NEXTGEAR-syoumen
当記事では、10万円以上15万円以下のゲーミングPCを紹介している。価格比較で最も人気のある価格帯だ。つまり、ゲーマーの多くが15万円以下の予算で探しているということになる。注目度で言うと10万円以下の方が高いのだが、性能的なものを考慮するとこの価格帯に落ち着くことが多いのだ。特に今は税込10万円以下でおすすめできるモデルが少なくなり、この10万円以上のモデルをチェックして欲しい。少し頑張るだけでよりコスパに優れたモデルを購入できる。

管理人である私はコスパの高さから一つ上の価格帯である「15万円以上20万円以下」を推奨している(ランキング上位は15万円から20万円の価格帯が多い)が、技術の進歩でこの価格帯でも性能の高いゲーミングPCを選択できるようになった。性能の底上げはしっかりと行われている。事実10万円-15万円の価格帯でもマウスコンピューター・パソコン工房・フロンティアのモデルはかなりコストパフォーマンスの高くおすすめしやすい。

これはパソコンの購入したいと考えている方にとって非常に嬉しいことだ。まずは10万円から15万円の価格帯で探してみて納得できそうであればここで決めてしまって問題ない。物足りないと感じたら一つ価格帯を上げるとよいだろう。なお、当サイトも税込表記で統一したため以前よりこの枠に入るモデルは増えている。つまり、5万円以上10万円以下の中から繰り上げられたモデルが多いということだ。おすすめモデルをすぐに見たい方は、「10万円以上15万円以下のおすすめモデル5選」をクリックしていただければと思う。

ゲーミングPCの価格分布【10万円以上15万円以下】

kakakubunpu10-15
当サイトでレビューをしている全てのパソコンの中で、「10万円から15万円」の価格帯に属するゲーミングPCがどのぐらいの数を占めるのかを調べてみた。15万円以上20万円以下と同数でトップとなっている。この結果から販売されている台数が最も多く、各ショップが力を入れている価格帯であることがわかる。

事実売れ筋モデルの多くがこの価格帯に入っている。もうワンランク上のゲーミングPCが欲しいという方は、「15万円-20万円」の価格帯も合わせてチェックして欲しい。より将来性の高いモデルが欲しいなら20万円以上のモデルを検討しよう。予算をあまり考えずに購入できる方やこだわりのゲーム環境を構築したい玄人の方向けだ。

10万円以上15万円以下に属するモデルの特徴

最も売れている価格帯、ラインナップ数も豊富!

この価格帯になるとやっとゲーミングPCと呼べるモデルが豊富になってくる。つまり、本当のゲーミングPCの激安製品は10万円以上から選ぶ方がよいということになる。特にゲーミングPCの場合は価格が安いものはコストパフォーマンスが悪くなるのが普通だ。ただし、最近はGeForce RTX 3050/GeForce GTX 1660 SUPER/GeForce GTX 1650の価格も下がり税込10万円以下でもまともな製品が増えてきている。CPUに関してはRyzen 5 4500などのAMD製モデルが安価で人気が高い。

「10万円以上15万円以下」というこの価格帯ではBTOショップも売れ筋ということでラインナップもたくさん用意されている。今予算がない方でもできればなんとかこのラインまでの予算を用意してから購入したい。今十分な予算がないという方は、ローンやクレジットカードで支払うことも可能だ。返済計画はしっかりと考えておく必要がある。

Ryzen 5 4500/GeForce RTX 4060 Tiを選択できる!

15万円近くを予算に入れると第3世代RyzenシリーズのRyzen 5 4500を、GPUはGeForce RTX RTX 4060以上のモデルが購入可能となる。BTOメーカーによってはGeForce RTX 4060 Tiを選択することも可能だ。この組み合わせであればフルHD環境でほとんどのゲームを快適にプレイできる。将来性も高めで数年間は問題なく通用するレベルだと言える。

GeForce RTX 4060以上のミドルクラスのモデルに関してはCPU性能やストレージ容量を控え目にしていることも多くどこに重点を置くか事前に考えておくといいと思う。ゲーミングPCよりもグラフィックボード搭載のビジネスモデルが候補に入るはずだ。フロンティアのセール対象モデルなら充実の構成でも狙いやすい。ある程度基準を決めておかないと迷うこと必至だ。Ada Lovelace世代のグラフィックボードが登場してCPUとのバランスを考える必要性は高くなっているが60番台との組み合わせならそこまで気にしなくてもよさそうだ。

10万円以上15万円以下のおすすめモデル5選

Lightning AS5(ドスパラ)

Lightning価格:104,980円+送料3,300円
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:550W 80PLUS BRONZE
コスパ:6.4

公式サイト詳細

税込10万円台で購入できる低価格帯のモデルだ。この価格帯で購入できるモデルが少なく希少価値がある。コストパフォーマンス的にはそこまで優れているわけではない。Ryzen 5 4500×GeForce RTX 3050の組み合わせでエントリークラスとなる。GeForce GTX 1650搭載モデルよりもワンランク高いゲーム性能を得られる。メモリDDR4-3200 16GB・SSD 500GB NVMeと構成は平均的だ。電源ユニットは550W BRONZEを採用している。

GALLERIA RM5R-R35 4500搭載(ドスパラ)

GALLERIA RM5C-G60S価格:122,980円+送料3,300円
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:650W 80PLUS BRONZE
コスパ:5.3

公式サイト詳細

デザイン性に優れたガレリアのPCケースは評価が高い。3,000円の値上げで122,980円で販売中だ。Ryzen 5 4500を搭載したモデルで比較的価格が抑えられている。最低限のゲーム性能を持ち価格の安さから人気がある。グラフィックスにはAmpere世代のエントリークラスであるGeForce RTX 3050を搭載している。GeForce GTX 1650と比べるとワンランク高い処理性能を持つ。GeForce GTX 1660 Tiと同等のパフォーマンスを期待できる。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 500GBと構成は平均的だ。電源ユニットは650W BRONZEを採用している。

NEXTGEAR JG-A5G6T (マウスコンピューター)おすすめ!

nextgear価格:109,800円(送料無料)
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3060 Ti GDDR6X
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 1TB NVMe
電源:750W 80PLUS BRONZE
コスパ:10.0

公式サイト詳細

Ryzen 5 4500×GeForce RTX 3060 Ti搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。GeForce RTX 3060 Tiは一世代前のグラフィックボードだが、次世代のGeForce RTX 4060を上回るゲーム性能を持つ。デメリットを挙げるとすればフレーム生成に対応していないことぐらいだろう。DLSSを使用する予定がない方であれば問題はない。価格も抑えられていて選びやすさがある。Ryzen 5 4500は性能の高いCPUではないが、GeForce RTX 3060 Tiとの組み合わせならそこまで心配しなくてもよさそうだ。動画編集などを本格的にやりたい方には不向きと言える。メモリDDR4-3200 16GB・SSD 1TB NVMeと構成は十分だ。

LEVEL-M7P5-R45-SLX(パソコン工房)

LEVEL-M17M-134F-SLX-WHITE価格:144,800円+送料2,200円
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 4060 Ti
メモリ:DDR5-4800 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:650W 80PLUS BRONZE
コスパ:8.0

公式サイト詳細

Ryzen 5 4500×GeForce RTX 4060 Ti搭載のミドルハイクラスのゲーミングPCだ。GeForce RTX 4060 Ti搭載モデルの相場(Core i5-14400F搭載モデルなど)は17,8万円前後なので15%程度安く購入できることになる。CPUにRyzen 5 4500を搭載することで価格を抑えている。性能が高いCPUではないのでボトルネックとなる可能性がある。また、動画編集などのクリエイター作業においては不利だ。用途をしっかりと考えて選択しよう。メモリDDR5-4800 16GB、SSD 500GB NVMeと構成は平均的だ。電源ユニットは650W BRONZEを採用している。ある程度余裕のある選択だ。

NEXTGEAR JG-A7G60(マウスコンピューター)

NEXTGEAR JG-A7G6T価格:149,800円(送料無料)
CPU:Ryzen 7 5700X(水冷)
GPU:GeForce RTX 4060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 1TB NVMe
電源:750W 80PLUS BRONZE
コスパ:10.0

公式サイト詳細

マウスコンピューターが誇る高コスパブランドのNEXTGEARからも低価格帯のモデルが販売されている。Ryzen 7 5700X×GeForce RTX 4060の組み合わせで税込15万円弱だ。CPUクーラーはこの価格帯では珍しく水冷タイプだ。冷却性能が高く夏場など熱を持ちやすい環境でもパフォーマンスが安定しやすい。送料無料かつ標準保証3年と追加費用がかからないのもメリットだ。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 1TB NVMeと構成は充実している。電源ユニットは750W BRONZEを採用していて必要十分だ。

10万円以上15万円以下のゲーミングPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA RM5C-G50137,980i5-14400FGTX165016GB500GB×
GALLERIA RM5R-G50107,9805 4500GTX165016GB500GB×
GALLERIA RM5R-R35119,9805 4500RTX305016GB500GB×
GALLERIA RM5R-R46 4500搭載144,9805 4500RTX406016GB500GB×
Magnate BTO104,980i5-12400UHD 73016GB500GB×
Magnate MH108,980i5-13400FGTX165016GB500GB×
Magnate MV139,980i5-13400FRTX406016GB500GB×
raytrek MJ5 第13世代Core搭載139,980i5-13400FRTX305016GB500GB×
raytrek MV5 第13世代Core搭載149,980i5-12400RTX306016GB500GB×
Lightning AS5104,9805 4500RTX305016GB500GB×
Lightning AV5117,9805 4500RTX406016GB500GB×
mouse DT6-G129,8005 4500GTX165016GB512GB×
NEXTGEAR JG-A5G60129,8005 4500RTX406032GB1TB×
NEXTGEAR JG-A5G6T RTX 3060 Ti搭載109,8005 4500RTX3060Ti16GB1TB×
NEXTGEAR JG-A5G6T144,8005 4500RTX4060Ti16GB1TB×
NEXTGEAR JG-A5G60 7500F搭載154,8005 7500FRTX406016GB1TB×
NEXTGEAR JG-A7G60149,8007 5700XRTX406016GB1TB×
NEXTGEAR JG-A7G70 RTX 3070搭載144,8007 5700XRTX307016GB1TB×
G-Tune DG-A5G1B129,8005 4500GTX165016GB512GB×
LEVEL-M17M-144F-RLX-WHITE159,800i5-14400FRTX406016GB500GB×
LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITE104,8005 4500RTX3050 6GB16GB500GB×
LEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITE124,8005 4500RTX406016GB500GB×
LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITE144,8005 4500RTX4060Ti16GB500GB×
LEVEL-M7P5-R45-RBX119,7005 4500RTX306016GB500GB×
LEVEL-M7P5-R45-RLX129,8005 4500RTX406016GB500GB×
LEVEL-M7P5-R45-SLX139,8005 4500RTX4060Ti16GB500GB×

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
ゲーミングPCの特徴を比較
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya