G-Tune PL-Btop


当記事では、G-Tune PL-Bの評判とレビューをまとめている。キューブ型を採用したゲーミングPCだ。GTX 1650 SUPER×i5-9400搭載でロークラスの性能を持つ。キャンペーン中なら選択肢に入れても良いだろう。

5,000円割引キャンペーン ~7/1 11時まで

gtunenatsukaibou
現在キャンペーン実施中で5,000円割引が適用されている。僅か5,000円と思うかもしれないが、低価格帯の5,000円引きは評価へ大きく影響する。微妙なモデルからお得なモデルへ一気に変貌する値引き額だ。もちろん、全ての低価格帯のモデルがそうなるわけではない。

少なくともG-Tune PL-Bは微妙なモデルから選んでも後悔の少ないモデルになっている。低価格帯のモデルは価格というメリットを得る代わりに、何かのデメリットも持っている。この評価の変化は小さなデメリットを打ち消すに値する。割引額は小さくても、もたらす恩恵は絶大と言える。自分の求めている要素を持つモデルがG-Tune PL-Bだけならキャンペーン期間中にしっかり選んでおきたい。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★☆☆(対応)
fortnite
★★★☆☆(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune PL-Bは、ロークラスのゲーミングPCだ。価格相応の性能なので高望みはできない。それでもゲームをプレイできる環境の構築は可能だ。必要環境は全て満たし、推奨環境も概ねクリアできている。最低設定に合わせればプレイできないゲームは存在しない。現在のゲームプレイに関してはある程度の妥協で済む。先のことになると性能に不安がある。既存のゲームをプレイしたいユーザー向けのエントリークラスとして見ておくべきだ。

G-Tune PL-Bのスペック解説

littlegear

ブランド名G-Tune
製品名PL-B
価格Windows 10 / 99,800円
キャンペーン時 / 94,800円
CPUCore i5-9400
グラフィックボードGeForce GTX 1650 SUPER
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 256GB
HDD2TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB360
コスパ・通常時
★★★★★★☆☆☆☆5.9

・キャンペーン時
★★★★★★★☆☆☆6.8

>>>>>G-Tune PL-Bを購入する<<<<<

G-Tune PL-Bの性能レビュー

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650 Super(GPU)

gtx1650super-seinou

GTX 1650 SUPERは、GTX 1650の強化版でGTX 1660の廉価版のようなグラフィックボードとなっている。性能と価格を両立したハイブリッドなロークラスだ。言い換えればやや器用貧乏な一面がある。価格にしても中途半端だ。

G-Tune PL-BはGTX 1650から価格据え置きでのアップグレードなのでデメリットはない。最新のゲームの推奨環境を概ねクリアできる。最低限必要な性能はGTX 1650ではなくGTX 1650 SUPERだろう。時代に流れにしっかりと合わせてきた。

Core i5-9400(CPU)

i5-9400seinou

Core i5-9400は、ミドルクラスのCPUだ。性能は控え目で最低限のモデルだと言える。第10世代が登場したことで、完全に価格を重視する選択肢になったCPU。ゲーム性能を求めるなら第10世代、価格を抑えるなら第9世代という図式だ。

GTX 1650 SUPERとの組み合わせならCore i5-9400がベストである。低価格で一定の水準を満たすi5-9400は第10世代が主流になっても選択肢と残ると思えるくらいだ。

総合性能

G-Tune PL-Bseinou

グラフを見て分かる通り、高設定でのゲームプレイには適した性能ではない。控えめな性能は標準設定以下で調整する必要がある。高リフレッシュレートは解像度を下げるなどで対応できるゲームもある。2~3世代前のエントリークラスとは一線を画す性能ではある。意外と使える程度で、ヘビーゲーマーにはおすすめできない。初めてのゲーミングPCには適しているが、買い替えでの選択は避けた方が無難だ。

>>>>>G-Tune PL-Bを購入する<<<<<

G-Tune PL-Bの特徴

持ち運びを想定したケースを採用

G-Tune PL-BはLITTLEGEARシリーズのケースを採用している。ケース上部のハンドルは持ち運びやすくするものだ。一般的なユーザーがデスクトップタイプを持ち運ぶことはほとんどないだろう。

イベントの運営など、一般的なパソコンとは違った取り扱いで人気がある。自宅に置くには少し微妙なサイズ感だ。特に、ケースの特徴であるハンドルがコンパクトモデルの良さを潰している。ハンドルがあるせいで高さを考慮しなくてはならない。

一昔前ならLANパーティーなどのイベントで重宝できたかもしれない。今はオンラインのイベントが主流なので一般ユーザーにとってはメリットが少ない。それでもコンパクトケースであることに変わりはない。省スペース性に関しては間違いなくミニタワーよりも優れている。内部構造もしっかり考えられている。SSDであれば最大3台搭載することもできる。拡張性が他のコンパクトケースに比べて高い。

個人的に、コンパクトケースには否定的である。しかし、G-Tuneのコンパクトケースだけは実用性が高いと感じた。以前、実機を使用したところ、排熱もしっかりされていて不満は無かった。コンパクトケースのデメリットに排熱と拡張性の低さが挙げられる。その両方をデメリットにしないケース性能は素晴らしい。

あとはハンドルの取り外しができればと言ったところだ。前述の通り、このハンドルがくせものだ。しっかりと固定され、耐荷重も50kgと頑丈だ。ただ、自宅で使用する時はハンドルを一切しようしない。はっきり言うと邪魔でしかない。

天板に物を置く時には引っかかり、スペースを確保するためにハンドルを考慮しなくてはならない。ハンドルこそが最大の特徴であるケースだが、ハンドルが最大のネックでもある。ここを改善されると一気にケース評価は高まるはずだ。

モデルの評価は妥当

i5-9400とGTX 1650 SUPERを搭載したG-Tune PL-Bの性能は高くない。必要最低限という言葉がぴったり当てはまるモデルである。構成は低価格帯に珍しく、NVMe対応SSD 256GBとHDD 1TBのデュアルストレージ採用だ。利便性に関しては問題ない。

G-Tune PL-Bのようなコンパクトケース採用モデルは性能や構成で語れないところに長所がある。ただ低価格帯のモデルが必要なだけなら他にも優れたモデルはある。性能はパーツの交換で対応可能で、構成にしても後からどうとでもなる。

唯一、パソコンでどうにもならないのがケースである。省スペース性は最初に選択しておかなければ対応しにくい。小さなケースに買い替えても、パーツが上手く内蔵できないこともある。配線もむりやり詰め込むとファンに干渉する可能性もある。

G-Tune PL-Bを評価する上で、コンパクトケースというのは最も注目したいところだ。性能と構成は価格相応、少し優れているかという程度。ゲーミングPCを求めるなら、あまり推奨はしないモデルである。しかし、そこに省スペース性が加わると大きな付加価値になる。

性能が高いパソコン、構成が優れたパソコンは山のようにあっても省スペース性の高いモデルは少ない。ケースが小さくなると価格も高くなりやすい。当然販売数も限られてしまうため仕方がない部分だ。デスクトップ向けパーツを採用していれば、同じ構成のモデルと比べて1万円以上高くなる。

G-Tuneでは逆にコンパクトケース採用になると価格が下がる傾向にある。そういった意味でも選びやすいモデルだ。評価は妥当でも、ユーザーによってはこれ以上ないモデルになるかもしれない。評価を数値に表せない要素を持つ特殊なモデルである。

あまりスペースに余裕がないというユーザーに向けたエントリーモデルだ。その視点で見れば完成度は高い。一方で、性能を求めたり、構成を求めたりするなら微妙なモデルになる。特徴をよく理解して選択してほしい。

>>>>>G-Tune PL-Bを購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名G-TuneMagnate
イメージlittlegearMagnate XJ
製品名PL-BMT
価格99,800円94,980円
CPUi5-9400i5-10400
GPUGTX 1650 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GB500GB
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードB360H410
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

G-Tune PL-Bの比較対象はMagnate MTだ。ミニタワーとなるMagnate MTは特徴的には比較対象にならない。同等の価格で性能を重視するユーザーに向けた比較である。CPU性能は第10世代搭載で圧倒的な差がある。

グラフィックボードの2ランク上のGTX 1660 SUPERを搭載している。メモリも倍増の16GB標準搭載だ。この時点で性能はMagnate MTの方が段違いに高い。ストレージはG-Tune PL-Bが上だ。

これだけ性能差があってMagnate MTの方が5,000円安い。性能を重視するなら間違いなくMagnate MTである。省スペース性を重要視するにしても、一度検討してみるのも悪くない。

>>>>>G-Tune PL-Bを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

littlegearcase

ここで紹介しているは今や希少なコンパクト型のケースを採用。標準では光学ドライブ非搭載モデルとなっているが、オプションで取り付けることが可能だ。スタイリッシュでデザイン性が高い。

関連記事: コンパクトタワーケースのレビュー・考察

管理人による総評(G-Tune PL-B)

littlegear

G-Tune PL-Bは、GTX 1650 SUPER×i5-9400を搭載したロークラスのゲーミングPCだ。設定調整をすれば比較的どのようなタイトルにも対応することができる。高解像度あるいは高設定にこだわりたいなら避けた方が無難。貴重なキューブ型のケースを採用しているのが特徴となっている。省スペース性を重視したい方は必見だ。

価格CPUグラボ
94,980円Core i5-9400GTX1650 Super
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ | 価格が安く取り扱いゲーミングPC数が多いショップ

G-Tune PL-Bを販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る