GALLERIA ZA7C-R47top


ドスパラが販売する「GALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載」のレビューをまとめている。Core i7-14700KF×RTX 4070搭載のゲーミングPCだ。2023年10月発売の最新CPUであるCore i7-14700KFを搭載している。最新モデルながら比較的価格が抑えられていて構成も充実しているのでおすすめだ。

Core i7-13700KF搭載モデルとの価格差が小さく注目したい。グラフィックスにはハイクラスのGeForce RTX 4070を搭載していて、ゲーム環境の幅も広い。ゲームジャンルも解像度も選ばないことから、本格的なゲームプレイが可能だ。CPU性能が高いことで何かをしながらのゲームプレイや、ゲーム以外の用途で活躍するはずだ。最新モデルでも選びやすく、扱いやすいのがGALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載である。

型番の解説コーナー

GALLERIA ZA7C-R47という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実はそれを分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA ZA7C-R47」は、Z=シリーズ(Zealot:熱狂)、A=ATX(ケース)、7C=Core i7-14700KF、R47=GeForce RTX 4070ということだ。

GALLERIA ZA7C-R47のスペック解説

galleriaxseries

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA ZA7C-R47
価格302,980円(税込)
CPUCore i7-14700KF(水冷)(レビュー)
グラボGeForce RTX 4070(レビュー)
メモリDDR5-4800 32GB
SSD1TB Gen4 NVMe
HDD非搭載
電源750W 80PLUS GOLD
マザーボードチップセットZ790
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
8.5

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
7.7

・構成
9.0

・品質/サポート
9.0
追記2024/01/12

GALLERIA ZA7C-R47は13,000円の値上げが適用され登場時点よりも価格が高くなてしまった。30万円を超えてしまったのは悩ましい。GALLERIA ZA7C-R47に限らず、GALLERIA製品全般が高騰していることを表す事例だ。値上げはユーザーにとって何のメリットもない変化であるため、価格が落ち着くまで様子を見たい気持ちがある。しかしながら、Core i7-14700KFは登場したばかりのCPUで、搭載モデルは限られている。

従来のCore i7-13700KF搭載モデルも併売されていて価格を下げにくい。値上げはともかく、今は頭一つ抜けているモデルが存在しない。評価は下がってもGALLERIA ZA7C-R47が有力な選択肢である。構成を見るとわかるが、GALLERIA ZA7C-R47は価格を意識したモデルではない。最新CPU・水冷CPUクーラー、DDR5-4800 32GB・NVMe 1TB Gen4・Z790と主要部分が上位構成でまとめられている。

多少価格が上がったとしても、GALLERIA ZA7C-R47の持つ価値が損なわれることはない。充実した構成を持っているからこそ、13,000円程度の値上げで大幅な評価ダウンには至っていない。それはCore i7-14700KFとGeForce RTX 4070を搭載したモデルはまだまだ少ないことも関係している。GALLERIA ZA7C-R47よりも明らかに優れたモデルが登場しない限り、多少のマイナスで地位が揺らぐことはない。

注意したいのは、この状態が長く続くことはないということだ。すでに、第14世代搭載モデルは徐々に増加している。GeForce RTX 4070は人気のグラフィックボードであるため、対抗モデルはすぐに登場してくるだろう。今はよくても、少し先はGALLERIA ZA7C-R47をおすすめしにくくなる可能性が高い。購入を急いでいないなら様子を見るのもありだ。

>>GALLERIA ZA7C-R47を購入<<

各タイトルの対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載はCore i7-14700KFとRTX 4070を搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。最新のCore i7-14700KFを搭載しており、非常に優秀な処理性能を有している。RTX 4070とのバランスはよく、CPUがボトルネックになることはない。Apex Legendsは設定次第で240Hz環境を構築できる。フォートナイトであれば360Hz環境も目指せる性能だ。WQHD解像度への対応力も高いため、FF15のようなRPGを高解像度でプレイしたい方にもおすすめしやすい性能だ。

GALLERIA ZA7C-R47の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

Core i7-14700KF(CPU)

i7-14700kgamescore

GALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載では2023年10月に登場したばかりのIntel第14世代Core i7-14700KFを搭載している。アーキテクチャは従来モデルのCore i7-13700KFと同じだが、Eコアが4基増えて20コア28スレッドとスペックが高くなった。グラフを見てわかるとおり残念ながらゲーミング性能はほとんど変わらず1%程度の伸びに留まる。

ゲーム用途では体感できるほどの違いはない。競合モデルのRyzen 7 7700Xと比べると15%程度ゲーミング性能が高い。マルチコア性能自体はCore i7-13700KFよりも5%程度高くなった。ゲームをプレイしながら別のアプリケーションを起動するような使い方では恩恵はある。用途の幅が少し広がっているという点では、Core i7-14700KFを選択する理由になるかもしれない。

GeForce RTX 4070(GPU)

rtx4070gamescore

当該モデルではAda Lovelace世代のハイクラスであるGeForce RTX 4070を搭載している。RTX 4070は、従来のRTX 3070よりも19%性能を伸ばしている。また、従来のハイエンドクラスであるRTX 3080 10GBよりも2%性能が高く、RTX 3080 12GBよりも10%性能が低い。現行のハイクラスのRTX 4070は、従来のハイエンドクラスと同等の性能を有している点は評価できる。

人気の高いRTX 4060 Tiよりも20%程度性能が高いため、ワンランク上の環境を構築しやすい。ゲーム性能は高く、フルHDでは240Hz環境を目指せる。また、WQHDのようなフルHDよりも少し高い解像度への対応力に優れている。WQHD解像度でゲームプレイを想定しているのであれば、RTX 4070は有力なモデルである。

>>GALLERIA ZA7C-R47を購入<<

GALLERIA ZA7C-R47の特徴

最新CPU搭載でも割高ではないモデル

GALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載は、2023年10月に登場したばかりのCore i7-14700Kを搭載したゲーミングPCだ。登場直後での価格は289,980円と悪くない。従来のCore i7-13700KF搭載モデルが279,980円だったため、最新のCPUを搭載していても1万円しか変わらないということだ。最新CPU搭載モデルが1万円高いだけなら、選択するメリットは大きいと言える。

上位のRTX 4080搭載モデルでる「GALLERIA ZA7C-R48」がCore i7-13700KFからCore i7-14700KFへの換装で15,000円高くなっていたので、GALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載はさらに優秀な価格設定だ。本来最新CPUは従来モデルと比べてかなり割高になることが多い。

割高でも選択したいと思う方も多いところ、従来モデルとあまり変わらない価格なら、選択しても後悔することは少ないはずだ。価格の抑えられた最新モデルのデメリットは、セールやキャンペーンの対象になりにくいことくらいだろう。それを踏まえてもコストパフォーマンスを意識するなら、GALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載は素晴らしいモデルだ。注意したいのは、時間経過でよりお得なモデルが登場する可能性があることだ。

今現在、Core i7-14700KF搭載で価格の抑えられたモデルは少ない。CPUの価格は登場から1~2ヶ月でかなり安くなる。そろそろ、対抗できるモデルが登場してもおかしくない。ただ、GALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載は価格が安いだけのモデルではない。対抗製品が出てきても、一気に人気が落ちるようなことはないはずだ。安心して選べるモデルである。

最大の魅力は充実した構成にある

GALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載の魅力は、実は価格ではなく構成にあると言っても過言ではない。注目はメモリだ。GALLERIA Zシリーズでは高クロックなDDR5-4800 32GBが標準搭載となっている。Core i7-14700KFとRTX 4070の組み合わせであれば、メモリ容量が大きいことはそのままメリットにつながる。高解像度や複数のアプリの起動時に必要になる。身近なところではブラウザのタブを多く表示すると、メモリ消費量が多くなる。攻略情報や動画を見ながらのゲームプレイでは役立つ容量だ。

CPUクーラーには冷却効果の高い水冷式が採用されている。電力制限解除あるいはオーバークロックにも対応しやすい。最近のCPUは発熱量が大きく、倍率ロックフリーモデルのCore i7-14700KFも例外ではない。ここ数世代で一気に水冷式クーラーが一般的になったように思う。RGBにも対応しているので、ガラスサイドパネルとの相性もいい。

電源は750W 80PLUS GOLDが採用されている。性能帯を考えると必要十分だろう。このクラスのモデルであっても、700W 80PLUS BRONZEのような容量も規格も下がる電源を搭載したモデルは多い。電源はゲーミングPCの心臓とも言える重要な箇所であるため、700W BRONZEでもよいとは言え750W 80PLUS GOLDは安心できる電源だ。

その他にもSSDがGen4接続で、マザーボードのチップセットもZ790と採用されているパーツに妥協が見られない。上位シリーズということで、最新のパーツを搭載しているのは素晴らしい。Core i7-14700KFやRTX 4070の性能を引き出しやすく、活かしやすい構成を持っている。価格を抑えながら、しっかりした構成を持っている。これこそがGALLERIA ZA7C-R47 14700KF搭載の強みである。

>>GALLERIA ZA7C-R47を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIALEVEL∞
イメージGALLERIA XA7C-R37TLEVEL-R769-LC127K-VAX
製品名GALLERIA ZA7C-R47LEVEL-R779-LC147KF-TL1X
ケースミドルミドル
価格302,980円289,800円
送料3,300円2,200円(会員無料)
CPUCore i7-14700KF(水冷240mm)Core i7-14700KF(水冷360mm)
GPURTX 4070RTX 4070
メモリDDR5-4800 32GBDDR5-4800 16GB
SSD1TB Gen4 NVMe1TB Gen4 NVMe
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD800W GOLD
マザボZ790Z790
基本保証
(延長保証)
1年間
(5年間)
1年間
(4年間)
サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式

比較対象はパソコン工房のLEVEL-R779-LC147KF-TL1Xだ。メモリ容量は半減するが、価格は13,000円ほど安い。ちょうどGALLERIA ZA7C-R47の値上げ前と同じ価格だ。パソコン工房は無料会員登録していれば送料が無料となるので、実際の価格差は16,300円程度だ。

LEVEL-R779-LC147KF-TL1Xのメモリ容量を32GBにカスタマイズすると14,300円かかる。同等の構成では送料込みでGALLERIA ZA7C-R47が306,280円、LEVEL-R779-LC147KF-TL1Xは304,100円だ。LEVEL-R779-LC147KF-TL1Xの方が2,000円ほど安価に選択できる。

現時点ではLEVEL-R779-LC147KF-TL1Xの方が上である。しかし、GALLERIA ZA7C-R47は値上げが適用されての価格だ。ドスパラ製品は一度下がった価格に戻りやすい。しばらくするとGALLERIA ZA7C-R47の方が安くなる可能性はある。選択時はGALLERIA ZA7C-R47の価格に注目したい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA Xsyoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

I/Oパネル

GALLERIA Xiopanel
I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右側面

GALLERIA Xright
本体右側はシンプルだ。前面のメッシュ部分には青色のシートが内部に貼り付けられている。

左側面

GALLERIA Xleft
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

下側

GALLERIA Xlkabu
本体下側にもファンが見える。メッシュパネルはワンタッチで取り外すことができてメンテナンス性に優れている。

背面

GALLERIA Xhaimen
背面は参考として見て欲しい。搭載するグラフィックボードによって変わる可能性がある。

管理人による総評(GALLERIA ZA7C-R47)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

GALLERIA ZA7C-R47は、Core i7-14700KF×RTX 4070搭載の最新のゲーミングPCだ。CPUがCore i7-13700KFからCore i7-14700KFへと換装された。それで+10,000円なら御の字だ。ゲーミング性能は高くGeForce RTX 3080 10GBと同等以上のパフォーマンスを発揮する。メインターゲットはWQHDだ。CPUにはオーバークロック対応のCore i7-14700KFを搭載している。水冷CPUクーラー搭載でオーバークロックをにも対応できる。GeForce RTX 4070とのバランスも良好だ。メモリDDR5-4800 32GB、SSD 1TB Gen4 NVMeと構成も申し分ない。あとは旧世代と同じところまで価格が下がればなおよしだが、一気に価格が上がってしまいやや選びづらくなっている。待てるのであれば少し様子を見るのもよいだろう。

価格CPUグラボ
302,980円(税込)i7-14700KFRTX4070
メモリSSDHDD
DDR5 32GB1TB非搭載