ps5画像引用元:https://blog.ja.playstation.com/

当記事では、PS5とゲーミングPCそれぞれの特徴とスペックを比較している。どちらを購入しようか悩んでいる方も多いのではないかと思う。ゲーミングPC紹介サイトを運営している筆者の視点でPS5の魅力やデメリットなどについて解説していく。PS5のスペックについては完全に公開されているわけではないが、公開されている範囲で検証しているので参考にしていただければと思う。

PS5かゲーミングPCのどっちを選ぶかは悩みどころ

PS5とゲーミングPCはそれぞれいいところがあってどちらを選ぶかは悩むところだと思う。両方所有できればベストだが、予算の問題でなかなか実現しづらいだろう。両方購入すれば20万円以上の費用が掛かってしまう。特にゲーミングPCの場合、ゲーミングキーボードやゲーミングマウスなどのデバイスも揃えるとなると相応の予算が必要だ。

また、PS5が入手困難でPS5の代わりにゲーミングPCを購入しようかと検討中の方もいるかもしれない。なかなか供給が安定しないのは悩ましい問題だ。ゲーミングPCの特徴やメリットについても詳しく解説しているので参考にしていただければと思う。このページを最後まで読んでいただければあなたにとってベストな選択のためのヒントを得られるはずだ。

PS5の特徴まとめ(メリット・デメリット)

メリット (+) コストパフォーマンスが高い
(+) コントローラーが同梱となっている
(+) Blu-rayドライブが標準搭載となっている
(+) テレビがあればすぐにゲームを楽しめる
(+) 初心者の方でも購入しやすい
(+) PS5独占のタイトルがプレイできる
(+) 本体がコンパクトでスタイリッシュ
デメリット (-) 入手するのが難しい
(-) 性能はゲーミングPCのミドルクラス相当となる
(-) 最大120fpsでのゲームプレイに留まる
(-) タイトルがPCに比べると少ない
(-) MODには対応していない
(-) オンラインプレイにはPS Plus加入が必要となる
(-) 用途はゲームと動画視聴がメインとなる
PS5の特徴とデメリットは上記の通りだ。コストパフォーマンスが高いのがPS5最大の特徴だと言える。税込5万円前後で購入でき、ゲーミングPCよりも安い。これなら学生や新社会人の方でも購入しやすいのではないかと思う。コントローラー同梱・Blu-rayドライブ標準搭載というのもポイントだ。すぐに映画を見ることも可能だ。

別途デバイスの購入が不要でコストパフォーマンスの高さに繋がる。テレビさえあればすぐにゲームを楽しめるのだ。そういう意味では初心者の方でも購入しやすいと言える。その他PS5の独占タイトルをプレイできたり、本体がコンパクトだったりといった特徴もある。

デメリットとしてはやはり入手難易度の高さが挙げられる。どこのお店も抽選に当選しないと購入できない状態だ。2022年9月になってもなかなか解消されない。また、性能的にはどうしてもゲーミングPCに比べると劣る。高リフレッシュレートに対応したタイトルが少ないのもネックだ。

さらに、遊べるタイトル数がパソコンに比べてかなり少なく、MODにも対応していない。オンラインプレイをするには有料のPS Plusに加入しなければいけないのもデメリットだ。ゲームと動画視聴以外の用途を考えている場合はゲーミングPCの方がよいかもしれない。

ゲーミングPCの特徴まとめ(メリット・デメリット)

メリット (+) 最大360fpsでゲームをプレイできる
(+) 豊富なタイトルをプレイできる
(+) 利便性の高いSteamを利用できる
(+) MODを導入できる
(+) Discord利用でプレイヤー同士の通話がしやすい
(+) クリエイター作業やビジネス用途にも適している
(+) マルチモニター環境を構築できる
デメリット (-) PS5よりも価格が高い
(-) ゲーミングPCの価格が高騰している
(-) モニター・キーボード・マウスが別途必要となる
(-) 光学ドライブなどはカスタマイズ対応となる
(-) 種類が多く初心者は購入しづらい
(-) PS5独占タイトルはプレイできない
(-) 本体サイズがやや大きい
ゲーミングPCのメリットは性能の高さだ。予算を増やせばPS5と比べて圧倒的に高い性能が手に入る。最大360fpsでのゲームプレイも理論上は可能だ。そして豊富なタイトルを選べるのは魅力的だろう。MODも活発で導入すればより深くゲームを楽しめる。オンラインゲーミングプラットフォームであるSteamは利便性が高く様々なタイトルを一元管理できる。

チャットツールのDiscordは利便性も高く使い勝手も良好だ。ゲームプレイ以外にも動画編集・ブラウジング・動画視聴・ゲーム開発・3D CADなどの用途にも適している。ゲーム実況も性能的に余裕がある。マルチモニター環境を簡単に構築できるのも魅力だと言える。

デメリットはPS5の倍以上の価格が必要になることだ。高性能モデルの場合30万円近い価格になることもある。また、今は半導体不足の影響もあってゲーミングPC価格が高騰している。モニター・キーボード・マウスを別途用意しなければならずトータルコストは跳ね上がってしまう。光学ドライブは無線アダプタなども別途購入しなければいけない。

ゲーミングPCはラインナップが豊富で初心者の方は少し選びづらさを感じてしまうかもしれない。パソコンなどハードに詳しい人が周りにいない場合はお店などで相談する必要がある。PS5独占タイトルがプレイできないことは押さえておこう。本体サイズがやや大きいこともネックとなる。

PS5とゲーミングPCを比較

 PS5ゲーミングPC
イメージPS5galleriaxseries
サイズ幅390mm
奥行260mm
高さ104mm
(重量約3.9kg~約4.5kg)
幅220mm
奥行440mm
高さ480mm
(重量約14.0kg)
入手の容易さ×
プレイの気軽さ
価格
(43,978円~54,978円)
△~◎
(100,000円~300,000円)
性能△~☆
汎用性
PS5とゲーミングPCの違いについて項目ごとにまとめている。まずはサイズだ。PS5の方が一回りコンパクトになっている。もちろんゲーミングPCでもコンパクトなモデルもあるが、人気があるのはミニタワーケースやミドルタワーケースなどやや大きいものだ。PS5の入手難易度の高さはすでにご存知だろう。プレイの気軽さや価格面ではPS5が有利だ。一方で、性能と汎用性ではゲーミングPCに軍配が上がる。ゲーミングPCなら高リフレッシュレート・高解像度でのゲームプレイにも対応可能だ。

PS5とゲーミングPCの比較詳細を解説

サイズ

サイズはPS5の方がコンパクトかつ軽くなっている。本体が薄いため持ち運びも設置も容易に行えるだろう。リビングに置いていても違和感はなくそれほどスペースを取らない。一方で、ゲーミングPCはかなり大きく感じてしまうのではないかと思う。

ミドルタワーやフルタワーになるとデスクの上に設置するのは難しい。ミニタワーでも本体重量は約14.0kgとPS5の3倍以上だ。帰省先に持っていくというのも億劫になってしまうかもしれない。基本的には自宅から動かさないことが前提となる。

入手の容易さ

入手の容易さではゲーミングPCの方に軍配が上がる。購入自体は難しくない。半導体不足の影響で価格が高騰しているもののモデルを選べばそれほど割高に感じることはないだろう。一時に比べて価格もかなり落ち着いて来ている。

PS5は2020年11月12日に発売されてすでに1年10ヶ月経過しているが、今でも家電量販店で抽選が行われるほどで入手ハードルは高い。メルカリやヤフオクでも価格が高騰していてなかなか手を出しづらい状況だ。少しでも早くゲームができる機械が欲しいならゲーミングPCは魅力的な選択肢となる。

プレイの気軽さ

プレイの気軽さという観点から見ればPS5が優勢だ。PS5本体を購入すればコントローラーも付いているし、テレビがあれば別途モニターを用意する必要もない。セットアップも簡単でパソコンに慣れていない方でも安心して購入できるだろう。一方で、ゲーミングPCの場合は本体を購入するだけではゲームをプレイできない。初期設定が必要で慣れていない方だと億劫に感じてしまうかもしれない。

価格

断然PS5の方が安く購入できる。Blu-rayディスクドライブ搭載の「標準モデル」が税込54,978円で、ディスクドライブ非搭載の「デジタルエディション」が税込43,978円となる。これぐらいの金額であればクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントで親御さんが買ってもらえる可能性があるのではないだろうか。

一方で、ゲーミングPCの場合安くても税込10万円程度の費用が掛かる。その上でモニター・マウス・キーボードなどを揃えると14,5万円は必要だろう。一気にハードルが上がってしまう。PS5と同等の性能を持つモデルなら本体単体で税込15万円前後を見ておかなければいけない。ハイエンドクラスなら30万円オーバーのモデルも存在している。

性能

性能面ではゲーミングPCの方が幅が広い。PS5の性能はゲーミングPCで言えばローエンドクラスとなる。2,3世代前の性能帯ということだ。一方で、ゲーミングPCならロークラス~ハイエンドクラスまで幅広い性能帯の中からあなたが必要とする性能を選択できる。PS5の場合高リフレッシュレートに対応しているタイトルでも性能的に安定させられないことがある。ここは理解しておく必要があるだろう。

汎用性

汎用性についてもゲーミングPCの方が優勢だ。ゲームプレイだけではなく、動画編集・動画視聴・WEBブラウジング・ゲーム開発・DTM・3D CAD・WEBデザイン・デイトレなど様々な用途に対応できる。PS5の場合ゲームプレイがメインだ。動画視聴や動画編集もできるが、パソコンの汎用性・利便性の高さには及ばない。ゲーム以外の用途でも使いたいならゲーミングPCが候補に入るだろう。

PS5のゲーミング性能を検証

PS5のゲーミング性能について詳しく見ていこう。ゲーミングPCと比較すれば性能を把握しやすいのではないかと思う。ただし、PS5の完全なスペック・仕様が公開できているわけではないので一つの参考として目を通して欲しい。

CPU

スペック

製品名    PS5 *1  AMD 4700SRyzen 7 3700XRyzen 7 5800X
世代Zen 2Zen 2Zen 2Zen 3
プロセス7nm7nm7nm7nm
コア/スレッド8コア16スレッド8コア16スレッド8コア16スレッド8コア16スレッド
クロック周波数/最大非公開/3.5Ghz3.6GHz/4.0GHz3.6GHz/4.4GHz3.8GHz/4.7GHz
対応メモリDDR6DDR6DDR4DDR4
*1 x86-64-AMD Ryzen™ “Zen 2”

PS5で採用されているのは「x86-64-AMD Ryzen™ “Zen 2”」(PlayStation.Blog, 2020)だ。細かいスペックは公開されておらずわかっている範囲で推測すると、共通点が多いAMD 4700Sではないか(tom’s HARDWARE, 2021)と言われている。Zen 2アーキテクチャ・8コア16スレッド・DDR6メモリが共通だ。最大クロック周波数が12%程度抑えられているもののおおまかなスペックは共通していると言える。

スペックから判断するにPS5のCPU性能はAMD 4700Sよりも低いと考えてよいだろう。一般消費者向けに販売されているモデルだとRyzen 7 3700Xが近い。ただし、クロック周波数がAMD 4700Sよりもさらに高くそして対応メモリもDDR4と異なる点も多い。AMDの現行モデルはRyzen 7 5800Xで参考としてテーブルにまとめている。いずれにしてもPS5のCPU性能はそれほど高いわけではなさそうだ。

性能

cinebenchr15amd4700s-cinebench

PS5のCPUに近そうなAMD 4700Sの性能について詳しく見ていく。実際はこれよりも少し性能は低いと考えておこう。海外のベンチマークサイトのデータ(tom’s HARDWARE, 2021)を参考にしている。ベンチマークソフトは定番のCinebench R20だ。

AMD 4700Sのマルチスレッド性能はRyzen 5 3600よりも5%高く、シングルスレッド性能はRyzen 5 3600よりも8%低い。Intel Core i5-11400と比べるとマルチスレッド性能は6%低く、シングルスレッド性能も22%低い。[現行モデルのCore i5-12400と比べると性能差は大きい。ローエンドクラスというのがしっくりくる結果だ。

グラフィックス

スペック

製品名    PS5 *2RX 5700RX 6600
アーキテクチャRDNA 2ベースRDNA 1.0RDNA 2.0
プロセス7nm7nm7nm
トランジスタ数非公開103億110.6億
ダイサイズ308 mm²251 mm²237 mm²
CUs363628
シェーディングユニット230423041792
RTコア--28
ベースクロック非公開1465 MHz1626 MHz
最大クロック周波数2230 MHz1725 MHz2491 MHz
GPUメモリ容量16GB8GB8GB
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ速度1750 MHz
(14 Gbps)
1750 MHz
(14 Gbps)
1750 MHz
(14 Gbps)
メモリバス256 bit256 bit128 bit
バンド幅448.0 GB/s448.0 GB/s224.0 GB/s
Infinity Cache--32MB
TEFLOPS10.29 TFLOPS7.95 TFLOPS8.93 TFLOPS
消費電力180W180W132W
価格$499$349$329
発売日2020/11/122019/07/072021/10/13
*2 AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine

PS5で採用されているグラフィックボードは「AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine」(PlayStation.Blog, 2020)だ。公表されているスペックは上記の通りだ。CU数・シェーディングユニット・メモリ周り・消費電力などの項目を見るとRadeon RX 5700が近そうだ。ただし、アーキテクチャがRDNA 1.0なので、RX 5700のアーキテクチャをRDNA 2.0に変更したものの可能性もある。2021年10月に登場したRX 6600とも近いように思える。アーキテクチャはRDNA 2.0で共通だ。ダイサイズはPS5で採用されているものよりも23%程度コンパクトだ。CUsやシェーディングユニットの数もかなり少ない。一方で、最大クロック周波数はかなり近づいて差は12%となる。メモリバスが128 bitとRX 5700から半減となっているが、その分はInfinity Cacheでカバーしている。8.93 TFLOPSと差が縮まっている。

性能-Borderlands 3

boarderland3

RTX 3060 Ti91.2
84.2
RTX 306089.2
65.3
RX 6700 XT80.6
80.1
RX 6600 XT79.5
68.4
RX 5700 XT79.1
65.8
RX 570078.9
58.1
RX 660078.6
55.4
RTX 206072.4
49.7
フルHDWQHD
ゲーミング性能について見ていく。Radeon RX 5700を参考として挙げているが、スペック的には35%程度高く性能も少し上だと考えてよいかもしれない。RTX 2060よりも9%程度性能が高い。フルHD環境ではややCPUがボトルネックとなっているように思える。WQHD環境で見るとRX 6600と比べて5%程度性能が高い。現行モデルのRX 6700 XTになると39%もパフォーマンスが高い。やはり旧世代のモデルと同等というのは物足りなさがある。

メモリ

PS5のシステムメモリはGPUと共通でGDDR6 16GBとなっている。ゲーミングPCの場合システムメモリとGPUメモリは別々なので容量的にも余裕がある。昨今のゲーミングプレイにおいては16GBが一般的だ。GPUメモリ容量8GBとシステムメモリ16GBが平均だとするとやはりPS5のメモリ容量は少ないと言えるだろう。メモリ容量が少ないとフレームレートが伸びないなどの弊害が出てしまうことがある。

ストレージ

PS5のストレージはSSD 825GBだ。ゲームがメインとなるPS5では十分な容量だと言える。HDDよりもローディングなどで速くなることが期待できる。ゲーミングPCの平均的な容量は500GBなのでストレージ容量についてはPS5の方が余裕がありそうだ。もちろんハイクラス以上のゲーミングPCになると1TB以上のストレージを採用していることも多い。

当記事のまとめ

当記事では、PS5とゲーミングPCの特徴&スペックを徹底的に比較した。ゲームをする上でどちらを購入するべきか悩んでいる方向けに背中を押して挙げられるコンテンツ作りを意識した。PS5の最大の魅力はコストパフォーマンスの高さだろう。税込5万円前後で購入できるのは魅力的だ。購入すればすぐにプレイできるという点でプレイの気軽さでも有利だ。一方で、性能及び汎用性についてはゲーミングPCに劣る。

ゲーミングPCの最大の特徴は高い性能を選べるということだ。低価格帯のモデルの場合PS5以下の性能に留まる場合もあるが、平均的なモデルでもPS5よりも高い性能を持っている。性能次第では144fps以上でのゲームプレイも余裕だ。最大360Hz対応モニターが販売されている。PS5では120Hz対応タイトル自体が少なく不利な状態だ。

また、汎用性の高さもメリットだろう。動画編集・画像編集・動画視聴・ブラウジング・ゲーム開発・WEBデザインなどクリエイター作業にも適している。ゲーミングPCは入手が容易でPS5が購入できない今選択肢に入れてもよいのではないかと思う。

参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya