Ryzen 5 4600Htop

当ページでは、Ryzen 5 4600Hの性能レビュー及び搭載ゲーミングノートPCの紹介をしている。ノート向け第3世代Ryzen HシリーズのエントリークラスのCPUだ。エントリークラスとは言っても6コア12スレッドと十分スペックが高くゲーム用途でも通用するモデルとなっている。

よくわかる!!Ryzen 5 4600Hの特徴まとめ

コードネームZen 2
プロセス7nm
コア/スレッド数6コア/12スレッド
定格/最大クロック3.0 GHz/ 4.0 Ghz
L3キャッシュ8MB
TDP45W
発売日2020年06月01日
価格
コメント ノート向けRyzenシリーズの廉価モデル
第2世代Ryzenシリーズから大きく性能アップ
ラインナップ数はそれほど増えない
評価 ・総合評価
7.5

・ゲーム評価
7.0

Ryzen 5 4600Hの基本情報

基本スペック

 Ryzen 5 4600HRyzen 7 4800HRyzen 5 3550H
メーカーAMDAMDAMD
プロセス7nm7nm12nm
コードネームZen 2Zen 2Zen
CPUコア数6コア8コア4コア
スレッド数12スレッド16スレッド8スレッド
定格クロック3.00 GHz2.90 GHz2.10 GHz
最大クロック4.00 GHz4.20 GHz3.70 GHz
L3キャッシュ8MB8MB4MB
CPU内蔵グラフィックスRadeon Graphics 6CUsRadeon Graphics 7CUsRadeon RX Vega 8
クロック周波数1500 MHz1600 MHz1200 MHz
TDP45W45W45W
価格---
発売日2020年06月01日2020年06月01日2019年01月07日
Ryzen 5 4600Hは、7nmプロセスのZen 2アーキテクチャを採用したCPUだ。12nmプロセスのZenとは大きくアーキテクチャが異なる。パワー効率が上がり省電力性も高くなった。スペック的にも4コア8スレッドから6コア12スレッドへと大きく引き上げられている。Ryzen第3世代になって土台から大きく変わったということだ。苦戦していたモバイル向けRyzenシリーズも大きくパフォーマンスが向上しIntelとの競争も熾烈になりそうだ。

CPU性能の要となるクロック周波数も2.10 GHz→3.00 GHzへと45%、最大クロックは3.70 GHz→4.00 GHzへと10%引き上げられている。L3キャッシュも4MBから8MBへと倍増したこともメリットが大きい。より安定したCPU動作が実現する。CPU内蔵グラフィックスについてもクロック周波数の引き上げによって性能は高くなっている。もっとも外付けのグラフィックボードと比べるとパフォーマンスは低い。

上位のRyzen 7 4800Hになると8コア16スレッドとマルチスレッド性能がさらに高くなる。定格クロックについては、0.10 GHz抑えられているものの最大クロックが5%高い。ゲームプレイなど負荷の掛かる用途において強みを発揮する。CPU内蔵グラフィックスもわずかながらパフォーマンスが向上している。消費電力はどちらも同じ45Wに留められている。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 5 4600HCore i5-10300HCore i7-10750H
メーカーAMDIntelIntel
プロセス7nm14nm14nm
コードネームZen 2Comet LakeComet Lake
CPUコア数6コア4コア6コア
スレッド数12スレッド8スレッド12スレッド
定格クロック3.00 GHz2.50 GHz2.60 GHz
最大クロック4.00 GHz4.50 GHz5.00 GHz
L3キャッシュ8MB8MB12MB
TDP45W45W45W
価格--$395
発売日Q2'20Q2'20Q2'20
Ryzen 5 4600Hの競合はCore i5-10300Hとなる。両CPUメーカーのラインナップ的にターゲットとなる層が共通している。Comet Lakeは今も14nmプロセスを採用している。Intelはこの点においてAMD製CPUに遅れを取っている形になる。

Core i5-10300Hの4コア8スレッドと比べるとRyzen 5 4600Hは、6コア12スレッドと50%ずつ上回っている。定格クロックは20%高く、最大クロックは10%低い。L3キャッシュは同じ8MBを採用している。総合性能で見るとRyzen 5 4600Hが優勢だ。アーキテクチャが変わったことでゲームプレイにも期待ができる。

Ryzen 5 4600Hは、スペック的にIntelの上位モデルであるCore i7-10750Hに似ている。Ryzen 5 4600Hと同じ6コア12スレッドとなっている。Ryzen 5 4600Hの方が定格クロックは15%高く、最大クロックは20%低い。L3キャッシュは33%低い8MBだ。クロック周波数やL3キャッシュまで入れるとやはりCore i7-10750Hの方がスペックが高いと言える。それでも7nmプロセスの優位性があるため十分戦えるはずだ。

AMD Ryzen 5 4600Hの特徴まとめ

手頃な価格で最低限必要なゲーミング性能を持つ

Ryzen 5 4600Hは、ノート向けRyzenシリーズの最安値クラスのCPUだ。Ryzen Hシリーズには”3”シリーズはない。Ryzen 5 4600Hは、手頃な価格でゲームプレイにおいて最低限必要なCPU性能を持っている。前世代のRyzen 5 3550Hはお世辞にも性能が高いとは言えずラインナップが増えなかった。ゲームプレイにおいて明らかに不利だった。

総合性能でもCore i5-9300Hに敵わなかった。デスクトップ向けモデルではIntelを圧倒するほどのパフォーマンスを発揮していたことを考えると期待はずれだったのだ。ノート向け第3世代Ryzenになって汚名返上できた。もしかしたら、当時のパフォーマンスに納得ができていなくて、改めてRyzen Hシリーズを購入するのは躊躇ってしまうかもしれない。

アーキテクチャーが最新のZen 2になったことでその不安は解消されていると考えて間違いない。4コア8スレッドから6コア12スレッドへと引き上げられたことからマルチスレッド性能も向上している。課題だったクロック周波数も大きく向上した結果十分なゲーミング性能を発揮してくれる。前世代の上位モデルであるRyzen 7 3750Hからでも性能差を体感できるはずだ。

エントリークラスが中心でラインナップは増えない

ゲーム用途で考えるとRyzen 5 4600Hはエントリークラスとなる。立ち位置的にはIntel Core i5-10300Hと同じで合わせるグラフィックボードもロークラスが中心になるだろう。グラフィックボードの性能を引き上げてもCPU性能がボトルネックとなってしまう可能性がある。

ロークラスのグラフィックボードとしては、GTX 1650・GTX 1650 Ti・GTX 1660 Tiなどが挙げられる。2020年6月末時点ではGTX 1650及びRX 5300M搭載モデルのみ販売されている。ロークラスが中心となるとやはりラインナップ数は増えない。

ラインナップが増えないということは各メーカーでの競争も生まれにくくユーザーにとってメリットが薄い。将来性を考えてもRyzen 7 4800H以上の方が良いかもしれない。Ryzen 5 4600Hはどちらかと言うとライトユーザー向けだ。デメリットと言える部分についても理解した上で購入を検討しよう。

Ryzen 5 4600Hのベンチマーク一覧

Cinebench R20

cinebenchryzen54600h-cinebench

Ryzen 5 4600Hは、前世代のRyzen 7 3750Hよりも2倍以上のマルチスレッド性能を発揮する。シングルスレッド性能も20%高く弱点はある程度改善されたと考えて良い。Ryzen 5 3550Hの記載はないが十分進化していることを予想することは容易いだろう。驚くべきは実質上位モデルであるCore i7-10750Hよりも30%もマルチスレッド性能が高いことだ。Zen 2コアを採用したことで明らかにパフォーマンスは変わっている。

Handbrake

handbrakeryzen54600h-handbrake

動画の編集ソフトであるHandbrakeでエンコードに掛かる時間を計測している。Ryzen 7 3750Hと比べて60%も高速化されている。これは6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高くなったことによる恩恵だ。Core i7-10750Hよりも20%近くパフォーマンスが高い。AMDが強い分野だと考えて良い。

7-Zip

zipryzen54600h-7zip

Zipファイルの圧縮及び解凍の速度を計測している。ここでもやはりノート向けのRyzen Hシリーズの強さを発揮している。Ryzen 7 3750Hよりも圧縮速度は70%、解凍速度は85%も早い。圧縮速度についてはCore i7-10750Hよりも30%程度早くなっている。一方で、解凍速度は6%程度劣るが、十分健闘していると言えるだろう。

Ryzen 5 4600H搭載のゲーミングノートPC一覧

GALLERIA GR1650TGF-T(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF液晶:15.6インチ 120Hz
価格:89,980円
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式GALLERIA GCF1050TGF-E詳細

GTX 1650 Ti×Ryzen 5 4600Hを搭載したゲーミングノートPCだ。この価格帯では驚くべきパフォーマンスを発揮するRyzen 5 4600Hを搭載しているのが魅力となっている。税抜10万円以下にもかかわらず6コア12スレッドのCPUを手に入れられるのは素晴らしい。AMDが誇る高コスパモデルということだ。ゲーミング適正ではややばらつきがあるものの第3世代になって適正は向上している。Core i5-10300Hに匹敵する性能を持っていると考えてよい。FULL HD環境を基準に設定を調整すればあらゆるタイトルに対応することが可能だ。

Bravo-15-A4DCR-058JP(MSI)

Bravo-15-A4DCR-058JP液晶サイズ:15.6インチ 144Hz
価格:108,909円
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:Radeon RX 5300M
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

15.6インチながら狭額縁モニターを採用しているため視認性が高い。Radeon RX 5300Mを搭載したゲーミングノートPCだ。AMD製パーツで揃えた珍しい一台だと言える。RX 5300MはおおよそGTX 1650と同等のパフォーマンスを発揮する。設定を下げれば最新のタイトルにも対応することが可能だ。メモリ16GB、SSD 512GBと価格を考えればかなり充実している。クリエイター向けモデルとしてもゲーム用モデルとしても魅力的だ。

ASUS TUF Gaming A15 FA506IH(ASUS)

ASUS TUF Gaming A15 FA506IH液晶サイズ:15.6インチ 144Hz
価格:117,091円
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB
HDD:非搭載
公式

GTX 1650×Ryzen 5 4600H搭載のエントリークラスのゲーミングノートPCだ。15.6インチ、144Hzリフレッシュレートモニターを採用している。質量約2.3kgとやや重めだがカバンに入れれば持ち運びも容易だ。ゲーミング性能は控え目でゲーム向けというよりもクリエイター向けモデルとして考えた方が良いかもしれない。オフィスソフトが同梱となっているのは嬉しい。ゲームプレイなら設定調整次第で対応することができる。過度な期待さえしなければ問題はない。メモリ8GB、SSD 512GBと構成は十分だろう。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る