ALIENWARE M15 R6

当ページでは、Core i7-11800Hの性能レビュー及び搭載ゲーミングノートPCの紹介をしている。開発コード「Tiger Lake H45」を冠したモバイル向けハイパフォーマンスモデルが登場した。ゲーミングノート向けCPUとして人気の高かったCore i7-10750Hの後継モデルだ。6コア12スレッドから8コア16スレッドとスペックも引き上げられている。Core i7-10750Hの上位モデルであるCore i7-10875HCore i7-10870Hに近い存在だ。ゲーミングノートPC向けCPUの定番になるだろう。

CPUコアについても長い間使われていたSkylakeコアから新しいCoveコアを採用して心機一転だ。久しぶりに大幅にアーキテクチャが変更となっている。さらに、プロセスも14nmから10nm SuperFinへと切り替わりより高いパフォーマンスを期待できる。従来モデルよりも60%程度パフォーマンスが向上していてゲーミングCPUとしての信頼度は高い。ASUSやDellなどの海外メーカーだけではなく国内BTOメーカーでもラインナップが揃っている。

後継モデルは、Alder Lake世代の「Core i7-12700H」だ。14コア20スレッドと8コア16スレッドから大幅にスペックが引き上げられている。競合モデルであるAMDのRyzen 7 5800Hと比べても優位性が高い。ゲーミングノートでもメニーコアの時代に突入した。

よくわかる!!Core i7-11800Hの特徴まとめ

cpu

コードネームTiger Lake
プロセス10nm SuperFin
コア/スレッド数8コア/16スレッド
定格/最大クロック2.3 GHz/ 4.6 Ghz
L3キャッシュ24MB
TDP45W
発売日2021年05月17日
価格$395
コメント(+)プロセス&CPUコアの改良で性能が向上している
(+)i7-10750Hよりも60%も性能が伸びている
(+)搭載モデルが増えてきている
(-)Ryzen 7シリーズに比べると販売価格が高い
評価・総合評価
7.0

・ゲーム評価
7.5

Core i7-11800HのCinebench R20スコア

i7-11800hseinou

定番のベンチマークソフトで総合性能を確認しておこう。Core i7-11800Hは、Core i7-10750Hよりもマルチスレッド性能が59%高くシングルスレッド性能も27%も高くなっている。同じ8コア16スレッドのCore i7-10875Hと比べてもマルチスレッド性能が38%高くシングルスレッド性能も18%高い。

クロック周波数が低くてもCPUコアの改良によってパフォーマンスは大きく向上している。Intel第10世代のフラグシップモデルであるCore i9-10980HKと比べても19%もマルチスレッド性能が高い。シングルスレッド性能でも17%も伸びている。10nmプロセスには期待が持てることがわかる。

強力なライバルである最新のRyzen 7 5800Hと比べると差をつけられているが、Ryzen 7 4800Hの時と比べると差は縮まっている。さらに、シングルスレッド性能ではRyzen 7 4800Hよりも20%高くRyzen 7 5800Hよりも11%高い。負荷の掛かる場面においてはRyzen 7 5800Hが優勢となる。ゲーミング性能についてはCore i7-11800Hの方が上回ることが多い。

Core i7-11800Hの基本スペック

 Core i7-11800HCore i7-10750HCore i7-10875H
メーカーIntelIntelIntel
プロセス10mm14nm++14nm++
コードネームTiger LakeComet LakeComet Lake
CPUコア数8コア6コア8コア
スレッド数16スレッド12スレッド16スレッド
定格クロック2.30 GHz2.60 GHz2.30 GHz
最大クロック4.60 GHz5.00 GHz5.10 GHz
L3キャッシュ24MB12MB16MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-2933DDR4-2933
内蔵グラフィックスUHD GraphicsUHD GraphicsUHD Graphics
TDP45W45W45W
価格$395$395$450
発売日Q2'21Q2'20Q2'20
Core i7-11800Hのスペックについて詳しく見ていく。比較対象は価格が同じCore i7-10750Hとスペックが似ているCore i7-10875Hだ。今世代ではCore i7シリーズはこの1種類のみとなっている。今後はラインナップが拡充されていくかもしれない。初心者の方は見出しだけでも確認して欲しい。

プロセスが10nm SuperFinへと進化

Tiger Lake世代になってハイパフォーマンスモデルであるHシリーズもついに10nmプロセスへと変わった。Intel製のハイパフォーマンスモデルでは長らく14nmプロセスを採用されていていて10nmプロセスを採用していたのはCore i7-1165G7など15Wの省電力モデルにのみだったのだ。省電力性やパワー効率の観点からRyzenシリーズに遅れを取っていたので、この進化は喜ばしいことだと言える。これがIntel第11世代H45シリーズのハイライトだ。

クロック周波数がダウン

Core i7-11800Hでは定格クロック2.3 GHz、最大クロック4.6 GHzとなっている。10nmプロセスを採用してもここまでクロック周波数を引き上げられるようになったのは進化したところだ。従来モデルのComet Lake世代のCore i7-10750HやCore i7-10875Hでは最大クロック周波数が5.00 GHzを超えていたことを考えるとスペック的にはダウンとなっている。もちろんCPUコアがCoveコアになったことでコア当たりのパフォーマンスは向上していてCPU性能は高い。

Tiger Lake世代ではラインナップに8コア16スレッドのCore i7-11800Hのみだ。Core i7シリーズで6コア12スレッドのモデルはなくなっている。実質Core i7-10875Hの後継モデルと考えてよいだろう。クロック周波数が引き下げられている一方でL3キャッシュ容量は50%アップの24MBとなっている。対応メモリもより上位規格であるDDR-3200をサポートしている。

PCIe 4.0&Thunderbolt 4に対応

Intel第11世代ではPCIe 4.0及びTHunderbold 4に対応している。より高性能なSSDを搭載することができる。Thunderbolt 4(USB 4)はThunderbolt 3との互換性もあり利便性が高い。ゲーミングノートPCの場合消費電力が高いためPower Deliveryでの充電(100Wまで)はできない。より快適なPC作業が実現する形だ。

AMD製CPUと比較

 Core i7-11800HRyzen 7 5800H
メーカーIntelAMD
プロセス10mm7nm
コードネームTiger LakeCezanne(Zen 3)
CPUコア数8コア8コア
スレッド数16スレッド16スレッド
定格クロック2.30 GHz3.20 GHz
最大クロック4.60 GHz4.40 GHz
L3キャッシュ24MB16MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-3200
TDP45W45W
価格$395-
発売日Q2'21Q1'21
同じクラスに属するAMD製CPUであるRyzen 7 5800Hと比較していく。7nmプロセスを採用していてIntelよりもさらに微細化されている。ここにAMDの強みがあるわけだ。また、Zen 2からZen 3アーキテクチャになってパフォーマンスが向上している。

CPUコア/スレッドは8コア16スレッドとどちらも同じだ。定格クロックはRyzen 7 5800Hの方が40%高く、最大クロックはCore i7-11800Hの方が5%高い。L3キャッシュもCore i7-11800Hの方が50%大きい。対応メモリ・TDPは共通だ。Ryzen 7 5800Hの価格は非公開だが、Core i7-11800Hよりも安く購入できそうだ。

Core i7-11800H搭載ゲーミングノートの特徴

性能と価格のバランスがよくGPUの選択肢も多い

IntelのCore i7シリーズは性能と価格のバランスがよく人気が高いCPUだ。従来モデルよりもスペックが強化されて8コア16スレッドとなったこともプラスに働いている。一般的な用途だけではなくゲーミング用途でも強みを発揮してくれる。GPUとの組み合わせも豊富で下はRTX 3050 Mobileから上はRTX 3080 Mobileまで幅広いラインナップがある。

上位のCore i9-11980HKになるとRTX 3060やRTX 3050の選択肢は少なくなるし、下位モデルのCore i5-11400HやCore i5-11300HになるとRTX 3080やRTX 3070の選択肢はほとんどなくなってしまう。Core i7-11800H搭載モデルは全てのCPUの中でも選択肢の数はトップクラスだ。ゲームプレイにおいて性能不足になることはほとんどないと考えてよいだろう。初心者の方でも選びやすく各BTOメーカーの売れ筋モデルに名を連ねる。

Ryzen 7 5800H搭載モデルと比べると少し高い

dellg5hikaku参考サイト:https://www.dell.com/ja-jp/

競合であるRyzen 7 5800Hを搭載したゲーミングノートPCと比べると少し価格が高くなっているのはデメリットだ。上記はDellのゲーミングノートPCであるDell G5を比較している。それぞれCPUがRyzen 7 5800HとCore i7-11800Hと異なっているだけで他の構成などは共通だ。つまり、CPUの違いだけで1万円弱の違いが生まれている。

どちらのCPUも8コア16スレッドのモバイル向けハイパフォーマンスモデルとして人気が高い。純粋なCPU性能だけで見ればRyzen 7 5800Hが上回っている。性能が高い上に価格が安いとなると魅力的な選択肢となるはずだ。安定性を含むゲーミング性能ならCore i7-11800Hの方が優勢だがそれを体感できるかどうかは難しい。

ASUS・Dellなど海外メーカー中心のラインナップ

2021年7月時点ですでにCore i7-11800Hを搭載したゲーミングノートPCが販売されている。幅広いラインナップから選択することが可能だ。ASUS・Dell・MSIなどの海外メーカーが中心で国内メーカーからは販売されていない。海外メーカーのゲーミングノートPCはここ最近コスパの高いモデルも増えてきて納期やサポートを重視しない方には魅力的な選択肢となる。デザインの観点からも国内ブランドのモデルより優れていることも多い。

7月から8月に掛けてドスパラ・G-Tune・パソコン工房・TSUKUMOなどの国内メーカーからも搭載モデルが登場するだろう。価格・サポートなどの面から国内メーカーのモデルは安心感がある。特にドスパラのガレリアブランドはゲーミングノートPCの人気も高く売れ筋モデルが揃っている。

Core i7-11800Hのベンチマーク一覧

Handbrake

handbrakei7-11800h-handbrake

Handbrakeで動画のエンコードに掛かる時間を計測している。動画編集などで使いたいと考えている方は参考になるだろう。Core i7-11800Hは、従来モデルのCore i7-10750Hよりも29%も速い。Core i7-1875Hと比べても17%も処理性能が向上している。一方で、AMD製CPUの強さが光る。Zen 2アーキテクチャを採用したRyzen 7 4800Hにも及ばず、最新のRyzen 7 5800Hと比べると14%劣っている。Zen 3アーキテクチャはかなり優れているということだ。

Blender 2.91

blenderclassroomi7-11800h-blender

Blender(classroom)でレンダリング性能を計測している。数値が小さい方が高性能ということになる。Handbrakeとおおよそ同じ結果だ。Core i7-10750Hよりも34%速く、Core i7-10875Hよりも20%速い。同じ8コア16スレッドでもCPUコアの改良でここまで数値が改善されるのかと驚きだ。しかしながら、Ryzen 7 5800Hと比べると完敗だ。性能差は13%となる。前モデルのRyzen 7 4800Hにも及ばない。

7-Zip

zipi7-11800h-zip

Zipファイルの解凍及び圧縮速度をまとめている。やはりZipファイルの取り扱いでもAMD製のCPUが上位を占めている。解凍速度についてはRyzen 7 5800Hとの差は17%と大きい。Ryzen 7 4800Hと比べても6%となっている。従来モデルのCore i7-10750Hよりも51%速く、Core i7-10875Hよりも15%速い。

圧縮速度についてはRyzen 7 5800Hと同等の水準でRyzen 7 4800Hを27%上回る。Core i7-10750Hと比べても41%、Core i7-10875Hよりも24%速くなっている。Tiger Lake世代のCPUは解凍よりも圧縮の方が恩恵があるようだ。

Core i7-11800Hのゲーミング性能

ゲーミングノートPCではグラフィックスを揃えることが難しいので、一般的なベンチマークとは異なりCPU負荷の高いタイトルをピックアップしている。フレームレートの数値的には参考になるはずだ。

Resident Evil 2

Resident Evil 2

i7-10875H×RTX 2070S174
123
9 5900HX×RTX 3070172
125
i9-10980HK×RTX 3080168
114
7 5800H×RTX 3060165
115
i7-11800H×RTX 3070163
121
i7-10870H×RTX 3070153
108
i7-10750H×RTX 2070138
104
平均fps1%Low
Core i7-10750Hに比べると18%もフレームレートが向上している。1%Lowも17%高くなり安定感が増している形だ。もちろんグラフィックボードの差がないとは言えないが、それでもCPU性能が向上していることは否定できない事実だ。Ryzen 7 5800Hと比べると1%程度フレームレートが低い。一方で、1%Lowが5%高いことから安定感はCore i7-11800Hの方が高そうだ。

Hitman 3

hitman3

i7-11800H×RTX 307089
49
i9-10980HK×RTX 308087
43
9 5900HX×RTX 307086
45
7 5800H×RTX 306082
45
i7-10870H×RTX 307078
39
i7-10875H×RTX 2070S73
35
平均fps1%Low
驚くべきことにHitman 3ではトップのフレームレートを叩き出した。Core i7-10875Hよりも23%も平均fpsが高くなっている。Ryzen 7 5800Hと比べても9%高く、1%Lowも10%高い。Intel第10世代のフラグシップモデルであるCore i9-10980HKと比べても3%フレームレートが高くなっている。Core i7-10800Hは、ゲーミングノートPCに搭載するCPUとして魅力的な存在だ。

Death Stranding

death stranding

i7-11800H×RTX 3070121
99
9 5900HX×RTX 3070121
98
i9-10980HK×RTX 3080115
94
i7-10870H×RTX 3070111
85
7 5800H×RTX 3060107
85
i7-10875H×RTX 2070S105
83
平均fps1%Low
Death StrandingでもCore i7-11800Hがトップになっている。Core i9-10980HKよりも6%高く、Ryzen 9 5900Xと同等だ。Core i7-10875Hと比べると16%もフレームレートが高い。Ryzen 7 5800Hと比べると13%高く圧倒的な性能を見せている。

Core i7-11800H搭載のゲーミングノートPC一覧

TUF Gaming F15 FX506HM(ASUS)

ASUS TUF Gaming F15 FX506HE価格:159,800円(税込) 139,800円
モニター:15.6インチ 144Hz
重量:約2.30kg
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB NVMe
コスパ:★★★★★★★★★★ 10.0

公式サイト

Core i7-11800H×RTX 3060搭載のゲーミングノートPCだ。旧世代のCPUを搭載しているが価格が安くコストパフォーマンスに優れている。RTX 3060搭載モデルで税込13万円台は圧巻だ。ASUSのセールはたまにこういった圧倒的なモデルが登場するので定期的に確認しておきたい。15.6インチ144Hz対応モニターを搭載して持ち運びのしやすさとゲームプレイの快適さを両立できる。Core i7-11800Hは、Intel第11世代の高パフォーマンスCPUだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応できる。グラフィックスには定番のRTX 3060を搭載している。ゲーミングノートで最も売れているグラフィックボードと言っても過言ではない。タイトル次第では100fps以上を出せる。Core i7-11800Hとのバランスも良好だ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も十分だろう。

GALLERIA UL7C-R36(ドスパラ)

GALLERIA UL7C-R37価格:199,980円(税込)
モニター:15.6インチ 240Hz
重量:約1.96kg
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
コスパ:★★★★★★★★★★ 10.0

公式サイトレビュー

サードウェーブとIntelとの共同設計モデルの一つだ。ゲーミングノートPCの価格が上昇傾向にありついに199,980円まで価格が上がった。15.6インチ240Hzディスプレイを搭載している。Core i7-11800H×RTX 3060 Mobileの組み合わせではさすがに240Hzディスプレイを100%活かすのは難しいが、タイトルや設定次第では240fpsを目指せる。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は平均以上だ。本体重量が約1.96kgと軽めなのが魅力だと言える。バッテリー駆動時間も約9.6時間と長めだ。

AORUS 15P AORUS 15P XD-73JP224SO(ASUS)

AORUS 15P XD-73JP224SO価格:220,000円(税込)
モニター:15.6インチ 240Hz
重量:約2.20kg
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 1TB NVMe
コスパ:調査中

公式サイト

グラフィックスにハイクラスのRTX 3070を搭載したモデルとなっている。PCI-e Gen4対応のおかげでより高いグラフィックス処理性能を引き出せる。240Hz対応モニターを搭載していてより滑らかなゲーム描写が可能となる。もちろん冷却システムにもこだわりがってCOOLER BOOST 5を採用している。負荷がかかったときでもしっかりと熱を逃してくれる。

G-Tune E5-165(G-Tune)

G-Tune E5-144価格:229,900円(税込)
モニター:15.6インチ 165Hz
重量:約1.73kg
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB NVMe
コスパ:★★★★★★★★★★ 10.0

公式サイトレビュー

Core i7-11800H×RTX 3060搭載のゲーミングノートPCだ。非常に人気の高い組み合わせだと言える。フルHD環境で高リフレッシュレートを実現できるのが魅力だ。負荷の高いタイトルでは60fps以上を基準に考えよう。税込23万円台と相場から見ると価格は高めだ。それでも本体重量が約1.73kgと最軽量クラスで持ち運ぶ機会が多い方にとってはコストを掛ける価値がある。バッテリー駆動時間は約6.0時間となっている。メモリ16GB、SSD 512GBという構成だ。

GALLERIA UL7C-R37(ドスパラ)

GALLERIA UL7C-R37価格:269,980円(税込)
モニター:15.6インチ 240Hz
重量:約1.96kg
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 1TB NVMe
コスパ:★★★★★★★★★★ 10.0

公式サイトレビュー

サードウェーブとIntelの共同設計モデルだ。従来モデルよりも大幅にゲーミング性能が向上している。15.6インチ240Hz対応モニターを搭載していて滑らかなゲーム描写が可能となる。グラフィックスにはハイクラスのRTX 3070 Mobileを搭載していて高リフレッシュレートモニターを活かせる。CPUには8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いCore i7-11800Hを搭載している。RTX 3070 Mobileとのバランスも良好だ。本体重量約1.96kgとゲーミングノートPCとしては軽くて持ち運びも行いやすい。ビジネスモデルとしても通用するモデルは素晴らしい。

Core i7-11800H搭載のゲーミングノートPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載165,980i7-11800HRTX306016GB512GB×
GALLERIA UL7C-R36204,980i7-11800HRTX306016GB500GB×
G-Tune H5259,800i7-11800HRTX307016GB512GB×
FRXNM711/B199,800i7-11800HRTX306016GB1TB×
ASUS TUF Gaming A15 FA506QM159,8007 5800HRTX306016GB512GB×

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

notepc

モデルnew Aero 15 OLED
GPUNvidia GeForce RTX 3070
メモリ16GB DDR4-3200(32GBからダウングレード)
ストレージ1TB SSD