G-Tune HL-Btop


当記事では、G-Tune HL-B(プレミアムモデル)の評判とレビューをまとめている。CPUがCore i7-11700Fへとリニューアルされた。キューブ型を採用した高パフォーマンスモデルだ。小さな見た目からは想像できないほど高いゲーム適正を持つ。ミニタワーやミドルタワーに比べるとやや割高になっていることからケースに魅力を感じる方は必見だ。

大決算セールで22,400円OFF

mousesale202203162022/03/16 11:00~2022/03/30 10:59の期間中は大決算セール第3弾実施中だ。割引額が大きくキューブ型モデルを探しているならチェックしておこう。

G-Tune HL-B(プレミアムモデル)のスペック解説

littlegear

ブランド名G-Tune
製品名G-Tune HL-B(プレミアムモデル)
価格通常時 / 192,280円(税込)
セール時 / 169,800円(税込)
CPUCore i7-11700F
GPUGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB560
コスパ・通常時
★★★★☆☆☆☆☆☆ 3.7

・セール時
★★★★★★★☆☆☆ 7.1

>>G-Tune HL-Bを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune HL-Bの性能レビュー

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

RTX 3060は、Ampere世代で最も人気のあるグラフィックボードの一つだ。グラフィックボードの価格が高騰してワンランク下のモデルを購入せざるを得なくなった方が増えたことがその要因だ。RTX 3060であればフルHD環境で高フレームレートを出すことができる。搭載モデルの価格も下落していて購入しやすい。

高解像度へのこだわりがないのであればあえて選択するのも悪くない。RTX 2060 SUPERからの伸びはそれほど大きくなく5%程度高い。レイトレーシング・DLSS性能も高くなった。RTX 2060と比べると20%近くもパフォーマンスが高い。

Core i7-11700(CPU)

corei7-11700seinou

Core i7-11700は、Intel第11世代で性能も高く人気のCPUだ。8コア16スレッドとゲームプレイにおいて魅力的なスペックだったと言える。CPUコアの改良によってパフォーマンスが高くなった。従来モデルのCore i7-10700との性能差は25%だ。RTX 3060との組み合わせだとややCPU寄りだ。これが価格に上手く結びつけば評価そのままに、今も選択されるCPUになる。

総合性能

G-Tune HL-Bseinou

G-Tune HL-BはCore i7-11700FとRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。旧世代のCPUながら、Core i7-11700Fは優れた処理性能を有している。RTX 3060との組み合わせはバランスが取れている。性能と価格のバランスを重視したモデルに仕上がりやすい。高解像度は苦手ながら、フルHDであればApex Legendsでも144Hzを目指せる。高リフレッシュレートでのゲームプレイを想定するなら最低限見ておきたい性能だ。

G-Tune HL-B(プレミアムモデル)の特徴

大きな変化がなく、評価は下降線

G-Tune HL-B(プレミアムモデル)は、RTX 3060×Core i7-11700F搭載のキューブ型のゲーミングPCとなっている。このG-Tune HL-Bにはこのプレミアムモデル以外にも通常モデル(外部リンク)のラインナップもある。従来まで存在していたG-Tune HL-Bはプレミアムモデルに変わった形だ。

通常モデルはCore i5-11400F採用なので、後から追加された方が通常モデルに落ち着き、既存のモデルがプレミアムに移行している。非常にややこしい状況である。G-Tune HL-B(プレミアムモデル)は従来モデルと比べて、CPUがCore i7-11700からCore i7-11700Fになっている以外に変化がない。

CPUがCore i7-11700Fに変化したのに価格すら変わっていない。これはマイナス要素だ。本来であれば悪くても3,000円の値引きがあってもおかしくない。それがないということは、単純にマイナス方向への変化、値上げという捉え方ができる。コンパクトケース採用という強みはあっても、評価が下降線をたどる要因となっている。

G-Tune HL-Bはミニタワーケースよりも省スペースなコンパクトケースを採用したモデルだ。構成やコストパフォーマンスで劣っていても、この特徴から選ばれているモデルでもある。ただし、単なる省スペースモデルではなく、どちらかと言えば持ち運びを想定したモデルだ。デスクトップPCを持ち運ぶ場面は一般ユーザーにはないだろう。

これはゲームの大会を運営する場合やオフライン環境でのイベントを想定しているケースだ。そのため、一般的なコンパクトケースとは特徴が異なる。ただ小さいだけのモデルではない。ケースに持ち運ぶためのハンドルが付属していることからも分かる。このハンドルを取り外すことができれば、また違った評価だっただろう。

省スペースを活かすにはこのハンドルが非常に邪魔になる。置き場所に制限があるなら、別のコンパクトケースを選びたい。このように、G-Tune HL-B(プレミアムモデル)はやや特殊なモデルだ。これが単なるミニタワーなら評価は1.4程度にまで下がる。3.7で踏みとどまっているのは他にない特徴を持っているからに過ぎない。

高すぎる価格設定が厳しい

特殊なケースを採用しているからこそ、この割高な価格でも受け入れられている。イベントを運営する可能性があるなら唯一無二とも言える有用なモデルとなる。一方で、持ち運びを想定しない、純粋に省スペースなモデルがほしいならおすすめできない。そういった用途を想定しないなら選択するメリットは限りなく薄い。

Core i7-11700FとRTX 3060の組み合わせは、第12世代が登場する前でも16万円台だった。それが定価で19万円台、セールが来てようやく16万円台だ。特殊ケース採用でなければ、セール時でさえ評価は5.0を下回っていただろう。他にない特徴を持った補正により評価が高いだけで、基本的にはおすすめしにくい。

昔のコンパクトケース採用モデルは、ミニタワーのモデルよりも価格が安くてお得だった。それもなくなった今では一般ゲーマーにおすすめすることは難しい。コロナの影響もあり、オフラインイベント自体が稀になっている。元々需要のあるケースとは言えなかったが、ここに来てさらに限定的なケースとなってしまった。

すでに記載しておりう通りケースデザインが好みであるなら選択肢に入ってもおかしくはない。その時はただ価格が高いだけのモデルとなってしまうので注意は必要だ。同じ価格帯で優れたモデル、同じ性能帯で優れたモデルはいくつかある。しかしながら、コンパクトケースを採用したモデルでは存在しない。比較対象には近い性能で価格の安いモデルをピックアップした。

価格が安ければ、その差額で環境を整えるデバイスに予算を割ける。G-Tune HL-Bを候補に加えたということは、それほど性能を重視していないとの判断だ。実際にはケースを重要視しているはずなので、もしかするとあまり参考にならないかもしれない。置く場所が問題でないなら比較対象のモデルも候補に入れてみてほしい。

>>G-Tune HL-B(プレミアムモデル)を購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名G-TuneGALLERIA
イメージlittlegearRM5C-G50
製品名HL-B(プレミアムモデル)RM5C-R36
価格192,280円(税込)
169,800円(税込)
169,980円(税込)
CPUCore i7-11700FCore i5-12400
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源700W BRONZE650W BRONZE
マザーボードB560B660
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はドスパラのGALLERIA RM5C-R36だ。予算的に選びやすく、性能的に扱いやすいモデルをピックアップした。Core i7-11700FからCore i5-12400になればCPUの処理性能は向上しつつゲーム性能は同等程度だ。Core i5シリーズでも最新モデルなら性能は高い。RTX 3060程度の性能であればCore i7-11700FもCore i5-12400も大きく変わらない。

基本的な構成はよく似ている。最新である分だけGALLERIA RM5C-R36の方が優れているだろうか。価格は28,000円ほど安く、G-Tune HL-Bのセール時よりも5,000円ほど安い。期間限定の値引きと違い、いつでも選べるのは頼もしい。最新モデルでもあるのでおすすめだ。

パソコンケースレビュー

littlegearcase
ここで紹介しているは今や希少なコンパクト型のケースを採用。標準では光学ドライブ非搭載モデルとなっているが、オプションで取り付けることが可能だ。スタイリッシュでデザイン性が高い。

管理人による総評(G-Tune HL-B(プレミアムモデル))

littlegear

G-Tune HL-B(プレミアムモデル)は、RTX 3060×i7-11700F搭載のゲーミングPCだ。CPUがCore i7-11700から最新のCore i7-11700Fへとリニューアルされた。Fシリーズになっても価格が下がらないのは痛い。セール時でも”キューブ型”という特性がなければ評価は上がらない。ゲーミング性能は標準よりやや高くフルHD環境でなら高設定でも十分ゲームをプレイできる。

最近あまり見かけなくなったキューブ型のケースを採用している。小型のゲーミングPCを探している方には魅力的なゲーミングPCとなるかもしれない。コストパフォーマンスに目を向けるとやや厳しい印象を受ける。そもそも販売台数が多くないこともあってか価格は割高に設定されている。それは比較対象で紹介したGALLERIA RM5C-R36と比べると一目瞭然だ。より安い価格でより高い性能及び構成が手に入る。

キューブ型ケース採用のゲーミングPCは少なく検討したいと思う方もいるだろう。小型PCの課題はいつでも発熱だ。電源効率がよいためある程度発熱量を抑えられる。また、ケースにはメッシュを存分に活用しエアフロー効率を高めている。こういった点にコストが掛かっていると考えておくとよい。

価格CPUグラボ
169,800円(税込)Core i7-11700FRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya