gtuneplbtop


当記事では、G-Tune PL-Bの評判とレビューをまとめている。キューブ型を採用したゲーミングPCだ。GTX 1650 GDDR6版×i5-10400搭載でロークラスの性能を持つ。キューブ型に魅力を感じる方は必見だ。グラフィックスがGTX 1650 SUPERからGTX 1650 GDDR6版へとダウングレードとされたが、現在のグラフィックボードの供給不足の状況を考えると仕方がない。比較対象モデルと合わせて確認しておこう。

G-Tune PL-Bのスペック解説

littlegear

ブランド名G-Tune
製品名PL-B
価格Windows 10 / 104,280円(税込)
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1650 GDDR6版
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 256GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆5.4

>>>G-Tune PL-Bを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune PL-Bは、ロークラスのゲーミングPCだ。価格相応の性能なので高望みはできない。それでもゲームをプレイできる環境の構築は可能だ。必要環境は全て満たし、推奨環境も概ねクリアできている。最低設定に合わせればプレイできないゲームは存在しない。現在のゲームプレイに関してはある程度の妥協で済む。先のことになると性能に不安がある。既存のゲームをプレイしたいユーザー向けのエントリークラスとして見ておくべきだ。

G-Tune PL-Bの性能レビュー

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650(GPU)

gtx1650seinou

GTX 1650 GDDR6は、GTX 1650の強化版でメモリ周りが強化されている分性能が高い。性能と価格を両立したハイブリッドなロークラスだ。言い換えればやや器用貧乏な一面がある。価格にしても中途半端だ。最新のゲームの推奨環境を概ねクリアできる。時代に流れにしっかりと合わせてきた。元々はGTX 1650 SUPERが搭載されていたことを考えるとダウングレードされている。グラフィックボードの供給不足の影響で在庫がなく仕方なく切り替えたということだろう。エントリークラスのモデルとしては特に問題はない。

Core i5-10400(CPU)

i5-10400seinou

Core i5-10400は、ミドルクラスのCPUだ。ハイパースレッディング対応でCPU性能は向上している。GTX 1650との組み合わせならCore i5-10400がベストである。低価格で一定の水準を満たすCore i5-10400は魅力的だと言える。

総合性能

G-Tune PL-Bseinou

G-Tune PL-BはゲーミングPCの中ではロークラスに位置する性能を有している。新世代の登場により、ローエンドにまで下がったかもしれない。少なくとも、現存するモデルの中で最低限と言えるモデルである。控えめな性能は4K解像度への対応力を持たず、WQHDでも厳しい。フルHDを基本とし、設定を下げることで快適性を得る。

標準設定以下ならApex Legendsを安定してプレイできる。フォートナイトのような要求スペックの低いタイトルでは144Hzも目指せる。ただ、本格的なゲームプレイを想定するには少しスペックが心許ない。ゲーミングPCのエントリークラスとして見ておくべきだろう。

>>>G-Tune PL-Bを購入<<<

G-Tune PL-Bの特徴

コンパクトで持ち運びがしやすいデスクトップPC

G-Tune PL-Bは、GTX 1650 GDDR6版×Core i5-10400搭載のゲーミングPCとなっている。当該モデル最大の特徴は持ち運びを想定したハンドル付きのコンパクトケース採用であることだ。拡張性は少し乏しく、排熱性能もタワー型よりも落ちる。ただし、排熱性能に関しては、性能的にそこまで重要ではないので問題はない。ミドルクラスを超える性能になると冷却性能の関係で無視できなくなるが、ロークラスなら差し支えない。

モデルの評価はそれほど高くない。G-Tune PL-Bより優れたモデルもそれなりにある。それでも、G-Tune PL-Bの特徴であるコンパクトケース採用というのは、ある意味で何より優先される特徴だ。タワー型にない省スペース性、持ち運びを想定した小さく軽いケースはG-Tuneのコンパクトケースならではだ。この特徴から、性能や構成で上回るモデルとは真っ向から比較できない。

G-Tune PL-Bの持つ特徴を重視するなら、どんなモデルも比較することは難しいだろう。唯一同じコンパクトケースを採用したシリーズくらいだ。その同じシリーズもパーツの供給不足からか入荷待ちの状態だ。価格が近いモデルも少ない。そのため、G-Tune PL-Bはこの価格帯唯一のモデルとも言える。候補に加わった時点で、他に選択肢はないのかもしれない。もしも、性能や価格から候補に加えたのであれば別だ。

この性能帯、価格帯ともに優れたモデルは他にある。G-Tune PL-Bにしかない要素で選ばないなら、普通のタワー型の方がよい。拡張性の高さから、パーツの交換で長く使用できるからだ。コンパクトケースは内部スペースに余裕がなく、ハイエンドクラスを目指すとグラフィックボードの交換もできないこともある。個性的な特徴を持つモデルは、良くも悪くもそれだけ独特なクセがある。万人受けするモデルではない。

構成や性能はいまひとつで好みが分かれる

G-Tune PL-Bは特徴で選ぶべきモデルであることは前述の通りだ。構成を見ても分かる通り、特別優れた箇所を持たないモデルだ。ストレージはNVMe対応SSD 256GBのみで最低限の容量だ。ゲームによっては1つしか保存をする余裕がない。メモリはゲーミングPC最小とも言える8GBで余裕は少ない。ただ、Core i5-10400とGTX 1650を支えるには十分だ。ここは価格を抑えるための構成としてプラスに見れる部分だろうか。

G-Tune PL-Bは価格の高騰の影響をあまり受けていないモデルだ。元々G-Tuneの製品は少し割高な価格設定である。この構成で税込10万円を超えてしまうのは少し厳しい。コストパフォーマンスの評価は5.0を超えてはいるが、おすすめはしにくい。GTX 1650とCore i5-10400の評価は高騰の最適化をしている。そのため、実際よりも少し高くなるようになった。

値上げされていないG-Tune PL-Bにとっては有利なはずが評価は5.4に留まっている。G-Tune PL-Bを構成や性能だけで選択するのをおすすめしない理由としては十分なはずだ。やはりG-Tune PL-Bはその特徴から選択するべきモデルだ。性能や価格で選択するなら後述する比較の項目をチェックしてほしい。同等の特徴を持つ近い価格のモデルはないので、性能と価格でピックアップした。

相場が揺れ動いている今、なかなか安価なモデルというのは探しにくい。G-Tune PL-Bが税込10万円を超えるのは割高だと言っても、全体で見れば安価な価格帯で注目度は高い。比較対象は性能と価格に特化したモデルだ。ケースの特徴は加味していないので注意してもらいたい。

>>>G-Tune PL-Bを購入<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名G-TuneMagnate
イメージlittlegearMagnate XJ
製品名PL-BMT
価格104,280円(税込)117,980円(税込)
CPUi5-10400i5-11400
GPUGTX 1650 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 512GB
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE550W BRONZE
マザーボードB360H510
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はドスパラのMagnate MTだ。価格差は13,000円あるので比較対象としてはあまり適切でないかもしれない。しかし、税込10万円以上出せるなら、多少無理をしてでもMagnate MTを目指したい。CPU性能は最新のCore i5になり、10%程度の上昇がある。GPUは3ランクアップで本格的なゲームプレイにも対応できるようになる。そして、その性能を支えるためにメモリ容量は倍増の16GBだ。

SSD容量も倍増しているのでゲームの保存にも余裕ができる。これだけ構成がアップして13,000円なら安いものだ。ケースの特徴を重視するならG-Tune PL-Bは悪くない。しかし、価格や性能を見て候補に加えたなら、Magnate MTを強くおすすめしたい。ゲーム性能の向上は、ゲーミングPCを求めるユーザーにとって悪いことはないはずだ。

>>>G-Tune PL-Bを購入<<<

パソコンケースレビュー

littlegearcase

ここで紹介しているは今や希少なコンパクト型のケースを採用。標準では光学ドライブ非搭載モデルとなっているが、オプションで取り付けることが可能だ。スタイリッシュでデザイン性が高い。

関連記事: コンパクトタワーケースのレビュー・考察

管理人による総評(G-Tune PL-B)

littlegear

G-Tune PL-Bは、GTX 1650 GDDR6版×Core i5-10400を搭載したロークラスのゲーミングPCだ。設定調整をすれば比較的どのようなタイトルにも対応することができる。高解像度あるいは高設定にこだわりたいなら避けた方が無難。貴重なキューブ型のケースを採用しているのが特徴となっている。省スペース性を重視したい方は必見だ。コストパフォーマンスは度外視で考えるべきだろう。

価格CPUグラボ
104,280円(税込)Core i5-10400GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!