case

当カテゴリーでは、ケースを基準にゲーミングPCを選びたい方向けのコンテンツを紹介している。ケースの種類ごとにおすすめのモデルを紹介しているので、ケースにこだわりがあればぜひ参考にして欲しい。

ゲーミングPCの9割はミドルタワー/ミニタワー!

種類人気ラインナップ数機能・拡張性
ミドルタワー
ミニタワー
スリムタワー
キューブ・小型
フルタワー
海外ブランド
ゲーミングPCと謳われているパソコンには様々な種類のケースが採用されている。しかし、実際に売れているのはミドルタワーとミニタワーで9割あると考えて良い。各BTOメーカーの売れ筋モデルもミドルタワーあるいはミニタワーであることがほとんどだ。多くの人が選ぶということはやはり利便性が高いということの証明でもある。初心者の方はいずれかのケースを選択することを推奨する。

定番のPCケース一覧

ケース選びで失敗したくないという方は定番ケースから選ぶと良いだろう。各BTOメーカーでのラインナップが多いのも魅力的だ。

ミドルタワー

galleriaxv-2ミドルタワーは、最も一般的なケースだと言える。機能性・サイズ感のバランスの良さが人気の秘密だ。エアーフローにも余裕があり夏場でも安心して使用可能だ。このサイズのケースを選んで後悔することはほとんどないだろう。光学ドライブも標準搭載、ストレージも複数搭載可能で使い勝手が良い。

ミニタワー

im620ミニタワーは、ミドルタワーと人気を二分しているケースだ。ミドルタワーと比べると機能性・拡張性ともに劣ることもあるが、基本的には同等と考えて良いだろう。価格が安い分購入しやすい。モデルによっては光学ドライブが非搭載となっているものもある。今はオンライン上でドライバの入手が可能なので、それほど必要性は高くない。

注目のケースを紹介

静音ケース

LEVELseion静音性を重視したケースも人気が出てきている。ゲーミングPCの音が気になるという方におすすめだ。静音性の高いケース(吸音シート)&静音性の高いPCパーツを採用しコストは掛かっているが、その静寂性は確かなものだ。

スリムタワー

frontierslim一時爆発的な人気を誇ったケースだ。2016年頃は各BTOメーカーがスリムタワーのラインナップを増やしていた。ただ、2019年時点では下火になっている。スリムタワーはミニタワーをスリムにしたケースだが、高さや幅はそれほどミニタワーと変わらない。

最大のネックが価格が高いことだ。BTOパソコンのメリットである価格の安さをなくしてしまうケースの高さはいただけない。とにかくスリムなケースが欲しいという方以外は避けた方が良い。ただ、高価な分お金が掛かっていて排熱性能が高く排熱面でも不安はない。

フルタワー

sevenfullフルタワーは、最も大きなケースとなっている。部屋に設置するとその大きさに圧倒されるだろう。価格も当然上がる。機能性・拡張性ともに文句なくSLIや水冷化も対応可能。BTOメーカーのフラグシップモデルに採用されていることが多く25万円を超えることも珍しくない。予算に余裕があるのであれば選択肢に入れても良いだろう。

キューブ・小型

G-GEAR alphaこちらも今は人気は高くない。特にG-TuneなどのBTOメーカーが力を入れていた。コンセプト的には持ち運びができるゲーミングPCで友人たちと持ち合ったり、大会での使用を目的にしたモデルだ。コンパクトなケースであるが故に排熱性能や拡張性に難点がある。ハイエンドのグラフィックボードを搭載するのなら避けた方が良い。ただ、デザイン性は高くインテリアに映えるだろう。

海外ブランド

Aegis 3 8RE-082JP海外ブランドをケースというカテゴリーにするのは違和感を感じるかもしれない。しかし、国内のBTOメーカーが販売するケースとは大きく異なる特徴的なデザインを採用している。他の人とは違うゲーミングPCが欲しいという方には最高の選択肢となるだろう。国産とは比べ物にならないぐらい高額なモデルばかりだ。コスパは良くないがとんでもなく目立つ。自宅に友人が来たら驚かれること間違いなしだ。

ゲーミングPCのケース選びのポイント

ゲーミングPCケースの選び方は簡単だ。あなたの想定するコストと使用環境等に合わせて選べばいい。ケースを選ぶ上で考慮すべき点は下記のとおりだ。どれがいいか決め切れない方はミドルタワーあるいはミニタワーから選んでおけば間違いない。

価格・サイズ

PCケースを選ぶ上で価格は重要だろう。BTOメーカーのパソコンの場合は基本的にはオリジナルのパソコンを選択することになる。そのため価格を特別考える必要はないかもしれない。ただし、サイコムやパソコンショップセブンなどの一部のメーカーでは細かくカスタマイズできる。

価格はケースの大きさやデザインによって異なると考えて良い。海外メーカーのようにパソコンケースが極端に大きかったり特殊なケースの場合高くなることが多い。価格的にはコンパクト>ミニタワー>ミドルタワー>スリムタワー>フルタワーの順だ。部屋のスペースの問題であまり大きなパソコンを購入したくないという方にとってコンパクトやスリムタワーは良い選択肢となるだろう。ラインナップは多くないがスリムタワーや小型PCが選択肢に入る。持ち運びも想定される方はゲーミングノートPCという選択肢もある。

デザイン

デザインもゲーミングPCを選ぶ上で楽しいポイントだ。基本的にBTOメーカーのオリジナルケースは無難なデザインが多くなっている。これは多くのユーザーにとって選択しやすいという意味では仕方がないだろう。何度かBTOパソコンを購入しているとケースにもこだわりたくなるかもしれない。

そのようなときにサイコムやパソコンショップセブンなどの中級メーカーを選択すればケースの選択肢が格段に増えるのでおすすめだ。自作PC派に人気のあるクールなケースからLEDでTHEゲーミングPCと言えるケースまで多くの種類から選択できる。コストが掛かってしまうため純粋にコスパを求めるのであれば気にしなくても良い。

機能性・拡張性

機能性も考えたいところだ。機能性とは、PCケースに備わっている機能のことだ。例えば、電源やUSBコネクターのあるI/Oパネル、光学ドライブなどが挙げられる。当然本体が大きくなると機能にも余裕ができる。価格が上がると機能面でも優れてくると言える。

また、ゲームをプレイする時間が長い方は熱がどうしても問題となる。そのような方であればミドルタワー以上の大きさのケースを選ぶべきだ。ケース内に余裕が生まれるのでエアーフローが優れている。ケースファンをたくさん搭載できるのも強みとなる。また、ケースが大きいとSSDやHDD等の増設を気軽に行えるのも魅力的だ。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

合わせて読みたい人気記事一覧