10-15ika
当記事では、10万円以上15万円以下のゲーミングPCを紹介している。価格比較で最も人気のある価格帯だ。つまり、ゲーマーの多くが15万円以下の予算で探しているということになる。注目度で言うと10万円以下の方が高いのだが、性能的なものを考慮するとこの価格帯に落ち着くことが多いのだ。特に今は税込10万円以下でおすすめできるモデルが少なくなり、この10万円以上のモデルをチェックして欲しい。少し頑張るだけでよりコスパに優れたモデルを購入できる。

管理人である私はコスパの高さから一つ上の価格帯である「15万円以上20万円以下」を推奨している(ランキング上位は15万円から20万円の価格帯が多い)が、技術の進歩でこの価格帯でも性能の高いゲーミングPCを選択できるようになった。性能の底上げはしっかりと行われている。事実10万円-15万円の価格帯でもドスパラやフロンティアのモデルはかなりコストパフォーマンスの高くおすすめしやすい。

これはパソコンの購入したいと考えている方にとって非常に嬉しいことだ。まずは10万円から15万円の価格帯で探してみて納得できそうであればここで決めてしまって問題ない。物足りないと感じたら一つ価格帯を上げるとよいだろう。なお、当サイトも税込表記で統一したため以前よりこの枠に入るモデルは増えている。つまり、5万円以上10万円以下の中から繰り上げられたモデルが多いということだ。おすすめモデルをすぐに見たい方は、「10万円以上15万円以下のおすすめモデル三選」をクリックしていただければと思う。

ゲーミングPCの価格分布【10万円以上15万円以下】

kakakubunpu10-15
当サイトでレビューをしている全てのパソコンの中で、「10万円から15万円」の価格帯に属するゲーミングPCがどのぐらいの数を占めるのかを調べてみた。15万円以上20万円以下と同数でトップとなっている。この結果から販売されている台数が最も多く、各ショップが力を入れている価格帯であることがわかる。

事実売れ筋モデルの多くがこの価格帯に入っている。もうワンランク上のゲーミングPCが欲しいという方は、「15万円-20万円」の価格帯も合わせてチェックして欲しい。より将来性の高いモデルが欲しいなら20万円以上のモデルを検討しよう。予算をあまり考えずに購入できる方やこだわりのゲーム環境を構築したい玄人の方向けだ。

10万円以上15万円以下に属するモデルの特徴

最も売れている価格帯、ラインナップ数も豊富!

この価格帯になるとやっとゲーミングPCと呼べるモデルが豊富になってくる。つまり、本当のゲーミングPCの激安製品は10万円以上から選ぶ方がよいということになる。特にゲーミングPCの場合は価格が安いものはコストパフォーマンスが悪くなるのが普通だ。ただし、最近はGTX 1650 SUPERやGTX 1650の登場で税込10万円以下でもまともな製品が増えてきている。CPUに関してはAMD製モデルが安価で人気が高い。

「10万円以上15万円以下」というこの価格帯ではBTOショップも売れ筋ということでラインナップもたくさん用意されている。今予算がない方でもできればなんとかこのラインまでの予算を用意してから購入したい。今十分な予算がないという方は、ローンやクレジットカードで支払うことも可能だ。返済計画はしっかりと考えておく必要がある。

Core i5-11400/GTX 1660を選択できる!

15万円近くを予算に入れると第11世代CPUのCore i5-11400、GeForce GTX 1660以上のモデルが購入可能となる。モデルによってはRTX 2060やRTX 3060を選択可能だ。この組み合わせであればフルHD環境でほとんどのゲームに対応することが可能だ。将来性も高めで数年間は問題なく通用するレベルだと言える。

RTX 3060以上のミドルエンドクラスのモデルに関してはCPU性能やストレージ容量を控え目にしていることも多くどこに重点を置くか事前に考えておくといいと思う。フロンティアのセール対象モデルなら充実の構成でも狙いやすい。ある程度基準を決めておかないと迷うこと必至だ。Ampere世代のグラフィックボードが登場してCPUとのバランスを考える必要性は薄くなっている。グラフィックボードの性能が上がりすぎていてCPU性能が追いついていけないのだ。

10万円以上15万円以下のおすすめモデル三選

Lightning AH5(ドスパラ)

Lightning AH5価格:109,980円(税込)
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載
電源:450W 80PLUS BRONZE

公式サイト詳細

GTX 1650×Ryzen 5 3500搭載のビジネスPCだ。ドスパラのビジネスモデルだがグラフィックボード搭載でゲームプレイにも対応できる。リニューアルされてメモリが倍の16GBになった。これまで税込9万円台で販売されていたが、今回のリニューアルで価格が上がってしまった。価格を抑えたいユーザー向けだと言える。

G-Tune PL-B(G-Tune)

littlegear価格:120,780円(税込)
CPU:Core i5-11400F
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:500W BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

G-Tuneのキューブ型モデルだ。持ち運びもしやすいデザインも評価したい。GTX 1650×Core i5-11400F搭載のエントリークラスのゲーミングPCだ。性能自体はそれほど高いわけではなくフルHD環境で設定調整を行う必要がある。今後性能的に厳しくなってしまう可能性もある。メモリ16GB、SSD 512GBと構成は必要十分だ。電源ユニットは500W BRONZEを採用している。

G-Tune TD-B(G-Tune)おすすめ!!

nextgear-micro価格:149,800円(税込)
CPU:Core i5-11400F
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:700W BRONZE

公式サイト詳細

当サイトとG-Tuneのコラボレーションモデルとなっている。税込15万円以下のモデルではトップクラスの性能を誇る。グラフィックスにはミドルクラスのGeForce RTX 3060を搭載している。従来モデルのRTX 2060 SUPERよりも高い性能を持っている。CPU性能も必要十分でRTX 3060に合わせるモデルとしてはまずまずだ。何よりも価格が安く選びやすいというメリットが上回る。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も必要以上で扱いやすい。カスタマイズは考えなくてもよいだろう。

10万円以上15万円以下のゲーミングPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA RM5C-G60S149,980i5-12400GTX1660 SUPER16GB500GB×
GALLERIA RM5R-G60S144,9805 3500GTX1660 SUPER16GB500GB×
Lightning AT5128,9805 3500GTX1660 SUPER16GB500GB×
Magnate MS 第12世代Core搭載147,980i5-12400RTX305016GB500GB×
Magnate MH109,980i5-12400GTX165016GB500GB×
raytrek MX-i5114,980i5-12400GTX165016GB500GB×
mouse DT5-G109,780i5-11400FGTX165016GB256GB×
G-Tune PL-B-1050Ti115,280i5-11400FGTX1050Ti16GB256GB×
G-Tune PL-B120,780i5-11400FGTX165016GB512GB×
G-Tune TD-B149,800i5-11400FRTX306016GB256GB1TB
G-Tune PM-A-1050Ti137,2805 5600XGTX1050Ti8GB256GB×
LEVEL-M066-124-RJX139,980i5-12400GTX1660 SUPER16GB500GB×
LEVEL-M0P5-R55G-RJX139,9805 5600GGTX1660 SUPER16GB500GB×
G-GEAR mini GI5J-B211/T117,800i5-10400GTX165016GB500GB×
FRGXB560/WS2/NTK126,800i5-10400FRTX305016GB512GB×
FRGXB560/WS37F129,800i5-10400FRTX306016GB1TB×
OMEN Obelisk Desktop 875-0200129,8007 3700XRX5700XT16GB256GB2TB
Pavilion TG01グラフィックレス102,080i7-11700UHD73016GB256GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!