BTOパソコンとはBuild to Order(受注生産方式)のことだ | 価格が安く、カスタマイズできるのが魅力

当ページでは、今注目されている「BTO」パソコンについて解説している。BTOとはBulid to Orderの略で、日本語で言うと受注生産ということになる。

つまりBTOパソコンとは、受注生産方式で販売されているパソコンのことだ。メーカーがユーザーから注文を取ってからパソコンを組み立てて販売するのだ。ゲーミングPCではこのBTOが主流となっている。

ドスパラやG-Tune等が販売しているのはこのBTOパソコンだ。ではどうしてこのBTOが話題になっているのだろうか。その要因として、BTOパソコンには従来型のパソコンに比べて様々なメリットがあるからだ。

BTOパソコンあれこれ

BTOパソコンに関する様々な情報をまとめている。メリット、デメリット、メーカー販売のパソコンとの比較を記載したので是非参考にして欲しい。

BTOパソコンのメリット

人気の秘密はこのメリットを見れば一目瞭然だ。

価格が安い

BTOパソコン最大のメリットがこの価格の安さです。BTOショップは、パーツを大量注文することで価格を抑えることができる。

売れ筋のパーツや共通のパーツを多く採用すれば在庫リスクも管理することが可能だ。ユーザーに最大限に還元されていると言える。

好みのカスタマイズができる

ユーザーが望むカスタマイズをすることができるのも魅力だ。ゲーミングPCを購入する上で全てのユーザーが同じ性能を求めるわけではない。

あるユーザーはそこまでスペックが必要のないタイトルをプレイするためにパソコンを探しているかもしれない。

また、他のユーザーは最新のタイトルを綺麗なグラフィックでプレイするためにパソコンを探しているかもしれない。

様々なユーザーの要望に応えることができるのがメリットの一つだと言える。

必要最低限のアプリケーションのみインストールされている

BTOパソコンには不要なアプリケーションが一切インストールされていない。わざわざアンインストールする手間が省ける。

必要であればOffice、ウイルスソフト、Steam等をプリインストールすることができる。必要なものだけを選択できるのは嬉しい。

納期が早い

BTOショップによっては、納期の早さをウリにしている。早ければ最短当日の発送で、遅くとも2営業日以内に発送されるショップもある。

元々BTOパソコンは納期が遅く注文してから2週間以上掛かることが普通だった。現在は流通工程の見直し等によってかなり改善されていると言える。

購入したらできるかぎり早く手に入れたいというのがユーザーの心理だろう。それに応える形でスピード発送に対応しているのは嬉しい。

BTOパソコンのデメリット

もちろんいいところばかりではない。デメリットもあるので事前に確認しておいて欲しい。ただ、いくつかのデメリットは潰すことも可能だ。

デザイン性の低さ

BTOショップの多くはパソコンケースの選択肢がそれほど豊富ではない。そのためどうしても似たようなデザインになってしまう。

ただ、各ショップはケースの改善を頻繁に行っているのでよくなってきているのは間違いない。

どうしても気に入らない場合はケースの選択肢が豊富なショップを選択すると良いだろう。

初心者にとってはとっつきにくい

最後にBTOと聞くと初心者にとってはなんだか難しいものと考えられがちだ。メーカー販売のパソコンとは違い、ある程度自分でカスタマイズをしなければいけないので、とっつきにくく感じてしまうのだろう。

ただ、実際は複雑なことではないので安心して欲しい。当サイトを参考に購入していただければ問題なく購入できるだろう。

BTOパソコンとメーカー販売のパソコンとの比較

 BTOパソコンメーカー製パソコン
価格★★★★★
安い
★★☆☆☆
割高
カスタマイズ性★★★★☆
高い
★☆☆☆☆
低い
納期(通販)★★★★★
最短当日
★★★☆☆
1週間程度

メーカー製のパソコンに比べるとBTOパソコンの強みが際立つ。メーカー製のパソコンは割高だと言える。そこにはブランド代が含まれていると考えて良い。

また、カスタマイズ性に関しては圧倒的にBTOパソコンの方が優れている。ただし、後述の通りショップによってそのカスタマイズの幅は異なる。

フルオーダーができるショップは少ない

BTOパソコンの魅力の一つにカスタマイズができることが挙げられる。ただし、フルオーダーができるショップは実は少ないのが現状だ。

現在の主流はセミオーダーになっている。初心者でも買い物しやすい。

セミオーダーができるショップ

多くのショップがセミオーダーのBTOパソコンを販売している。細かいカスタマイズはできないが、ゲーマーに必要なカスタマイズはできる。

そして初心者にとってわかりやすいので人気がある。大手のショップはほとんどがこのセミオーダータイプだ。

  • G-Tune
  • ドスパラ
  • パソコン工房
  • TSUKUMO
  • パソコンショップSeven
  • VSPEC
  • Sycom
  • エイリアンウェア

フルオーダーができるショップ

中小のショップではフルオーダーのBTOパソコンを購入することが可能だ。玄人好みのショップだと言える。

  • レイン
  • PCワンズ

関連記事:大手BTOショップと中小BTOショップの違い | 大手は初心者向け・中小は玄人向けの現在

当記事のまとめ

BTOパソコンとは、受注生産方式で販売されているパソコンのことだ。今現在ゲーミングPCで主流の形式になっている。

メリットとしては、価格の安さ・カスタマイズ性の高さ・納期の早さ等が挙げられる。ハイスペックなゲーミングPCを安価で手に入れることができるのはユーザーにとって嬉しいだろう。

ゲーミングPCの購入を検討している方は是非BTOパソコンをチェックして欲しい。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ