GALLERIA XA7R-R47T 5700Xtop


大手BTOメーカーのドスパラが販売する「GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 7 5700X×RTX 4070Ti搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。CPUに旧世代のRyzen 7 5700Xを搭載することで、価格を抑えたハイクラスを目指している。登場からしばらく時間が経ち、20,000円の値引きが適用となった。GeForce RTX 4070 Ti搭載モデルとして最安値クラスとなった。目指している方向性がわかりやすくおすすめしやすい。

GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載のスペック解説

galleriaxseries

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載
価格229,980円(税込)
CPURyzen 7 5700X(レビュー)
グラボGeForce RTX 4070 Ti(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
電源750W 80PLUS GOLD
マザーボードチップセットB550
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
7.8

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
7.3

・構成
7.0

・品質/サポート
9.0

CPUとGPUをメインにしたコストパフォーマンス指標は7.3だ。構成は7.0と平均以上となる。SSD容量が1TBと多く、電源ユニットも高品質・高規格な750W GOLDを採用しているのがプラスだ。品質・サポートは9.0となる。24時間365日の電話サポートなど不足はない。トータルで見たコストパフォーマンスは7.8だ。

2万円の値引きで購入しやすくなった

GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載は2万円の値引きが適用され、RTX 4070 Ti搭載最安値クラスの22万円台を実現している。GeForce RTX 4070 Tiは性能の高いグラフィックボードで、4K解像度への対応力も高い。フルHDなら240Hz、WQHDでも144Hzの環境を構築できる。ゲーミングPC全体で見ても上位に位置する性能を有している。

少し前までは一つ下のGeForce RTX 4060 Ti搭載モデルがこの22万台という価格だった。Ada Lovelace世代のモデルも価格が落ち着いて来ていることがわかる。価格だけを重視するならRyzen 5 4500とRTX 4070 Tiの組み合わせが一番安くなる。しかし、CPUの性能がRTX 4070 Tiに対してボトルネックになる可能性がある。

Ryzen 7 5700Xなら最低限必要な性能は満たしているように思う。実用性を考えるなら、Ryzen 7 5700Xとの組み合わせを最低限に見た方がいい。いかに優れた性能を持っていても、それを活かせないと意味がない。グラフィックボードの性能が高くても、CPUの性能が低いと用途の幅は狭くなる。その逆も然りだ。

ある程度バランスが取れていてこそ、ゲームもゲーム以外にも扱いやすいモデルとなる。22万円台でRTX 4070 Tiを搭載したモデルはあっても、バランスの取れたモデルはほとんどない。今回の2万円引きで、2万円以上の価値を引き出したモデルだ。コストパフォーマンスも大幅に向上し、非常に選びやすいモデルである。

>>GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載を購入<<

各タイトルの対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載はRyzen 7 5700XとRTX 4070 Tiを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。GPU性能は従来のRTX 3090 Tiに匹敵しており、4K解像度や240Hz環境への対応力に優れている。Apex LegendsならWQHD解像度で144Hz環境を実現できる。それに意味があるかはわからないが、それだけ高負荷に対応できるということだ。最新のゲームも快適にプレイできるゲーム性能が魅力だ。その他気になるタイトルがあれば「ゲームのカテゴリ別、推奨ゲーミングPC紹介」を参考にしていただければと思う。各タイトルごとに推奨スペック及びおすすめモデルをピックアップしている。

GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載の性能まとめ

ゲーミングPCは、CPUやグラフィックボードなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいはずだ。

Ryzen 7 5700X(CPU)

Core i7-1370036,074
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 7 7700X27,183
Core i5-12600K25,507
Core i5-1340025,345
Ryzen 7 5800X24,001
Core i7-11700K23,705
Ryzen 7 5700X22,789
Core i5-1240022,546
Ryzen 7 3700X21,064
Ryzen 5 5600X20,616
Core i7-1170020,009
Ryzen 5 560019,765
Ryzen 5 3600X16,117
Core i5-1140016,019
Ryzen 7 2700X15,250

GALLERIA XA7R-R47TではCPUにRyzen 7 5700Xが搭載されている。少し古めのCPUとなるので、現行の高性能なCPUと比べると見劣りしてしまう。スペックは8コア16スレッドとIntel製CPUに比べると見劣りしてしまう。登場時は性能の優れたCPUだったが、今は価格を重視するモデルに採用されるCPUになっている。現行のIntel第13世代のCore i7-13700と比べると60%以上の性能差がある。Ryzen 7 5700Xの比較対象は下位モデルのCore i5-13400だ。それでも20%近い性能差がある。性能よりも価格を重視したCPUなので、性能を求めるのには適していない。ゲーミング性能についてはCore i5-13400と同等のパフォーマンスを期待できる。

GeForce RTX 4070 Ti(GPU)

RTX 409056,731
RX 7900 XTX45,273
RTX 408044,812
RX 7900 XT42,131
RTX 3090 Ti39,024
RTX 4070 Ti38,219
RTX 309037,896
RX 6950 XT37,226
RTX 3080 Ti36,380
RTX 3080 12GB36,037
RX 6900 XT34,955
RTX 3080 10GB34,282
RX 6800 XT32,220
RTX 3070 Ti29,957
RTX 2080 Ti26,552

当該モデルではグラフィックスにRTX 40シリーズ(Ada Lovelace世代)のハイクラスと言えるRTX 4070 Tiを搭載している。従来のRTX 3090 Tiに匹敵するパフォーマンスを持つ。従来モデルのRTX 3070 Tiと比べて30%近く性能が高いので、新モデルとして大きな性能向上を見せている。レイトレーシング性能でもGeForce RTX 3090を上回り、競合モデルのRadeon RX 6950 XTよりも3%程度性能が高い。4K解像度でのゲームプレイを想定するなら、RTX 4070 Tiは心強い存在だ。

>>GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載を購入<<

GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載の特徴

Ryzen 7 5700X搭載で評価は標準的

GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載のコストパフォーマンスの評価は、標準とも言える5.0を下回っている。これは主に、CPUがRyzen 7 5700Xであることが影響している。Ryzen 7 5700XとRTX 4070 Tiはバランスが取れていないため、性能を加味した評価が著しく低くなる。性能と価格を無理やり両立させようとしているモデルだ。

価格あたりのゲーム性能をコストパフォーマンスとすれば、非常に優れた評価になる。RTX 4070 Ti搭載モデルが24万円台であれば、本来なら選びやすいモデルである。24万円台は下位モデルのRTX 4070搭載モデルが多くある価格帯だ。下位モデルに割って入れる価格は強みだ。バランスなどを無視してGPU基準で考えれば選びやすいモデルであることは間違いない。

ゲーム以外の用途を想定していなければ、Ryzen 7 5700Xを搭載していることがデメリットになりづらい。ただし、構成もそれなりに削られていることはマイナスとなる。メモリはDDR4-3200で、チップセットはB550だ。ゲーミングPCの最低限をクリアしているに過ぎない。RTX 4070 Ti搭載モデルなら、メモリ容量も32GBはほしい。全体的に必要最低限の構成にとどめているから実現できた価格だ。

GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載はGPUに特化したモデルである。それ以外の部分はやや弱点となりそうだ。その代償に価格が抑えられていると考えれば、妥当なモデルとも言える。こういった構成のモデルはそれほど多くない。ここからの変化次第では化ける可能性もある。予算が25万円以内ならおすすめしやすいが、セールやキャンペーンが適用される可能性もあり様子を見てもよさそうだ。

ゲーム性能はかなり優秀

GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載は価格の安さもさることながら、何よりもゲーム性能の高さが光るモデルだ。RTX 4070 Tiは従来のハイクラスRTX 3090 Tiに匹敵する性能を有している。4K環境でのゲームプレイも視野に入る。さらに、DLSS 3.5/DLSS 3.0に対応しているなど、従来にはなかった機能がある分だけリードしているとも取れる。

ゲームに関して言えば、Ryzen 7 5700Xを搭載していることはデメリットになりにくい。CPUの要求スペックは比較的低めで、ゲームへの影響はGPUが大部分を占めている。そのGPUが高性能であるため、様々な環境に対応できる。4K・UWQHD・WQHD・144Hzや240Hzのような環境にも対応しやすい。ただし、4K解像度でのゲームプレイにはCPU性能とメモリ容量が求められるものもある。4K解像度を前提に選択する際は注意してほしい。

WQHDやフルHDを中心に、高リフレッシュレート環境を想定しているならベストな環境とも言える。RTX 4070 Tiクラスの性能があれば、最新のゲームであっても余裕をもって快適にプレイできる。レイトレーシング対応のゲームでは少し不安定になるくらいだろうか。そのレイトレーシング対応のゲームでも、従来モデルよりも圧倒的に快適な環境を構築できる。ゲーム全般で優れたパフォーマンスを発揮できるのがGALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載の強みであり特徴だ。

ゲーム以外を想定していないなら問題なく扱える。ゲームに特化したゲーミングPCの中でも、上位に位置するゲーム性能を有している。一方で、配信や動画投稿、専門的なソフトウェアを使用することに関しては得意とは言い難い。動画やブラウジング程度なら問題はないので、用途が合うならおすすめできるモデルである。

>>GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドGALLERIALEVEL∞
イメージGALLERIA XA7C-R37TLEVEL-M77M-137-ULX
製品名GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載LEVEL-M77M-134F-ULX
ケースミドルミニ
価格229,980円224,800円
送料3,300円2,200円
CPURyzen 7 5700X
(8コア16スレッド)
Core i5-13400F
(10コア16スレッド)
GPURTX 4070 TiRTX 4070 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR5-4800 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD700W BRONZE
マザボB550B760
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-M77M-134F-ULXだ。価格差は5,180円だ。20,000円値引きのインパクトは大きい。送料の差を考慮すると実質の価格差は6,290円で、まだLEVEL-M77M-134F-ULXの方が安価だ。LEVEL-M77M-134F-ULXはCPUにより高性能なCore i5-13400Fを搭載している。ゲーム性能は同等だが、マルチコア性能はCore i5-13400Fが上だ。

GPUはGeForce RTX 4070 Tiと共通となる。メモリはLEVEL-M77M-134F-ULXはより高クロックなDDR5-4800を採用している。SSD容量はGALLERIA XA7R-R47Tの方が多い。ゲームやファイルを保存するのに使用するため、パソコン全般の快適性や利便性の向上に繋がる。電源ユニットも750W GOLDを採用しているGALLERIA XA7R-R47Tが上だ。増設などで環境が変わっても対応しやすいメリットがある。

性能を重視するならLEVEL-M77M-134F-ULX、利便性や安定性を重視するならGALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載がおすすめだ。CPUの換装は難しく迷っているなら性能の高いLEVEL-M77M-134F-ULXを選ぶのが無難だ。ストレージや電源についてはある程度後から対応しやすい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA Xsyoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

I/Oパネル

GALLERIA Xiopanel
I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

右側面

GALLERIA Xright
本体右側はシンプルだ。前面のメッシュ部分には青色のシートが内部に貼り付けられている。

左側面

GALLERIA Xleft
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

下側

GALLERIA Xlkabu
本体下側にもファンが見える。メッシュパネルはワンタッチで取り外すことができてメンテナンス性に優れている。

背面

GALLERIA Xhaimen
背面は参考として見て欲しい。搭載するグラフィックボードによって変わる可能性がある。

管理人による総評(GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載)

GALLERIA XA7R-R47T

GALLERIA XA7R-R47T 5700X搭載は、Ryzen 7 5700X×RTX 4070Ti搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。非常に性能の高いRTX 4070 Tiを搭載しており、旧世代のRyzen 7 5700Xと組み合わせることで価格を抑えている。CPUとGPUのバランスはベストというわけではない。20,000円の値引きが適用となり22万円台に突入した。結果的にCPUとGPUのバランスが悪くても許容できる価格帯になったと言える。現時点でミドルハイクラスのモデルを脅かす存在だ。

価格CPUグラボ
229,980円(税込)7 5700XRTX4070Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載