gtx1070画像引用元:https://www.zotac.com/

当ページでは、GeForce GTX1070の性能スペックを紹介している。Pascal世代のグラフィックボードは、GTX 1080に次いで第二弾となった。GTX 1070は、GTX 1080と比べて発売前の情報の誤差が少なかった。

価格もしっかり抑えられており、性能も非常に高いことから70番らしい需要がありそうだ。GTX 1080は性能が高すぎて扱いきれるユーザーは少ないが、GTX 1070はまだ常識の範囲内だと言える。値段が思った以上に安かったこともあり、大は小を兼ねるという気持ちで選択するユーザーもいることだろう。

>>>>>GTX 1070の価格を確認する(Amazon)<<<<<

GeForce GTX 1070の概要

基本スペック

 GTX 1070GTX 1070 TiGTX 980 TiRTX 2070
アーキテクチャPascalPascalMaxwellTuring
プロセス16nm16nm28nm12nm
トランジスタ数72億72億80億108億
ダイサイズ314m㎡314m㎡601m㎡545m㎡
CUDAコア数1920基2432基2816基2560基
コアクロック1506MHz1607MHz1000MHz1410MHz
ブーストクロック1683MHz1683MHz1075MHz1620MHz
GPUメモリ8GB GDDR58GB GDDR56GB GDDR58GB GDDR5
メモリバス幅256-bit256-bit384-bit256-bit
メモリバンド幅256 GB/s256 GB/s336 GB/s448 GB/s
TDP150W180W250W215W
価格$379$499$650$499
発売日2016年11月2日2017年11月2日2015年6月1日2018年10月17日
GTX 1070のスペックについて前世代で同等の性能を持つGTX 980 Ti及び上位モデルのGTX 1070 Tiと比較していく。また、最新世代であるRTX 2070についても参考として掲載しているので合わせて参考にして欲しい。

GTX 980 TiのMaxwellからPascalになってアーキテクチャが大きく変わった。プロセスが28nm→16nmへと40%程度縮小化された。そのおかげでダイサイズが601m㎡→314m㎡へと大幅にコンパクトになった。CUDAコア数が30%程度少なく、クロック周波数が50%以上高められている。これはプロセスが変わり省電力性が高くなったことでクロック周波数を引き上げにつながったと言える。

GPUメモリも6GBから8GBへと増量されたことでゲーム適性が向上している。消費電力も250W→150Wへと40%ダウンだ。価格も40%近く値下げされていて性能の底上げがしっかり行われている。かつてのウルトラハイエンドがミドルクラスということになる。

最新のRTX 2070になるとプロセスが16nm→12nmへとさらに縮小化されている。トランジスタ数が72億から50%アップの108億になっている。ダイサイズが大きくなっているのは、レイトレーシングやDLSSのためのコアを配置したからだ。消費電力も上がって、価格も高くなったが性能的にはGTX 1080 Tiに匹敵する。

性能

gtx1070seinou

GeForce GTX 1070は、GTX900番の最高峰GTX 980 Tiに匹敵する高い性能を持つ。現行モデルで言えばミドルクラスのGTX 1660 SUPERと同等の性能となっている。純粋な前モデルであるGTX 970とは比べるまでもない。その差は60%と大きく過ぎて比較対象とはならない。

GTX 1070が登場してから一年後に登場したGTX 1070 Tiはさらにポテンシャルが高い。GTX 1070よりも15%性能が高くGTX 1080に匹敵する性能を持っている。世代を重ねるごとに着実に進化しているのは素晴らしい。

GeForce GTX 1070の最新評価【2020年】

FULL HD環境でのゲームプレイに最適

2020年時点でも現行のGTX 1660 SUPERと同等であることを考えると十分快適にゲームプレイができる。WQHD以上になるとやや厳しいがFULL HD環境なら高設定で対応することが可能だ。

メモリ容量が8GBと余裕があるのがポイントだ。GTX 1660 SUPERが6GBなので、負荷の掛かる場面での安定感は上回っている。WQHD環境以上あるいは120Hzモニターを活かしたいという方以外なら買い替えを検討する必要もない。

人気モデルだけあって中古の在庫が豊富

gtx1070chuko

中古パーツの通販サイト(ドスパラ)によると、GTX 1070の中古価格は税抜20,000円~となっている。在庫数が多いのはやはり売れ筋だったからだろう。上位のGTX 1070 Tiが24,900円~、現行のGTX 1660 SUPERが新品で24,000円~だと考えると妥当な価格設定だ。

これから自作PCの構築を考えているならGTX 1660 SUPERを新品で購入する方が良い。消費電力も抑えられていて何よりも新品というのは価値がある。これが1万円台となれば話は別だが、それまでは選択肢から外しても良いと言える。

GeForce GTX 1070のベンチマーク

Far Cry 5

farcry5

GTX 1080 Ti139.9
105.0
RTX 2070124.8
90.4
GTX 1070 Ti109.9
77.6
GTX 1070100.5
69.8
GTX 980 Ti82.4
59.1
GTX 97061.6
42.3
FULL HDWQHD
GTX 980 Tiを大きく上回るフレームレートを出した。その差はおよそ20%と圧倒している。負荷の軽いタイトルならFULL HD環境×最高設定でも100.5fpsと余裕がある。WQHD環境にも対応することが可能だ。GTX 970との差は60%以上と大きくなっている。

Grand Theft Auto 5

gta5

GTX 1080 Ti106.2
84.9
RTX 207094.2
74.3
GTX 1070 Ti85.0
60.1
GTX 107076.8
54.1
GTX 980 Ti67.7
47.9
GTX 97046.6
32.2
FULL HDWQHD
GTX 1070は、FULL HD環境で76.8fpsと高いスコアを出した。GTX 980 Tiよりも15%伸びている。GTX 970と比べると65%とその差が大きくなる。一世代でこれほどの差を付けられるとは驚きだ。

PUBG

GTX 1080 Ti159.0
108.8
RTX 2070147.2
97.2
GTX 1070 Ti123.0
84.4
GTX 1070102.0
69.9
GTX 980 Ti97.4
67.9
GTX 97065.0
43.1
FULL HDWQHD
PUBGならFULL HDで102.0fps、WQHDで69.9fpsとかなり余裕がある。GTX 970との差はおよそ60%だ。GTX 970の利用者ならGTX 1070への乗り換えを検討しても良いかもしれない。RTX 2070になるとさらにスコアが伸びてGTX 1070との差は45%もある。グラフィックボードの進化は早い。

Rise of the Tomb Raider

Rise Of The Tomb Raider

GTX 1080 Ti127.8
88.9
RTX 207096.5
63.2
GTX 1070 Ti84.4
60.9
GTX 107072.9
53.5
GTX 980 Ti71.7
53.1
GTX 97047.1
33.2
FULL HDWQHD
GTX 1070は、FULL HD環境で72.9fpsと十分な数値が出ている。これなら2020年でも使用できるだろう。GTX 980 Tiとの差は1%とわずかだが、GTX 970との差は55%と大きい。

>>>>>GTX 1070の価格を確認する(Amazon)<<<<<

GeForce GTX 1070の特徴まとめ【2017年の評価】

長らくトップに君臨した高いコスパ(+)

80番台より性能は劣るが人気は高いという系譜をしっかり引き継いでくれた。そのコスパの高さから注目されるべきはGTX 1070なのではないか、本命なのではないかと思ってしまう。また、省電力性に磨きがかかっており、GTX 970よりも抑えられているのでグラフィックボードのみの変更であっても電源の交換は不要だろう。

TITAN Xが半額になり、消費電力も一緒に半減したようなものだろうか。GTX 1080は例えるとGTX 980が2枚分という表現通りだが、GTX 1070は既存のグラフィックボード1枚で例えられてしまう。性能と新鮮味を求めるならGTX 1080だ。実用性を重視するなら間違いなくGTX 1070を選ぶべきだった。

GTX 980 Tiと同等の性能を誇る(+)

性能は従来モデルウルトラハイエンドのGTX 980 Tiと同水準だ。GTX TITAN Xと比べると下回る場面もあるが総合性能では優れている。コストパフォーマンスの高さが魅力で、多くのユーザーにとって最良の選択になる可能性もある。

GTX 1070は、GTX 1080を超えるコストパフォーマンスの高さを誇っている。価格も手頃でGTX 980 Tiよりも安いのだから当然だ。そうなると、GTX 980と同等の価格でGTX TITAN X以上の性能ということになる。GTX 1080は価格が予想より高くなったことで、少し残念だったがGTX 1070は良い意味で予想を裏切ってくれた。

GTX 1080はGDDR5の進化版GDDR5Xを採用しているが、GTX 1070は従来のGDDR5で容量も8GBでGTX 980 Tiより2GB多く、TITAN Xよりも4GB少なくなっている。当然メモリ容量が全てではないし、性能には直結しないかもしれないが既存をなぞっている分だけ新鮮味は無い。

GTX 1070搭載モデルの価格帯は130,000円~180,000円となっている。売れ筋のモデルが揃っていて人気の秘密はやはりコスパと扱いやすさにある。

GTX 1070 Tiの台頭により存在感がなくなる(-)

2017年11月に登場した後発モデルであるGTX 1070 Tiの台頭でGTX 1070の存在感が薄れてしまっているのが現状だ。ゲーミングPC搭載の人気モデルもGTX 1070からGTX 1070 Tiに移った。これまでGTX 1080の購入を考えていた方はGTX 1070 Tiで十分だろう。

各BTOショップもGTX 1070 Ti搭載モデルに力を入れるようになっている。事実、ドスパラのこれまで王者だったGTX 1070搭載モデルである「GALLERIA XF」は、GTX 1070 Ti搭載モデルの「GALLERIA XV」にその地位を明け渡すことになった。

今はGTX 1070を選ぶメリットはそれほどないが、価格をとにかく抑えたいという方は数少ないGTX 1070を選択するのも良いかもしれない。あるいはセール対象になる可能性が高いことからそれを狙うのも良いかもしれない。必ずGTX 1070 Ti搭載モデルと比較しよう。

>>>>>GTX 1070の価格を確認する(Amazon)<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る