GALLERIA ZZtop


当記事では、ドスパラ「GALLERIA ZZ」の詳細レビューを書いている。現在特別お得なモデルというわけではないため比較対象モデルも合わせてチェックして欲しい。大型連休中に高性能変更があればコストパフォーマンスも変わるだろう。

GALLERIA ZZのスペック
galleriaxg

ブランド名GALLERIA
製品名ZZ
価格Windows 10 / 279,980円
CPUCore i9-9900K
グラフィックボードGeForce RTX 2080 Ti
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットZ390
コスパ ★★★★★★☆☆☆☆6.0

GALLERIA ZZの各タイトル対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)
kurosabakutop
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)
fortnite
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

現行最強クラスの性能を持つゲーミングPCだ。この性能を持ってしてプレイ出来ないゲームは存在しない。RTX 2080 TiはWQHDや4Kのような高解像度でのゲームプレイを前提としている。その性能は240hzを超える高リフレッシュレートへの対応も可能である。多くのヘビーゲーマーが憧れる最高峰の性能は、ゲームに対するストレスを限りなく解消してくれるはずだ。スペックを気にせずゲームができて、それこそがハイエンドモデル最大の特性である。

GALLERIA ZZのゲーミングパフォーマンス

GeForce RTX 2080 Ti(グラフィックボード)

rtx2080tisougou

RTX 2080 Tiは現行最強のグラフィックボードだ。圧倒的なパフォーマンスであるがゆえにCPUとのバランスが取りにくいというデメリットがある。i9-9900Kでもまだグラフィックボードの性能に引きずられている。

RTX 2080 Tiの性能をフルで発揮するためには高解像度でのゲームプレイが必要になる。フルHD環境では70%の力も出さずに完璧に対応出来る。その突き抜けた性能はヘビーゲーマーにしか使いこなせないくらいだ。

Core i9-9900K(CPU)

Intel Core i9-9900K-im620pa2-sp-dl

Core i9-9900Kはこのグラフでは総合評価で2位となっている。しかし、ゲームに関して言えば全CPUの中でも頂点に位置するほどずば抜けた性能を持っている。Ryzen 9 3900Xをも大きく上回るパフォーマンスはまさにゲーミングPCの頂点だ。

RTX 2080 Tiとバランスを取るためには必須のCPUである。高負荷なMoDを用いたゲームプレイにも耐えられるゲーム適正を持つi9-9900Kは安定感が抜群である。

総合性能

galleriazz-i9seinou

既存のゲームの推奨環境は全てクリアしている。ゲームは基本的にフルHDでの要求スペックを表記しているので当然だ。仮にこれらのゲームを4K解像度でプレイするとしてもクリア出来ている。

今存在しているゲームは全て快適にプレイできるレベルだ。何をするにも不足しない安心感が得られるのはこの性能ならではだと言える。ハイエンドクラスの魅力をしっかり持った現行最強クラスのゲーミングPCである。

>>>>>GALLERIA ZZを購入する<<<<<

GALLERIA ZZが直面する厳しい現実

i9-9900K + RTX 2080 Ti搭載のゲーミングPCは各ショップで展開されている。その中でもGALLERIA ZZは一時はトップモデルとして君臨していた。しかし、RTX 2080 SUPER登場後は多くのショップがRTX 2080 SUPER搭載モデルに力を入れた。これにより、人気も需要も大きな偏り始めている。

GALLERIA ZZも登場しばらくは大きな変化を見せてきた。今ではほぼ放置されたモデルになり、他ショップの製品と同等程度である。優れたキャンペーンの実施がなくセール対象にもならず、ユーザーの求める製品から少し離れているようにも感じる。それはドスパラの人気ランキングにも現れている。

登場から長らくランキング三位に入っていたGALLERIA ZZも今はランキング外だ。RTX 2080 SUPER搭載のGALLERIA ZGやGALLERIA RT5などに三位の座を渡している。高すぎる性能は万人に受け入れられるものではない。フルHD+高リフレッシュレートが主流の今、RTX 2080 Tiである必要が無いのだろう。また、i9-9900Kを持ってしてもバランスが取れないのも大きい。

性能を活かすことが出来ればRTX 2080 SUPERの方が扱いやすい。価格的にも扱いやすさ的にも一段落ちてしまう。コストパフォーマンスではRTX 2080 SUPERの方が優れていると言わざるを得ない。ハイクラス以上のグラフィックボードを搭載していても、実際にゲームで負荷を感じる多くの要因はCPUにある。

そのCPUがボトルネックとなってしまうRTX 2080 Tiはベンチマーク以外で性能を体感するのが難しいようにも思う。GALLERIA ZZは優れたゲーミングPCである。その一方で登場時のような唯一無二の製品とは言えなくなっている。この性能でなくても本格的なゲームプレイが可能になった性能の進化による影響だ。

性能だけではない。例えばNVMe対応SSD 1TB搭載モデルもそこまで珍しくなくなった。構成にしても特性を失いつつある。良し悪しは別として、この大容量NVMe対応SSDはGALLERIA ZZのアイデンティティだった。

GALLERIA ZGのみならず、様々な製品で採用された事で唯一の特性ではなくなった。他製品にしてもアップグレード等で多く展開されている。今はGALLERIA ZZの進化を待つか、次世代のグラフィックボードの登場を待つ時期だろう。

ドスパラの売れ筋ランキングは当てにしてはいけない!

uriagedos
正直ドスパラの売れ筋ランキングは疑わしい。いつものことだが新モデルが登場したその日にランキング上位に食い込む。上記画像を見るとわかるが、”売れ筋”と書かれている。これだと売れているモデルのランキングだとユーザーは誤解してしまうだろう。実態はドスパラが売りたいモデルだろうと考えている。

また、こちらのページではゲームパソコン(PC)の人気ランキングとなっている。ランキング集計期間との記載もある。これだと何を元にランキングを掲載しているのか不明だ。調査対象は?調査目的は?調査手段は?これらをきちんと明示するべきだろう。普通に考えれば販売台数あるいは売上額だがそれでも販売当日からランキングに食い込むのはおかしい。ただ、製品自体が悪いわけではないのでそこは安心して欲しい。

>>>>>GALLERIA ZZを購入する<<<<<

GALLERIA ZZのおすすめカスタマイズ

通常モデルカスタマイズ候補追加費用
画像galleriaxggalleriaxg
CPUCore i9-9900K-
CPUグリスナノダイヤモンドグリス-
CPUファン静音パックまんぞくコース-
GPUPalit製RTX2080 Ti-
メモリDDR4-2666 16GB
(8GB x 2)
DDR4-2666 32GB
(16GB x 2)
+18,700円
SSDNVMe 1TB-
HDD非搭載3TB+9,000円
電源SILVERSTONE 750W GOLDSILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS PLATINUM)+4,400円
光学ドライブ非搭載DVDスーパーマルチドライブ
(DVD±R DL 対応)
+2,000円
マザーボードチップセットZ390
トップケースファン前部非搭載14cm静音FAN+1,380円
価格279,980円
(269,980円)
305,960+35,480

メモリ ★★★★☆

16GBから32GBへのカスタマイズ。費用が少し高めなため自身で増設しても良い。8GB x 2の16GBに8GB x 2のメモリを増設した方が安価で済む。ただし、故障した場合は増設したメモリを外さなければ保証対象外となる可能性もある。どこに挿したか忘れないように注意しよう。

メモリ倍増の恩恵は高解像度、高負荷のゲームに対応しやすくなるようにだ。最高の性能を有するモデルであるため、最高のパフォーマンスを発揮できるようにするというもの。現状のゲームは16GBあれば事足りる。しかし配信などを行いながらのゲームでは32GBも視野にいれておきたい。

HDD ★★★★☆

ストレージを増やしたいならHDDを増設することをおすすめする。3TBでも9,000円とリーズナブルだ。SSD容量はすでに余裕なのでOS、ゲーム、その他主要アプリケーションはSSDに保存しておくと良い。動画などサイズの大きいファイルについてはHDDに保存しておこう。外部ストレージやクラウドを活用するのも選択肢の一つだ。

電源 ★★☆☆☆

現在選択可能な電源が無い。時期的なものだと考えられる。カスタマイズが可能になれば好みや必要に合わせた選択を推奨する。標準でも750W GOLDなのでカスタマイズは必須ではない。

ただ、電源は交換に手間がかかるのでそれを見越して、しばらく交換の必要が無いように良い電源を選ぶのも良い。特に、グラフィックボードの交換で長く使用する予定なら考えておいた方が結果的に良いはずだ。パソコンの全てとも言える電源の強化は悪い方向に転ぶことはない。

光学ドライブ ★☆☆☆☆

GALLERIA ZZは光学ドライブが非搭載のゲーミングPCだ。最近は搭載されていないことが多く好みで追加するのも悪くない。スーパーマルチでもBlu-rayでも何でも良い。最近はドライバなども公式サイトでダウンロードできる。また、OSもフラッシュメモリで対応できるため非搭載モデルが多い。

一部のゲームはディスクでインストールすることもあり、ユーザーによっては必須。CD、DVDをPCで見ることもできるのであると便利なもの。ただ、一切使わないユーザーも多い。必要だと思っても外付け光学ドライブで対応できることを考えればカスタマイズの必要性は低いか。

トップケースファン前部 ★★★★★

ケース上部にもう一つファンを追加するのはおすすめだ。天板から吸気行うことでエアフローを大きく向上させることができる。注意点としては吸気口から僅かながら空気が排出されるため、冬は冷たい空気が夏は熱い空気が溢れてくる。体調管理に少し影響がありそうなので注意が必要だ。

ファンの音はそこまで大きく無いため排熱性能の向上というメリットが大きい。ここまで高い性能だと、排熱性能には常に気を配っておきたい。自分が購入するとしたら、付けられる箇所全てにファンをつけるだろう。

アクリルパネルをつけて自分でLEDファンを増設してキラキラのPCにするのも楽しそうだ。その結果が排出される冷たい空気による体調不良である。パソコンにとっては良くても環境的には良くないこともあるだろう。

>>>>>GALLERIA ZZを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

galleriazvcase
ドスパラのミドルタワーは非常に評判が良いケースだ。機能性、排熱性能が高く高性能なモデルであっても対応することができる。拡張性も高くストレージの増設にも対応することができるため長く使用したいと考えている方にもおすすめだ。

競合モデルとの比較

ブランド名GALLERIALEVEL∞
イメージgalleriaxgLEVEL-G03A-LCi9KS-XYVI
製品名ZZLEVEL-G03A-i9KF-XYVI
価格279,980円259,980円
CPUi9-9900Ki9-9900KF
GPURTX2080TiRTX2080Ti
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 500GB
HDD非搭載2TB
電源750W GOLD700W BRONZE
マザーボードZ390Z390
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はLEVEL-G03A-i9KF-XYVIだ。同等の性能に、扱いやすいストレージ構成を持つハイエンドモデルだ。更に価格は2万円安い。i9-9900K + RTX 2080 Tiの性能帯で税抜25万円も珍しくなくなってきている。

中でもLEVEL-G03A-i9KF-XYVIを販売しているパソコン工房はラインナップが豊富だ。固定されたドスパラと違ってフットワークが軽い。様々な構成を持つモデルが多く販売されている。新製品が登場した後、選びやすいモデルを販売するのは決まってパソコン工房だ。

変化の少ないGALLERIA ZZと違い、頻繁にマイナーチェンジを繰り返した。これにより、GALLERIA ZZよりおすすめしやすいハイエンドモデルが誕生した。GALLERIA ZZを候補に入れているならLEVEL-G03A-i9KF-XYVIをチェックすべきだろう。

管理人による総評(GALLERIA ZZ)

galleriaxg

ガレリアZZは、ドスパラで販売されているフラグシップモデルとなっている。グラフィックボード及びCPUにはそれぞれRTX 2080 Ti、Core i9-9900KFを採用し高いゲーミングパフォーマンスを発揮する。高解像度にこだわりたいヘビーゲーマーの方なら選択して後悔することはないだろう。

性能不足に悩まないという意味では初心者の方でも選びやすいモデルだと言える。ご自身の用途を考えてオーバースペックではないと思うのであれば比較対象モデルも合わせてしっかり吟味して欲しい。ハイエンドモデルは将来性も高く長く使い続けられるのもポイントだ。保証期間を長くしておくのも悪くない。高解像でのゲームプレイを考えていないのであれば下位のモデル(ガレリアXFなど)を選択する方が良いだろう。

価格CPUグラボ
279,980円Core i9-9900KRTX2080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

よくある質問

GALLERIA ZZのグラフィックボード出力端子には何がありますか?
Display Port x3
HDMI x1
USB Type C x1

最大4枚のモニターを出力することが可能。注意点はモニターによってはDisplay Portに対応していないものもある。その時は変換コネクタやHDMIを使用しなければならない。

120hzや144hz対応モニターを使用している場合は注意が必要だ。変換コネクターを通すと高リフレッシュレートに対応出来なくなることもある。HDMIケーブルだと解像度を下げないと高リフレッシュレートが出ない等の問題が生じてくる。ケーブルよりもモニターが対応している規格が問題となる。高性能なグラフィックボードを使用する際は、モニター側にDisplayportが接続できるかを確認したほうが良いだろう。

変換コネクタにはいくつか種類がある。標準で同梱されるタイプには、Display Port → HDMI / DVI / D-Subがある。ほぼ全ての変換に対応したものである。モニターが対応しなくても心配は無い。これからの変換コネクタが必要となるというだけのことだ。高リフレッシュレートに対応したモニターは接続するケーブルによって最大値が変わるものがある。

変換コネクタやdisplay port → HDMIのようなケーブルを使用すると最大60Hzしか出せない。高リフレッシュレートに対応したゲーミングモニターは様々な出力に対応している。変換コネクタを使用する必要はないだろう。少し古めのモニターはDisplayPortに対応していないなどある。その辺りは注意しなくてはならない。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

GALLERIA ZZを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る