしてエアフローの改善などにコストを掛けなければいけない。ゲーミングノートPCの価格が上がり、持ち運びもしにくいという状態になってしまうのだ。

アーキテクチャは前世代のComet Lakeと酷似

注意点としては第9世代あるいは第8世代のCore i7シリーズと比べて大きくパフォーマンスが向上したわけではないということだ。三世代に渡って14nmプロセスを採用していてアーキテクチャに大きな進化はない。一方で、ノート向け省電力モデルのIce Lake世代では10nmプロセスを採用していることから期待していた。

さらに、競合のAMDが7nmプロセスを採用していることを考えると悩ましい。Intelにはデスクトップ向けCPUの供給不足という問題があるためそれが解決しないと何も始まらない。今後プロセスの縮小を始めとするアーキテクチャーの変化があるでは大幅なパフォーマンス向上は見込めない。現時点でCore i7-8750Hからの買い替えだとCPU面においてはメリットがないと言える。

例えば、動画のエンコードやRAW現像などの作業において体感できる性能差はないということだ。ただし、その間にグラフィックボードの性能は向上しているためパフォーマンスは向上する。買い替えの対象となるのはより快適にゲームをプレイしたいと考えるゲーマーぐらいだろう。

Core i7-10750Hのベンチマーク一覧

Cinebench R20

cinebenchcinebenchr20-i7-10750h

Core i7-9750Hと比較すると2%スコアが伸びているだけだ。スペック通りのパフォーマンスだと言える。やはり5.0GHzを引き出せてはいないようだ。Core i7-8750Hと比べると4%上がっている。それでも2世代で4%しか伸びていないことを考えるとがっかりしてしまうかもしれない。上位のCore i7-10875Hになるともうワンランク性能が上がるということがわかる。

Handbreak

handbrakehandbrake-i7-10750h

動画のエンコードに掛かる時間を計測している。数値が少ない方が高性能ということだ。Core i7-9750Hとの違いは2%となっている。Core i7-8750Hとの違いも4%でCinebench R20と同じだ。Ryzen 7 3750Hでは苦戦しているもののRyzen 7 4800Hになると一気にトップに躍り出た。Intel第10世代CPUはAMD第3世代と競合することになりそうだ。

PCMARK10

pcmark10pcmark10-i7-10750h

Core i7-9750Hからのパフォーマンス向上は1%-2%で僅少だ。コア数及びマルチスレッドが多い上位モデルが有利な結果となっている。ベンチマークはスペックに忠実だ。

Core i7-10750H搭載のゲーミングノートPC一覧

AERO 15 KB-7JP1130SH(GIGABYTE)

AERO 15 KB-7JP1130SH価格:199,800円(税込)
液晶:15.6型 144Hz
重量:約2.0kg
駆動時間:不明
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

GIGABYTEのゲーミングノートPCが早くも登場している。144Hz対応液晶モニターを採用している。15.6インチモニターでゲーマーだけではなくクリエイターの方にもおすすめしたい。RTX 2060×Core i7-10750Hの組み合わせはミドルクラスとして人気が高い。GTX 1660 Tiよりもゲームプレイに余裕が生まれるため予算に余裕があるのであれば選択肢に入れたい。メモリ16GB、SSD 512GBと充実の構成も魅力的だ。

AORUS 17G SB-7JP1130MH(GIGABYTE)

AORUS 17G SB-7JP1130MH価格:230,780円(税込)
液晶:17.3型 144Hz
重量:約2.7kg
駆動時間:約8時間
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

144Hz対応モニターを搭載したゲーミングノートPCだ。ウルトラベゼルのため視認性が高くゲームがプレイしやすい。本体が重いため持ち運びを中心に考えている方は注意して欲しい。キーボードにはオムロン製のメカニカルキーボードを採用している。G2Esport認定モデルで信頼性も高い。予算に余裕がある方は必見だ。GTX 1660 Ti×i7-10750Hの売れ筋の構成が魅力の一台だと言える。FULL HD環境でのゲームプレイに最適だ。

GF63-10SCSR-007JP(MSI)

GF63-10SCSR-007JP価格:137,800円(税込)
液晶:15.6型 144Hz
重量:約1.86kg
駆動時間:約7時間
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

GTX 1650 Ti MAX-Qを搭載したゲーミングノートPCだ。税込み13万円台という価格設定が嬉しい。本体も1.86kgとゲーミングノートにしては軽いため持ち運びもしやすい。グラフィックボード性能はミドルクラスに届かないぐらいだ。FULL HD環境×設定調整が基本となる。メモリ16GB、SSD 512GBという構成を考えれば割安感がある。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

モデルMSI GS66 Stealth
GPUNvidia GeForce RTX 2060
メモリ16GB DDR4-2666
ストレージ512GB SSD