raytrek XF 12thtop


当記事では、raytrek XF 第12世代Core搭載のレビューをしている。RTX 3070×Core i7-12700搭載のクリエイターPCだ。当サイトで紹介しているということはゲームプレイにも対応できるポテンシャルがあるということだ。実質クリエイターPCでもゲーミングPCでも高性能なグラフィックボードを搭載していることが多く違いがあるわけではない。当該モデルについては価格も抑えられていて評価は上々だ。1万円価格が上がってしまったがそれほど大きなマイナスにはならない。

raytrek XF 第12世代Core搭載のスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek
製品名raytrek XF 第12世代Core搭載
価格224,980円(税込)
CPUCore i7-12700
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットH670
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★★★☆☆ 7.7
おすすめ度Aランク

raytrek XF 第12世代Core搭載の価格推移

raytrekxfkakakusuii

raytrek XFは3ヶ月の間に価格が大幅に引き下げられている。登場時から2.5万円も価格が下がったことになる。今後価格上昇の可能性が高いため動向に注意しよう。2022年7月に1万円の値上げが適用となり評価は微減だ。

>>raytrek XF 第12世代Core搭載を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek XF 12thseinou

raytrek XF 第12世代Core搭載はCore i7-12700とRTX 3070を搭載したモデルだ。ゲーミングPCではないものの、ゲームに必要な性能はクリアできている。ゲーム性能はハイクラス、作業性能はハイエンドクラスと言ったところだ。ApexLegendsやフォートナイトのような人気タイトルを快適にプレイできる。そしてクリエイティブな用途にも対応できるパフォーマンスの高さが魅力だ。対応力があるので用途を選ばない。このクラスになると長所が多すぎて短所が見えない。

raytrek XF 第12世代Core搭載のゲーミング性能

Core i7-12700(CPU)

Core i9-12900K34,518
Ryzen 9 5950X32,967
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 9 5900X28,457
Core i9-11900K25,944
Core i5-12600K25,507
Ryzen 7 5800X24,001
Core i5-1240022,546
Core i7-1170020,009
Core i7-1070015,038

当該モデルで採用されているCore i7-12700は最新のIntel第12世代の高パフォーマンスモデルだ。従来モデルであるCore i7-11700と比べて8コア16スレッドから12コア20スレッドと大幅にスペックが強化されている。Core i9-11900KだけではなくRyzen 9 5900Xをも上回る性能は評価できる。

Core i7シリーズでもついにここまで来た。Core i7-11700との差は80%以上だ。これによってこれまでRyzenシリーズが得意としていた動画編集などのメニーコアを活かせる用途への対応力を増している。ゲーム実況などCPU負荷の高い作業もお手の物だ。もちろんゲーミング性能も高くRTX 3070の性能を引き出すには十分だ。

GeForce RTX 3070(GPU)

RTX 3080 Ti36,380
RX 6900 XT34,955
RTX 3080 10GB34,282
RX 680030,479
RTX 3070 Ti29,957
RTX 307028,194
RTX 2080 Ti26,552
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213
RTX 2070 SUPER22,276
RTX 207020,387

raytrek XF 第12世代Core搭載ではグラフィックスにハイクラスのRTX 3070を搭載している。Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードで高いパフォーマンスを発揮する。WQHD環境でのゲームプレイにも対応することが可能だ。フルHD環境なら高リフレッシュレートでのゲームプレイが行える。下位モデルのRTX 3060 Tiの価格が上昇傾向にある中で改めてこのRTX 3070に注目が集まっている。従来モデルのフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiを上回る性能は圧巻だ。RTX 2070と比べると30%以上のゲーミング性能が向上している。

>>raytrek XF 第12世代Core搭載を購入<<

raytrek XF 第12世代Core搭載の概要&特徴

値上げで評価ダウンも最強クラスは維持

raytrek XF 第12世代Core搭載は、2022年7月になって1万円の値上げが適用された。22万円台となったことで評価は少し下がったが、RTX 3070搭載モデルとしてはまだまだ強力な存在だ。また、ハイクラスのモデルは20万円台に多くあることから、GPU性能を重視するなら変わらず有力な選択肢である。

ただし、価格が高くなったことでコストパフォーマンスの評価は下がった。予算によっては他の選択肢も出てくる。比較対象となっていたモデルからも遠ざかり、近いモデルの中には同等の評価となるモデルも出てくるだろう。これまでのように、とりあえずraytrek XFを選択しておけばよいという状況ではなくなった。

げん時点では22万円台に優れたモデルがあるわけではない。上位のRTX 3070 Ti搭載モデルは25万円台、同等の性能を持つモデルは23万円台以上に多くある。予算が23万円以内なら、raytrek XFの存在感は変わらず強力なものだ。当面はRTX 3060 Ti搭載モデルの存在に注意したいくらいだろうか。RTX 3060 Ti搭載モデルは徐々に価格を落としている。

もうすぐCore i7-12700と組み合わせても20万円を切るようになってもおかしくはない。その頃にraytrek XFがどのような価格帯になっているかは分からない。上位モデルが迫ってくるとは考えにくい。下位モデルの価格が下がり続ければ、必然的に選ばれにくくなる。それだけ気をつけておけば、安心して選べるモデルである。

変化に期待できるモデル

raytrek XF 第12世代Core搭載はこれまで何度も価格を変えてきた。そして他製品が値上げを繰り返す中、逆に値下げをしてきたモデルだ。価格に対しては最もこだわりを持っているモデルでもある。少し前にraytrek XFは今と同じ224,980円に価格をアップしたことがある。そこから1ヶ月ほどでまた214,980円に戻った。ここが頂点と考えて、少し待ってみるのも悪くはない。

もちろんここから値上げを繰り返す可能性は低いながらもゼロではない。予算に余裕があるなら選んでしまっても問題はない。コストパフォーマンスが全てとも言えるraytrek XFにとって、今回の値上げは少し苦しいように思う。カスタマイズしたraytrek XF 32GB搭載モデルの存在にしても、これまでとはアプローチの仕方が変わっているように見える。

ユーザーにとってマイナス方向の変化があったとしても不思議ではない。今は様子を見たい反面、もっと悪化していくのではないかという考えもある。比較対象のないトップクラスのモデルはこの変化を予想するのが難しい。他に選択肢があるなら、値上げされたら別のモデルを選べばいいだけだ。それができないだけに、様子見よりも選んだ方がいいようにも思う。

変化に期待できるモデルだけに、今の価格ではおすすめしにくいのが正直なところだ。予算的に選択できるなら、後悔することはないので選ぶ方が無難かもしれない。今のraytrek XFの動きは過去にないものなので、これまで通りにはいかないと考えたい。変化に期待できながら、待つよりも選ぶことをおすすめするモデルはraytrek XFくらいだろう。

>>raytrek XF 第12世代Core搭載を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekG-Tune
イメージraytrek ZFtopnextgear-micro
製品名raytrek XF 第12世代Core搭載G-Tune TD-S2
価格224,980円(税込)209,800円(税込)
CPUCore i7-12700Core i7-12700
GPURTX 3070RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD700W BRONZE
チップセットH670Z690
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-S2だ。GPU性能は下がり、電源とチップセットもランクダウンする。価格はG-Tune TD-S2の方が15,000円安い。このRTX 3060 Ti搭載モデルと15,000円開くとRTX 3060 Ti搭載モデルにも分が出てくる。従来のraytrek XFは214,980円だったということがどれだけ異常だったかが分かると思う。5,000円の差ならraytrek XFを選ぶべきだ。

しかしながら、これが15,000円にまで広がると選びやすさを重視したくもなる。RTX 3070と比べてRTX 3060 Tiの性能は確かに低い。もちろん、大幅に性能が下がるわけではなく、体感できる場面は限られている。それこそがRTX 3060 Ti搭載モデルを人気モデルにした要因でもある。トップクラスのRTX 3060 Ti搭載モデルと価格差がないことがraytrek XFの強みだった。価格差が広がったならG-Tune TD-S2のようなモデルにもチャンスがある。

>>raytrek XF 第12世代Core搭載を購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek XF 第12世代Core搭載)

raytrek ZFtop

raytrek XF 第12世代Core搭載は、Core i7-12700×RTX 3070搭載のクリエイターPCだ。最新のIntel第12世代のCore i7-12700との組み合わせで税込22万円台は素晴らしい。1万円の値上げが適用となって評価は上々だ。ゲーミング性能は申し分なく高リフレッシュレートでのゲームプレイに余裕で対応できる。メモリ16GBと他のクリエイターPCとしては控え目だが、ゲーム目的なら問題はない。今後価格が上がる可能性があるためしっかり確認しておくとよい。場合によっては比較対象モデルと合わせてraytrek XFメモリ32GB搭載モデルも検討しよう。

価格CPUグラボ
224,980円(税込)Core i7-12700RTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya