GALLERIA XA7R-R46 5700Xtop


ドスパラが販売する「GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載」のレビューをまとめている。Ryzen 7 5700X×RTX 4060搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。フルHD環境でのゲームプレイを想定しているゲーマー向けだ。Ampere世代のGeForce RTX 3060の後継機でそのよさをそのまま引き継いでいる。

GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載はGeForce RTX 4060搭載の代表的なモデルと言える。一時はコストパフォーマンスの高さと今後への期待の高さで注目していた。GALLERIAランキングに入ってもおかしくないという評価だった。残念ながら値上げが適用となったことで評価を落としている。キャンペーンも見せかけのもので実質値上げだ。

型番の解説コーナー

GALLERIA XA7R-R46という型番はただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解するとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA XA7R-R46」は、X=シリーズ(eXtend:伸展)、A=ATX(ケース)、7R=Ryzen 7 5700X、R46=GeForce RTX 4060ということだ。

5,000円分のドスパラポイントがもらえる

dospara5000p現在冬の大感謝祭キャンペーン実施中だ。2024年1月15日(月)までの期間限定となる。GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載の購入とエントリーでもれなくドスパラポイント5,000円分がもらえる。

GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載のスペック

galleriaxseries

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載
価格159,980円(税込)
CPURyzen 7 5700X(レビュー)
グラボGeForce RTX 4060(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
ストレージSSD 1TB Gen4 NVMe
電源650W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB550
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
7.8

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
7.5

・構成
7.0

・品質/サポート
9.0

GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載は、冬の大感謝祭キャンペーンでのドスパラポイント付与キャンペーンと同時期に1万円の値上げが適用された。キャンペーンでは5,000円分のポイントが付与されるため、実質5,000円の値上げだ。当然評価はダウンとなる。

GeForce RTX 4060搭載モデルの価格は下落傾向にあり、Ryzen 7 5700Xとの組み合わせでは15万円台を切れるかどうかが重要になる。GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載は、15万円台後半となり評価の上では標準よりも少し優れている程度に落ち着いた。選びやすさが重要視されるミドルクラスのモデルとしては、致命的とまでは言わないまでも微妙なモデルになった。

CPUに旧世代のRyzen 7 5700Xを搭載するメリットは価格を抑えられることにある。値上げしてしまうと、そのメリットを失ってしまう。149,980円で選択できたからこそ、GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載はおすすめできていた。その強みを失ってしまっては、平凡なモデルという印象が強い。

他のメーカーでも、15万円台で販売されているGeForce RTX 4060搭載モデルは多い。多くの競合製品の中に埋もれてしまったと言える。値上げと同時に、SSDがGen4接続に対応しているのは評価できる。値上げを補える要素ではないが、単なる値上げよりは幾分かマシだ。もっとも、GeForce RTX 4060搭載モデルでは、構成の充実よりも価格を抑えることの方がよい。

最も人気のある15万円前後の価格帯から少し外れてしまうと、ミドルクラスのゲーミングPCはなかなか選びにくい。何より、他に優れた製品があれば、強みを持たないモデルは支持されにくい。GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載を候補に入れているなら、比較の項目もチェックしておいてほしい。

>>GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載を購入<<

各タイトルの対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載はRyzen 7 5700XとRTX 4060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。RTX 4060の性能は、従来のRTX 3060とRTX 3060 Tiの中間程度だ。Ryzen 7 5700Xとのバランスはよく、非常に扱いやすい性能と言える。Apex Legendsやフォートナイトを、高リフレッシュレートで快適にプレイできるだけの性能はある。ただし、最高設定での安定は難しいので設定を下げた方がいい。WQHDへの対応力も伸びているものの、基本的に高解像度は得意ではないので注意しよう。

GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載の性能まとめ

ゲーミングPCは、CPUやグラフィックボードなどのパーツの集合体である。ゲーミングPCの性能でゲームに与える影響が大きいのはCPUとGPU(グラフィックボード)の性能だ。この2つのスペックをより詳しく見ていこう。

ゲーミングPCの性能を知るには、CPUとGPU(グラフィックボード)の性能を理解することが近道だ。パソコンにあまり詳しくない初心者の方にもわかりやすいはずだ。

AMD Ryzen 7 5700X(CPU)

Core i7-1370036,074
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 7 7700X27,183
Core i5-12600K25,507
Core i5-1340025,345
Ryzen 7 5800X24,001
Core i7-11700K23,705
Ryzen 7 5700X22,789
Core i5-1240022,546
Ryzen 7 3700X21,064
Ryzen 5 5600X20,616
Core i7-1170020,009
Ryzen 5 560019,765
Ryzen 5 3600X16,117
Core i5-1140016,019
Ryzen 7 2700X15,250

GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載は、CPUにAMDのRyzen 7 5700Xを搭載している。Ryzen 7 5700XはZen 3アーキテクチャを採用しているおり、登場から1年以上経過した旧世代のCPUだ。8コア16スレッドというスペックで、非常に優れた処理性能を有している。1世代前のRyzen 7 3700Xと比べて8%程度処理性能が高い。Core i5-13400に近い性能で、パフォーマンスは少し落ちる程度だ。

搭載モデルの価格はCore i5-13400よりも抑えられている。そのため、価格を抑えたいミドルクラスのようなモデルには相性がいい。選びやすさという点では抜きん出たものがある。コストパフォーマンスを活かしたいモデルにはRyzen 7 5700Xが最適と言える。RTX 4060との組み合わせであればボトルネックもない。相性の良し悪しを選ぶCPUながら、RTX 4060となら何の問題もない。むしろコストパフォーマンスのよさを引き出せる強みが活きる。旧世代となった今でもRyzen 7 5700Xを選択するメリットは大きい。

GeForce RTX 4060(GPU)

RTX 407034,914
RX 680030,479
RTX 3070 Ti29,957
RTX 307028,194
RTX 4060 Ti28,036
RTX 2080 Ti26,552
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213
RX 7600 XT23,782
RTX 406022,620
RX 760022,164
RX 6650 XT21,990
RX 6600 XT21,147
RTX 306018,722
RTX 2060 SUPER16,150
RTX 206014,812
GTX 1660 SUPER13,913

GeForce RTX 4060は、2023年6月29日に発売された最新のグラフィックボードだ。RTX 30シリーズで人気を博したRTX 3060の後継機にあたるモデルだ。RTX 4070 Ti以上の高性能なGPUと比べて、前世代との伸びは控えめだ。RTX 4060はRTX 3060に対して20%ほど性能が高い。数値だけを見れば十分に感じる。しかし、RTX 3060とRTX 3060 Tiの中間に位置しており、前世代の一つ上の性能に届かない性能に留まっている。

GPUは最新世代になると、前世代の一つ上の型番程度の性能に落ち着くことが多い。ミドルクラスはその傾向はないが、少なくとも従来モデルの一つ上の性能くらいにはなっていた。その性能に届いていないことがRTX 4060の評価を下げている。一方で、消費電力はRTX 3050と同程度に収まっている。ワットパフォーマンスに関しては大きな成長を見せている。

消費電力が抑えられているということは、搭載する電源の容量を下げられコスト面でメリットがある。RTX 4060搭載モデル全体の価格を下げられる要素として重要な役割を果たしている。高性能なモデルに比べて、ミドルクラスに求められる強みに特化した形に進化している。この部分を考えれば優秀なGPUであることは間違いない。

>>GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載を購入<<

GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載

次世代のオーソドックスになれるモデル

GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載は登場したばかりのRTX 4060を搭載しているゲーミングPCだ。CPUに旧世代のRyzen 7 5700Xと合わせることで、価格を抑えつつバランスのよい性能を発揮できるモデルに仕上がっている。ミドルクラスらしい選びやすさと扱いやすさが特徴のモデルである。従来のRTX 3060搭載モデルのようなポジションに落ち着く未来が見える。Ryzen 7 5700Xは登場時こそ評価は微妙だったが、最新世代の登場により価格が大きく落ちた。

Core i5-13400よりも性能が高く、価格が安いことで最近になって人気がでたCPUだ。その特性から、ミドルクラスとの相性が非常によく、RTX 4060搭載モデルを15万円台で展開できている要因になっている。GALLERIA XA7R-R46はこれからミドルクラスの中心、王道とも呼べるモデルになっていくだろう。RTX 3060やRTX 3060 Tiが市場から消えれば、オーソドックスなモデルとして置き換わっていくはずだ。

すでに154,980円で展開されていることから、RTX 3060の上位互換として君臨しそうな勢いもある。ミドルクラスに求められるのは性能の高さよりも、選びやすさである。価格が抑えられているからこそ人気があり、多くのゲーマーが選択肢に加えている。そういう意味ではGALLERIA XA7R-R46のようなモデルは非常に理に適っている。Ryzen 7 5700Xを搭載することで価格を抑え、RTX 4060との組み合わせのよさを強調している。

RTX 4060は省電力性に優れていることから、搭載電源の容量も抑えやすいのがポイントだ。コストパフォーマンスから見ても、GALLERIA XA7R-R46がミドルクラスの中心になっていくのは間違いない。ミドルクラスのよさを引き出しつつ、扱いやすい性能で不満は生まれにくい。これからもっとおすすめしやすい変化をしていくはずだ。従来のRTX 3060搭載モデル並の価格に期待してもよさそうだ。

RTX 4060の評価を覆す価格に期待したい

RTX 4060もまた、Ryzen 7 5700Xと同じように評価の低いグラフィックボードだった。RTX 4060はRTX 3060 Tiにさえ届かない性能で、RTX 3060よりわずかに性能が伸びた程度だ。期待値を上回れなかったことが評価の低迷に繋がっている。RTX 4070 TiなどRTX 40シリーズの上位モデルは、従来モデルに比べて大きな性能の伸びを見せていたのとは対照的だ。実は、GTX 10シリーズ以降の60番台について性能の伸びはそれほど大きくない。

最新世代が登場する度に、期待値を上回れていないところから、ある意味順当な伸びと言えなくもない。GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載は登場時点で15万円台で展開できている。性能は期待に沿えなかったかもしれないが、価格は明らかに期待値を上回っているように感じる。これはグラフィックボード単体ではなく、搭載モデルだからこその価格設定とも言える。

従来のRTX 3060搭載モデルより安く、RTX 3060よりも高い性能を有している。完全な上位互換と言ってもおかしくない。Ryzen 7 5700Xは価格を非常に抑えやすいCPUであることも強みだ。GALLERIA XA7R-R46はRTX 4060のよさを最大限引き出せるモデルとも言える。RTX 4060は性能面でがっかりすることもある。それでも、価格を考えれば満足度の高いGPUだ。ミドルクラスのモデルは、性能を見るよりも価格を見る方が重要だ。

その価格で強みを出すGALLERIA XA7R-R46は、RTX 4060の低い評価を覆すには十分なモデルである。ここからさらに価格が下がっていくと考えれば、非常に優秀なグラフィックボードという評価になる可能性もある。価格あってこそのミドルクラスだ。RTX 4060単体の評価は低くても、GALLERIA XA7R-R46の評価は高い。候補に入っているなら安心して選んでほしい。

>>GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIANEXTGEAR
イメージgalleriaxseriesnextgear
製品名GALLERIA XA7R-R46
5700X搭載
NEXTGEAR JG-A7G60
ケースミドルミニ
価格159,980円(税込)149,800円(税込)
送料3,300円(税込)無料
納期最短翌営業日最短4営業日
(有料オプションあり)
保証(延長)1年間(5年間)3年間(5年間)
CPURyzen 7 5700XRyzen 7 5700X(水冷)
GPURTX 4060RTX 4060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD1TB Gen4 NVMe1TB NVMe
電源650W BRONZE750W BRONZE
マザボB550B550
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はマウスコンピューターのNEXTGEAR JG-A7G60だ。GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載が値上げしたことで、価格差は10,180円まで開いてしまった。NEXTGEAR JG-A7G60は送料が無料なので実質の価格差は13,480円だ。また、標準で3年間の保証が付いているのも強力だ。GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載の延長保証に掛かる費用は15,979円となる。

NEXTGEAR JG-A7G60は水冷式CPUクーラーを搭載している。SSDがGen4に対応したと言っても、覆すことは難しい差がある。構成に差がないモデルの比較では絶望的である。NEXTGEAR JG-A7G60は価格とサポート面で圧倒的な存在感を示している。現時点ではNEXTGEAR JG-A7G60を強く推奨したい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA Xsyoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

I/Oパネル

GALLERIA Xiopanel
I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右側面

GALLERIA Xright
本体右側はシンプルだ。前面のメッシュ部分には青色のシートが内部に貼り付けられている。

左側面

GALLERIA Xleft
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

下側

GALLERIA Xlkabu
本体下側にもファンが見える。メッシュパネルはワンタッチで取り外すことができてメンテナンス性に優れている。

背面

GALLERIA Xhaimen
背面は参考として見て欲しい。搭載するグラフィックボードによって変わる可能性がある。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載は、Ryzen 7 5700X×RTX 4060搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。GeForce RTX 4060搭載モデルの価格が下がってきている中で10,000円の値上げが適用となり評価を落としている。キャンペーンで5,000円相当のポイント還元されるとは言っても評価上はマイナスだ。今は比較対象モデルをチェックしておこう。

ゲーミング性能は標準以上で従来モデルのGeForce RTX 3060よりも20%ほど高くなっている。さらに、省電力性も向上している。GeForce RTX 3060の後継機モデルとして安心して選択できる。まさにミドルクラスの王道と呼べるものだろう。Ryzen 7 5700XはGeForce RTX 4060と相性がよく、双方のよさをうまく引き出せているように感じる。あとは価格が下がれば文句なしだ。

価格CPUグラボ
159,800円(税込)7 5700XRTX4060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載