corei5-9400f_top画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当ページでは、Core i5-9400Fの性能レビュー及びベンチマークの紹介をしている。コスパの高さで定評があったCore i5-8400の後継モデルということだ。Intelの生産が間に合わずCore i5-8400が品薄になっていた中でちょうどいいタイミングで代替品が登場したということになる。コストパフォーマンスに定評のある最新のCore i5シリーズということで注目したい。

なお、末尾の”F”はCPU内蔵グラフィックス非搭載モデルを意味する。ゲーミングPCの場合別途グラフィックボードが搭載されることが一般的なので、価格が安い分メリットが大きい。気になる性能面について見ていこう。後継モデルは、「Core i5-10400」だ。ハイパースレッディング対応となりより高いパフォーマンスを発揮する。

よくわかる!!Core i5-9400Fの特徴まとめ

コードネームCoffee Lake
プロセス14nm
コア/スレッド数6コア/6スレッド
定格/最大クロック2.9 GHz/ 4.1 Ghz
L3キャッシュ9MB
TDP65W
発売日2019年2月1日
MSRP$157
中古価格12,800円
コメント 低価格帯を支える高コスパCPU
Core i5-8400から大きな変化はない
Ryzenシリーズよりゲーム適性が高い
評価 ・総合評価
4.0

・ゲーム評価
4.0

>>Core i5-9400Fを確認(Amazon)<<

Core i5-9400Fの概要

基本スペック

 i5-9400Fi5-9600Ki5-8400
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lake
プロセス14nm++14nm++14nm++
CPUコア数666
スレッド数666
定格クロック2.9GHz3.7GHz2.8GHz
最大クロック4.1GHz4.6GHz4.0GHz
オーバークロック××
L3キャッシュ9MB9MB9MB
内蔵GPU非搭載UHD 630UHD 630
TDP65W95W65W
MSRP$157$262$182
中古価格12,800円17,490円11,800円
発売日2019/01/082018/10/192017/10/05
Core i5-9400Fは、Core i5-8400の後継モデルとなっている。コードネームがCoffee LakeからCofee Lake-Refreshになったことからもわかるとおりアーキテクチャが大幅に変わったわけではなくリフレッシュされただけだ。プロセスは14nm++を採用している。Core i5-9400FのCPUコアはCore i5-8400と同じ6コアだ。ハイパースレッディングには対応しておらず6スレッドとなる。

定格クロック周波数及び最大クロック周波数がそれぞれ0.1GHz引き上げられている。L3キャッシュは9MBだ。Core i5-9400FにはCPU内蔵GPUは非搭載だが、Core i5-9400を選べばCore i5-8400と同じUHD 630が搭載されている。消費電力は同じ65Wだ。価格は$157とCPU内蔵グラフィックス非搭載モデルということもあって価格が抑えられている。Core i5-9400Fはオーバークロックには対応していない。

上位モデルのCore i5-9600Kと比較していく。コア/スレッドは同じ6コア6スレッドとなっている。定格クロックが30%高く、最大クロックも12%高い。さらに、オーバークロックに対応しているためクロック周波数を引き上げることができる。L3キャッシュはどちらも9MBだ。価格は$262とかなり高くなっている。

総合性能

corei5-9400seinou

CPUの総合性能(レンダリングやゲームなど)をまとめている。Core i5-9400Fは、前世代のCore i5-8400より10%前後高いだけで特筆すべき点はない。総合性能ではRyzen 5シリーズにも劣る。Ryzen 5 2600XやRyzen 5 2600が競合となる。第8世代からの買い替えならCore i3シリーズ以下でないと意味がなさそうだ。

現行モデルでいうとRyzen 5 3500よりも劣ってしまう。同じ6コア6スレッドのCPUだが、7nmプロセスを採用するなどアーキテクチャ的にワンランク上だ。Core i3-10100と比べるとまだ性能差はあると考えてよい。2022年時点でもゲーム用途で使っても問題はないだろう。ただし、長い目で見るとやや厳しくなってくることは間違いない。

次世代のCore i5-10400になるとハイパースレッディングに対応したことで大きくパフォーマンスが向上する。買い替えを検討するのもありかもしれない。現行モデルのCore i5-12400になると270%も処理性能が向上する。複数世代をまたぐとこれだけ性能差が出てくるのは驚きだ。

Core i5-9400Fの中古価格

製品性能価格コスパ
Ryzen 5 450015,38017,200円0.894
Core i3-1210011,41518,700円0.610
Core i5-104009,97917,980円*0.555
Core i5-9400F8,48512,800円*0.663
Core i5-84007,60211,800円*0.644
Core i3-101006,65210,990円*0.605

*中古価格

2022年8月時点でのCore i5-9400Fの中古価格は12,800円となっている。コストパフォーマンスは良好だ。ただし、ゲームプレイを行う上で十分な性能があるわけではない。できればCore i3-12100以上、数値で10,000以上のモデルを選択したい。新品価格は18,700円と少し価格は上がるが、CPU性能は30%以上高くなる。Ryzen 5 4500は純粋なCPU性能は高いのが魅力だ。ゲーム適正についてはCore i3-12100に劣るため注意しよう。

Core i5-9400Fの特徴

Core i5-8400と大きな違いはない

Core i5-9400Fは、第8世代CPUのCore i5-8400の後継モデルだ。スペックを見ると分かる通り第8世代のCore i5-8400との差はほんの僅かだ。Core i5-9400Fになって定格クロック及び最大クロックが100MHz増えただけとなっている。消費電力が同じであることを考えると性能が上がっていることは間違いない。

アーキテクチャ的に大きな進歩がないとクロック周波数を引き上げることも難しくパフォーマンス向上は見込めない。Core i5-8400やCore i5-8500からの買い替えは全く意味がない。第7世代のi5からなら十分性能差を体感できるだろう。ここまで世代間での性能差が小さいのは珍しい。

ゲームプレイではRyzen 5 2600Xより適正が高い

ゲームだけを考えるなら競合のRyzen 5シリーズよりもパフォーマンスが高い。ゲームを目的とするならRyzen 5 2600XやRyzen 5 2600ではなくCore i5-9400Fを選ぶ理由がある。これはゲーム側での最適化の問題とRyzen側の構造的なネックが要因だ。詳細については次のゲームプレイのベンチマークを参考にして欲しい。

スペック的にはRyzen 5 2600Xの方が優れている。ゲーム以外の用途でも有利であることは間違いない。Ryzen 5 2600X定格クロック3.6GHz、最大クロック4.2GHzなのでベースクロックは25%高く最大クロックは100MHz高い。純粋なレンダリング性能ならRyzen 5に軍配が上がるが、最適化が進んでいるゲームにおいてはIntelの方が優勢だ。Ryzenはオーバークロックができるということを忘れていはいけない。初心者向けではないので省略する。

オンボードGPU非搭載モデル

Core i5-9400Fは、オンボードGPU(UHD)が非搭載となっている。Intel第9世代になって初めてこのCPU内蔵グラフィックス非搭載モデルが登場した。これ自体ゲーミングPCにおいてはデメリットとならない。なぜならゲーミングPCには外付けのグラフィックボードを搭載しているため代替できるからだ。

影響を受けるのは外部グラフィックボードを必要としないビジネスユーザーだろう。ゲームをメインに考えている方にとっては、価格を抑えられる分長所となっている。もちろん内蔵グラフィックスを備えたCore i5-9400もラインナップにあるので、必要な方はそちらを選択するとよい。BTOパソコンの場合はしっかりと棲み分けが行われている。

>>Core i5-9400Fを確認(Amazon)<<

ベンチマーク(レンダリングやエンコード etc.)

Cinebench R15

cinebenchcinebench-corei5-9400f

CPUのレンダリング性能を計測する定番のベンチマークソフトだ。Core i5-8400との差は僅少だ。Core i5-9400Fの方が1%高いぐらいで誤差と言ってしまっても良い水準だ。シングルスレッド性能もほぼ同等と考えてよい。こうなるとやはりスレッド数の多いRyzenシリーズが有利となる。コストを抑えたいのであればRyzenも悪くない。ただし、ゲーム用途ではスペック通りのパフォーマンスを発揮できないというデメリットがある。また、BTOパソコンでは選択肢が多くないため自作ユーザー向けとなる。

Handbrake

handbrakehandbrake-corei5-9400f

Handbrake(ハンドブレイク)は動画のエンコードソフトとなっている。x264はH264(MPEG-4 AVC)に変換するためのソフトで、x265はH265(HEVC)に変換するためのソフトのことだ。H265の方が最新の規格ということになる。テーブルの数値は動画の円コートに掛かる時間で数値が低いほど高性能ということになる。Ryzen 5はx264に強く、Intelはx265に強いが、やはりi5-8400との差は小さい。Handbrakeの数値を見る限りほぼ同じ性能だと考えてよいかもしれない。

7-zip

zip7zip-corei59400f

Zipファイルの圧縮及び解凍に掛かる速度を計測している。数値が高いほど高性能ということになる。Ryzen 5が得意とするジャンルだ。解凍速度ではRyzen 5 2600XがCore i7-9700Kを上回っている。Intel i5はやや劣勢となっている。Ryzen 5 2600Xよりも20%-35%も劣ってしまっている。Core i5-8400からの伸びは小さく買い換える必要はなさそうだ。

ゲームプレイのベンチマーク

Civilization Ⅵ

civ6civ6-corei59400f

Civilization 6では、Core i5-9400Fが、Core i5-8400よりも3%程度フレームレートが高い。Ryzen 5 2600Xと比べると13%も高くIntel Core i5シリーズでも十分なスコアが出ていることがわかる。Core i5-9600Kになるとさらに6%フレームレートが高くなる。Ryzen 5 2600Xのスコアが伸びないのは構造的な問題が大きいのではないかと思う。

hitman

hitmanhitman-corei59400f

やはりゲームプレイではIntelが優勢だ。ただし、Core i5-9400Fは、Core i5-8400と比較すると1%ほど高くなっているだけで大きな違いはない。Ryzen 5 2600Xとの差は10%以上と大きい。Ryzenはオーバークロックができるのでコスパは非常に高いと言える。

Grand Theft Auto 5

gta5corei5-9400fgta5

従来モデルのCore i5-8400との性能差は1%-5%程度だ。平均fpsはほとんど同じだと考えてよいだろう。競合モデルとなるRyzen 5 2600Xと比べて10%程度フレームレートが高くゲーム適性の高さが伺える。上位モデルのCore i5-9600Kとの差は6%程度だ。コストパフォーマンスを考慮すればCore i5-9400は魅力的なCPUに映るはずだ。

>>Core i5-9400Fを確認(Amazon)<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

GPUGeForce GTX 1080 Founders Edition
メモリ16GB G.Skill FlareX DDR4-3200
SSD1TB Toshiba
マザーボードMSI MEG Z390 Godlike
電源ユニットDark Power Pro 11, 850W