パーティション分割とは | デメリットがほとんどなくメリットが大きいので積極的に行うべき!

パーティション分割
パーティション分割について解説している

BTOショップでパソコンを購入する時パーティション分割をするかどうかの選択肢がある。このパーティション分割とはいったいなんだろうか、またパーティション分割にはどんなメリット・デメリットがあるのかを見ておこう。

パーティションとは

パーティションとは、パソコンに搭載されているHDDまたはSSDを内部的に2つに切り分けることをいう。通常パソコンには1つだけのHDD(またはSSD)だとCドライブしかない。

しかし、パーティションを行うことで仮想的にDドライブを追加することができる。追加と言っても、仮想的なので容量が増えるというようなことはない。具体的にいうと300GBの容量を持つHDDを、100GBと200GBのように指定した容量ごとに分けることができる。

パーティションのメリット

一番に挙げられるメリットとしては、パソコンが不具合になった時に対応が楽になるということだ。たとえば、OSを再インストールすることになったとしてもCとDに分けていればDドライブのデータは削除されないので、そのままデータを使うことができる。これがパーティション最大のメリットだ。

もし分かれていない場合は全てバックを取る必要がありかなりの手間と時間が必要になる。このためCはシステムを保存する場所で、Dはゲームやその他全てのものを保存する場所として分けておく必要がある。CにOSの容量と少し余裕を持たせたぐらいが良い。また、システムと保存領域を分けることでHDDの動作が安定し、処理速度の向上も見込めるのだ。

パーティションのデメリット

パーテーションをすること自体に大きなデメリットはない。一つ挙げるとすればお店に依頼した時の価格面になる。ドスパラなどではオプションで料金を取っているが、明らかに高すぎる値段に設定されている。自分でも簡単にできるものなので、ショップには頼らずあなた自身で実行されることをお勧めする。

またHDDが非常に安くなっているので、パーティションする代わりにHDDを1台追加するという選択肢もある。HDDを2台搭載しておけば、パーティションせずとも同じことな上に、熱などの物理的な破損からも助かる可能性が高くなるというメリットが生まれる。

まとめ

パーティションを行うこと自体にはメリットしかない。しかし、ショップに任せるとお金がかかるというデメリットがある。仮にパーティションを行うなら、注文時に行うのでなく、自分で行ったほうがいいだろう。当サイトでは自分自身で行うことを推奨する。

合わせて読みたい関連記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ