Radeon RX 6900 XT画像引用元:https://www.amd.com/ja/ *イメージ

当記事では、Radeon RX 6900 XTの性能スペックレビュー&おすすめBTOパソコンの紹介をしている。Radeon RX 6900 XTは、Radeon 6000シリーズ(Big Navi)のフラグシップモデルだ。多くのAMDファンが待ち焦がれたハイエンドモデルということになる。

レビューを行う前に伝えておきたいことがある。それはこのグラフィックボードは期待はずれで基本的にはおすすめしないモデルだということだ。待たされた分期待が大きすぎたことが要因だとも言えるかもしれない。搭載BTOパソコンについては「Radeon RX 6900 XT搭載おすすめBTOパソコン」でまとめている。

よくわかる!!Radeon RX 6900 XTの特徴まとめ

  • (+)フルスペックのNavi 21を搭載している
  • (+)RX 6800 XTよりもゲーム性能が高い
  • (+)アーキテクチャのおかげで省電力性が高い
  • (-)価格を考えると性能面での恩恵は小さい
  • (-)ゲーム性能でRTX 3080に劣ることがある
  • (-)レイトレーシング性能はRTX 3080に劣る

>>Amazonで最新価格を確認

Radeon RX 6900 XTの概要を押さえる!

基本スペック

 RX 6900 XTRX 6800 XTRX 6800
コードネームRDNA 2RDNA 2RDNA 2
GPUNavi 21Navi 21Navi 21
プロセス7nm7nm7nm
ダイサイズ519 mm2519 mm2519 mm2
トランジスタ数268億268億268億
RTコア数807260
Tensorコア数---
CUs807260
CUDAコア数5,1204,6083,840
ベースクロック1825 MHz1825 MHz1700 MHz
ブーストクロック2,250MHz2,250MHz2,105MHz
メモリバス256-bit256-bit256-bit
GPUメモリ16GB GDDR616GB GDDR616GB GDDR6
メモリ速度16Gbps16Gbps16Gbps
メモリバス帯域幅512.0 GB/s512.0 GB/s512.0 GB/s
Infinity Cache128MB128MB128MB
TDP300W300W250W
価格$999$649$579
発売日2020/12/082020/11/182020/11/18

RX 6900 XTは、11月に発売されていたRX 6800 XTやRX 6800と同じRNDA 2を採用したグラフィックボードだ。アーキテクチャの改良によってワットパフォーマンスが向上している。プロセスは7nmでダイサイズ・トランジスタ数も共通だ。Navi 21のスペックを落としたものがこれまで発売された2つのモデルということになる。

RX 6900 XTではフルスペックのNavi 21(80基のCUs)が採用されている。コンピューターユニットが80で64のシェダーユニットがあるのでCUDAコアは5120となる。RX 6800 XTよりも10%程度多い。RTコアはコンピューターユニットと同数で80基だ。ベースクロック及びブーストクロックはRX 6800 XTと共通でRX 6800よりも7%程度高い。

実はメモリ周り位に関しては全く同じだ。メモリバスは256-bit、GPUメモリ16GB、メモリ速度16Gbps、メモリバス帯域幅512.0 GB/sだ。そしてこのメモリバス帯域幅の少なさをInifity Cache 128MBでカバーする形だ。GPUとGPUメモリのデータのやり取りをスムーズにする役割を持つ。TDPは300WでRX 6800 XTと同じだ。スペックを上げている割に消費電力が抑えられているという点では意味がある。価格は$999とかなり高い。

総合性能

rx6900xtseinou

RX 6900 XTは、現行のグラフィックボードの中でもトップクラスの性能を持つグラフィックボードだ。GeForce RTX 3080よりも数%高い性能となっている。その後RTX 3080の後継モデルであるRTX 3080 Tiがリリースされたことで現行三番目に位置することになった。4K解像度でのゲームプレイを考えている方におすすめだ。

当然下位モデルのRadeon RX 6800 XTよりもゲーミング性能は高くなる。前モデルでは当時ハイクラスのRadeon RX 5700 XTがフラグシップモデルだったためた一気にパフォーマンスが引き上げられNVIDIA製グラフィックボードに追いついた。ハイエンドクラスのAMD製グラフィックボードを待っていた方はチェックしよう。

>>Radeon RX 6900 XTを確認(Amazon)<<

Radeon RX 6900 XTのフレームレート一覧

RX 6900 XTでの4K及びWQHD環境でのフレームレートをまとめている。注目はやはりNVIDIAのフラグシップモデルであるRTX 3090との性能差だろう。また、ゲームプレイではRTX 3080と同等程度まで落ちてしまうこともある。タイトルごとのフレームレートがどのぐらい変わるかにも注目して欲しい。

Watch Dogs: Legion

watchdogslegion

RX 6900 XT94
55
RTX 309091
61
RTX 308085
55
RX 6800 XT85
49
RX 680072
42
RTX 307070
42
RTX 2080 Ti67
42
WQHD4K
WQHD環境ではRX 6900 XTがトップに躍り出た。RX 6800 XTよりも11%高くなっている。RTX 3090よりも4%高い。一方で、4K解像度ではRTX 3080と同じ55fpsでRTX 3090よりも10%劣ってしまっている。コストパフォーマンスを考えるとRTX 3080が優秀だ。

Assassin’s Creed Valhalla

Assassin’s Creed Valhalla

RX 6900 XT100
64
RX 6800 XT89
57
RX 680081
48
RTX 309078
59
RTX 308075
56
RTX 307064
43
RTX 2080 Ti60
39
WQHD4K
Assassin’s Creed ValhallaではRX 6900 XTが素晴らしい結果を出した。WQHDでも4KでもRTX 3090及びRTX 3080を超えた。結果を見る限りRadeon製グラフィックボードとの相性がよいようだ。トップ3はRadeonが占めている。RTX 3090との差は9%-30%だ。

Godfall

godfall

RX 6900 XT106
63
RTX 3090104
68
RX 6800 XT100
59
RTX 308088
59
RX 680085
51
RTX 307072
46
RTX 2080 Ti68
41
WQHD4K
WQHD環境ではRX 6900 XTがトップだ。RTX 3090との差は2%と僅かだ。RX 6800 XTよりも6%高い。ところが4K解像度になると逆転してしまう。トップはRTX 3090でRX 6900 XTとの差は7%だ。RTX 3080を上回っていることは評価したい。

>>Radeon RX 6900 XTを確認(Amazon)<<

その他ベンチマーク一覧

レイトレーシング

rx6900xt-raytracing

前評判通りレイトレーシング性能については苦戦している状況だ。上記は3DMARK Port Royalを使ったベンチマーク結果となっている。一世代早くレイトレーシングを搭載したNVIDIA製グラフィックボードに大きな差を付けられている。

RX 6000シリーズのフラグシップモデルでも下位モデルのRTX 3070に近いスコアだ。RTX 3080とは30%近くの差が付いていてやや厳しい。実際のゲームプレイにおいてはこのベンチマーク以上に差が付いてしまうこともあるので、レイトレーシング機能を重視したいと考えている方は注意して欲しい。

消費電力

rx6900xt-watt

各グラフィックボードのゲームプレイ時の消費電力をまとめている。最も消費電力が高いのはRTX 3090でパフォーマンスを考えると納得できる。高負荷時にはRX 6800 XTよりも消費電力が抑えられているのは魅力的だ。価格が高い分だけ高性能だということになる。性能が高い上に消費電力が抑えられているなら言うことなしだ。考え方によってはもう少しパフォーマンスを引き上げられたのではないかと勘ぐってしまうが…クロック周波数が同等だというのも難しいところだ。

温度

rx6900xt-temparature

グラフィックボードの温度をまとめている。RX 6900 XTの温度が最も高い結果になった。RTX 3090の温度がかなり抑えられているのは驚きだ。環境によって大きく変わる部分であるため参考としておいて欲しい。

>>Radeon RX 6900 XTを確認(Amazon)<<

Radeon RX 6900 XT搭載おすすめBTOパソコン

意外とRX 6900 XT搭載モデルは各メーカーから販売されている。今後在庫切れとなってしまう可能性も否定できないため、購入検討中の方は急いで決断した方が良いかもしれない。価格重視で選ぶならフロンティアをチェックしよう。ドスパラはNVIDIA製グラフィックボード搭載モデルはコスパの高いモデルが揃っているが、AMD製グラフィックボード搭載モデルはコスパが伸びない。販売台数をそれほど増やせないので仕入れ値が高いのだろうか。

G-GEAR neo GX9A-E204/XT(TSUKUMO)

G-GEAR neo GX7J-D190ZT価格:369,800円(税込)
CPU:Ryzen 9 5900X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:DDR4-2666 32GB
SSD:1TB Gen4 NVMe対応
HDD:非搭載
電源:850W GOLD

公式サイト

Radeon RX 6900 XT×Ryzen 9 5900X搭載のゲーミングPCだ。かなり価格が抑えられた一台だと言える。Ryzen 9 5900Xは、12コア24スレッドとマルチスレッド性能が高くクリエイター作業にも適している。メモリ32GB、SSD 1TB Gen4 NVMe対応と圧倒的な構成を誇る。電源ユニットには850W GOLDを採用している。一つ注意すべきはメモリ規格は旧世代のDDR4-2666だということだ。パフォーマンス的に少し不利になることがある。

GALLERIA ZA9R-69XT LC(ドスパラ)

GALLERIA ZA9R-69XT LC価格:439,980円(税込)
CPU:Ryzen 9 5900X
GPU:Radeon RX 6900 XT LC
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB Gen4 NVMe対応
HDD:非搭載
電源:1000W GOLD

公式サイト

RX 6900 XT×Ryzen 9 5900Xの組み合わせで税込み40万円オーバーとやや高い。それもそのはずでグラフィックスにはRX 6900 XT Liquid Cooledを搭載しているからだ。高いグラフィックス処理性能も水冷クーラー採用で高負荷時にも安定した動作が可能となる。100台限定販売中となっている。また、メモリ16GB、SSD 1TB Gen4 NVMeと構成は十分だ。電源ユニットには余裕の1000W GOLDを採用していて安心できる。

LEVEL-R9X5-LCR59W-DZX(パソコン工房)

LEVEL-R9X5-LCR59W-DZX価格:457,980円(税込)
CPU:Ryzen 9 5950X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:850W GOLD

公式サイト

Ryzen 9 5950Xを搭載したゲーミングPCだ。16コア32スレッドの怪物CPUだ。正直ゲームプレイ向けとは言えない。コアが多くてもここまであると性能を活かせない。どちらかと言うとクリエイター用途での購入がおすすめだ。メモリ32GB、SSD 1TB Gen4とずば抜けている。電源ユニットも850W GOLDと高品質モデルを採用している。価格が高いので予算がある方向けだ。PCケースにはクリアガラス採用の「InWin CS-216」が選択されている。LEDで魅せるゲーミングPCだ。

Radeon RX 6900 XTの特徴&強みまとめ

Navi 21のフルスペックGPUを搭載している

Radeon RX 6900 XTはフルスペックのNavi 21を搭載している。すでに発売されていたRX 6800 XTやRX 6800も魅力的なグラフィックボードだが、あくまでもRX 6900 XTを盛り上げるための前座だ。AMDにとってRX 6900 XTが本命のはずだ。多くのAMDファン待望のグラフィックボードというわけだ。

RX 6900 XTでは採用されるコンピュータユニットが80基とRX 6000シリーズの中で最も多い。RTコアもコンピュータユニットと同じ数だけ搭載されるので、80基ということになりレイトレーシング性能も高めだ。フラグシップモデルを待っていたという方はぜひチェックして欲しい。

アーキテクチャ改良で省電力性が強化された

RDNA 2アーキテクチャの魅力はパフォーマンスの向上だけではない。コンピューターユニットのワットパフォーマンスを高めることで省電力性が高くなったのもポイントだ。Infinity Cacheも消費電力を抑えるのに一役買っている。

負荷状況によってはRX 6800 XTよりも消費電力が抑えられることもある。今後もこの省電力性を高めることが重要になってくるだろう。消費電力を下げられないとクロック周波数を引き上げるなど性能を高くすることができないからだ。プロセスの縮小もどんどん進んでいくかもしれない。

RX 6800 XTより割高感が強い

RX 6900 XTは性能が高いグラフィックボードであることは間違いない。ただし、ゲーミング性能だけを考えるとRX 6800 XTからの伸びは価格に見合っていないというのが本音だ。RX 6900 XTは、RX 6800 XTよりも50%以上高いにも関わらずパフォーマンスは僅か5%伸びる程度だ。

価格差が$350と大きく$1000という価格帯は誰もが手を出せるわけではない。基本的にはRX 6800 XTを選択するのがよいだろう。もっともいずれにしても入手困難な状況なのでもう少し待つ必要がある。

>>Radeon RX 6900 XTを確認(Amazon)<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPURyzen 9 3950X
マザーボードMSI X570
メモリDDR4-3200 32GB
電源ユニット
参照元:AMD Radeon RX 6900 XT Review (TECHSPOT)