GALLERIA ZA9C-R80Ttop


当ページでは、ドスパラのフラグシップモデル「GALLERIA ZA9C-R80T」のレビューをまとめている。グラフィックボードにはRTX 2080 Tiを搭載していて2020年7月時点で購入できる最高峰のパフォーマンスを持つ一台(SLIなど特殊な環境を除く)となっている。

税抜30万円という価格は購入するユーザーを選ぶはずだ。それでもその高い性能に満足せざるを得ないだろう。予算に余裕がある方やゲーミングPCの性能にこだわりを持ちたいと考えている方は必見だ。

GALLERIA ZA9C-R80Tスペック

GALLERIA XA7C-R70S (2)

ブランド名GALLERIA
製品名ZA9C-R80T
価格Windows 10 / 289,980円
CPUCore i9-10900K
グラフィックボードGeForce RTX 2080 Ti
メモリDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★★★★★☆9.4

>>>>>GALLERIA ZA9C-R80Tを購入する<<<<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA ZA9C-R80Tのゲーミング性能

GeForce RTX 2080 Ti(グラフィックボード)

rtx2080tisougou

現行最強のCPU i9-10900Kを搭載したモデルに対して、グラフィックボードでバランスが取れるのはRTX 2080 Tiのみだろう。CPUと同じく「世界最速」の肩書を持つグラフィックボードだ。

その高い性能は今後数年先までトップであり続けられるだろう。一方で、高すぎる性能はオーバースペックになりやすい。フルHDでのゲームプレイでは性能が無駄になってしまう。240hzを超える高リフレッシュレートを実現するならぜひとも導入したい。

Core i9-10900K(CPU)

corei9-10900kseinou

Core i9-10900Kは、2020年5月に登場した最新のCPUだ。圧倒的な性能で「世界最速のゲーム向けCPU」の肩書を持つ。ただ、下位のCore i7-10700Kと比べると僅かな差である。

第10世代に最適化されたゲームでは突き抜ける。ただ、最適化がされていなければi7-9700Kやi9-9900Kと同等のパフォーマンスになる。ゲーム以外では突き抜けているので、Ryzenのような特性を持つと考えるとわかりやすい。

総合性能

GALLERIA ZA9C-R80Tseinou

現行の最強CPUとGPUを採用しているだけあって、圧倒的な性能を持っている。異常な要求スペックで知られるX4すら寄せ付けない突き抜け方をしている。X4をWQHD、4Kで快適にプレイできるほどである。また、WQHD + 144hzでも安定するので、一般的なゲームプレイから外れたプレイスタイル向けだ。
これから登場してくる最新のゲームや、MoDを適用したRPGなど、負荷の高いゲームでも問題なくプレイできる。GALLERIA ZA9C-R80Tの強みはこの性能の高さだ。何をするにも不足しない性能はワンランク上の環境を構築できる。このモデルで快適にプレイできないゲームがあれば、それはゲーム側の問題である。この性能を持ってして対応できなければ、他のゲーミングPCでは当然対応できない。これ以上を求められない最高峰のモデルだ。

>>>>>GALLERIA ZA9C-R80Tを購入する<<<<<

の概要&特徴

最強のゲーミングPC「ガレリアZZ」の後継機が登場

GALLERIA ZA9C-R80Tは、かつてのフラグシップモデルであるGALLERIA ZZの後継機に当たるゲーミングPCだ。CPUがi9-9900Kからi9-10900Kへアップグレードされた。そしてメモリ規格も第10世代に合わせたDDR4-2933にアップグレードされている。

その上で価格が1万円安くなるという考えられない変更が加えられている。新筐体になり、他のGALLERIAシリーズは価格据え置きで構成ダウンが基本となっている。その中にあって構成アップして値引きは純粋に従来の強化モデルと言える。

採用されたグラフィックボードだけで13万円以上する高価な代物だ。RTX 2080 Ti単体でミドルクラスのゲーミングPCを購入できる。そう考えると凄まじい性能であることは伝わるだろう。全てのゲーマーが憧れる圧倒的な性能は、ゲームに関して不満を抱くことがほとんどない。

CPUと合わせても、現行最強の性能を持つゲーミングPCと言えるだろう。メモリに関しては32GB以上へアップグレードしてもよさそうだ。特に高解像度でのゲームプレイを想定しているなら必須とも言える。ゲームを快適にプレイすることに関して、GALLERIA ZA9C-R80Tより快適にプレイできるモデルは数えるくらいしかない。

例えばそれは32GBのメモリを搭載しているか、RTX 2080 Ti SLIのような複数のグラフィックボードを搭載したモデルに限られる。GALLERIA ZA9C-R80Tが最強でいられるのは、価格帯とグラフィックボード1枚刺しのモデルである。一般的なパソコンでは最強と言って過言ではない。その性能はもはや一般的ではない。

GALLERIA ZZの後継機にして、GALLERIAシリーズ最強のモデルに君臨したGALLERIA ZA9C-R80T。登場時点で従来モデルを超えたGALLERIA ZA9C-R80Tは、ゲーミングPCのハイエンドモデルを牽引するような突き抜けたモデルである。

人を選ぶ高すぎる性能と手を出しにくい価格

GALLERIA ZA9C-R80Tは非常に高い性能を有するモデルだ。大は小を兼ねるというには少し性能が高すぎる。そしてその性能のために価格も高い。RTX 2080 Ti搭載モデルに関しては、この性能が必要な場合にのみ選択したい。性能を必要としないユーザーにとっては宝の持ち腐れになってしまう可能性もある。

場合によっては一つ下のRTX 2080 SUPER搭載モデルを推奨する。価格にしてもRTX 2080 SUPER搭載モデルとRTX 2080 Ti搭載モデルには3万円以上の開きがある。コストパフォーマンスもRTX 2080 SUPER搭載モデルが優れている。

RTX 2080 Ti搭載モデルは4K解像度でのゲームプレイ、あるいは240hzでのゲームプレイは前提だ。もしも4Kでのゲームプレイを想定していないのであればRTX 2080 SUPER搭載モデルやRTX 2070 SUPER搭載モデルも視野にいれるべきだ。

現行最強の性能は限られた用途でしか力を発揮しない。非常に負荷の高いゲームを4Kでプレイする場合くらいだろうか。用途が合わなければ無駄な性能となってしまうので注意したい。性能を考えれば安価であっても、ゲーミングPCに税込み30万円以上は非常に高価である。

不必要な性能分を上乗せしてしまうと、それだけでコストパフォーマンスは悪くなる。20万円を超える予算があるなら、性能ではなく用途に合わせた選択が重要だ。現状、RTX 2080 Tiとi9-10900Kの組み合わせが必要となる場面はほとんどない。

それこそ、一般的なゲームプレイではまず必要のない性能と言える。4K対応モニターは5万円、240hz対応モニターも同等の価格だ。高性能を活かす環境を整えるのに掛かる費用は非常に高い。ゲームを快適にプレイすることだけを考えると、ハイエンドモデルは掛かる費用に対しての見返りが少ない。

今はミドルクラスの性能も大きく向上し2世代前のハイエンドが現行のミドルクラスである。つまり、RTX 2080 Tiも、2世代後にはミドルクラスになっている可能性もある。製品寿命は長くても、ハイエンドでいられる期間は短い。不必要な性能であるならば、ハイエンドモデルは避けるべきだ。

>>>>>GALLERIA ZA9C-R80Tを購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

現在GALLERIA ZA9C-R80Tの比較対象は存在していない。i9-10900KとRTX 2080 Ti搭載モデルがほとんどない。Intel製CPUの供給不足のせいか、定期的登場しては消えている。RTX 2080 SUPER搭載モデルがハイエンドの主流にあり、RTX 2080 Ti搭載モデルは取り扱いが少なくなっている。

そういう背景もあり、比較対象が存在していないというのはトップという意味ではない。現状、消去法によるトップというだけで、供給が追いつき始めると一気に置いていかれる可能性もある。ただ、このクラスになってくると、それぞれのモデルに個性が出る。

価格やコストパフォーマンス以外のものが求められる。そういった意味では、ハイエンドクラスの比較というのはあまり意味を成さないこともある。明らかに評価の低いモデルでなければ、ケースデザインや予算で選ぶくらいで問題ないのかもしれない。

>>>>>GALLERIA ZA9C-R80Tを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA XA7C-R70S-syoumen
新しいケースはユーザー目線に立ったモデルだ。GALLERIAのロゴが真ん中に位置している。吸気口が正面下部から両サイドに変わり排熱効率が大幅にアップしている。グラフィックボードなどのパーツの高性能化による発熱量をカバーするのに十分だ。

正面-LED

GALLERIA XA7C-R70S-led

ゲートのようにLEDが張り巡らされていてオシャレだ。ソフトウェアからカラーを任意で変更することが可能だ。デザイン自体はコンセプトカーや工業プロダクトデザインを得意とするデザインハウスが担当している。無骨なデザインからより万人受けするデザインになったと言える。

I/Oパネル

GALLERIA XA7C-R70Siopanel

I/Oパネルは本体の上部に斜めに配置されている。USB端子も豊富で利便性が高い。ゲーミングヘッドセットを使う際にもコードが曲がらず使い勝手がよい。天板にものを置くことも可能だ。

サイド

GALLERIA XA7C-R70S-side
本体サイドには吸気口が見える。また、クリアガラスパネルを採用していてゲーミングPCらしさが演出されている。高級感のあるデザインは評価も高い。

管理人による総評(GALLERIA ZA9C-R80T)

GALLERIA XA7C-R70S (2)

Core i9-10900Kを搭載したゲーミングPCが早速登場した。ドスパラは最新パーツの導入が早いのが魅力だ。グラフィックボードにもフラグシップモデルのRTX 2080 Tiを搭載していてゲーミング性能について文句の付け所がない。4K解像度や240Hzリフレッシュレートモニターを活かすのに最適だと言える。登場したばかりということもあって価格は高めだが、意外とコストパフォーマンスは悪くない。最新モデルを絶対に手に入れたいと考えている方は要チェックだ。

価格CPUグラボ
289,980円Core i9-10900KRTX2080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。忖度なしで高コスパ=ランキング上位と考えて間違いない。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多い人気のショップだ。秋葉原や大阪日本橋を中心に全国にリアル店舗を構えているため知名度が高い。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができるはずだ。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る