パーティションの統合【画像付き解説】 | 間違って分割してしまった時の対処法

パーティションの統合方法を解説している。

パーティションを間違ってしまった方やCにシステム、パーティションでDを作ってて新しくHDDSSDを増設した方等を対象としている。

パーティション分割で割り当て容量を間違ってしまった人は1~4の項目は飛ばして構わない。

*画像ではボリュームZやGとなっているが、どのボリュームでも出来るので気にしなくて良い。

  1. 左下のWindowsロゴをクリックし、スタートメニューを開く
  2. 統合1

  3. スタートメニューからコントロールパネルを開く
  4. コントロールパネル選択

  5. コントロールパネルから【システムとセキュリティ】を選択
  6. システムとセキュリティ

  7. システムのセキュリティから【ハードディスクのパーティションの作成とフォーマット】を選択
  8. パーティション設定

    *【ハードディスクのパーティションの作成とフォーマット】が無い場合は【管理ツールを選択】
    管理ツールを選択した場合の流れを解説。

    4-1 管理ツールから【コンピューターの管理】を選択
    コンピュータの管理

    4-2 コンピューターの管理から記憶域内の【ディスクの管理】を選択
    ディスクの管理

  9. 統合(削除)したいボリュームを選択し、右クリックから【ボリュームの削除】を選択
  10. *今回は画像で言うとZとGを統合し、Zとして1つのボリュームにする。同じボリューム内でしか統合は行えないので注意。また、統合される側(G)のデータは全て削除されるため、必要であればバックアップを取っておこう。

    ボリュームの削除

  11. 削除について質問されるが、合ってるかの確認の後”はい”を選択
  12. 削除確認

  13. 削除されたボリュームは未割り当て領域として表示される
  14. 未割当領域確認

  15. 統合するボリューム(Z)を選択し、右クリックから【ボリュームの拡張】を選択
  16. ボリュームの拡張

  17. ボリュームの拡張ウィザードが開始されるので”次へ”を選択
  18. 拡張ウィザード

  19. 未割り当て領域が選択されている状態となっていると思うのでそのまま”次へ”を選択
  20. 未割当確認

  21. ボリューム拡張ウィザード完了画面が表示されたら”完了”をクリックして終了
  22. 拡張ウィザード確認

  23. ボリュームGとボリュームZが統合され、ボリュームZのみになっていれば問題なく統合されたということを確認
  24. 統合最終確認

一番最初にも記載したが、ZやGはこのパーティションの説明のために作ったドライブなのでアルファベットは人によって違うと思われる。多くの人はシステムボリュームがCに割り当てられているので、ZをCと置き換えてもらったほうがわかり易いかもしれない。

関連おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ