パソコン工房ミドルタワー

当記事では、パソコン工房LEVEL∞のR-Class(ミドルタワーケース)のレビューをしている。

パソコン工房の新しいパソコンケースだ。LEVEL∞と名付けられたケースは大きな進化を遂げている。排熱効率と冷却性能は高いが、サイズが大きめなので設置場所が限られてしまうという難点がある。

LEVEL∞のR-Classで採用

levelrclass
LEVELインフィニティのR-Classで採用されているケースだ。アクリルサイドパネルを選択することも可能。サイドからの吸気なので壁に隣接してしまうと、排熱効率や冷却性能は落ちてしまうので注意したい。

パソコン工房 ミドルタワーケース本体寸法

箇所大きさ
21.0cm
奥行き47.7cm
高さ47.7cm
ミドルタワーとしては標準的なサイズとなっている。排熱性能も高くハイエンドクラスでも安定したゲームプレイが可能だ。意外とミドルタワーになると大きいので設置場所は事前にしっかり考えておこう。机の下に置くのがスマートだろう。

パソコン工房ミドルタワーケースのレビュー

デザイン

levelrclass

見た目はミニタワー(LEVEL M-Class)とほぼ同じだ。違いはサイズぐらいとなっている。黒にまとめられた本体に赤色の部分があり、シンプルな見た目だが存在感を出している。

この角度で見ると、工夫された場所はほぼ見えない。よく言えばゲーミングPC用けーすとしてオーソドックスなスタイルだと言える。見えない箇所に配置することで、見た目もまたシンプルにすることができているのだろう。


本体上部I/Oパネル

パソコン工房ミドルlevel

フロントと本体の間に窪みがあり、工夫された箇所は全てここに集約。まず、フロント上部にI/Oパネルが存在している。USB3.0が1つ、USB2.0が2つ、マイクイヤホンの差し込み口があり、必要最低限のものは揃っている。

最近のパソコンケースとしては充実しているとは言い難い。ただ、無いと困るものは揃っているので及第点だ。上から接続することで、USBなどは抜けにくいというメリットがあるが、高さに制限のある場所では少し使い辛いかもしれない。この形状を見る限り、机の下に置いての使用が前提となっている気もする。

電源ボタン

パソコン工房ミドル電源level

上部のI/Oパネルの横にひっそりと電源ボタンがあるが、この配慮は非常にユーザーのことを考えていると思う。この場所にあることで、意図しない限り電源ボタンに触れる機会はまずないだろう。電源ボタンを意図せず押してしまったことは経験があるはずだ。

足元に置いているなら、足が触れてしまったりUSBの抜き差し時に押してしまったり、何かをしているときに誤って押してしまうと非常に面倒なことになるので、この場所に電源ボタンがあるのは素晴らしい。

サイドパネル

パソコン工房ミドルサイドlevel

サイドから見ると、大きなエアホールが目を引くが吸気と排熱を両立するエアフローに欠かせない構造になっている。また、フロントの赤い部分にいくつものエアホールが並んでいる。ここから吸気する仕組みとなっている。

フロントからではなく横部分というのは新しく、両サイドに存在しているので従来の吸気よりも更に効率が上がっている。そこからは従来通り、背面部から排熱することになっている。さらに、サイドのエアホールからも排熱が行われることで、エアフローの自由度が上がる。

というのも、増設などで風の通り道が悪くなってもそれを補うことができるのだ。ミニタワーモデルはサイド部分にI/Oパネルが存在しているためエアホールが少ない。しかし、ミドルタワーは上部にI/Oパネルがあるのでエアホールの数は多いという特徴がある。

LEVEL∞ R-Classおすすめモデル

 1位:LEVEL-R037-i7-VN2位:LEVEL-R037-i3-LN3位:LEVEL-R037-i5-XN
イメージLEVEL-M037-i5-VNLEVEL-M037-i5-VNLEVEL-M037-i5-VN
価格159,980円(税抜)82,980円(税抜)142,980円(税抜)
CPUCore i7-8700Core i3-8100Core i5-8500
GPUGTX1080GTX1050GTX1080
メモリ8GB8GB8GB
SSD非搭載非搭載非搭載
HDD1TB1TB1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE500W BRONZE
公式
パソコン工房は構成の幅が広くおもしろい。今回は他のショップではあまり見ない構成をピックアップしている。GTX1080×i7-8700でこの価格帯は意外と珍しい。SSDを非搭載とすることで価格を抑えている。流用する予定のある方におすすめだ。

また、i3-8100搭載モデルは8万円台と低価格だ。i3でもクアッドコアになり性能面でも安心感がある。価格重視の方向けだ。最後にGTX1080×i5-8500も貴重な組み合わせ。i5でも6コアとこれまでのi7に匹敵する性能を持っている。そう考えるとこの組み合わせでも問題はない。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!